頭痛 予防 薬。 薬の使い過ぎによる頭痛 予防・対処法と簡単セルフチェック

薬の使い過ぎによる頭痛 予防・対処法と簡単セルフチェック

頭痛 予防 薬

片頭痛の予防薬は、5種類 病院で処方される片頭痛の予防薬は、大きく分けて5種類です。 カルシウム拮抗薬• 抗てんかん薬• 抗うつ薬• 高血圧薬(ARB) 片頭痛の予防専用のものや、通常は他の病気の時に使うんだけど、片頭痛の予防にも使うというものがあります。 カルシウム拮抗薬• ロメリジン(商品名:ミグシス、テラナス)• ベラパミル(商品名:ワソラン) 薬の効き方 血管の収縮や拡張には、実は血液中のカルシウムが関わっています。 カルシウム拮抗薬というのは、 筋肉へのカルシウムの取り込みをブロックすることで、血管が収縮するのを防ぎます。 その結果、効果を発揮します。 カルシウムの取り込みに関わるとのことで、骨の密度が弱くなると思う人がいるかもしれません。 しかし、実際はそんなことはありません。 を見てみると、骨密度を低下させるどころか、むしろ増加する場合すらあるとのことです。 ミグシスやテラナスは、片頭痛の予防の専門薬です。 他の病気で使われることはまずありません。 ワソランは、狭心症や不整脈の治療、または群発頭痛の予防薬として使われることもあります。 副作用 めまいや顔のほてりなどがあります。 プロプラノロール(商品名:インデラル、セロケン)• アテノロール(商品名:テノーミン)• 副作用 徐脈、めまいなどがあります。 スポンサーリンク 抗てんかん薬• バルプロ酸(商品名:デパケン、セレニカ、バレリン)• トピラマート(商品名:トピナ) 薬の効き方 抗てんかん薬には 、脳の中の異常興奮や電気刺激を抑える働きがあります。 副作用 肝機能障害や貧血などが報告されています。 抗うつ薬• アミトリプチリン(商品名:トリプタノール)• イミプラミン(商品名:トフラニール)• トラゾドン(商品名:デジレル、レスリン)• フルボキサミン (商品名:デプロメール、ルボックス)• パロキセチン (商品名:パキシル)• セルトラリン (商品名:ジェイゾロフト) 薬の効き方 抗うつ薬は、 神経伝達物質を調節する働きがあります。 片頭痛は、神経伝達物質のセロトニンと関わりが深いです。 抗うつ薬を飲むことで、その活性を調節します。 副作用 眠気、口渇などがあります。 高血圧薬 ARB• カンデサルタン (商品名:ブロプレス)• 血圧の調節や臓器を守る働きを期待して、片頭痛の予防薬として使われることがあります。 副作用 血管浮腫や肝機能障害などが報告されています。 他の頭痛記事のリンク まとめ• 片頭痛の予防専門の薬は、ミグシスとテラナスだけ。 脳に作用する薬や、血圧に作用する薬は片頭痛の予防薬として使われることがある。 スポンサーリンク.

次の

[医師監修・作成]子どもの片頭痛の治療ではどんな薬を使う?

頭痛 予防 薬

頭の片側に起こる• ズキンズキンと拍動性の痛み• がまんできない・仕事などに支障• 体を動かすと痛みが悪化• 頭痛が起こると吐き気• 光・音に敏感になる 1~4の症状のうち、2つ以上が当てはまり、5と6のうち1つ以上が当てはまる場合は、片頭痛であると考えられます。 ただし、50歳以上で初めて片頭痛のような症状を経験した場合には、脳の病気などを疑い受診することがすすめられます。 上記のチェック表にある症状以外にも、 空腹感や生あくび、イライラ、手足のむくみといった予兆が起こるケースもあります。 また、片頭痛になった人の1~2割の人に、閃輝暗点(せんきあんてん)といった前兆が見られます。 閃輝暗点とは、視野の中央にギザギザした光が現れ、5~60分間ほど続き、閃輝暗点に伴って、あるいは閃輝暗点が消えてから60分以内に頭痛が生じます。 片頭痛の予防に役立つのが、頭痛ダイアリーです。 痛みの程度や持続時間、日常生活への影響、薬の使用状況、吐き気といった頭痛に伴う症状のほか、月経、ストレス、寝不足や寝過ぎ、悪天候など、片頭痛を引き起こす要因と考えられる出来事を自ら記録します。 1か月ほど記録していくと、しだいに片頭痛が起こるときの傾向が把握できるため、自分なりの予防策を立てやすくなります。 また、医療機関の受診時に持参すると、スムーズな診断や治療につながります。

次の

片頭痛の予防薬一覧 病院で処方される薬のまとめ

頭痛 予防 薬

頭の片側に起こる• ズキンズキンと拍動性の痛み• がまんできない・仕事などに支障• 体を動かすと痛みが悪化• 頭痛が起こると吐き気• 光・音に敏感になる 1~4の症状のうち、2つ以上が当てはまり、5と6のうち1つ以上が当てはまる場合は、片頭痛であると考えられます。 ただし、50歳以上で初めて片頭痛のような症状を経験した場合には、脳の病気などを疑い受診することがすすめられます。 上記のチェック表にある症状以外にも、 空腹感や生あくび、イライラ、手足のむくみといった予兆が起こるケースもあります。 また、片頭痛になった人の1~2割の人に、閃輝暗点(せんきあんてん)といった前兆が見られます。 閃輝暗点とは、視野の中央にギザギザした光が現れ、5~60分間ほど続き、閃輝暗点に伴って、あるいは閃輝暗点が消えてから60分以内に頭痛が生じます。 片頭痛の予防に役立つのが、頭痛ダイアリーです。 痛みの程度や持続時間、日常生活への影響、薬の使用状況、吐き気といった頭痛に伴う症状のほか、月経、ストレス、寝不足や寝過ぎ、悪天候など、片頭痛を引き起こす要因と考えられる出来事を自ら記録します。 1か月ほど記録していくと、しだいに片頭痛が起こるときの傾向が把握できるため、自分なりの予防策を立てやすくなります。 また、医療機関の受診時に持参すると、スムーズな診断や治療につながります。

次の