まだ結婚できない男 感想 8話。 まだ結婚できない男8話ネタバレあらすじ感想!桑野とゆみとのやり取りにほっこり!エイジの結婚は祝えないw9話あらすじも!

結婚できない男

まだ結婚できない男 感想 8話

しかし、肝心の桑野は結婚式に出席してほしいというまな弟子の言葉に渋い表情。 まどか(吉田羊)や有希江(稲森いずみ)も英治たちを援護するが、結局、桑野は出席を明言せず、あいまいな返事ではぐらかす。 そんななか、桑野の姪のゆみ(平祐奈)がメイドカフェでバイトしていると知った中川(尾美としのり)と圭子(三浦理恵子)は、桑野を呼び出し、娘からバイトの理由を聞きだして、辞めさせるよう説得してほしいと頼む。 渋々了承した桑野は、一人でメイドカフェに潜入。 ゆみは伯父の突然の来店に驚くものの、事態を察し、メイドカフェでバイトをしている意外な理由を打ち明ける。 周囲の後押しもあって、ようやく結婚式に出席することになった桑野に、英治は主賓スピーチをお願いする。 桑野にスピーチさせたらロクなことにならないなどと周りは言うが、英治にとって桑野はある意味親以上の恩人。 見かねたまどかが、仲裁役を買って出ようと桑野を呼び出すが…。 ktv. html) ここからネタバレあらすじ ゆみがメイドカフェでバイトしている理由は、海外に留学をしたいからだった。 ゆみの父・中川(尾美としのり)は病院のためにゆみには医者と結婚して欲しかった。 そんな両親が留学を許してくれるはずがないと、ゆみは留学資金を貯めるため、時給のいいメイドカフェでアルバイトをしていたのだ。 メイドカフェに偵察に行った桑野のおかげで、ゆみは家族と話し合うきっかけができた。 家族に留学することを許してもらったゆみは桑野にお礼の電話をかけてくる。 桑野は照れ臭そうw 一方で桑野とエイジの仲裁役を買って出たまどか。 まどかがスピーチの原稿を書いて桑野がそれを読むことで話は纏まったのだが・・・・桑野はまどかの書く原稿に文句をつける。 スピーチにオリジナリティーを出すように注文する桑野。 オリジナリティー=自分の気持ちを書くと解釈したまどかは、とても桑野が言いそうにないこと原稿に書く。 「あなたの気持ちは分からないので私の気持ちを書きました」 結局、桑野は自分で原稿を書くことになった。 結婚式当日。 新郎新婦のことを詳しく知ろうと、今になってエイジと桜子に質問をはじめる。 「なんで結婚なんてしようと思ったんだ?」 しかし桑野のせいで2人を喧嘩させてしまったw なんだかんだスピーチがはじまる。 結婚は自己責任。 離婚することになってもいい弁護士がいるなどと言う桑野。 そしてエイジと初めて会った頃を回想する。 あの頃のエイジは何もできなくてダメダメだった。 「何をやらせてもダメな男でしたがただ1つ。 彼はどんな辛いことも逃げなかった。 逃げずに僕と一緒にここまで。 僕もどっちかと言うとダメな人間ですけど そんな彼の力もあってなんとかここまでやってこれたわけです。 そんなエイジのことだから結婚生活で辛いことがあっても絶対に逃げないでしょう。 桜子さん。 それは僕が保証しますよ。 僕との間に絆ができたんですから。 桜子さんとの間にはもっと。 ねぇ」 意外といいスピーチに感動する一同。 こうして結婚式は無事に終了した。 スポンサードサーチ 『まだ結婚できない男』8話 感想・レビュー 今週も笑った〜。 エイジの結婚式もまあそこそこ良かったですけど、それよりゆみとのやり取りにほっこりしちゃったよ^^ 桑野、姪っ子には甘いのかなぁ。 出会ってそんなに時間たってないよね? コスパよくするんじゃなかったのかよw エイジ、友だち少ないんかなぁ? そんで結婚相手の桜子さんね。 いいところが1つも見つからないんだけどw いっつも桑野の悪口ばっかり言ってたし性格がいいようにも思えない。 ぽっと出の性格悪いやつと前期から出てる主要人物が結婚するのは複雑だなぁ〜。 まあ結婚を決めた理由も「彼女、綺麗だし。 話題が豊富。 見舞いに訪れたまどか(吉田羊)、有希江(稲森いずみ)、早紀(深川麻衣)は、皮肉も全く言わず、いつになく素直で別人のような態度の桑野に大いに驚く。 案の定、まどかは回復した桑野とまたもや些細なことで言い争いに。 有希江や早紀には好意的なのに、なぜ自分には皮肉ばかり言うのか—。 納得がいかないまどかに対し、早紀は、男と女の間には言葉と感情が裏腹になることがあると力説。 それを体現した自分の舞台を見に来てほしいと、まどかたちを誘う。 数日後、都合が悪くなり、舞台に行けなくなったまどかが困っていると、偶然桑野がやって来て、自分が代わりに行くと言い出す。 早紀が、桑野には来てほしくないと言っていたことを思い出したまどかは慌てるが、一度行く気になった桑野を止められず、結局、桑野と有希江が舞台を見に行くことに。 まどかは2人のデート(?)が気になって…。 ktv. html).

次の

まだ結婚できない男|8話ネタバレと感想。ドタバタのなか生まれた英治へ贈る感動のスピーチ。

まだ結婚できない男 感想 8話

Contents• 結婚できない男とは? フジテレビ系列の火曜夜10時枠にて2006年7月4日から9月19日まで放送されたテレビドラマ。 全12回。 偏屈で独善的、皮肉屋だがどこか憎めない主人公が、1人の女性との出会いを契機に恋愛、そして結婚を模索するまでの日常をコミカルに描く。 そうです。 今から13年前に放送されていたんです。 今作の「まだ結婚できない男」は13年ぶりの続編です。 主演は阿部寛演じる結婚できない男53歳です。 阿部寛演じる 桑野 阿部寛演じる桑野は 建築事務所で代表を務める桑野はキッチンを中心とした住宅の設計で高い評価を得ている建築家です。 阿部寛の通り、ルックスが良く、有名な建築家ということで収入も平均上です。 だが、プライドが高く、物言いも強く、相手の揚げ足をとることに喜びを感じる男性です。 結婚に対して憧れがなく、結婚にメリットがないと常に行っている男性です。 現代の結婚できないおじさん達をモチーフにしているように感じます。 自宅のリビングでクラシックを大音量で流し、 自分はその音楽に乗って指揮を楽しんでいます。 なんて、面白いんでしょうかww まだ結婚できない男の見どころ こんさくでは、人生100年時代という言葉がたくさん出てきます。 現代の未婚率が上昇してきています。 そんな現代人に向けて、 独身生活について今後も考えさせられるのではないのでしょうか? 現代の日本社会で、 この結婚できない男 桑野 が演じる男性はどのように映るでしょう。 僕は少なくとも、独身で寂しい人生を送っているとは思いません。 結婚はしないものの自分の人生を謳歌し、 自分の世界を持って強く生きている。 そんな人生でもいいのではないか そう考えさせられる作品になるのではないでしょうか。 未来の建築を考えるシンポジウム いい名言が生まれましたよ こちら主人公(阿部寛)のセリフを引用させて頂きます。 今後は人生100年時代になります。 人生が長くなればチャンスが増える。 不安もあるけど希望がある。 日本の住宅は子供を前提にレイアウトを考えられています。 しかしながら、子供は 自立し、いずれは家を出ていきます。 あなたの住む家は、貴方の住みたい家にすべきです。 テレビを見ながらだったので少し抜けているかもしれませんが、 要は 阿部寛演じる桑野は、建築家で 将来の家について考えた時に 自分が将来住みやすい家にすべきだと行っているのです。 誰かのために生きている現代人には、とても考えさせられる文章ではないでしょうか。 新キャスト紹介 女弁護士役に吉田羊、隣人の女性に深川麻衣、カフェ店長の稲盛いずみがキャスティングされています。 吉田羊演じる女弁護士は、独立して自分の事務所を経営するキャリアウーマンです。 第一話では、阿部寛演じる桑野と口げんかをするシーンが印象的でした。 桑野に振り回されながらも、関係を深めていく役に何か良いものを感じますね。 まとめ 貴方はこの現代社会において、 「結婚=幸せ」だと思いますか? 「独身=不幸」だと思いますか? 少なくとも、このドラマの中では、それぞれメリットデメリットを紹介し、 現代社会において対する考え方を導けるのではないでしょうか? 一人で生きていける現代。 結婚に対してデメリットが多いという現代。 女性の社会進出が進んできている現代。 13年前の結婚できない男とは、違った一面が見えるのではないでしょうか? 今シーズンのこのドラマ楽しみです。 阿部寛も好きですし、このドラマは見ていこうと思います。 最後まで読んでくださり、ありがとうございます!.

次の

まだ結婚できない男最終回バナナの意味は?桑野とまどかの結末は?|mama♡sapu

まだ結婚できない男 感想 8話

Contents• まだ結婚できない男・8話のあらすじ 結婚式の準備を進める英治たち 有希江の店で、結婚式場の打ち合わせをする英治と桜子。 まどかも加わり話をしていると、桑野がやってきました。 英治に出席の有無を聞かれ、近場なら出席を検討すると言う桑野は 「周りに左右されて焦って結婚した結果すぐ離婚する」など 相変わらず結婚に否定的な発言をし、 聞いていた英治と桜子は少し心配になるのでした。 ゆみのバイト先・メイドカフェへ行く桑野 良雄と圭子から、ゆみが自分たちに黙ってメイドカフェでバイトしているから、 説得して辞めさせてほしいと言われた桑野は、渋々店に行きます。 ゆみは、突然の伯父の訪問に戸惑いながらも、 バイトの理由はお金を貯めるためだと素直に答えました。 ゆみはアメリカで経済の勉強をしたいと考えており、 その留学資金を貯めようとしていたのです。 スピーチに気が進まない桑野をまどかが説得 桑野に、主賓として挨拶をしてほしいと頼む英治。 英治にとって桑野は、ある意味親以上の恩人。 周りは、桑野にスピーチをさせたらロクなことを言わないと言うが、 自分と桑野の間には絆があると信じているから、 そんなことを言われて悔しいと言うのです。 しかし、スピーチに気が進まない気持ちから桑野は、 その絆すらも否定するような発言をし、英治はショックを受けてしまいます。 そのことを電話で報告を受ける桜子。 桜子は早紀の家で飲んでおり、その場にはまどかや有希江もいました。 見かねたまどかが桑野をBarに呼び出し、 どうして英治たちの結婚式のスピーチをしないのかと問います。 それに対して「結婚を良いとは思っていないし、 上辺だけのスピーチになるぐらいならしない方がいい」と答える桑野。 そこへゆみから電話がかかってきて、留学のことは賛成してもらったから バイトは辞めることにしたと報告が入ります。 そのやり取りを聞いていたまどかが「姪っ子のために役立てるのだから、 今度は英治のために一肌脱いだらどうか」と話し、 まどかに原稿を書いてもらうことを条件に、 桑野は結婚式のスピーチを引き受けることにしますが…… 後日、まどかから渡された原稿には「自分より先に結婚する2人が憎らしい」など、 まどかが2人に対して思っていることが正直に書かれていました。 桑野の気持ちはわからないから書けないと言われてしまい、困り果てる桑野… 桑野の感動的スピーチ 式当日、スピーチのために、 英治と桜子とのことを教えてほしいとメモを片手に2人にインタビューをする桑野。 ところが、英治の答えが他の女性と比べているような内容だったため、 桜子が機嫌を悪くしてしまい、そのまま披露宴が始まってしまいます。 そしてついにやってきた桑野のスピーチの時間。 話は英治と出会った時のエピソードに。 15年前の英治は、まったくダメダメだったがそれでも絶対に逃げなかった。 自分は英治がいたからこそここまでやってこれた、 自分との間にすら絆ができたのだから、桜子との間にはもっとできると話す桑野。 英治や桜子の目には、涙が溜まっていました。 そして「英治。 おめでとう」と祝福の言葉をかけるのでした。 感想!建築家としての師匠とその弟子、2人の絆が試される!?桑野のカンペなしスピーチに感動の回 桑野のスピーチ良かったですねー! まどかも言っていたけど、やる時はやるんですよね。 英治とこれまで過ごしてきた日々が流れた時は、思わずグッと来てしまいました…。 私の中での英治は、結構前作のイメージが強いんですよね。 「彼女はいるけど、女の子との出会いも求めてる」みたいな、ちょっと軽いイメージ。 だから、今作もそんな感じだろうと思っていたので、 結婚するってなってもあまりピンとこなかったんです。 でも、前作のシーンが流れるのを見ると「英治もいよいよ結婚か…」なんて、 ちょっと感慨深くなって、やっぱり月日は流れてるんだなーって しみじみ思っちゃいました。 両親より良好?桑野とゆみの関係 ゆみの留学話に、桑野は反対することなくむしろちょっと応援をしていました。 実際にメイドカフェで働いているゆみを見ても、 別に怒ったりはせず「楽しそうな仕事」と言っていました。 あれはきっと、その仕事や仕事をしている理由を ちゃんと認めていたからなんですね。 だからこそ、「ゆみはいい子だ」という言葉が出たのでしょう。 ゆみは自分の子供じゃないし、 桑野からするとちょうどいい距離にいる子なんですかね。 だから自然と優しい部分も出るのかな?なんて思いました。 インスタも、しっかり映えにこだわるところがまた桑野さんらしいです。 しかも薬丸さんのブログ参考にしてるし 笑 早紀から強面の飼い主の話を聞いて、早紀の代わりに散歩に行ってあげたり、 英治のことを本当はとても信頼していることが伝わってきたり。 かと思いきや、インスタ映えを研究したり 笑 人間的な部分はあるんだよなぁ、と思いました。 まどかの台詞を借りるならば、「やるときはやる」んですよね 笑.

次の