フェイス パウダー ブラシ。 フェイスパウダーの使い方とブラシ・パフの使い分け

フェイスパウダーおすすめ人気ランキングTOP15!プチプラやブラシも【2018年最新版】

フェイス パウダー ブラシ

女性のほとんどが毎日メイクをし、それぞれこだわりのメイク用品を持ち歩いているかと思います。 特に、ファンデーションは肌に直接密着するものということもあり、成分や崩れにくさを重視する人が多いのではないでしょうか? ファンデーションといっても、種類はいくつも販売されています。 しかし、それぞれの種類にどんな役割があるのかは、意外と知らないのではないでしょうか?実はファンデーションは使い方や選び方によって、美肌を作ることもできるのです。 そこで今回は、パウダーファンデーションであるルースパウダーについて解説します。 また、ルースパウダーにはブラシがおすすめ。 そのため、ブラシでメイクする効果や付け方についても解説します。 これを読めば、きれいなツヤ肌が手に入るはずです。 ルースパウダーとは ルースパウダーとは、粉状のファンデーションのことです。 サラサラとした質感が汗や皮脂を吸収し、ツヤのある美肌が実現します。 ルースパウダーは粉状のパウダーファンデーション ルースパウダーは、粉状のファンデーション。 いつものメイクやお直しで活躍してくれます。 ルースは「ばらばら」「ゆるんでいる」という意味です。 粉状の見た目でサラサラとした質感が分かることから、ルースパウダーと呼ばれるようになりました。 サラサラとした質感は、肌への負担が少ないにもかかわらず、肌にしっかりと定着します。 リキッドファンデーションの上から付けることで、ファンデーションが定着し、崩れにくくもなります。 お直しのときにサラッと付けることもできるため、持ち運び用として使う人も多い種類です。 ルースパウダーはツヤのある美肌になる ルースパウダーは、付けることでツヤ肌になることが期待できます。 汗や皮脂を吸収し、崩れにくくするため、夏には特におすすめです。 ルースパウダーには、余分な汗や皮脂を吸収する効果があります。 化粧崩れの原因を取り除くことで、色ムラや毛穴が目立たなくなり、ツヤが作りやすい状態に。 朝にツヤ肌を作れば、1日中美肌をキープすることも可能になります。 パフよりもブラシの仕上げがおすすめ ルースパウダーを塗る場合、パフよりもブラシがおすすめです。 ファンデーションの付きすぎを防ぐだけでなく、肌への負担も軽減してくれます。 ブラシはパウダーが付きすぎることを予防 ブラシを使うことで、ファンデーションを付けすぎて化粧が濃くなるということがなくなります。 ファンデーションは、パフの方がしっかりと付くため、愛用者も多いです。 しかし、付きすぎて化粧が濃くなることもあり、自分ではなかなか気づくことができません。 ブラシであれば、そもそもブラシに付くパウダー量が少ないです。 そのため、ファンデーションが付きすぎて化粧が濃くなることも予防できるのです。 ブラシの選び方 ブラシは、以下の3点に注目しながら選んでみましょう。 ・毛質がやわらかいもの ・毛量が多いもの ・扇型のように広がっているもの ブラシは広がっている方が肌に当たる面積が大きく、顔全体にファンデーションを付けることができます。 さらに、広い面積にあたる方が薄付きになり、付けすぎを防ぐ効果も。 また、毛がやわらかい方が肌への刺激も少なく、美肌をキープできます。 ファンデーションの量を調節できるだけでなく、肌への刺激を少なくすることもできるのです。 週に1回のお手入れは欠かさないで ただし、ブラシはお手入れを欠かさないでください。 1週間に1回は洗って、汚れを落としましょう。 女性ならば、ほとんど毎日メイクをするかと思います。 そのため、ブラシは毎日使う道具となります。 ブラシにはルースパウダーはもちろん、顔の皮脂やファンデーション、ホコリなど、日々の汚れが蓄積することに。 そのまま使うと、汚れも一緒に顔に付いてしまうのです。 汚いままブラシを使っていると、ニキビや肌荒れの原因になります。 1週間に1回は、以下の手順で洗ってみてください。 きちんと乾かないまま収納してしまうと、さらに雑菌が増える原因に。 1日中乾燥させるのがおすすめです。 ブラシを使ったルースパウダーの付け方 最後に、ブラシでルースパウダーを付ける方法をご紹介します。 用意するもの まず、以下のものを用意してください。 ・ルースパウダー ・ブラシ たったこれだけです。 ブラシは持っていなくても、薬局に行けば1,000円くらいで販売しています。 ルースパウダーの付け方 ルースパウダーは、以下の手順で付けてください。 顔につける前に手の甲につけることで、ルースパウダーの付きすぎを予防。 また、最後にブラシで顔を払うことで、ここでもよけいについたパウダーを落とすことができます。 パウダーがつきすぎると、顔色が不自然になるため、必ず行いましょう。 まとめ ルースパウダーという、サラサラとした粉状のファンデーションがあります。 このサラサラとした質感が汗や皮脂を吸収し、肌の色ムラを防いだり、毛穴を隠したりしてくれる効果があります。 ルースパウダーは、パフではなくブラシで付けるのがおすすめです。 というのも、ブラシを使うことファンデーションの付けすぎや肌への刺激を少なくしてくれるのです。 ブラシを選ぶ際は、 ・毛質がやわらかいもの ・毛量が多いもの ・扇型のように広がっているもの という3つのポイントに注目して選んでみてください。 また、ブラシは汚れが溜まりやすいです。 1週間に1回はお手入れをしてくださいね。 ルースパウダーとブラシで、きれいなツヤ肌を実現させましょう。 キーワード•

次の

フェイスパウダーブラシのおすすめ15選!使い方やお手入れ方法も解説

フェイス パウダー ブラシ

フェイスパウダーブラシに使われる毛の種類は、 「人工毛」と「天然毛」に分けられます。 天然毛は動物の毛を使用しているため、アレルギーのある方や症状が心配な方は必ず避けるようにしてください。 人工毛と天然毛のそれぞれの特徴は以下の通りです。 人工毛:原料はナイロンやポリエステルなど。 水洗いができるため、お手入れが簡単で清潔を保ちやすい。 プチプラ商品も多く、フェイスパウダーブラシを初めて買う方にもおすすめ。 天然毛:リスやヤギ、イタチなど動物の毛から作られている。 顔への肌あたりがなめらかで優しいので、肌への刺激を抑えたい方に人気。 粉含みがよく、仕上がりの良さにも定評がある。 一般的には、人工毛より天然毛の方が品質的に優れていると言われますが、最近では評判の良い人工毛のフェイスパウダーブラシも多く売られています。 フェイスパウダーブラシの選び方2. ブラシの形で選ぶ フェイスパウダーブラシの形状には、 「丸平型」「ドーム型」「カブキブラシ」などがあります。 それぞれの特徴を知らずに選んでしまうと、「せっかく買ったのに使いにくい」なんていうことにもなりかねません。 形状ごとの特徴について以下にまとめました。 丸平型:一番ベーシックな形で、初めてフェイスパウダーブラシを使う方にぴったり。 毛先が弧を描くように丸くカットされていて、毛束は平たい形をしている。 ドーム型:ドームのような横幅と、毛先にたっぷりのボリュームがあるのが特徴。 薄く均一にパウダーをのせられるので、透明感のあるナチュラルメイクを目指したい方におすすめ。 カブキブラシ:毛量にボリュームがあり、きのこのような丸い形状。 柄が太くて短い。 毛束が密集しているぶん粉含みが良いので、ふんわりとした薄付きメイクが得意。 すっぴん風メイクがお好みの方におすすめ。 丸平型とカブキブラシは、チークブラシとしても使いやすいですよ。 フェイスパウダーブラシの選び方3. 携帯する場合はコンパクトなサイズを選ぶ 「大きめのフェイスパウダーブラシで手早くメイクを仕上げたい。 」そんな方にチェックしていただきたいのが、こちらの「貴族のゴールドパウダーブラシ」。 ボリュームたっぷりの毛束と豊かな弾力性が特長です。 密度の高いブラシなので粉含みがよく、ひと塗りで薄く均一にパウダーをのせることができます。 レビューでも、「優しく顔を撫でるだけで綺麗に仕上がる」「ふわふわで肌触りが良い」など高評価が多い点も見逃せません。 たっぷり毛量のある大きいサイズのフェイスパウダーブラシなら、朝の忙しい時間でも手早く仕上げられてとても便利。 お出かけ前にバタバタしがちな方や、 メイクの時短を叶えたい方にぜひおすすめです。 商品ステータス メイクの仕上がりにこだわるなら、フェイスパウダーブラシの他に、チークやハイライト、ファンデーション用のブラシなども必要です。 ですが、色々揃えるとなると、選ぶ手間や費用もかかってしまいますよね。 ランキング第3位の「熊野筆 スターターセット」は、フェイスパウダーブラシ、アイシャドウブラシ、眉用ブラシ&コーム、リップブラシ、チークブラシの5本がセットになった嬉しい商品。 ブラシケースが付いていて、綺麗にまとめて収納できるのも魅力です。 全て日本製&天然毛のブラシにもかかわらず、価格は6,804円でとってもお得。 「 手間をかけずに、質のいいブラシをコスパ良く揃えたい」という人にぜひおすすめしたいセット商品ですよ。 商品ステータス.

次の

【楽天市場】チーク・フェイスブラシ

フェイス パウダー ブラシ

まずは、フェイスパウダーブラシを選ぶときのチェックポイントをご紹介します。 ・肌に優しいものを選ぶ フェイスパウダーブラシは顔に直接当てて使うものなので、柔らかく、刺激のないブラシを選びましょう。 顔の皮膚はとても薄いため、少しの刺激でも肌トラブルの原因になります。 購入前に現品をチェックできる場合は、手や首筋に当てて、チクチクと刺激を感じないか、確認してみましょう。 天然毛だと毛先が細くて柔らかいので、ふんわりとムラなく仕上げるフェイスパウダーブラシとしては最適です。 一方で人工毛は、天然毛に比べると柔らかさは劣りますが、今は技術がかなり発展しており、十分肌に優しい素材でできています。 さらに天然毛より安価です。 初めてフェイスパウダーブラシを購入する方は、人工毛を試してみるのがいいかもしれません。 ・自宅用か携帯用かで選ぶ フェイスブラシには絵筆のように長い柄がついている1本タイプと、小さいコンパクトサイズにできる繰り出しタイプがあります。 使うシーンや場所を考えて、自分に合ったタイプを選ぶといいでしょう。 ですが、長い柄がついた1本タイプの方が種類が多いです。 初心者でもしっかりと握りやすく使いやすいので、家でメイクするときにはこのタイプがおすすめです。 ・用途に合わせてブラシの形を選ぶ フェイスパウダーブラシには、「丸平型」と「カブキブラシ」の2タイプがあります。 リキッドファンデーションを塗った後にブラシを使う場合は、丸平型がおすすめです。 顔全体にサッと乗せることができるので、濃く付けすぎたり、ムラができたりすることがありません。 チークブラシとしても使うことができるので、万能タイプとも言えるでしょう。 一方でカブキブラシは、リキッドファンデを使わずにパウダーのみで仕上げたいときにおすすめ。 柄が太く、毛量が多い丸い形状のブラシで、粉含みが抜群。 肌に自然にフィットしてくれるので、ナチュラルな素肌美人が叶うでしょう。 日々、メイクブラシを使っていると汚れが目立ってきますよね。 ブラシを綺麗にするには、専用クリーナーでなくても、食器洗い用の水性洗剤でも対応可能です。 コップなどの中にぬるま湯と洗剤を入れ、その中でブラシをくるくると回すとスーッと汚れが落ちていきます。 ぬるま湯が汚れたら綺麗なぬるま湯に入れ替えて、何回か同じ工程を繰り返しましょう。 そして、ブラシを乾かす際は、タオルドライした後、ブラシを下にした状態で外に干すことが望ましいです。 干すことが難しい場合は、机にタオルやティッシュなどを敷いた上に横にしておいても問題ありません。 くれぐれもブラシを上にした状態で乾かすことのないようにしましょう。 水分が柄の方に溜まってしまい、雑菌が湧く可能性があるので注意してください。

次の