アルトリア。 アルトリア・ペンドラゴン (あるとりあぺんどらごん)とは【ピクシブ百科事典】

アルトリア・グループから配当金を頂きました

アルトリア

概要 『』や『』を初めとしたに登場するの真名。 作中ではこのフルネームでは呼ばれないが、アルトリアだけなら何度か呼称される。 彼女の詳細についてはの項目を参照のこと。 なお、ペンドラゴンは名字ではなく父ウーサー個人の称号で、本来アーサー王である彼女に付けるのは誤り。 だが、Fateシリーズではも含め、ペンドラゴンを苗字とする設定で統一されている(の記事も参照)。 ちなみに、"アルトリア"の名は「」のローマ風表記「」の女性形である。 余談だが、『』に登場するは見た目がそっくりだが別人である。 一定ランクまでの魔術は無効化し、それ以上のランクのものは効果を削減する。 アルトリアはAランクの対魔力を有するが黒化した場合ワンランク下のBランクに下がる。 リリィはまだ未熟なためBランク。 ランサーがBランクの理由は不明。 騎乗 乗り物を乗りこなす能力。 アルトリアはBランク。 ただし衛宮切嗣がマスターの場合やライダーでの召喚、常に馬と一緒に召喚されるランサーの場合はAランクとなる。 リリィはまだ未熟なためCランク。 セイバーオルタは黒化の影響で失われている。 謎のヒロインXは驚異のEXランクでこのスキルを保有している。 通常スキル 直感 戦闘時、つねに自身にとって最適な展開を「感じ取る」能力。 の妨害を半減させる効果を持つ。 セイバーのアルトリアがAランクの直感を有している。 オルタの場合は、常に凶暴性を抑えるためBランクに劣化している。 サンタオルタ時は劣化していない。 リリィはまだ未熟なためBランク。 Xオルタは狂化の影響かCランクに下がる。 魔力放出 武器・自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出する事によって能力を向上させるスキル。 いわば魔力によるジェット噴射。 アルトリアのランクはA。 カリスマ 軍団の指揮能力、カリスマ性の高さを示す能力。 Bランクであれば国を率いるに十分な度量。 アルトリアはBランク。 オルタ時はEランクにまで下がる。 固有スキル 最果ての加護 A 詳細不明。 ランサー時に所有。 ロンゴミニアドを手にしたことによって手に入れたスキルだろうか。 花の旅路 EX セイバーリリィのスキル。 王への道を歩き出した少女騎士に向けられた祝福 ギフト。 その道行きは希望に満ち、共に戦う者たちの心を前向きにする。 聖者の贈り物 EX サンタオルタ時のスキル。 サンタクロースになりきる事で取得したスキル。 プレゼントを贈り、心を潤す。 しかしどのプレゼントも対象者が求めるものとは微妙にデザインが違うため、効果はそこまで期待できない。 微妙にトラウマをえぐるチョイスは天賦の才と言えなくも無い。 単独行動 A アーチャーのクラススキル。 マスターから離れて行動可能、またマスターを失っても短時間だが現界できるスキル。 Aクラスならばマスターを失っても数日以上は現界し続けることができる。 陣地作成 A 本来ならキャスタークラスのスキル。 魔力放出(水)とも。 妖精の加護により、仲間たちの士気を高め、幸運をあげ、命中率もあげ、イライラもなくし、おまけに涼しくするという夢の効果。 サバゲーにおけるチートスキル。 このスキルを発揮してアルトリアはウォーターブリッツ世界大会の覇者となるが、それはまた別の物語である。 海辺にいると、たいていの出店から「フードの王様」として崇められる。 気前のいい注文、気持ちのよい食事風景、そして完食後の輝くような笑顔でその店が繁盛するからだろう、と言われている。 そうかな。 そうかも。 だがマッシュポテトだけはノーサンキュー。 ビーチフラワー B ビーチの花として衆目を集めるられる度合い。 Bクラスなら多くの異性を振り向かせられるが、に比べて微妙に低いのは……お察しいただきたい。 (インビジブル・エア)• ランク:C• 種別:対人宝具• レンジ:1~2• 最大捕捉:1個 セイバーの剣を覆う、風の鞘。 幾重にも重なった空気の層により、不可視の剣へと変えている。 (エクスカリバー)• 種別:対城宝具• レンジ:1~99• 最大補足:1000人• 由来:アーサー王の聖剣 セイバーの代名詞たる聖剣。 (エクスカリバー・モルガン)• 種別:対城宝具• レンジ:1〜99• 最大捕捉:1000人 (アヴァロン)• ランク:EX• 種別:結界宝具• 防御対象:1人 約束された勝利の剣の鞘。 こちらもセイバーの手元には無い。 アインツベルン家によりコーンウォールから発掘され、セイバーを召喚する為の触媒に用いられた。 その後は切嗣に無断借用されるも、『stay night』のとあるルートでは彼女へ返還される。 種別:対人宝具 自身• 最大捕捉:- 本来は王を選定するための剣。 対人宝具の『対人』は敵ではなく、これから所有するものに向けられたもの。 その持ち主が王として正しく、また完成した時、その威力は聖剣に相応しいものとなる。 ひみつかりばー• 種別:対人宝具• レンジ:?• 最大補足:? 通常の「」ともう1本の「約束された勝利の剣」を構え、そのまま剣から噴き出るエネルギーをジェットエンジン代わりにして突撃、相手を滅多斬りにする。 最果てにて輝ける槍()• 種別:対城宝具 ロンゴミニアド。 星を繋ぎ止める嵐の錨。 真実の姿は、世界の表皮を繋ぎとめる塔であるという。 真名解放時にはランクと種別が変化する。 聖槍ロンゴミニアドは、世界の表層を繋ぎとめる「光の柱」を本体とする。 「」と同等のプロセスを有する十三拘束の存在によって、かろうじて宝具としての体を成している状態。 陽光煌めく勝利の剣 エクスカリバー・ヴィヴィアン• ランク:A• 種別:対人宝具 アーチャークラスなどと言っておきながら最後はコレである。 ほんと大人げない。 「しかしもともとエクスカリバーは湖の妖精から託されたものであり、水属性があってもなんらおかしなところはないのではないでしょうか?」 これにはアッくんも苦笑い。 燦然と輝く王剣 クラレント• ランク:C• 種別:対人宝具• レンジ:1• 最大捕捉:1人 「如何なる銀より眩い」と称えられる白銀の剣。 アーサー王の武器庫に保管されていた、王位継承権を示す剣。 元は王の戴冠式の為にウォリングフォードの武器庫に保管されていた剣だが、それをが叛乱を起こした際に奪い取り、カムランの戦いで使用した。 アーサー王の『勝利すべき黄金の剣』と勝るとも劣らぬ値を持つ宝剣であるが、モードレッドが本来の担い手の了承なくこの剣を強奪したため、ランクが低下している。 モードレッドの主武装であり、通常はこの状態で戦闘を行う。 プリドゥエン 生前所持していたとされる舟になる楯。 使い道は不明だが『Grand Order』ではがとして使用している。 バリエーション の顔であり、のお気に入りでもあるためか、派生・亜種キャラクターが豊富。 アルトリア本人の派生キャラのほかに、いわゆる「セイバー系ヒロイン」と評される集団も数多く存在。 遥か空に輝く星の大海を制し、あらゆるセイバー使いが夢見るセイバーの中のセイバーともいえるセイバー。 単騎で宇宙怪獣と戦いうる性能を誇る。 対宙宝具「レーザー・エクスカリバー」、召喚宝具「クセっ毛ソードアンテナ」、輝く御身を彩る絢爛宝具「スターライト・シャンゼリゼ」を持つ。 余談 現在、エクストラクラスを除く キャスター以外のクラスについている。 『Q:半端ない魔力量を持つアルトリアが魔術師を目指してたらどうなってたんでしょうか? きのこ:魔力量がとてつもないアルトリア。 なので、一人前になることすら難しい。 』 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

アルトリア・グループ(Altria Group)の株価・見通し・決算情報|米国株なら投資パンダ!

アルトリア

アルトリア・グループ Altria Group とは アルトリア・グループ Altria Group は、米国内でタバコやワインを提供している企業です。 もともとアルトリアグループはフィリップ・モリスの米国部門でしたが、健康訴訟リスクを分散させるために、分社化されました。 ・ マルボロ Marlboro ・ ラーク Lark ・ L&M ・ バージニアスリム Virginia Slims ・ チェスターフィールド Chesterfield ・ ベーシック Basic ・ パーラメント Parliament アルトリア・グループの売上高の 96. 収益のほとんどをタバコの販売であげているので、タバコに関する規制やルールが変更になると業績に大きな影響が及びます。 2017年に FDA 米食品医薬品局 がニコチン含有量を引き下げる検討をおこなっていると報道されたときは、アルトリアグループの株価が大きく下落しました。 FDA 米食品医薬品局 は、若者を中心に広がっている電子タバコに規制をかけることを検討しているので注意が必要です。 米国における成人喫煙率が過去最低の13. … — AFPBB News afpbbcom 世界的に喫煙者数が減少しています。 米国でも喫煙者数が減少しているので、アルトリア・グループにも逆風が吹いています。 しかし、アルトリアは上手にタバコを値上げすることで業績を安定して推移させています。 アルトリア・グループは、株主還元にも力を入れています。 増配とは、配当金を増額することです。 アルトリア・グループは安定した経営をしているので、増配することが可能でした。 配当性向が高い企業なので、長期保有したい投資家向けの銘柄でもあります。 アルトリア・グループは128億ドルを支払って、ジュール社の取締役会で3分の1の席を確保することになります。 米国では電子タバコの人気が高まっており、紙タバコの人気が下がっています。 アルトリア・グループでも電子タバコの開発をすすめていました。 しかし、自社で電子タバコを成功させることができずに、ジュールの株を高値で買わざるを得ない状況に追い込まれたようですね。 「マールボロ」ブランドを持つ米たばこ大手アルトリアが、カナダの大麻(マリフアナ)製造会社クロノスと買収に関して初期の交渉を行ったと関係者が明らかにしました。 カナダはマリファナを国ベースで解禁した初めての先進国です。 アルトリア・グループは、クロノスを足がかりに大麻事業に参入することになりました。 アルトリア・グループはたばこメーカーなので、税金のコストは高いです。 売上高の内訳は以下の通りです 2017年12月期。 ・売上高 255億76百万ドル ・消費税 60億82百万ドル そのため、たばこに支払っているお金の 23%は税金になります。 直近の決算 2020年4月30日 木 の寄付き前、アルトリア・グループが2020年第1四半期の決算を発表しました。 ・ アルトリアグループは、米国内でタバコ業界最大手の企業 ・ 紙たばこでは、米国内で圧倒的な支配的地位にいる ・ 売上高のほとんどがタバコなので、政府の政策で大きく株価が振れる ・ 株主還元に力を入れている企業のひとつ アルトリア・グループ Altria Group は、米国内でタバコやワインを提供している企業です。 アルトリア・グループの株を保有する際は、フィリップ・モリス・インターナショナルの動向もチェックする必要があります。 フィリップ・モリス・インターナショナルに悪材料が出ると、アルトリアの株価が下落する可能性があるのは頭に入れておきましょう。 関連資料 アルトリアグループ:『公式HP』 アルトリアグループ:『Annual Report』 注意事項 ・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません ・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません ・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします ・当サイトでは、米国株についての情報を提供しています。 過去の決算 2019年第4四半期の決算 2020年1月30日 木 の寄付き前、アルトリアグループが2019年第4四半期の決算を発表しました。

次の

アルトリア

アルトリア

コンテンツ• 85ドル 購入株数 20株 購入時配当利回り 8. 23% 購入時PER(2019年調整後EPS見通しで計算) 9. 7倍 アルトリアを初めて購入したのは2019年2月です。 2018年までの決算データをもとにしています。 もしまだ見てない方がいらっしゃいましたら、先に見ていただけたら嬉しいです。 アルトリアに投資して大丈夫なの? 配当利回り8%というのは、 尋常ではない数字です。 「 何か問題があるんじゃないの?」「 減配するんでしょ?」と思う方は多いのではないでしょうか。 すぐに減配はしないと思いますが、問題があることは事実です。 というか、 先行き不透明感はかなり強いです💧 このブログでもたびたび触れていますが、 たばこ株には、たばこ市場自体が縮小傾向(世界最大の市場である中国は参入規制がある)、ESG投資の広がり、世界的なたばこ規制の広がりなど、 逆風ならぬ突風が吹いている状況です。 そして、アルトリアはアメリカ国内でのみ事業を展開しています。 人口が増えているアメリカといえど、年々たばこ市場は縮小しています。 現時点では値上げで何とか収益を維持していますが、10年・20年先を見据えたときにじり貧状態になる可能性が高いです💦 そこでアルトリアが打った手がカナダで大麻事業を展開するクロノス・グループや、電子たばこで大きなシェアを持つジュール(JUUL)への出資でした。 しかし、ここに来て電子たばこの健康被害がアメリカで報告されてきており、電子たばこを危険とみなし、その販売を禁止しようという動きがアメリカなど世界各地で広がってきています。 もちろんこの動きはジュールにとって痛手であり、出資しているアルトリアにとっても痛手です。 もし、電子たばこが世界的に全面禁止なんてことがあれば、ジュールへの出資は「 無駄金」になってしまうからです。 まさに 泣きっ面に蜂状態といえるのではないでしょうか。 こうした事情もあってアルトリアの株価は低迷しています。 配当性向は大丈夫? 2019年第2四半期までのEPSは 1. 66ドルとなっています。 これに対して第2四半期までの配当金支払いは 1. 6ドルなので、配当性向は 約96%となっています。 ほとんど余裕がありません。 もっとも、調整後EPSは 2. 00ドルなので、調整後EPSで見た配当性向は 80%まで下がります。 なお、アルトリアは2019年通年の調整後EPSを4. 19~4. 27ドルと見込んでいます。 この数字にはジュールやクロノスから得られる収益はほぼ含んでいません。 2019年の配当金見通しは3. 28ドルですから、調整後EPSの見通しでみた配当性向は77. 5%であり、今までの実績と比較してもそこまで高い水準ではありません。 ただし、この調整後EPSには、ジュールや、カナダで大麻事業を展開しているクロノス(Cronos)の買収関連費用や、クロノス関連のデリバティブ(金融派生商品)の減損損失は除かれています。 ジュールやクロノスの事業の動向次第では、EPSがさらに押し下げられる可能性があることに留意したいですね。 キャッシュフローは大丈夫? 2019年第2四半期までで支払った配当金は 約30億ドルです。 他方で、営業CFは 約24億ドルです。 営業CFが純利益よりも少なくなっていますが、これは未払い費用の減少幅(実際に費用が支払われたため、営業CFは減少する)が大きかったことによるものです。 まだ第2四半期ですから、通年でみないと何ともいえませんが、現時点では、営業CFよりも配当金支払いのほうが大きくなっていますね💦 また、ジュールとクロノスへの出資もあって、長期借入金が2018年末の 約119億ドルから、 2019年6月末時点では 約271億ドルと倍以上になっています。 87倍まで悪化しています。 たばこ産業は、景気に大きく左右されるような業種ではないため、それほど心配はしていませんが、債務圧縮が望まれますね。 まとめると、財務状況は悪化しているけれども、たばこ産業の安定した収益やキャッシュフローを考えれば、 現時点ではそれほど減配リスクを気にしなくて良いかなと思っています。 ただし、ジュールやクロノスの動向次第では、さらなる減損を迫られ、EPSがさらに押し下げられる可能性があります。 ジュールやクロノスへの出資が仮に失敗した場合、 それは将来の成長を牽引するであろうエンジンを失ったことを意味するので、将来的にみた減配リスクは高まります。 第3四半期以降の決算にも注目ですね。 それでもアルトリアを購入した理由 ここまで見てきたようにアルトリアの投資には結構なリスクがあります。 それでも私が購入した理由は以下の3点です。 個別株ではリスクを取りたい 私のポートフォリオはETF(VYM、SPYD、VWOB)が 約75%を占めています。 ETFをポートフォリオの主力に据えているのは、多少経費を負担してでも、リスク低減を図ることができ、定期的にリバランスを行ってくれているからです。 ETFで十分なリスク低減が図れているのだから、個別株では多少リスクを取りに行ってもいいかなと思っています。 それに、ETFだけでは配当利回りは4~5%が限界です。 ETFで間接的に保有している分を含めても3%ほどです。 個別株の保有上限割合は 5%としているので、まだまだ余裕があります。 たばこ株がポートフォリオに占める割合もまだ7%程度です。 ポートフォリオの5%、たばこ株全体では10%を超えないくらいの水準を上限に、まだ下値を探るようなことがあれば少しずつ買い増していきます。 だからこそ なるべく安い水準で購入することが必要になります。 そのため、個別株の場合は、どうしても投資手法が 逆張り的になります。 高値掴みが怖いんですよね💦 個別株投資は、楽しくもあり、怖くもあります。

次の