Zoom 録音。 Zoomでの会議・ミーティング中内容を自動録音するための設定と解除法!録画が保存されている場所の確認法

ZOOMセミナーを録画する時の注意点と、録画したセミナー動画の便利な使い方

Zoom 録音

Zoomで通話やセミナーを録画する方法 ユーザー同士の通話やセミナーはZoomの代表的な機能です。 さらに、Zoomではそうした通話やセミナーを録画することもできます。 外部のキャプチャソフトを利用せず、単体で録画までできるのはZoomならではの特長です。 セミナー等を録画する場合には、2種類のレコーディング方法があります。 有料会員の必要がありますが、保存しているデータをブラウザ上で確認できたり、URLで動画を共有できるなど、便利な点が多数あります。 詳細な保存場所はトップ画面の「設定」から確認・指定可能です。 無料プランでも利用できるのは、こちらのローカルレコーディングになります。 レコーディング先を決定したら、録画の操作は簡単です。 通話中にミーティングの画面で下部に表示されているメニューから「レコーディング」をクリックすると録画が始まります。 また、録画は一時停止してから再度開始することも可能です。 【管理者編】録画の許可を参加者に与えるには? ここまでご紹介したのは、ミーティングのホスト(主催者)のレコーディング方法です。 Zoomではホストが各ゲスト(参加者)に録画の許可を出すことで録画が可能となります。 ギャラリービュー(参加メンバーが一覧で表示される方式)のメンバーの画面で右クリックし、「レコーディングの許可」をクリックすると許可が出せます。 最初から全員に録画を許可した状態でミーティングを始めることはできません。 また、ゲストによる録画のリクエストを通知する機能はないため、ホスト側で一人ひとりに許可を出す必要があります。 なお、先ほどご紹介したように、ホストがクラウドに保存した上で、参加者に動画のURLを共有すれば、その都度、録画の許可を出す手間を省くことができます。 クラウドレコーディングのメリットは? 上述の通り、Zoomの有料会員になると、レコーディング機能が大幅に強化され、クラウドレコーディング(録画のクラウド保存)が可能になります。 ここでは、クラウドレコーディングのメリットを紹介します。 データが圧迫されない クラウドとは、ユーザーごとに割り当てられたインターネット上の記憶領域です。 クラウドにレコーディングすれば、パソコンの記憶領域が圧迫されません。 クラウド上のレコーディングをダウンロードしてローカルに保存することもできます。 クラウドに保存できるデータ量は初期状態では1GBです。 ミーティング際の画面共有、参加者の動画、チャット情報等の様々な要因により最適なサイズの動画が作成されるため一概には言えませんが、1GBおよそ3~4時間のレコーディングに相当します。 有料でクラウドストレージを追加することも可能です。 別の端末からも視聴できる 同じアカウントでサインインすれば、違う端末でもクラウド上のレコーディングを視聴可能です。 共有が容易 ローカル保存した場合、「他のユーザーと録画したデータを共有したい」という際には、いちいちデータをやり取りしなければなりません。 しかし、クラウドレコーディングでは、リンクを共有することで、他のユーザーもレコーディングを視聴できるようになります。 レコーディングはブラウザ上で再生されるため、視聴だけであればZoomをインストールする必要がない点も魅力でしょう。 視聴者を限定できる レコーディングは、同一ドメインのみに視聴を限定することもできます。 さらにパスワードを設定すればレコーディングが保護され、パスワードを共有していないユーザーによる視聴を防止できます。 文字起こし機能 Zoomには、クラウド保存した動画から自動的にテキストを起こしてくれる文字起こし機能があります。 (2019年2月現在、英語のみの対応) 日本語は、近日中に対応予定とのことですので、是非お試しいただければと思います。 レコーディング機能まとめ クラウド保存では、上記のように保存しているデータをブラウザ上で確認できます。 クラウド保存に興味のある方は で使用感を確かめてみてはいかがでしょうか? 特に、クラウドレコーディングについては、 Zoomを日常的に使っている方であればぜひ活用していただきたい機能です。 これまでオンラインミーティングソフトとは別にキャプチャソフトを立ち上げていた方は、Zoomでミーティングから録画までを完結させてはいかがでしょうか。

次の

H2n Handy Recorder

Zoom 録音

Zoomを始める前の準備(パソコン編) 『Zoom』を始めるためには、パソコンかスマホが必要です。 パソコンの場合、デスクトップパソコンならWEBカメラとヘッドセットが必要になります。 ヘッドセットはイヤホン付きのマイクで、ノートパソコンの場合でも便利です。 ヘッドセットがあれば、家族に会議内容を聞かれないから安心です。 私が使っているのは、iBUFFALOのヘッドセットです。 スマホはカメラもマイクもついているので、すぐに使用できます。 スマホで『Zoom』するときにあれば、便利なのでスマホリングです。 ずっと手で持ったままだと、しんどいのでスマホリングがあれば楽に会議ができます。 リングは360度回転するタイプの方が、角度も変えれるし便利です。 私が使っているスマホリングはこちらです。 『ホスト』にメンバー招待してもらう まず、『ホスト』側からメンバー招待してもらいます。 『ホスト』側が専用のURLを作成し、Eメールやラインなどで転送。 招待されたメンバーは受け取ったURLをクリックして開きます。 【自分側】初めてZoomを使う場合はアプリをPCでダウンロード ホストから送られたURLを開きます。 『Zoom』を初めて使用する場合は、アプリのダウンロードが始まります。 アプリのダウンロードを行った後、下記の画面が表示されます。 チェックボックスにチェックをすれば、次回から自動的にアプリで開くようになります。 そして、「 Zoom Meetingsを開く」を選択します。 次に名前の入力、『Zoom』内で表示される名前を記載して「 参加」を選択。 コンピューターで「 オーディオに参加」をクリックすると、『Zoom』ミーティングに参加できます。 【自分側】Zoomのレコーディングはホストに許可をもらう必要がある 『Zoom』ミーティングの画面が表示されました。 画面下部の「 レコーディング」ボタンをクリックします。 ミーティングのホストに対して、レコーディングのリクエスト通知をするため、 「 OK」をクリックします。 【ホスト側】Zoomはホストへの通知機能が無い!録画許可を伝えること これで、レコーディングの許可を出しました。 しかし、注意していただきたいのはホスト側には レコーディングの許可について通知はされません! そこでホストに対して、レコーディングの許可をもらうために 前もって伝えておくか、リクエストを出した後、 チャットなどで許可を出してもらいましょう。 下記からホスト側にしてもらう作業を記載します。 「 ギャラリービュー」にすると、たくさんのメンバーがいた場合、 許可が出しやすいのでオススメです。 画面が上下に分かれました。 この画面では、レコーディングのリクエストをしたメンバーは上側になります。 リクエストしたメンバーの右上にある「 ・・・」の部分を選択してもらいます。 すると、メニューが表示されるので 「 レコーディングの許可」をクリックしてもらいます。 【自分側】Zoomのレコーディング保存先を選択 これでホスト側のレコーディング許可が降りました。 もう一度、「 レコーディング」のボタンをクリックします。 左上に「 レコーディングしています」と表示されていれば、 レコーディングはスタートしています。 ミーティングが終了すれば、自動的に保存の画面に移ります。 動画の保存先を選択して、『OK』をクリックすれば完了です。 まとめ Zoomの会議内容を録画する場合、『ホスト』に許可を取る必要があります。 しかし、『ホスト』が許可を出しても、他のユーザーへの配慮も必要です。 なぜなら、勝手に録画されるのを嫌がる人もいるかもしれません。 事前に他のユーザーへ確認を取りましょう。 『Zoom』初心者は、こちらの記事も参考にしてください。 それでは、また!.

次の

ZOOMセミナーを録画する時の注意点と、録画したセミナー動画の便利な使い方

Zoom 録音

Contents• 参加者ごとの個別のオーディオファイルがあるとどうなる? この機能を有効にすることで、ミーティング全体の音声と共に、参加者ごとの音声を取得する事が可能です。 そのため全参加者の内、講師の音声だけなんて物も取得できますので、セミナー中に色々な方の声が入って聞き取りにくいなんて場合でもリカバリー可能です。 参加者ごとに個別のオーディオファイルで録音を有効にするには 個別のオーディオを録音するには設定のところにチェックを一つ入れるだけです。 まずはZoomのアプリケーションから設定画面を開いてください。 左のメニューの中にレコーディングがありますので選びましょう。 この中に「参加者ごとに個別のオーディオファイルで録音」という項目がありますので、チェックを入れましょう。 これで有効になっていますので、閉じて問題ありません。 実際に録音してみよう このチェックが入った状態でレコーディングを開始しましょう。 今回はレコーディングに関しましては細かく書きませんが、パッと見た分には個別録音有効前となんの変化もありません。 違いはミーティング終了時のデータ取得の際にあります。 ダウンロードしたデータを見てみましょう。 ここに違いはありません。 次にAudio Recordのフォルダの中を見てみましょう。 二つのファイルがありますね。 これは二人で実施したZoomミーティングをレコーディングしたからです。 それぞれが話した内容が別ファイルになって保存されています。 これが三人なら三つのファイルができることとなります。 ですが、三人いたとしてもマイクを終始オフにしていた方が一人いたのであれば、二人分のみデータができるようになっています。 これらを再生すればデータが分かれているのがわかると思います。 まとめ いかがでしょうか? 非常にシンプルな操作で利用できますので、Zoomで録画したデータをそのまま使うのではなく、動画編集をされるような方は念のためチェックを入れておいてもいいかもしれませんね。 万が一の時にあると便利ですよ。

次の