ダブルエー オリエンタル トラフィック。 ORiental TRaffic

Company

ダブルエー オリエンタル トラフィック

シューズブランド「オリエンタルトラフィック(ORiental TRaffic)」などを展開するダブルエーが、婦人靴ブランドを手掛ける卑弥呼の全株式を取得し、子会社化することを3月16日に行った取締役会で決議した。 株式の譲渡は5月1日に実行する予定で、買収額は非公開としている。 卑弥呼は1973年に創業。 ジャパンブランドの強みを活かし、高品質で履き心地を追求したハイヒールなどの婦人靴を50年近く展開している。 2010年代以降はスニーカーブームやフラットシューズの隆盛の影響を受け販売苦戦が続き、2016年に投資銀行リサ・パートナーズを親会社とする合同会社HSHに全株式を売却。 同年10月にHSHは卑弥呼に商号変更を行った。 その後、卑弥呼はブランド名を「HIMIKO」に変更し、リブランディングを実施。 20代を中心とした若年層の取り込みに注力している。 子会社化に際し、HSHは今年2月に卑弥呼からHSHに商号を戻すとともに、靴事業を新設分割する形で卑弥呼を設立した。 ダブルエーは、オリエンタルトラフィックなどのブランドは卑弥呼と立地や商業圏が重複せず、子会社化により新規顧客の獲得に繋がるとしている。 今後は、ダブルエーが開拓できていなかった地域への出店や、30代以上の顧客層の獲得、本革商品および高価格帯商品のラインナップ拡充などを図るという。

次の

ORiental TRaffic

ダブルエー オリエンタル トラフィック

TAG• 靴ブランド「オリエンタルトラフィック(Oriental Traffic)」を製造・販売するダブルエーは、2020年3月16日の取締役会で、婦人靴の卑弥呼の全株式を取得し、子会社化することを決めた。 卑弥呼の株式はHSHが100%保有しており、同社から譲り受ける。 取得金額は非公表で、株式譲渡は5月1日に実行される予定。 ダブルエーは昨年11月1日に東証マザーズに上場し、2020年1月期の売上高は前期比9. 7%増の140億円を計上している。 主力ブランドである「オリエンタルトラフィック」は、5,000〜8,000円ほどの婦人靴が若い女子を中心に人気で、「婦人靴のユニクロ」とも呼ばれている。 一方、卑弥呼は1973年に柴田一氏が創業し、機能性の高い革靴を主力としてきた靴メーカーだ。 現在、直営店56店舗、EC店4店舗の合計60店舗を運営している。 卑弥呼は、2016年に投資ファンドのリサ・パートナーズの完全子会社であるHSHが、株式公開買付けにより98.

次の

WA ORiental TRaffic(ダブルエーオリエンタルトラフィック) イーアスつくば店(研究学園)のアルバイト・パート求人情報|モッピーバイト:No.3279754

ダブルエー オリエンタル トラフィック

TAG• 靴ブランド「オリエンタルトラフィック(Oriental Traffic)」を製造・販売するダブルエーは、2020年3月16日の取締役会で、婦人靴の卑弥呼の全株式を取得し、子会社化することを決めた。 卑弥呼の株式はHSHが100%保有しており、同社から譲り受ける。 取得金額は非公表で、株式譲渡は5月1日に実行される予定。 ダブルエーは昨年11月1日に東証マザーズに上場し、2020年1月期の売上高は前期比9. 7%増の140億円を計上している。 主力ブランドである「オリエンタルトラフィック」は、5,000〜8,000円ほどの婦人靴が若い女子を中心に人気で、「婦人靴のユニクロ」とも呼ばれている。 一方、卑弥呼は1973年に柴田一氏が創業し、機能性の高い革靴を主力としてきた靴メーカーだ。 現在、直営店56店舗、EC店4店舗の合計60店舗を運営している。 卑弥呼は、2016年に投資ファンドのリサ・パートナーズの完全子会社であるHSHが、株式公開買付けにより98.

次の