ホット プレート ナポリタン。 ホットプレートで簡単!チーズナポリタンのレシピ!

チーズソースのホットプレート・ナポリタン : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ホット プレート ナポリタン

がおいしい! ゲストさん 12:20• がおいしい! ゲストさん 12:20• がおいしい! ゲストさん 12:17• がおいしい! ゲストさん 12:15• がおいしい! ゲストさん 12:14• がおいしい! ゲストさん 11:36• がおいしい! ゲストさん 11:36• がおいしい! ゲストさん 11:10• がおいしい! ゲストさん 11:04• がおいしい! ゲストさん 10:50• がおいしい! ゲストさん 10:41• がおいしい! ゲストさん 10:40• がおいしい! ゲストさん 10:26• がおいしい! ゲストさん 10:24• がおいしい! ゲストさん 10:12.

次の

【みんなが作ってる】 スパゲティナポリタン ホットプレートのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ホット プレート ナポリタン

トマトのリコピンたっぷり ケチャップで抗酸化 ナポリタンやオムライスに欠かせない、ケチャップ。 原料のトマトに由来する栄養成分が、濃縮された状態で含まれています。 その代表がリコピン。 トマトの赤い色素成分で、強力な抗酸化作用があります。 リコピンの抗酸化作用は、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑えて血流を改善し、さまざまな生活習慣病から体を守ります。 さらに、代謝を活発にして肥満の予防に役立ち、紫外線の害からお肌を守るなどの美容効果も期待できます。 ご紹介するメニューは、ホットプレートでゆでていためて作れるナポリタン。 チーズも一緒に温めて、ソースとしてかけると、さらにコクが増します。 [ 作り方 ] (1) 下ごしらえをする ベーコンは幅1cmの棒状に切ります。 タマネギは幅1cmのくし形に切ります。 シメジは石づきを除いてほぐします。 サヤインゲンは長さ3cmに切ります。 カマンベールチーズは8等分して、耐熱容器に入れます。 (2) 具材をいためる ホットプレートを180度に熱し、オリーブ油とニンニクを入れます。 香りが立ったら(1)のベーコン、タマネギ、シメジを順に加えていため、塩・コショウをして取り出します。 (3) スパゲティをゆで始める ホットプレートに(A)を入れ、沸騰したらスパゲティを加えて混ぜます。 中央に(1)のチーズを入れた耐熱容器を置き、ふたをして5分熱します。 (4) チーズを取り出す ふたを取り、チーズの容器を取り出します。 (1)のサヤインゲンを入れ、木ベラなどで全体を混ぜて水分を飛ばしながら、さらに2~3分ゆでます。 (5) 調味する (4)に(2)の具材を戻して混ぜ、(B)を加えていため合わせます。 黒コショウをふり、チーズの容器を中央に置きます。 スパゲティを取り分けて、好みでチーズをのせ、混ぜながらいただきます。

次の

【みんなが作ってる】 スパゲティナポリタン ホットプレートのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ホット プレート ナポリタン

こちらの焼きそばナポリタンは、特に時間がない日の夜ごはんにも、お休みの日のランチにもおすすめです。 最大の魅力は、パスタの代わりに焼きそば麺を使うことで、パスタを茹でる手間がかからず、あっという間に簡単に作れること。 洗い物も少なくて済むので、忙しい日の救世主といえます。 味つけはケチャップだけでなく、トマト缶も入れてフレッシュ感をプラス。 そこにバターを加えてコクも出します。 焼きそば麺のもちもち食感がナポリタンの味つけによく合います!麺がスパゲッティよりも細めなので、小さい子どもでも食べやすいんです。 美味しく作るコツは、水分をしっかり飛ばすこと。 これで麺にソースがよく絡まります。 ホットプレートで作るから、少しずつ取り分けていつでも熱々の状態で食べられます。 屋台気分で楽しい食事になること間違いなしです。 玉ねぎは 5mm幅の薄切りにし、ピーマンは縦半分に切って種とヘタを取り除き、横に 5mm幅に切る。 マッシュルームは石づきを切って薄切りにし、ウインナは斜めに 5mm幅に切る。 にんにくはみじん切りにする。 ホットプレートにオリーブオイルとにんにくを入れて高温にし、にんにくの香りが立ってきたらウインナを加えて炒める。 さらに玉ねぎを加えて炒め、しんなりしてきたらピーマンとマッシュルームを加えて炒める。 ピーマンがつやっとしてきたら、ケチャップ大さじ 2、カットトマト缶を入れて広げながら焼きつけるように 2〜 3分炒める。 水分が飛んで野菜となじみ、色が濃くなったら焼きそば麺と水大さじ 2 分量外 を入れて炒め合わせる。 残りのケチャップとバターを入れて炒め合わせる。 塩・こしょうで味を整え、粉チーズを全体にふる。 <> PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ) フードコーディネーター・フォトグラファー。 大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。 その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。 テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。 取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子.

次の