ウイリー ウイリアムス。 「格闘技 世界一決定戦」⑧〜1980 ウィリー ウイリアムス

闘魂名勝負集 異種格闘技戦(全記録)

ウイリー ウイリアムス

極真空手家で「熊殺し」の異名を持ち、極真の世界大会では上位入賞、アントニオ猪木さん、前田日明さんらと対戦の経験があったウィリー・ウィリアムスさんが死去したというニュースがありました。 ここではウィリー・ウィリアムスさんの業績と死因についてまとめました。 「熊殺し」の異名を取った米国出身の空手家、ウィリー・ウィリアムスさんが今月7日、 うっ血性心不全のため米国で死去していたことが10日、分かった。 67歳。 オランダのメディアが報じた。 1976年公開の映画「地上最強のカラテ Part2」ではヒグマと戦って世界を驚かせ、80年には「格闘技世界一決定戦」としてプロレスラーのアントニオ猪木(76)とも対戦した。 巨熊に何度押し倒されても、再び立ち上がって応戦する。 映画「地上最強のカラテ Part2」で、ウィリーは「熊殺し」の異名を取った。 1980年には「格闘技世界一決定戦」でアントニオ猪木と対戦。 国民的人気を誇ったプロレスと極真空手のトップ選手の対決は大きな注目を集めた。 ウィリーの突き、蹴りと猪木のアリキックが交錯。 結果は両者リングアウト(引き分け)だったが、世界の格闘技ファンを熱狂させた。 極真空手黎明期の名選手にして名伯楽の大山茂氏(故人)の猛特訓を受け、突きや蹴りを武器に活躍。 猪木戦の後もたびたび来日し、総合格闘技のリングなどに参戦した。 2000年に現役を引退した後は、空手のインストラクターや木彫り職人として生計を立てていた。 近年は心臓病を患っていたという。 引用: ウィリーさんの死因は心臓の病気である「うっ血性心不全」でした。 極真空手をやめてからはバスの運転手をしたこともあり、格闘家を完全に引退してからは木彫り職人をしていたとも言われています。 ウィリーさんは3~4年前の交通事故で一時期動けない状態にまでなっていましたが、空手を指導できるまでに回復していたそうです。 一緒に稽古したこともあるキックボクサー・藤原敏夫さんは「キレると気性が半端なかったけど、純粋で真面目な男でした。 ウィリーが送ってくれた元気に稽古をしている写真を見て、米国に行ってビックリさせようと思っていたのに…」とのことです。 ウィリー・ウィリアムスさんは1980年2月に東京・蔵前国技館でプロレスラーのアントニオ猪木さんと対戦、92年7月にはリングス時代の前田日明さん(60)とも対戦しています。 ウィリーさんの訃報を受け、前田日明さんは「450キロの熊と組んで押し倒されなかったんだから、あり得ないですよ。 試合をした時は『まさかウィリーと試合をするなんて』って信じられなかった。 当時でもまだ馬力ありましたね」と語りました。 全盛期には実質的にもっとも強い極真カラテ家ではないかとも噂されました。

次の

”熊殺し” ウイリーウイリアムス ~極真史上最強の五人

ウイリー ウイリアムス

「猪木はとんでもないヤツと闘うことになった」 当時、多くのファンがそう感じたものだった。 「まともにやったら殺されるんじゃないか」 1980年2月27日、蔵前国技館。 このころ、ウィリーのバックボーンである極真空手に対するマスイメージは、まさしく「地上最強のカラテ」であった。 極真の道場生が街を歩けばチンピラヤクザもこれを避ける。 喧嘩や果たし合いとなれば、これに勝る格闘技はない、と。 こうした印象の多くは、梶原一騎原作の劇画『空手バカ一代』によって作り上げられたものではあったが、それ以上に、当の門下生たちが「極真こそが最強」との矜持を持ち、このことが一層、極真幻想を膨らませていた。 ウィリーはそんなツワモノぞろいの極真空手にあって、さらに規格外。 クマと素手で戦い、極真世界大会では反則負けも厭わなかった荒くれ者で、身の丈2メートルにも迫る巨躯から繰り出される正拳突きをまともにくらった日には、さすがの猪木といえども無事に済むわけがない…。 これを藤原の師匠である黒崎健時が猛特訓によって鍛え上げた、いわば発展途上の選手だったわけです」 夕刊紙記者 また極真大会における三瓶啓二戦、襟をつかんでの反則負けも「外国人選手に優勝をさせてはならない」という周囲の圧力からのもので、決してウィリー自身の本意ではなかったといわれている。 だが、同時進行ドキュメントとして週刊少年マガジンに連載されていた、やはり梶原原作の劇画『四角いジャングル』には、もちろんそんな実態は描かれていない。 そこに登場するウィリーは、あくまでも極真空手史上最高のバケモノじみた実力者であり、人心を持たない野獣であった。 そうして極真の看板を背負ったウィリーがリングに立つことで、試合は極度の緊張感を帯びたものとなっていった。 ウィリーの師匠である大山茂は「ウィリーが負ければリング上で腹を切る」と、その覚悟を語る 劇画内のことではあったが。 当日セコンドに就いた極真勢は「いつでも代わりにリングに上がる」とばかり、実際に闘うウィリー以上の闘気をみなぎらせ、その空気はブラウン管越しにもひしひしと伝わってきた。 「ただ、今あらためて試合の映像を見ると、ウィリーの繰り出す上段蹴りはモーションが大きくて、とても猪木を捉えられそうにない。 鋭く放たれる正拳突きや膝蹴り、肘撃ちも、急所を狙っているようには見えません」 格闘技ライター 後には、この試合の実質的なプロモーターでもあった梶原自身も「あれは八百長だった」と暴露している。 2ラウンドでの両者リングアウトから立会人・梶原の裁定で試合続行、そして4ラウンド両者負傷によるドクターストップまで、全てが梶原の筆による筋書き通りだった、と。 しかし、それが真実だったとしても、だからといってこの試合に価値がないかといえば、決してそんなことはない。 「絶対に負けられない闘い」として臨んだ極真勢の意気込みは紛れのない本物で、そこから生まれた緊張度MAXの空気感は、いかなるプロ格闘技興行においても味わえないだけのものが確かにあった。 そんな、一時たりとも目を離せない緊張感に満ちていたことに間違いはない。 梶原劇画による事前プロモーションから始まり、周囲までをも本気にさせた舞台設定、そしてもちろん、ピリピリと張り詰めた試合を実現させた猪木とウィリーの両者まで全てがかみ合った、最高の名勝負の一つであった。

次の

大山茂の現在、正拳の威力はバケモノ、全盛期のウィリーも勝てなかった、最強の拳

ウイリー ウイリアムス

「猪木はとんでもないヤツと闘うことになった」 当時、多くのファンがそう感じたものだった。 「まともにやったら殺されるんじゃないか」 1980年2月27日、蔵前国技館。 このころ、ウィリーのバックボーンである極真空手に対するマスイメージは、まさしく「地上最強のカラテ」であった。 極真の道場生が街を歩けばチンピラヤクザもこれを避ける。 喧嘩や果たし合いとなれば、これに勝る格闘技はない、と。 こうした印象の多くは、梶原一騎原作の劇画『空手バカ一代』によって作り上げられたものではあったが、それ以上に、当の門下生たちが「極真こそが最強」との矜持を持ち、このことが一層、極真幻想を膨らませていた。 ウィリーはそんなツワモノぞろいの極真空手にあって、さらに規格外。 クマと素手で戦い、極真世界大会では反則負けも厭わなかった荒くれ者で、身の丈2メートルにも迫る巨躯から繰り出される正拳突きをまともにくらった日には、さすがの猪木といえども無事に済むわけがない…。 これを藤原の師匠である黒崎健時が猛特訓によって鍛え上げた、いわば発展途上の選手だったわけです」 夕刊紙記者 また極真大会における三瓶啓二戦、襟をつかんでの反則負けも「外国人選手に優勝をさせてはならない」という周囲の圧力からのもので、決してウィリー自身の本意ではなかったといわれている。 だが、同時進行ドキュメントとして週刊少年マガジンに連載されていた、やはり梶原原作の劇画『四角いジャングル』には、もちろんそんな実態は描かれていない。 そこに登場するウィリーは、あくまでも極真空手史上最高のバケモノじみた実力者であり、人心を持たない野獣であった。 そうして極真の看板を背負ったウィリーがリングに立つことで、試合は極度の緊張感を帯びたものとなっていった。 ウィリーの師匠である大山茂は「ウィリーが負ければリング上で腹を切る」と、その覚悟を語る 劇画内のことではあったが。 当日セコンドに就いた極真勢は「いつでも代わりにリングに上がる」とばかり、実際に闘うウィリー以上の闘気をみなぎらせ、その空気はブラウン管越しにもひしひしと伝わってきた。 「ただ、今あらためて試合の映像を見ると、ウィリーの繰り出す上段蹴りはモーションが大きくて、とても猪木を捉えられそうにない。 鋭く放たれる正拳突きや膝蹴り、肘撃ちも、急所を狙っているようには見えません」 格闘技ライター 後には、この試合の実質的なプロモーターでもあった梶原自身も「あれは八百長だった」と暴露している。 2ラウンドでの両者リングアウトから立会人・梶原の裁定で試合続行、そして4ラウンド両者負傷によるドクターストップまで、全てが梶原の筆による筋書き通りだった、と。 しかし、それが真実だったとしても、だからといってこの試合に価値がないかといえば、決してそんなことはない。 「絶対に負けられない闘い」として臨んだ極真勢の意気込みは紛れのない本物で、そこから生まれた緊張度MAXの空気感は、いかなるプロ格闘技興行においても味わえないだけのものが確かにあった。 そんな、一時たりとも目を離せない緊張感に満ちていたことに間違いはない。 梶原劇画による事前プロモーションから始まり、周囲までをも本気にさせた舞台設定、そしてもちろん、ピリピリと張り詰めた試合を実現させた猪木とウィリーの両者まで全てがかみ合った、最高の名勝負の一つであった。

次の