パーティー パロット 元 ネタ。 tiktok「バッターパーティピーポー」の元ネタを紹介!音源は芸人のネタ?

Mr. BATER

パーティー パロット 元 ネタ

天下のスーパースターのにわかには信じがたい一面があらわになった。 木村は都内にある自身の豪邸でゴキブリを発見すると捕まえ、逃げ惑う次女に「ちょ、待てよ!」とばかりに追いかけ見せつけてくるという。 家庭での意外すぎる一面があらわになったのはKoki,が「父の日」の21日、配信したインスタライブだ。 Koki,は「お父さんに直してほしいことは?」とのファンからの質問に対し、最近自宅でゴキブリが出たという出来事を明かした。 その上で「(木村は)すごいSなんですよ。 (私がゴキブリを)すごく苦手なのを分かっていて、ゴキブリを捕まえてニマッて笑って追いかけてくる。 やめてほしい」と語ったのだ。 これにSNS上では「キムタクんちでもゴキブリ出るんだ」「娘たちにもイメージ崩される」などと大騒ぎになった。 衝撃告白の伏線はあった。 長女でモデル&フルート奏者のCocomi(19)が16日、インスタのストーリーズで「ゴキブリ!」「気持ち悪い!」と妹・Koki,が慌てふためく音声を投稿。 「(ゴキブリの)処理係はいつも父か私です」と明かしていた。 周知の通り、SMAPは2016年いっぱいで解散。 この一連の騒動でイメージが失墜したのが木村だった。 「芸能関係者の間では早くも、ゴキブリとキムタクをミックスして『ゴキムタク』とイジられている。 とはいえ、愛娘が2連発で投下したゴキブリネタがすべてマイナス要素ばかりともいえない。 庶民派のイメージが広がったうえに、広告業界も鋭く反応したのだ。 「あのキムタクがゴキブリを素早く捕獲しているなんて…。 殺虫剤のイメージキャラクターにピッタリじゃないですか。 今後、殺虫剤のCMのキャスティングリストに名を連ねそうです」(広告代理店関係者) 殺虫剤のCMには、かつてジャニーズ事務所に所属していた郷ひろみらが出演しており、木村が出演するとなれば、意外性も抜群といえる。 CM業界トップクラスの出演・契約料が動くことになる。 娘2人による天下のスーパースターの驚きのイメチェン劇。 良くも悪くもますます注目を集めそうだ。 (視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ) 外部サイト.

次の

[B! Twitter] Party Parrotとは (パーティーパロットとは) [単語記事]

パーティー パロット 元 ネタ

概要 [ ]• に放送されたスペシャルに初登場以来、全23回(総集編などでの再放送除く、『ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』で放送された『Mr. BATER 2001』を含めると24回)放送された。 外国人のMr. BATER(())が毎回様々なに出向き、その従業員()とのやりとりを描いたコントである。 基本的には毎回、商店が舞台となるのだが、例外的に歯科医院など商店以外の施設が舞台となることもある。 内容 [ ]• BATERの設定は出身で片言の()を話すアメリカ人で、パーティーへ出席するための道具を揃えるために毎回、「ちょっとええかな? 」(「ちょっとええ? 」「もうええかな? 」「ハーイ!」「ハロー!」「ごめんな〜」「ちょっと邪魔するで〜」と言う場合もある)と一言言ってから様々な店舗に訪れる。 店長は第1回では喋っていたが、第2回以降一切口を利かない(ある回では「END」と出た後そのまま番組オープニングへ続き、その部分で店長が「バカヤロー!! 」と叫んでいた。 ある回では最後の「END」のところで「助けてくれ」と言っている)。 稀に声を上げて笑うことはある。 店長は第2回目以降はズラを被るようになる。 毎回、Mr. それを聞いた店長は店の奥に行き(店の種類に関わらず)の衣装とを持って来る。 これは第1回目の舞台が紳士服店でジャケットを頼まれた店長がインディアンの衣装を持ってきたというボケを踏襲し、「お約束」として毎回やるようになったボケである。 その後、その店舗に合った商品を注文し、毎回注文とは異なるもの(注文されたものに近い名前・音の響きのもの、)を持って現れるというやりとりが何回か(概ね3~5回)行われ 、最後は「二度と来るか! 」や「アホかー! 、ボケー! 、死ねー! 」と怒るか、歌ネタでノリツッコミをした場合はそのまま替え歌を歌いながら、あるいは何と言っているのか分からないほどに怒鳴り散らしながら、Mr. BATERが店から出て行って終わる(第1回はMr. BATERが店長に「もうええわ! 」とツッコみ、店長が「どうもありがとうございましたー」といい二人で会釈、そのままBGMが流れ暗転という、普通のコントのような終わり方であった)。 また、やりとりの最中、違うものを持ってこられノリツッコミをしたあと、Mr. BATERによって、店長役である今田のプライベート等を、あることないこと暴露されるのが定番となっている。 魚屋の回では松本の作り話で非常に不名誉なことを言われた今田が、収録後即座に、半笑いを浮かべながらもキレ気味で松本に「アホか!言うてええことと悪いことがあるんじゃー!! 」と怒鳴った。 それに対し松本は「そんなん変えたったらええねん」と返したため、スタッフが「事実無根じゃ…」と口を挟むと松本は「事実なんかクソ喰らえじゃ!」と吐き捨てて、今田の怒りを笑いに変えた。 また、2001年の復活スペシャルでは松本が「に電話番号聞いてる場合ちゃうで」と言った後、今田が「逆や!逆!」と小声で反論したこともあった。 BATERのノリツッコミには色々なバリエーションがあるが、特によく見られるのが以下の2パターンである。 風の効果音を口ずさみながらポーズを取った後(この時今田も一緒にポーズを取っている)でオチの一言を言ってからツッコむパターン(傘屋の回を例に挙げると、「トシヒコさんて誰やねん!」と叫んでから前述の行動を取り、「エントリーナンバー1、トシヒコさん!」と言ってオチをつけている)。 BATERは今田のボケに乗ってボケる以外にも、今田との会話中に自分からボケる事もある(ボケた後、「これはウケたやろ…」などと言いながら今田の方を向き、今田が全く笑っていないので「ワーオ!」とリアクションを取る事が多かった)。 BATERはヘッドレスタンバリン(皮のない)の扱いに長けているようで、今田に上手だと(ジェスチャーで)言われた。 その際、BATERは「うっさい!昔を思い出すわ!」と怒鳴った。 タンバリンが落ちに使われるパターンは複数あるがその時に歌われる歌は毎回の「あゝ無情」。 医院の回では、今田の親族のプライベートに関わることを言ってしまったため、今田が慌てて小声で「カットしてください!」とジェスチャーも交えスタッフに訴え、その後「こないだ親から電話あったばっかりやねん!」と大声で言ってしまい、松本に「しゃべんなお前!」と怒鳴られている。 一応その後持ち直しコントは終了したが、収録後今田は「すいません、マジでカットしてください!」と叫んでいる。 なお松本が何を言ったのかは編集で伏せられている。 玩具店の回では今田が「チェス」と間違えて「コス(番組スタッフの)」をセット裏から呼んでくるというボケがあった。 肉屋の回では、次のネタで使う机を置く目印として床に張られたテープ(業界用語で「バミリ」)を松本が見つけてしまう。 焦った今田がテープを剥がして何事も無かったかの様に取り繕うが、結局ネタバレとなった。 いつもはドアや壁をたたいて今田の注意を引こうとするが、肉屋の回ではガラスが厚すぎて痛かったらしい(その後「自分とこのガラス痛いわ」と言っている)。 基本的にどんなネタでもMr. BATERはノリツッコミをするが、あまりにも低俗なネタやツッコミに困るネタを持って来られると、「ツッコめへん」「これはやりたくない」と愚痴をこぼしたり、時としてキャラを忘れ「違うやろ」と真顔で呆れてしまうこともある。 」 陶芸家のネタがあまりにもツッコミに困る内容だったためBATERが真顔で 「違うやろ」と呆れるシーンがある。 この14年間の芸歴何やのぉ!」と言うシーンがある。 収録後、すぐに今田が カットしてほしいと スタッフに懇願。 傘屋編でネタの完成度の低さに松本が「これカットやで」と言ったネタがそのまま(「これカットやで」のセリフも含め)放送され、ビデオにもそのまま収録された(今田に折り畳み傘と間違えて折れた畳を持ってこられたMr. 松本は「これ、しまって。 これ見切れたらつながりおかしいから」と編集の心配をしていた。 が主役のを演じた『』()では、竜馬たちが外国人に変装するという場面で「今日パーティー行かなあかんねん」とMr. BATERをしたシーンが放送された。 2006年1月、NHK教育「」内のコーナー「天てれ東海道駅伝」でがMr. BATERに扮した顔で「今日パーティー行かなあかんねん」と言うシーンが放送された。 宇多田ヒカルはMr. BATERのコントが気に入っているらしく、2007年8月12日のフジテレビ系「」の歌収録の合間に「今日パーティー行かなあかんねん」と「どんどっとっと」を披露したそうである。 のシングル「ナウ・ロマンティック」アナログ盤では冒頭のインディアンネタで同曲を歌い「いつ売れんねん! 」とBATERが叫ぶくだりが曲前に追加されている。 鮮魚店の回で今田が「」と間違えて持ってきたのは「(当時の)」8月号である。 「」の第一訓「天然パーマに悪い奴はいない」に、Mr. BATERに酷似した借金取り兼天国の社長が登場する。 キャスト [ ]• BATER:松本人志(ダウンタウン)• 店長:今田耕司• 脚注 [ ]• その際、目的の商品に求める3大条件を提示してその3つめで怒ることが多い。 」などと怒って言い放つ事もある。 『』の早口言葉や『』を歌ってから『』の時のなど、モノマネをする機会が多かった。 最後のネタは商品名などを織り交ぜたを歌う事が多かった(スポーツショップの回では「」の節で「」、医院の回では「」の節で「! 、レントゲン! 」、1996年3月10日の和菓子屋の回では「」の節で「持ってきた~」など)。 ただし、初期の頃は時事・芸能関係のネタを言っていた。 「そりゃ、もガムのCM降ろされるわ!」「そりゃ、米もパサつくわ!」等)• この時の模様は『ダウンタウンのごっつええ感じ コント傑作集HISTORY9』に収録されているものであり、本放送ではカットされていた。

次の

TKO木下、今は触れて欲しくなかった?相方・木本が暴露した母子溺愛ネタ

パーティー パロット 元 ネタ

忘年会は、ただ参加するだけではなくて「何か出し物をしてよ!」と言われることがありますよね。 「何か」と言われても、何が盛り上がるのか分からないし、スベった出し物をして後々いじられると嫌だし、なかなか決まらないものです。 この記事では、忘年会で盛り上がるおすすめの出し物を紹介していきます。 忘年会で出し物をすることになった人は、ぜひ参考にしてみてくださいね! 忘年会におすすめの出し物 忘年会で必要なのは、盛り上がること。 意味が伝わらなくても大丈夫。 勢いでいいので、とにかく盛り上がることが大切です。 ここからは、忘年会で使えるおすすめの出し物を紹介します。 簡単にできるものから、少し練習が必要なものまで、盛り上がること間違いなしな出し物ばかりですよ。 ぜひ、今年の忘年会に取り入れてみてはいかがでしょうか。 絶対ウケる!「ネタ・一発芸・モノマネ系」 忘年会でおすすめの出し物は、「ネタ・一発芸・モノマネ系」です。 ほとんどの人が知っているであろう人物のモノマネや、見た瞬間のインパクトがある一発芸ができると、一気に盛り上がるでしょう。 全員で「コスプレ」 まずおすすめなのは、「全員でコスプレ」することです。 誰か一人ではなく、全員でコスプレをすることが大切。 また、コスプレも、ひとりひとりが違うキャラクターを演じるのではなく、全員で合わせてひとつの作品になると良いでしょう。 例えば、5人程度いるのであれば、「マリオ・ルイージ・ピノキオ・クッパ・ピーチ」など。 キャラクターを揃えると、ひとつの作品としてクオリティーが高く見えますよ。 顔を隠して踊る 次におすすめなのは、「顔を隠して踊る」ことです。 ただのダンスだと、クオリティーが重要になってしまいます。 しかし、顔を隠して踊ることによって、コメディ要素も生まれるので、笑ってもらえること間違いなしです。 顔を隠すのも、ただ覆面をするだけではなく、全員で「サザエさん」「ドラえもん」などの国民的キャラクターがおすすめ。 誰もが知っているキャラクターですし、「そのキャラクターがそんなに機敏に動く?!」と、シュールな笑いも生まれます。 顔を隠すことで、誰が誰かはすぐには分かりませんし、「出し物とかちょっと恥ずかしい…」方でもできるでしょう。 全身タイツでもじもじくんをする 次におすすめするのは、「全身タイツでもじもじくん」です。 もじもじくんとは、人気テレビ番組「とんねるずのみなさんのおかげです(した)」の企画で人気となったゲームです。 全身タイツを着て身体を使って、文字を表現するというもの。 もじもじくんは、出た瞬間のインパクトがすごくあります。 みんなの前に出てきた瞬間、笑いが生まれることもあるでしょう。 みんながちょっと笑っている状態で出し物が始まるので、笑いへのハードルは低くなるはず。 また、普通の忘年会では、全身タイツになるのは良くても、テレビ番組でやっていたような文字を作るのは難しいでしょう。 忘年会でのお手軽バージョンとして、上半身だけでできる英単語での文字づくりや、尻文字なども良いですよ。 細かすぎて絶対に伝わらないモノマネをする また、「細かすぎて絶対に伝わらないモノマネ」もおすすめです。 絶対に伝わらないので、似ている似ていないはあまり関係ありません。 伝わる人にだけ伝わるモノマネができればいいので、例えば、「満員電車で乗降がはげしい駅なのに、つり革を掴んだままゆらゆらしている人」など、身近な人を題材にすると良いでしょう。 しかし、悪意を持ってしまうと、ネタにされた人が嫌な気持ちになってしまうので、やりすぎないことが大切です。 話題の芸人のモノマネをする 最後におすすめするのが、「話題の芸人のモノマネ」です。 メイクが特徴的だったり、音楽が特徴的だったりする芸人だと、すぐに真似ができるでしょう。 裸芸をする芸人のモノマネをする場合は、ポロリの危険性があるので、やるのであればポロリしても大丈夫な対策が必要です。 また、良くある「ネタの一部を自分なりに変える」のはスベってしまうこと間違いなし。 変にアレンジをしないで、ネタを忠実に再現するのがおすすめです。 日頃のチームワークを活かした「ダンス系」 次におすすめする忘年会での出し物は、日頃のチームワークを活かした「ダンス系」です。 日頃、会議中に意見を交しあったり、業務でも連携をしたりして仕事を進めていることでしょう。 日頃のチームワークを活かして、息の合ったダンスが披露するのもおすすめ!見ている人を圧倒させられます。 しかし、ダンスを出し物にするには、曲決め、個人練習、全体練習が必要です。 業務外でやらなくてはいけないので、個人に負担もかかってしまいます。 もしかしたら「私たちには無理…」と思ってしまうかもしれませんが、成功したときの達成感は、病み付きですよ。 みんなが分かるので盛り上がる!欅坂46を踊る まず、ダンスをするのにおすすめのアーティストは「欅坂46」です。 CMでも曲が流れているので、曲自体の認知力があります。 また、社会人でも「欅坂46」が好きな人が多いので、もしかすると「欅坂46なら踊りたい!」人が出てくるかも。 それに、なんとなくでもダンスを知っている人がいたり、盛り上がり方を知っている人がいるので、スベることはないでしょう。 ダンスの難易度自体もそこまで高くなく、はげしい動きでごまかせる部分もあるので、ダンスが苦手なメンバーがいても安心です。 モーニング娘。 を踊る 次におすすめのアーティストは「モーニング娘。 」です。 「LOVEマシーン」など、全盛期の曲であれば、曲の認知度はバツグンです。 振り付けの認知度もあり、知らなくても単純な動きが多いので、すぐに覚えられるでしょう。 また、時間があるのであれば、「フォーメーションダンス」に挑戦してみるのもおすすめです。 人数がたくさんいて、それぞれが自分の動きをきちんと認識していないとフォーメーションダンスはできません。 見ている人を圧倒できるのがフォーメーションダンスです。 もし、「かっこいいところを見せつけたい!」と思うのであれば、フォーメーションダンスに挑戦してみるのはいかがでしょうか。 カラオケに行くなら歌って盛り上がる! 忘年会では、一次会でも、二次会でも、カラオケに行くことがありますよね。 あまり乗り気ではなくても、上司に無理やり連れて行かれることもしばしば。 「上司世代が喜ぶ曲なんてわからないよ!」と思う人も多いでしょう。 ここでは、カラオケに行くことになったときに、「これを歌えば盛り上がる!」救済曲を紹介していきます。 もし忘年会で、カラオケに行く予定がある人は、参考にしてみてくださいね。 上司が若かったころの曲を歌う カラオケに行くときにおすすめなのは、「上司の世代の曲」を歌うこと。 気のおける同僚だけで行く場合は、好きな曲を歌っても良いでしょう。 しかし、上司がいると話は別。 退屈をさせるといけないので、上司が若かったころの曲を歌って、楽しませてあげましょう。 「よくこんな曲を知っているね」「なんだか懐かしい」と、感想を引き出すことができれば、こちらの勝利です。 わざわざ昔の時代の曲を聞かなくても、現在人気のあるアーティストがカバーをしていることもあります。 ぜひリサーチをして、カラオケに向けて覚えてみてはいかがでしょうか? どの世代でも分かりパート分けしやすい!合唱曲を歌う 次におすすめなのが「合唱曲」です。 どの世代の人でも知っている合唱曲があり、アルト、ソプラノなど、パート分けもできるので、一人で歌うのが苦手な人におすすめの回避方法です。 もし歌うのが苦手だけど、歌わないといけない状況になったら、周りを巻き込んで回避するのもひとつの手段ですよ。 話題のアイドルの曲を歌う 最後におすすめするのは、「話題のアイドルの曲」です。 話題のアイドルの曲であれば、ミュージックビデオ付きの映像が流れることがあります。 話題のアイドル達の映像が流れると、盛り上がること間違いなし。 思い出を振り返る「ムービー」 次におすすめする忘年会の出し物は、思い出を振り返る「ムービー」です。 一年間一緒に過ごしていたメンバーとの思い出を簡単にまとめて、スライドショーにするだけで、ムービーが完成します。 自分たちの一年を振り返る意味も込めて、ムービーを作ってみるのはいかがでしょうか? 出会いから今までをまとめたムービーを流す ムービーを作ることなんてなかなかないですよね。 「このメンバーの忘年会で、ムービーを作ったことがない」場合は、「出会いから今までをまとめたムービー」がおすすめ。 初めて出会ったときの写真、遊びに行った写真、仕事中の写真など、みんなで振り返って見ることで「エモ」が生まれます。 仲の良い友人との忘年会であれば、エモさを感じさせるムービーを作るのも楽しいですよ。 今年の思い出をまとめたムービーを流す 次におすすめなのは、「今年の思い出をまとめたムービー」です。 今年一年の思い出をギュっとムービーにまとめて、「これ今年だったんだね」「このときは楽しかったね」など、一年を振り返ってみるのも良いでしょう。 ひとりひとりを紹介するムービーを流す 最後におすすめするのは、「一人ひとりを紹介するムービー」です。 顔写真と一緒に名前やプロフィールなどを紹介し、「今年はこんなことをしていました!」と、今年の報告をするのも楽しいですよ。 もしかしたら知らないところで転職をしていたり、恋人が変わっていたりするかもしれません。 会社のメンバーが知らないであろう内容をあえて盛り込んで、「聞いてないよ!」「報告してよ!」など、反応を楽しむのも楽しいですよ。 豪華景品で盛り上がる「ビンゴ」 忘年会で盛り上がる、定番の「ビンゴ」。 定番な分、景品が豪華だと、みんなのやる気も上がります。 ここでは、定番だけどちょっと違うビンゴゲームと、おすすめの景品を紹介します! 適当ビンゴを楽しむ 準備するのは、数字が書いてある普通のビンゴカードのみ。 「あなたは何人家族?」「身長の下二桁」など、数で答えられる質問を、順番に司会者にしていきます。 質問の答えの数字を、潰していくだけの適当ビンゴです。 司会者の情報をたくさんGETできるビンゴなので、司会者は、あまり飲み会に参加していない人や、今年初参加の人にすると良いでしょう。 豪華景品は金券がおすすめ ビンゴゲームで用意する豪華な景品は、「金券」がおすすめです。 無難だからこそ、避けがちな商品ですが、自分の好きなものを買うために使えるので、金券をもらって嫌な人はいないでしょう。 ただし、金額が安すぎたり、使いにくいものだと、がっかりされてしまう可能性があります。 AmazonやJCBなど、みんなが使いやすい金券にするとベターです。 チーム対抗で盛り上がる!おすすめの出し物 また、人数が集まる忘年会だからこそできる、「チーム対抗」での出し物もおすすめ。 少人数での飲み会中に、「チーム対抗でゲームをしよう!」とはならないですよね。 ゲームをするとしても、個人戦のトランプやUNOくらい。 ここからは、大人数で集まれる忘年会だからこそ楽しめる「チーム対抗の出し物」を紹介します。 出し物1. クイズ大会 チーム対抗で行う、おすすめのゲームは「クイズ大会」。 シンプルに、正解数が多いチームが勝つゲームです。 クイズ大会は、参加者に合わせた問題を作ると、盛り上がりますよ。 「この人なら絶対正解するだろう!」というサービス問題を用意したり、参加者にまつわる問題を用意したり。 また、よくテレビ番組で見る「ラスト問題は1万ポイント!」なんて理不尽制度があっても、盛り上がりますよ。 出し物2. 早食い 次におすすめのチーム対抗戦は、「早食い」です。 かき氷の早食いや、わんこそば。 もっと簡単に準備できる、うまい棒の早食いでも良いでしょう。 食べる人と応援する人に分かれるので、盛り上がること間違いなし。 大食いではなく早食いなので、女性でも参加しやすいですよ。 カラオケ大会 次におすすめするチーム対抗の出し物は「カラオケ大会」です。 チームに分かれて、採点モードで得意な歌を歌い、全員の合計点数が高いチームの勝利です。 歌の上手い下手はありますが、もし歌が下手でも、声が大きいと点数が高くなる場合があります。 また、実際に聞くと上手でも、機械判定になると、点数があまり良くない人もいます。 「どうしたら点数が高くなるのか」をチームごとに攻略方法を考えて、戦略を練るとより楽しめますよ。 出し物4. スプーンリレー 次におすすめのチーム対抗の出し物は、「スプーンリレー」です。 椅子に座ったままできるので、お手軽なゲームです。 スプーンに豆を乗せて座り、豆を隣の人に渡していくだけのかんたんでシンプルなルールです。 乗せるものは豆じゃなくても、ポップコーンやキャンディなどの食べ物や消しゴムなど、スプーンに乗るものであればなんでも良いでしょう。 食べ物をリレーに使う場合は、粗末にしないように気をつけてくださいね。 出し物5. ジェスチャーゲーム 最後におすすめするチーム対抗の出し物は、「ジェスチャーゲーム」です。 チームに分かれてお題を出して、より多くお題を当てたチームの勝ちです。 前に出てみんなの前でジェスチャーをするので、もし、新しく仲間になった人がいた場合は早くキャラや顔を覚えてもらう機会にもなり、一石二鳥。 ぜひ、知り合ったばかりの人と忘年会をするときに取り入れてみてはいかがでしょうか? 忘年会の出し物で盛り上がれるおすすめのレンタルスペース 今まで、忘年会で盛り上がる出し物を紹介してきましたが、普通の居酒屋など盛り上がりすぎると、他のお客様の迷惑になってしまうことも。 誰にも迷惑をかけず、思い切り出し物を楽しむためにも、レンタルスペースを使った忘年会をおすすめします。 【下北沢】ダンスなどの出し物におすすめ!Half Moon Hall 下北沢駅から徒歩8分のところにある「Half Moon Hall」。 地下なのに天井の高さが5. 3mもある、設備充実の半月型大ホールで、ダンスなどの出し物をするときにおすすめのスペースです。 【北参道・原宿】広いスペースで出し物がしやすい「D-room」 北参道駅から徒歩3分のところにある「D-room」。 明るくて、開放的なスペースです。 広々としているので、ジェスチャーゲームなど、前に誰かが立つ必要がある出し物をするときなどに、おすすめです。 【高田馬場】イベント・DJ・撮影もできるレンタルスペース 高田馬場駅から徒歩1分のところにある、ライブやDJイベントにおすすめのスペースです。 DJの機材があり、音響設備もバッチリです。 バーテンダーの方を呼べるプランもあるので、賑やかに忘年会がしたいときにおすすめです。 忘年会は出し物をしてチームの親睦も深めよう! 忘年会は、一年間のがんばりを称え合う会です。 また、普段はなかなか飲み会に来ない人も、「忘年会なら…」と、参加をしてくれることもあるでしょう。 ぜひ、一年間の疲れを美味しいお料理とお酒で癒やしながら、なかなか一緒に飲めない人とも親睦を深められるように、出し物で盛り上がってみてくださいね。

次の