テルビナフィン 塩酸 塩 クリーム。 テルビナフィン:ラミシール

水虫に市販薬は効く?悩みに合わせたおすすめの市販薬選び方

テルビナフィン 塩酸 塩 クリーム

白癬(水虫)やカンジダ症の治療に用います。 皮膚真菌症の多くは白癬菌が原因ですが、ほかにもカンジダや癜風菌によるものがあります。 カンジダ症は抵抗力が落ちているとき、癜風は高温・多湿で発症しやすい皮膚病です。 このお薬は、そのような皮膚真菌症の治療に用います。 有効成は、テルビナフィンというアリルアミン系の抗真菌薬です。 強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とし、水虫の原因菌である白癬菌にくわえカンジダや癜風菌にも有効です。 殺菌的に作用するので、きちんと治療すれば完全に治せます。 【薬理】 真菌細胞内のスクアレンの代謝酵素を選択的に阻害することにより、真菌内にスクアレンを蓄積させ、また細胞膜の構成成分となるエルゴステロール含量を低下させて真菌細胞膜を破壊します。 アリルアミン系の抗真菌薬です。 とくに白癬菌に対する抗菌作用が強いのが特徴です。 足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風などに適用します。 良好な皮膚貯留性から、1日1回の塗布で済みます。• クリーム、液剤、スプレーの3種類の製剤が販売されています。 これを、症状や部位、使い勝手など考慮して使い分けます。 一般的には、どんな症状にも使いやすいクリームが処方されることが多いです。 湿潤している患部にはクリームが無難かもしれません。 液剤は刺激が強いのが欠点ですが、浸透力が強いので皮膚が厚く角質化している患部に適します。 注意 【診察で】• 水虫の薬でカブレを起こしたことのある人は、医師に話してください。• 市販の水虫薬を使用していた場合は、そのことを伝えておきましょう。 検査で菌が見つけにくいことがあります。 【注意する人】 ただれのひどい患部や、傷のある部分は慎重に用いるようにします。 とくに液剤は刺激痛を生じやすいので注意が必要です。 【使用にあたり】• 指示された期間、治療を続けることが大切です。 足の裏など角質層が厚い部分では半年から1年以上続けないと完治しないことがあります。• 決められた使用回数を守ってください。 使いすぎると皮膚が荒れたり、カブレを起こすことがあります。• クリームは、よく擦り込むようにしてください。 皮膚の角質層に十分浸透させるようにします。• 水虫の治療の第一のポイントは「広めに塗る」こと、第二は「根気よく続ける」ことです。 周囲に付いている菌や角質に潜んでいる菌を完全に死滅させるためです。• 誤って、目に入らないように注意してください。• 治療開始後2〜3週間しても症状が改善しない場合は、医師に相談してみましょう。 【食生活】 患部をよく洗い、そして乾燥に努めることです。 靴下、バスマット、トイレのスリッパなども感染源になりやすいので、こまめに洗濯し清潔にしておきましょう。 効能 下記の皮膚真菌症の治療• 白癬:足白癬、体部白癬、股部白癬• 皮膚カンジダ症:指間びらん症、間擦疹 乳児寄生菌性紅斑を含む• 癜風 用法 【クリーム、液】 1日1回患部に塗布する 【スプレー】 1日1回患部に噴霧する.

次の

テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「日医工」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

テルビナフィン 塩酸 塩 クリーム

水虫に市販薬は効く?悩みに合わせたおすすめの市販薬選び方 ジクジクかゆい水虫。 治したいけれど、病院に行く時間がとれない。 まずは市販薬を試したいけれど、水虫の薬にも様々な種類があり、どれを選んだら良いのか迷ってしまうことがあるかもしれません。 市販の水虫薬にも病院での処方薬と同じ有効成分を配合しているものがあり、まず最初に市販薬を使うことも出来ます。 多くの種類が販売されているため、ご自身の症状に合うお薬を選ぶことが重要です。 今回は、水虫に対する市販薬の効果を解説するとともに、市販薬の成分、またスプレーやクリームなどそれぞれの剤形の特徴、そして悩みに合わせた水虫の市販薬の選び方を解説します。 1. そもそも水虫の市販薬は効く? 水虫は、白癬菌というカビ(真菌)が皮膚の角質層に繁殖して、皮膚がジクジクしたり、皮がめくれたり、かゆみが生じる感染症です。 真菌による感染症であるため、水虫の治療には、「 抗真菌薬」を使用します。 市販されている水虫薬の中には病院で処方される抗真菌薬と同じ有効成分を配合したものがあり、最初に市販薬を使うことも出来ます。 また、市販薬は、抗真菌作用の他に、炎症を抑えたり、かゆみを抑える成分も配合されているものが多く、ひとつの薬でかゆみなどの症状も抑えられるのがメリットです。 ただし、水虫と似た症状を起こす皮膚の病気が他にもありますので、 初めて症状が出た場合や市販薬を使用しても症状に改善がみられない場合は、皮膚科を受診しましょう。 2. 薬局で買える水虫の市販薬3つ の成分 薬局で買える水虫の市販薬は数多くあります。 水虫の原因菌である白癬菌には様々な種類があり、また症状や体質により、どの成分が一番効果的か言い切ることは難しいのですが、比較的強い抗真菌作用が期待でき、病院の処方薬と同様の抗真菌成分3つをご紹介します。 水虫薬の作用は、真菌の増殖に関わる酵素の働きを妨げ、真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールが作られるのを妨ぎ、真菌が増殖できないようにして殺菌します。 成分により阻害する酵素が異なります。 どの成分の薬にするか迷った場合は、まずはこれらの成分が配合されている製品を選ぶと良いでしょう。 <ラノコナゾール> ラノコナゾールは、市販されている水虫薬の中で最も少量で真菌に対して抗菌作用を示します。 製品としては、第一三共ヘルスケアの「」があります。 軟膏、クリーム、液体、ジェットスプレーがあります。 <テルビナフィン塩酸塩> テルビナフィンも強い抗菌効果があります。 製品としては、大正製薬の「 ダマリングランデ」やグラクソスミスクラインの「 ラミシールプラス」、「 ラミシールATクリーム」などがあります。 では、クリーム、液体、パウダースプレー、アイススプレーの4種があります。 には、液体とクリームがあります。 <ブテナフィン塩酸塩> ブテナフィンも同様に強い抗菌作用を示します。 ただしカンジダへの効果は期待できません。 製品としては、久光製薬の「 ブテナロックVa」や佐藤製薬の「 ラマストンMX2」などがあります。 には、クリーム、液体、スプレー、ジェットスプレー、パウダーがあります。 には、クリーム、ゲル、液体があります。 3. 水虫市販薬、それぞれの剤形の特徴 薬局で水虫の薬を探すと同じ製品でも様々な剤形があるため、どれを選べば良いのか悩む方もおられます。 それぞれの剤形の特徴を解説します。 3-1. 軟膏タイプ ワセリンを基剤とした製剤で、患部の保湿、保護効果に優れています。 クリームや液体に比べて、刺激が少ないのが特徴です。 ただし、べとつくのが難点です。 症状がひどい部分にだけ塗るという使い方もよいでしょう。 どんなタイプの水虫にも使用できますが、特に、ジクジクタイプやひび割れタイプの水虫に向いています。 3-2. クリームタイプ 薬の浸透性もよく、使用感も軟膏のようにべたついたりしないため、使用しやすい剤形です。 軟膏に比べると多少刺激が出る場合があります。 患部とその周囲にもしっかり塗ることが出来ます。 一般的にどんな水虫にも使えますが、特に、足の指の間や小水疱ができてジクジクした水虫や足の裏の角化した水虫にはクリームが適切でしょう。 ただれや亀裂などがひどい場合は、刺激となり症状が逆に悪化する場合があるので注意が必要です。 3-3. 液体タイプ 薬の浸透性がよく、患部に直接触れずに薬を塗布することができ、使用感もさっぱりとしています。 但し、成分にアルコールを含むため、患部がただれていたり、皮膚の弱い人には刺激が出る場合があります。 足の指の間のカサカサした乾燥した水虫や水疱が破れていない水虫に向いています。 3-4. スプレータイプ 患部に触れることなく、薬を塗布することができるのがメリットです。 パウダースプレーや冷却スプレーなどもあり、使用感がよいです。 ただし、薬の効き目が弱いのが難点です。 足の指の間のカサカサした水虫や水疱が破れていない水虫、足の裏など広範囲の水虫に向いています。 中でもパウダータイプは、ジクジクした水虫にオススメです。 4. 悩み別に選ぶ、おすすめの水虫市販薬 水虫に関する悩み、症状に向いているおすすめの市販薬をご紹介します。 4-1. 患部がジクジクしている ジクジクしてしみる水虫には、刺激が少なく、保護効果の高い軟膏タイプが良いでしょう。 部位的にべたべたが気になる場合はクリームタイプ、または、患部を乾燥させるためにパウダースプレータイプを選ぶと良いでしょう。 おすすめの市販薬は、です。 ラノコナゾールを主成分として、かきこわしなどによる細菌の感染予防に殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールや炎症を鎮めるグリチルレチン酸が配合されています。 4-2. 皮がふやけてむけてくる クリームタイプが患部とその周囲など広い範囲に塗りやすいです。 おすすめの市販薬は、以下の2つです。 テルビナフィン塩酸塩を主成分とし、かゆみや痛みを鎮めるリドカイン、炎症を鎮めるグリチルレチン酸、殺菌・消毒をするイソプロピルメチルフェノールが配合されています。 塗り心地で選ぶならダマリングランデXクリームでしょう。 他の製品よりべたつかずサラサラな使用感が特徴です。 l-メントールも配合されていて清涼感もあります。 医療用医薬品のラミシールクリームと同じものを使用したい場合は、こちらの製品を選ぶと良いでしょう。 シンプルに有効成分のテルビナフィン塩酸塩のみ配合された製品です。 4-3. かかとがひび割れてガサガサしている かかとが角質化してしまう水虫には、尿素配合で、足の裏やかかとを軟らかくし、有効成分が浸透しやすい皮膚の状態にする製品が効果的です。 おすすめの市販薬は、 です。 4-4. 炎症や痒みを伴う場合 白癬菌を殺菌する成分の他に、グリチルレチン酸など炎症を鎮める作用のある成分やリドカイン、ジブカインなどのかゆみや痛みの伝達を抑える成分、クロタミトン、ジフェンヒドラミン塩酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩などかゆみを鎮める成分が配合された製品を選ぶとよいです。 また、かゆみを抑える成分とともに、冷却作用で一時的にかゆみを感じなくするアイススプレーもあります。 おすすめ市販薬は、以下の2つです。 ブテナフィン塩酸塩を主成分とし、かゆみや痛みを抑えるジブカイン塩酸塩、かゆみを鎮めるクロタミトン、クロルフェニラミンマレイン酸塩、炎症を抑えるグリチルレチン酸配合で、かゆみを和らげます。 テルビナフィン塩酸塩を主成分とし、かゆみや痛みを抑える成分としてリドカインが配合されています。 スプレー時に氷の泡で患部を冷却し、一時的にかゆみを抑えるのが特徴です。 4-5. 臭いが気になる 足の臭いが気になる場合は、l-メントールやdl-カンフルを配合したものや殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールを配合したものを選ぶとよいでしょう。 おすすめの市販薬は、 です。 テルビナフィン塩酸塩を主成分とし、リドカイン、ジフェンヒドラミン塩酸塩、グリチルレチン酸でかゆみと炎症を抑え、イソプロピルメチルフェノールで臭いの原因となる菌を殺菌します。 爽やかな石鹸の香りが特徴的です。 4-6. 爪白癬 爪が厚くなっていたり、ぼろぼろになっていたり、白~黄色っぽく変色している爪白癬の場合は、塗り薬だけでは完治しずづらく、内服薬による治療が必要となることが多いです。 皮膚科を受診することをおすすめします。 5. まとめ 市販の水虫薬の中には、今回ご紹介した成分のように、医療用医薬品から市販も出来るようになった「スイッチOTC」と呼ばれる薬もあり、特に足の水虫は、市販薬による治療も有効です。 ご自身の症状にあった剤形を選ぶことが大切です。 市販薬を使用しても改善が見られない場合は、水虫ではない別な病気の可能性もありますので皮膚科を受診することを検討しましょう。

次の

医療用医薬品 : テルビナフィン塩酸塩

テルビナフィン 塩酸 塩 クリーム

外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年6月更新)• ・1日1回の塗布で効くから。 塗った後の感覚もさらさらしていて良い。 (50歳代開業医、整形外科)• ・ラノコナゾールを愛用していましたが一時生産ストップになってからテルビナフィンを使い始めました。 良好な治療効果が得られたため、そのまま継続しています。 (50歳代開業医、一般内科)• ・小児のカンジダ皮膚炎に処方している。 (40歳代病院勤務医、小児科)• ・昔から使っていますが、特に問題がないのでずっとこれです。 ただし、クリーム基剤がいけないのか、逆にただれる人が時々います。 (40歳代病院勤務医、その他診療科)• ・長く使っていて効果も実感しているし、副作用も経験していないから。 (60歳代病院勤務医、内科系専門科)• ・抗真菌作用が、特に白癬に対して強いから。 (50歳代病院勤務医、皮膚科)• ・1日1回で効果が良好。 ジェネリックも出ていてコストパーフォーマンスが良い。 (50歳代開業医、一般内科) 外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2016年5月更新)• ・多くの抗真菌剤は接触皮膚炎を起こしやすい。 不思議なことに、ラミシールクリームはそれがほとんどない。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・刺激感が少ないこと、後発品もいろいろあるので患者の経済的負担も少ないことが主な理由。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・標準的抗真菌薬であり、クリーム、軟膏、外用液のタイプがあり有用である。 (50歳代病院勤務医、神経内科)• ・角質浸透性が高い。 (50歳代開業医、皮膚科)• ・接触皮膚炎が少なく、爪にもある程度は効くようだ。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・内服・外用があり、外用もローション・クリーム・スプレーなどいくつものパターンがあり、患者さんの希望により使い分けられる。 (60歳代開業医、脳神経外科) 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 (小児等への使用) 低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (適用上の注意) 眼科用として角膜・結膜には使用しない。 誤って眼に入った場合は、刺激症状が現れることがあるので、流水で十分に目をすすぐ。 (その他の注意) 動物実験(モルモット)において、本剤に弱い光毒性が認められている。 (保管上の注意) 気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の