川嶋 菜 月 ブログ。 6/20 ファンダイビング(川嶋日記)

ネット集客の旅月

川嶋 菜 月 ブログ

1 座灯前 水温26. 6度 2 サンドトライアングル 水温26. 2度 3 上城 水温27. 200• 133• 1,437• 368• 181• 148• 112• 127• 1,278• 129• 140• 901• 773• 145•

次の

6/20 ファンダイビング(川嶋日記)

川嶋 菜 月 ブログ

SKE48 OFFICIAL WEB SITE• ブログ SKE48 公式ブログの楽しみ方は• BLOG UPDATE:• 0-6• 6-12• 12-24• 24-48• (HOUR)• 2020. 12 00:45• 2020. 25 22:04• 2020. 26 00:25• 2020. 25 23:40• 2020. 17 00:05• 2020. 25 22:36• 2020. 26 00:01• 2020. 26 19:45• 2020. 25 23:58• 2020. 23 22:40• 2020. 02 21:35• 2020. 15 00:20• 2020. 31 22:01• 2020. 04 23:01• 2019. 09 22:31• 2020. 26 15:09• 2020. 02 17:56• 2020. 26 19:06• 2020. 26 20:04• 2020. 11 21:28• 2020. 25 21:54• 2020. 25 22:56• 2020. 26 21:12• 2020. 25 23:07• 2020. 11 22:43• 2020. 26 00:16• 2020. 25 17:15• 2020. 26 15:31• 2020. 09 23:38• 2020. 09 23:53• 2020. 25 23:59• 2020. 26 16:54• 2020. 29 21:50• 2020. 16 14:30• 2020. 19 22:04• 2020. 21 23:55• 2020. 13 15:20• 2020. 25 15:09• 2020. 25 23:48• 2020. 12 12:52• 2020. 21 23:26• 2020. 26 00:06• 2020. 24 23:56• 2020. 11 22:45• 2020. 15 15:48• 2020. 16 00:28• 2020. 13 17:12• 2020. 25 22:41• 2020. 25 20:39• 2020. 25 23:59• 2020. 26 00:00• 2020. 25 23:16• 2020. 25 23:01• 2020. 26 18:17• 2020. 25 22:44• 2020. 26 20:54• 2020. 26 18:12• 2020. 26 18:13• 2015. 09 14:55 アーカイブ• 2020. 29 22:45• 2020. 28 21:56• 2020. 27 22:55• 2020. 29 11:58• 2019. 10 00:20• 2018. 30 11:39• 2018. 30 19:51• 2018. 24 19:15• 2017. 04 08:52• 2017. 08 13:16• 2017. 11 00:23• 2017. 09 17:24• 2016. 30 23:38• 2015. 30 23:16• 2015. 29 22:42• 2015. 30 23:14• 2015. 30 16:14• 2015. 31 23:34.

次の

畑ブログ①4月 越冬野菜と春野菜

川嶋 菜 月 ブログ

デビュー16 周年突? !川嶋あい珠玉のコラボアルバム! 名だたるアーティストをゲストに迎え、制作、歌唱、演奏、多方面でのCollaborationを実施した 、 川嶋あい自身初となるCollaboration ALBUM。 また、2019年1月16日、シンガーソングライターAnlyとのコラボ曲 「砂漠の花 feat. Anly」を皮切りに、アルバム内から先行配信を実施。 デビュー日であり、16年目に突入する2月14日には「明日への扉 川嶋あい Self Cover Ver. 」を配信リリース。 その後も3月、4月とリリースまで毎月配信リリースを行います。 リリースに絡めたイベントも実施予定です。 【川嶋あいコメント】 史上最も未知なる化学反応が起きたアルバムが出来上がりました。 初めての、コラボレーションをテーマにした1枚。 私がとても気になっていた大好きなアーティストの方々にお声をかけさせていただき、今回の作品制作が実現しました。 改めて賛同していただいたアーティストの皆様に感謝の想いでいっぱいです。 これまで歩いたことのない道を、新しい呼吸をしながら冒険するように、 一つ一つの作品を様々なアーティストの方々と共に作り上げられた感覚を覚えています。 このアルバムでしか挑戦できなかったこと、表現できなかったことに思う存分トライしているので、 ぜひ手にとっていただいてその世界観をたっぷりと楽しんでほしいと思っています。 興味がある人は、こちらからどうぞ!!

次の