徳山 リプレイ。 ボートレース徳山 Official Site

競艇場(ボートレース)ライブ

徳山 リプレイ

公営レーシングプレス杯 令和2年6月29日〜7月4日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4063 3070 4530 4072 3300 4193 名前 市橋卓士 山室展弘 小野生奈 森永淳 川崎智幸 郷原章平 支部 徳島 岡山 福岡 佐賀 岡山 福岡 勝率 7. 38 7. 21 6. 34 6. 53 6. 67 6. 22 2連率 61. 20 58. 80 40. 00 52. 50 51. 30 42. 攻撃派小野、郷原がシリーズをリードする 男女混合で争う6日間シリーズをリードするのは、小野生奈(福岡)と郷原章平(福岡)の攻撃派地元勢だ。 小野は前々期のF2をモノともせず、前期は出場選手中ナンバー1となる勝率7. 29を残した。 郷原は持ち前の攻撃力に目が行きがちだが、近況の注目すべき点は大敗の少なさ。 堅実さが増して、高勝率をキープしている。 ほかにも、ベテランの小羽正作(福岡)や、B級降級からの巻き返しを期す鶴田勇雄(福岡)、当地フレッシュルーキーの溝口海義也(福岡)が虎視眈々とチャンスを窺う。 2期連続B1級の江崎一雄(福岡)は浮上のキッカケとなるような一発が欲しい。

次の

ボートレース若松 公式サイト

徳山 リプレイ

現在津と桐生でG1をやっていますが、ありがたいことに両方ともインターネット放送では展示リプレイがやっているんですね。 結構やっている場が増えてきてて、徳山とか唐津とかでもやってますよね。 舟券予想の方法はいくつもあるのでしょうが、一般的にはスポーツ新聞や本場の予想屋さん、JLCなどでやっているように前日のレースや周回展示をみて機力を判断しての予想となっています。 私も周回展示を基本としてますので、何度でも見返せるこの展示リプレイはとても重宝します。 まあ、アップされるのに時間がかかるのが少し難点ですが。 展示の見方は左枠カテゴリにあるのでそちらからご覧ください。 で、展示の中でも特に今回はスタート展示の見方の方法をご紹介したいと思います。 昔から見て下さっている方にもご参考頂けるリニューアルバージョンです。 笑 過去にも書きましたが、スタート展示では選手のスリット感があっているかとスリットからの伸びをみます。 慣れればスリット前の行き足も見れます。 スリットからの伸びが見極められるようになれば捲りが予想でき、穴が予想できるわけです。 私が穴を狙うときというのはそういうときなんですね。 そして、自己紹介でもいいましたがそれは年に数十回もありません。 そういつも伸びていく選手がいるわけではないので、中にはスタート展示見てもみんな一緒じゃん、見る意味ないじゃん、とじゃんじゃん言っている方もいたと思うんですよ。 笑 それこそが穴を生む心理というやつです。 だれもが見ていない、狙わないから穴になる。 今日も名言でましたね。 メモっておかなきゃ。 笑 結構このブログで名言(迷言?)残してるんですが、今度名言集作ってみましょうか? 自分の名言集作るってどれだけナルシストなんでしょう。 (苦笑) あえていおう。 どんだけー! 笑 一応声のイメージはジオ〇の総〇みたいな感じで。 笑 いわないですけどね、ジオ〇の総〇はどんだけー!なんて。 話を戻しまして。 (苦笑) で、伸びを見るための展示リプレイなわけです。 なんてったってあいどるですから。 まちがえた、なんていったって南野ですから。 またまちがえた、なんていったって何度も見れますから。 笑 どうですか、この3段活用。 笑 すいません、しつこくて。 (苦笑) ちなみに特許はとらず無償開放します。 自由に使ってください。 笑 しかし、あ、ちゃんと話戻りますね。 まるで脳トレクイズですよ。 左の画像の一部分がゆっくり変わっていきます。 変わった場所を当てて下さい、みたいな。 ですが、あれって答え合わせで変化前と変化後の画像を並べて応え合わせするじゃないですか。 スタート展示も同じことすればいいんですよ。 こんな感じです。 スリット前とスリット後を切り取って、スタート展示後のスリット写真と並べてみました。 行き足からの足が悪いというのがこれで分かります。 これは津の初日2Rで4号艇は坂口選手なんですね。 で、初日は6着2本と大敗しています。 この行き足の悪さを含め「機のパワーがなかったですね。 」とコメントしています。 スタートの起こしも悪かったと言っていて、このレースもスタートどか遅れしています。 ただ、注意して頂きたいのがスタート展示で下がったから機力が悪いと決めつけるのは早計です。 出足や廻り足が良いだけの艇もいくらでもいますし、スタート展示ほどレースでは下がらないことも多々あります。 これは伸びも同様です。 何度も言いますが、私が展示を見て伸びると思って賭けた2,30レースの内数レースしかあたらないのです。 まあ、2連単と3連複入れたらもっとありますけど。 実際釣りをしているイメージですよね。 ずっと魚がかかるのを待ってる感じです。 笑 まあ、ボートレースはそんな感じですよ。 レースを見続けて、これだ!ってレースに勝負をかける。 まあ、ざっぱに言いましたが的中率や回収率を上げる本質はそこにありますから。 全レースにだらだら賭けない、本当にやるなら狙ったレースだけに絞る、ですが私の様にレースを楽しみたい方は勝負するレースと流すレースとメリハリをつける、などなどやり方はいくらでもあると思います。 皆さんもぜひ今回の内容を参考にされて、自分の賭け方と言うのを見つけられてください。 以上の内容がお役に立てれば幸いです。 できれば、クリックして応援して頂けると大変嬉しく思います。 当サイトはランキングに参加しています。 興味のある方はぜひご覧ください。

次の

ボートレース徳山 Official Site

徳山 リプレイ

現在津と桐生でG1をやっていますが、ありがたいことに両方ともインターネット放送では展示リプレイがやっているんですね。 結構やっている場が増えてきてて、徳山とか唐津とかでもやってますよね。 舟券予想の方法はいくつもあるのでしょうが、一般的にはスポーツ新聞や本場の予想屋さん、JLCなどでやっているように前日のレースや周回展示をみて機力を判断しての予想となっています。 私も周回展示を基本としてますので、何度でも見返せるこの展示リプレイはとても重宝します。 まあ、アップされるのに時間がかかるのが少し難点ですが。 展示の見方は左枠カテゴリにあるのでそちらからご覧ください。 で、展示の中でも特に今回はスタート展示の見方の方法をご紹介したいと思います。 昔から見て下さっている方にもご参考頂けるリニューアルバージョンです。 笑 過去にも書きましたが、スタート展示では選手のスリット感があっているかとスリットからの伸びをみます。 慣れればスリット前の行き足も見れます。 スリットからの伸びが見極められるようになれば捲りが予想でき、穴が予想できるわけです。 私が穴を狙うときというのはそういうときなんですね。 そして、自己紹介でもいいましたがそれは年に数十回もありません。 そういつも伸びていく選手がいるわけではないので、中にはスタート展示見てもみんな一緒じゃん、見る意味ないじゃん、とじゃんじゃん言っている方もいたと思うんですよ。 笑 それこそが穴を生む心理というやつです。 だれもが見ていない、狙わないから穴になる。 今日も名言でましたね。 メモっておかなきゃ。 笑 結構このブログで名言(迷言?)残してるんですが、今度名言集作ってみましょうか? 自分の名言集作るってどれだけナルシストなんでしょう。 (苦笑) あえていおう。 どんだけー! 笑 一応声のイメージはジオ〇の総〇みたいな感じで。 笑 いわないですけどね、ジオ〇の総〇はどんだけー!なんて。 話を戻しまして。 (苦笑) で、伸びを見るための展示リプレイなわけです。 なんてったってあいどるですから。 まちがえた、なんていったって南野ですから。 またまちがえた、なんていったって何度も見れますから。 笑 どうですか、この3段活用。 笑 すいません、しつこくて。 (苦笑) ちなみに特許はとらず無償開放します。 自由に使ってください。 笑 しかし、あ、ちゃんと話戻りますね。 まるで脳トレクイズですよ。 左の画像の一部分がゆっくり変わっていきます。 変わった場所を当てて下さい、みたいな。 ですが、あれって答え合わせで変化前と変化後の画像を並べて応え合わせするじゃないですか。 スタート展示も同じことすればいいんですよ。 こんな感じです。 スリット前とスリット後を切り取って、スタート展示後のスリット写真と並べてみました。 行き足からの足が悪いというのがこれで分かります。 これは津の初日2Rで4号艇は坂口選手なんですね。 で、初日は6着2本と大敗しています。 この行き足の悪さを含め「機のパワーがなかったですね。 」とコメントしています。 スタートの起こしも悪かったと言っていて、このレースもスタートどか遅れしています。 ただ、注意して頂きたいのがスタート展示で下がったから機力が悪いと決めつけるのは早計です。 出足や廻り足が良いだけの艇もいくらでもいますし、スタート展示ほどレースでは下がらないことも多々あります。 これは伸びも同様です。 何度も言いますが、私が展示を見て伸びると思って賭けた2,30レースの内数レースしかあたらないのです。 まあ、2連単と3連複入れたらもっとありますけど。 実際釣りをしているイメージですよね。 ずっと魚がかかるのを待ってる感じです。 笑 まあ、ボートレースはそんな感じですよ。 レースを見続けて、これだ!ってレースに勝負をかける。 まあ、ざっぱに言いましたが的中率や回収率を上げる本質はそこにありますから。 全レースにだらだら賭けない、本当にやるなら狙ったレースだけに絞る、ですが私の様にレースを楽しみたい方は勝負するレースと流すレースとメリハリをつける、などなどやり方はいくらでもあると思います。 皆さんもぜひ今回の内容を参考にされて、自分の賭け方と言うのを見つけられてください。 以上の内容がお役に立てれば幸いです。 できれば、クリックして応援して頂けると大変嬉しく思います。 当サイトはランキングに参加しています。 興味のある方はぜひご覧ください。

次の