償い 実話。 さだまさしの「償い」という曲は実話なのでしょうか?深く考えさせられま...

さだまさしの歌「償い」が裁判で使われた異例の出来事!(2002年)

償い 実話

ありがとう! 私も、こ しかも、フェイスブックのメッセンジャーでメールのやり取りしていたようで、内容は知らない男性と今日 イチャイチャしたという内容のメールだったのです。 罪悪感もあったのですが、メールのやりとりを観ていくと浮気相手の男性の正体が分かりました。 浮気相手はパート先の営業マンの男性 妻は、勤務しているパート先の某ハウスメーカーの30代の営業マンの男性から、よく話しかけられると半年ほど前に話していました。 後から思うと、その話は1ヶ月くらい経ってから「ピタリ」となくなっていました。 浮気の始まりはどうやらその辺りでした。 浮気相手の男性も、妻子持ちでお互いの子供の話をよくしていたそうです。 それから2人で会うようになり妻の仕事終わり、夕方の時間帯に2人の時間を取るようになったようです。 僕は、抑えきれない怒りと悲しさに襲われました。 正直なところ間違えであって欲しい気持ちが強く、現実逃避したくなりました。 しかし、妻の潔い態度をみていると余計に辛くなり人間不信に陥りそうな精神状態でした。 【PR】 妻の浮気を知って家を出る 僕は仕事も手につかない状態で家に帰れなくなりました。 嫁の顔を見るのも、家の気まずい空気も全てが辛く逃げ出しました。 仕事終わりに、漫画喫茶で時間を潰す日々が1週間程続きました。 もちろん、妻の連絡は全て無視してましたが、妻が心配して会社に連絡してることは分かっていたので、僕が会社に行ってることは知っていました。 そして、1週間逃げて出た答えは、嫁との関係を修復したいと言う気持ちから、話し合いの場を持ちました。 そこで僕は、妻に怒りや悲しみを全てぶつけました。 浮気を問いただしたら逆ギレ! 気持ちを全て嫁にぶつけ、嫁から謝罪と後悔の言葉を聞いたのですが、その後に思いもよらぬ結果になりました。 何と、嫁が逆ギレしてきたのです! 逆ギレされた内容は、僕が昔付き合っていた女性から、結婚するという報告をLINEで受けた際のやり取りを、妻が何気なく観たことでした。 僕は、断片的にしか覚えていませんが、嫁曰く僕の未練たらしいLINE内容に嫉妬して、浮気をして復讐したかったそうです。 その後、妻との関係は 僕達夫婦は互いに腹を割って話し合いました。 妻は浮気をした事実は謝ってくれました。 しかし、僕と元彼女の関係をまだ疑っていました。 僕は、はっきり関係を否定し未練たらしいLINEのやりとりについても謝罪をしました。 その後、僕は妻の浮気の話はしていません。 今から思えば、妻は浮気で責められた時の理由として、僕に逆ギレしたような気がしますが、それはもう言わないことにしています。 管理人コメント.

次の

さだまさし 償い 歌詞&動画視聴

償い 実話

powerd by 観られた方もいらっしゃると思いますが……。 先程、テレビでこの歌について紹介されていました。 2002年に行われた少年犯罪の法廷で、裁判長が、四十代のサラリーマンを殺めてしまった少年二人に対して、判決の後に異例の言葉をかけました。 それは、「あなた達は、さだまさし氏の『償い』という歌を知っていますか?」「歌を知らなくても、歌詞だけは読みなさい。 読めば、あなた達の言葉が何故心に響かなかったのか、分かるでしょう」という内容だったそうです。 そして、さだまさし氏の『償い』に隠された実話が紹介されました。 それは1982年のこと。 定年を迎えた夫と、静かに暮らしていこうとしていた矢先、夫が車に跳ねられ、死亡します。 目を開けない夫を目の当たりにし、途方もない哀しみに打ちひしがれ、行き場のない憤りを内に秘めた妻は、土下座して謝罪する加害者の若い男性に、「人殺し!」と罵ります。 加害者は床に額(ぬか)ずきながら、その言葉を聞き、慚愧(ざんき)に堪(た)えない思いを深くします。 加害者の男性は、ある日、被害者の女性に郵便を出しました。 それを受け取った女性が封を開けると、中には数枚の紙幣が……。 それは、加害者からの、せめてもの「償い」の形でした。 男性はそれから7年間、毎月決まった日にお金を送り続けます。 被害者の女性は、ついにたまりかね、「あなたの優しさはこの7年間でよく分かりました。 加害者の男性は、決して許されない自分の行いに対し、償い続ける自分に手紙をくれた……。 何て有り難い事なんだろうと、涙に暮れるのです。 そして、それからもまた、お金を送り続けるのでした。 その話を知ってから聞く、さだまさし氏の歌を、涙なくして聴くことの出来る者がいるでしょうか。 もし居たら……、私はそういう人の傍に居たいとは思いません。 前述の裁判長は、反省の見られない少年達に、『償う』という気持ちを教えたかったのだと思います。 そして何よりも、「人の命を奪うこと」が、どれだけ罪深きことなのか、知って貰いたかったのだと思います。 命を元に戻すことは決して出来ない。 漫画やゲームとは違う。 リセットなんか出来ないし、都合良く生き返ったりもしない。 命は一つしかない。 だからこそ尊くて、だからこそ、重い。 前述の交通事故の加害者は、不幸な過失でそれをしてしまった。 彼は悩み、悩み、苦しんで、償い続けたのでしょう。 償っても、償っても、償いきれないほどの過ちを犯したのだと、彼は痛い程知っていた……それは、加害者の男性が、命の重さを知っていた、という事と同義だと思います。 裁判長に諭された少年達は、命の重さを、それを奪った罪の深さを、果たして知っていたと言える振る舞いをしたのでしょうか。 人の命を奪った上に、被害者の過失を声高に訴え続ける少年達に、裁判長は何を見たのでしょうか。 今の世の中には、想像力が足りないと、私は十年前から強く思うようになりました。 「妄想」だけは、たくましくなっていく一方なのに、「想像力」は培えない。 少し想像すれば分かる事が、分からない。 だから、お互いを理解出来ず、反目する。 命の重さに真正面から向き合えば、命を奪ったその罪に、立っていることすら出来なくなると、私は信じます。 ですが、その罪と向き合い、被害者の痛みから決して目を背けない人であれば、少ない自分の給料から仕送りを続けた青年のように、人として立つことの出来る人間へと成長を遂げるのだと思います。 過ちを犯した後に、どう償えるか……。 それを歌にしたさだまさし氏の優しさと、その歌が抱える使命の深さを強く感じ、感銘を受けた出来事でした。

次の

の『償い』 のエピソード

償い 実話

スポンサードリンク 毎年100本に及ぶ全国コンサートツアーで年間20万人超えの国民的歌手のさだまさしさん。 トークの軽妙さには定評があり、おもしろいコンサートでファンを飽きさせない、さだまさしさんとは・・・・ さだまさしの「償い」は実話か? いい歌です! さだまさしさんのオリジナル曲の「償い」は1982年に発表された曲でアルバム「夢の轍 わだち 」の収録曲のひとつですね。 知人の実話を元に作られているため、説得力のある曲で、6分15秒の長編です。 「交通キャンペーン」にも使用されています。 初めて聞いた時は、鳥肌が立って、涙したことをおぼえています。 さだまさしさんのこの曲をきいて、私の中では、彼を「天才」と位置づけています。 内容は、さだまさしさんの知人の女性が交通事故で伴侶を亡くし、加害者の男性から毎月わずかではあるが、賠償金が郵送されてくる。 知人の女性は茶道の師範として経済的に自立できているため「あなたのやさしさはわかりました。 もう、お金は送ってくれなくて結構です」と加害者に手紙を送ったが、加害者は、償い続けるために、翌月以降も送金し続けたという実話です。 あなたも聞いてみて下さい!感動しますよ! 世の中には、こんな素晴らしい人もいるのですね。 事故で加害者になってしまったが、本当の「償い」ということでしょうね。 こんなに真面目な人がいるなんて・・・・ぜひ、この人に一度会ってみたいですね。 さだまさしの名曲は数々あります! さだまさしさんは、名曲が多いですね、グレープ時代の「精霊流し」がヒットし、全国区になり、ソロシンガーになってからも「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」「北国から~遥かなる大地より」等・・・・。 さだまさしの家族と息子と娘とは!! 1983年に結婚し一男一女のお父さんでもある。 さだまさしの映画「長江」の借金とは さだまさしさんは、28歳の時、ドキュメンタリー映画「長江」の製作費などで総計28億円、金利など含むと35億円近い負債を一人で背負ってしまいました。

次の