定格 クロック。 CPUのクロック周波数とは?性能比較の注意点

CPUのクロック周波数とは?性能比較の注意点

定格 クロック

コア数/スレッド数 コアはCPU内部にある、実際に命令を実行する回路のこと。 コアが多いと多くのスレッド(ひとかたまりの命令)を並行して処理でき性能面で有利。 クリエイティブ用途では同時処理スレッド数が性能に直結する• 定格/最大ブーストクロック 内部の回路が動作する速さ。 アプリの最適化不要で性能全般に影響し、CPU構造やコア数などほかの条件が同じならクロックが高いほうが性能がよい。 ブースト機能対応CPUは最大クロックが重要• 倍率アンロック アンロックは、いわゆる「オーバークロック(OC)」可能モデル。 動作クロックの制限が解除されているので、OC対応マザーボードを使って本来より高いクロックで動作させられる。 ただし、動作保証はない• PCI Express CPUに直結されているPCI Expressインターフェースのレーン数。 ビデオカードやSSDの接続に使われる。 最新世代のPCI Express 4. 0(Gen4)は1レーンあたりの転送速度が3. 0の2倍に向上している• 内蔵GPU 多くのCPUはGPU機能も統合している。 ビデオカードのGPUに比べると描画性能は低いが、動画再生などはスムーズにでき、ゲームができるものも。 ビデオカードが不要なのでコストの抑制、省電力化に効果的• TDP 発熱、消費電力の目安。 本来は冷却機構を設計するための指標で数値が大きいほど強力な冷却が必要。 CPUの構造が同じなら数値が大きいほうが消費電力も大きいと考えてよいが、実際の電力を示すものではない CPUのスペックの違いや価格は、必ずしも性能に直結するとは限らない。 とくにたくさんのコアを活かすにはアプリケーションの最適化が不可欠で、どのくらいのコア/スレッド数までを想定して設計されているかで違ってくる。 クリエイティブ、とくにプロ向けのツールではメニーコアへの最適化が進んでおり、コアが多いほど速くなる。 それはCINEBENCH R20のCPUスコアでも実証されている。 逆に言えば、最適化されていない用途で高価な超メニーコアCPUを使っても価格ほどのメリットは得られないし、動作クロックの高いCPUに逆転されることもある。 Webブラウズなどの日常操作、オフィスアプリでの作業も含めたPCの総合性能を見るPCMark 10のスコアにそれが表われている。 ゲームで高fpsを出すには動作クロックの高いCPUがよい。 コアに余裕があるとOSタスクの影響で遅くなりにくいため、6~8コアで動作クロックの高いCPUが最適だ。 【検証環境】 マザーボード:<Socket sTRX4>ASRock TRX40 Taichi(AMD TRX40)、<Socket AM4>GIGA-BYTE X570 AORUS MASTER(rev. 2(PCI Express 3. 0 x4)、1TB]、OS:Windows 10 Pro 64bit版.

次の

2020年に必要なコア数は?クロックは? “PCの中心”CPUはこう選べ

定格 クロック

何となく「数字が高い方が性能がいいんじゃない?」と想像できるかもしませんが、なぜ数字が高いほど性能が高くなるのか? その理由を具体的にイメージできている人は何人いるでしょうか? 僕の場合は大学時代に情報学を専攻としていましたが、その課程で履修する科目で、パソコンのCPUとクロック周波数について詳しく学ぶ機会がありました。 それまではそんなこと微塵にも意識しなかったですが、そこで得た知識が大人になった今でもかなり役に立っているなと実感していて、今では自分が狙った性能のCPUを選べる様になりました。 今回は昔の僕の様なパソコン初心者さん向けに、 クロック周波数とは一体何なのか、画像なども交えて分かりやすく解説していきます。 この記事を通して、CPUについての知識をより深めましょう! スポンサーリンク 【クロック周波数は一昔前に比べて大きく進化した!】 パソコンに搭載されたCPUの周波数の数値は昔と比べて飛躍的に増加しています。 パソコンが一般家庭に普及しだした1990年代後半の頃は周波数が数百MHzがほとんどでしたが、最新のWindows製のパソコンに搭載されたIntel Core i7のクロック周波数が3~4GHzにまで進化しました。 またスマートフォンでもほぼパソコンの性能に近い数値になっていて、最新機種のiPhone Xに搭載された Apple A11が2. 40GHz以上になっています。 クロック周波数をよりわかりやすく言うなら、 車の速度だと思ってください。 速度が大きい車ほど短い時間でより遠くまで移動できますよね。 最高速度が100kmまで出せる車と80kmまでしか出せない車で、同じ距離を同じ時間走った場合、信号待ちや渋滞などがなければどちらがより早く目的地に着けるかは明白ですね。 パソコン内のデータの転送もこれと同じで、要は短時間でより多くデータが転送でき処理できるのが速度が大きい方、即ち周波数が大きい方になるのです。 スポンサーリンク そもそもクロックとは? クロック周波数云々の前に、「そもそも クロックって何?」と疑問に思う方も出てくるでしょう。 唐突に出てきた言葉ですが、これはコンピューターにおける周期的な信号のことです。 より具体的に解説しますと、パソコンの世界ではあらゆる情報は「0」と「1」という2つの数字によって表現されるデジタル信号として流れます。 一般的に想像する「 波」というのは下のような滑らかな波形を描いていますが、これは アナログ信号です。 ラジオの電波はこの形をしています。 ところがデジタル信号はアナログ信号と違って滑らかで綺麗な波を描いておらず、下のように1と0で凸凹したような形になっています。 クロックとはこの1と0が周期的に続く信号のことで、波長の山(1)と谷(0)で 1クロックを成します。 【どのようにしてクロックを発生させるのか?】 0と1の周期的なデジタル信号を規則的に発生させるために必要となる装置が 水晶振動子となります。 水晶振動子とは難しい言葉ですが、要は水晶(石英)に圧力を加えて発生させた電荷で高い周波数の発振を起こすことが出来る素子のことで、コンピュータ以外にもクォーツ時計や無線通信などにも用いられています。 CPUのクロック周波数とは1秒間に何回オンが出てきたかを表します。 図で解説しますと以下のようになります。 ご覧のようにクロック周波数が高いほど波の間隔が短いのがわかりますね。 下の波の方が1の数が多いことがわかりますが、それだけ多くのデータを処理できるということでもあります。 因みに僕が所持している最新のノートパソコンはWindows10のIntel Core i7-5500Uでクロック周波数は2. パソコンのクロック周波数は最新の機種ですと3. 0~4. 0GHzが主流ですが、オーバークロックとはこの周波数以上で動作させるので通常よりも高速な処理が可能になるのです。 メリットとしてはお金をかけずに性能がアップし、手持ちのCPUよりもランクが高いCPUと同等の性能が発揮できることです。 ただしCPUをメーカー指定の定格以上のクロックで動作させるということは、メーカーが想定していない不具合や誤動作を起こす可能性が高くなります。 必然的に 故障するリスクが高まりますが、さらに重要なのがオーバークロックで故障してもメーカーによる 保証が効かないということです! そもそも現在のCPUは昔に比べて格段に性能が上がったのでわざわざオーバークロックさせる必要もなく、ほとんどの処理は問題なくこなせます。 ということはクロック周波数を上げれば上げるほどCPU、すなわちパソコンの性能が上がると思いがちですね。 しかしそうは簡単にはいきません! オーバークロックの話とも関係していますが、あまりにも周波数が大きすぎるとCPU自体が故障するリスクが高まるのです。 これは車の速度にも同じことが言えます。 いくら速い方がいいとは言っても、交通事故が起きる確率が高くなりますし、エンジンがオーバーヒートして故障する確率が高くなります。 そもそも技術的な問題でCPUのクロック周波数がこれ以上上がらなくなる、すなわち 限界に来ているとまで言われています。 クロック周波数を上げる以外の方法でCPUの性能を上げるために最近ではコア数とスレッド数を増加したCPUが増えてきました。 これによって同じ周波数でもより多くの命令を並列実行できるCPUの方がより高性能となっています。 これについては以前も当ブログでより詳しく紹介しています、ちょっと難しい話も出てきますがぜひそちらもご覧ください! まとめ 今回はCPUのクロック周波数の意味をパソコン初心者にもわかるように解説してきました。 最後に改めてクロック周波数について簡単にまとめます!• クロック周波数はCPUが1秒間に処理できる命令の回数のこと、高いほど性能が高い• クロックは水晶振動子と呼ばれる素子で発振される• オーバークロックで周波数を定格以上にすることは可能だが、CPUが故障するリスクが高まる• 最近のCPUはコア数が増えたためクロック周波数だけでは性能が比較できない 情報化社会がますます進む今の世の中は、パソコンやスマホなどのコンピュータ関係の知識が欠かせなくなってきています。 そのコンピュータの中枢を担うのがCPUです、CPUについてより詳しく学んで知識を深めることはこれからの人生でもきっと大いに役立つことでしょう! スポンサーリンク 全体の人気記事• 31,701 views February 27, 2018 に投稿された• 18,901 views November 30, 2017 に投稿された• 18,160 views May 31, 2018 に投稿された• 18,051 views March 31, 2017 に投稿された• 18,027 views May 26, 2017 に投稿された• 17,168 views April 29, 2017 に投稿された• 15,741 views April 30, 2017 に投稿された• 15,170 views April 26, 2019 に投稿された• 15,095 views June 8, 2019 に投稿された• 14,975 views March 30, 2017 に投稿された• 13,100 views September 30, 2018 に投稿された• 13,005 views December 31, 2018 に投稿された• 10,341 views May 27, 2017 に投稿された• 8,329 views May 21, 2017 に投稿された• 7,307 views February 26, 2018 に投稿された.

次の

なぜ2.80GHzが二つあるのでしょうか?

定格 クロック

もくじ• ターボブーストとは ターボブースト(ターボ・ブースト・テクノロジー)という言葉、耳にしたことはあるけれど、どういうものなのかはよく知らないという人が多いのではないでしょうか。 これは、インテルの主にCore iシリーズに搭載されている機能です。 簡単に言うと、定格である動作周波数よりもさらに早く、自動的にプロセッサコアを動かすことができる働きをします。 CPU開発の中でメジャーになった複数のコアをもつマルチコアですが、データ処理を2つ以上のコアで分散させることにより、処理速度を上げるメリットがあります。 しかし、マルチコアはマルチスレッドに対応していないソフトではあまり役に立ちません。 最近ではクアッドコアやオクタコアが次々と出てきていますが、対応ソフトも同じスピードで普及しているかと言えば疑問が残ります。 そこで、必要と判断した際に動作周波数を上げて、高速処理を実現するターボブーストが力を発揮するのです。 コア数の状態で変化するターボブースト 4つのコアをもつクアッドコアを例に、ターボブーストを詳しく解説しましょう。 それぞれのコアには、電源の供給をストップさせるパワーゲートというスイッチがあります。 このスイッチがターボブーストのカギで、重要な役割を果たします。 通常は、定格の動作周波数で4コアが一定に動作している状態です。 これがCPUの環境などにより2コアの動作で十分と判断されると、残りの2コアのスイッチが切られ、代わりに動作している2コアの動作周波数が上がります。 こういった状態をクロックアップと呼び、規定値よりも性能をアップさせた状態となるのです。 ターボブーストのクロックアップ効果 クロックアップは定格のCPUより性能がアップされます。 オーバークロックと混同されることもありますが、オーバークロックはターボブーストによるクロックアップとは少々違います。 オーバークロックとは、設定された規格以上の働きをさせることです。 これだけならクロックアップと同じような気がしますが、オーバークロックはBIOSの設定を変更してクロックアップさせています。 動作周波数を上げて性能を上げているので、大きな負荷が掛かって発熱し、最悪は故障する恐れもあるでしょう。 対してターボブーストのクロックアップは、コンピュータ側で消費電力や発熱が管理されています。 つまり一時的に性能が上がったとしても保証範囲内の動きなので、安全に行われているというわけなのです。 ターボブーストを搭載したインテルのCPU 環境に合わせて動作周波数が変化し、パフォーマンスの向上が可能となるのがインテルのターボブーストです。 ターボブーストのクロックアップ段階数 クロックアップ段階数については、Core i7-900よりその後に発売されたCore i7-800シリーズで増えました。 クロックアップの最大段階数はCPUにより違いがあり、Core i7-800シリーズでは強化されて最大5段階アップができます。 使わないコアは電源スイッチをオフにし、その分使っているコアをフル稼働にして処理速度を上げてくれるのがインテルのターボブーストです。 動作環境から判断し、動作周波数と電力効率を最大パフォーマンスで高めてくれる便利な機能です。

次の