清水建設コロナ死亡現場どこ。 清水建設コロナ感染者の現場の場所はどこ?下請け業者への影響は?

清水建設で新型コロナ感染者が死亡、止まらない建設現場の課題とは:日経ビジネス電子版

清水建設コロナ死亡現場どこ

清水建設の社員3人が新型コロナウイルスに感染!1人死亡 1000RT:【発表】清水建設、7都府県の作業所を閉所 新型コロナで従業員が死亡 都内の作業所に勤務する3人が陽性と判明。 うち1人は体調不良が続き、自宅待機中に容体が急変して亡くなったことも公表した。 — ライブドアニュース livedoornews 清水建設で勤務する従業員3人が新型コロナウイルスに感染していることが発表されました。 報道によると、感染が確認されたのは都内の同じ工事現場で働いていた50代男性、40代男性、40代女性の3人。 3人とも発熱の症状が出たことからPCR検査を受け、新型コロナウイルス陽性が確認されたようです。 そのうち50代男性は、• 4月3日 発熱• 4月9日 PCR検査、自宅療養• 4月?日 容体急変し、死亡 とのこと。 男性が自宅療養中に容体が急変し死亡したことについて、ネット上では不安の声が多く上がっています。 男性に基礎疾患があったかなど詳細な情報は発表されていませんが、男性はまだ50代と決して高齢ではなく、自宅療養をするほど初期症状は重くなかったと思われます。 そのような状態から死に至ってしまったことは本当に残念でならないですし、今後このようなケースをどのような押さえていくのか気になります。 今回の新型コロナウイルスは初期症状は軽いにもかかわらず、重症化するまでのスピードが早いと言われています。 先日亡くなられたタレントの志村けんさんも、重症化して亡くなられるまでの期間はわずか2週間程度だったと思います。 現在全国で感染者数が急増していて、医療機関の病床数が足りなくなることから、軽症者は自宅やホテルなどに滞在する方針に切り替えようとしている自治体なども多くありますが、今回のようなケースが発生しないよう、合わせて検討してもらう必要がありますね。 清水建設コロナ感染者は誰で工事現場はどこ? 今回感染が確認された清水建設の社員は50代男性、40代男性、40代女性の3人であることが発表されています。 3人ともに都内の工事現場でお仕事をされていたようです。 3人の方は大手ゼネコンである清水建設の社員で元請の立場だったことから、現場を管理するお仕事をされていたのでしょうか。 仕事の打ち合わせや一緒に食事をしたりすることもあるでしょうから、濃厚接触をする環境だったのかもしれませんね。 おそらく会社でお仕事をされている方はほとんどの方が同じ条件だとは思いますが・・・。 今後同じ工事現場内でクラスターが発生しないかも心配ですね。 清水建設のホームページを確認したところ、都内だけでも数十~数百の工事が施工されていて、ビルの新築工事や市街地開発事業など比較的規模の大きな工事をてがけていることから、今回感染が確認された現場も規模の大きな工事現場だったのかもしれないですね。 ネットの反応 自宅待機中…1人暮らしで、容態が急変したら命に関わるのは…どぉ〜すれば良いの? — 鬼伐夜 Otuki3KARASU02 建築現場で働く自分にとって最悪の事態。 正直、建設業って、かなりいると思うし、この業種がマスコミに取り上げられないのかが謎。 俺達職人がいねぇと建物たたねぇんだぞ! 何とかしろよ政府! — ユーズキングダム moondreamoon 清水建設の死亡した社員は、新型コロナの検査結果待ちの間に自宅で亡くなったそうだ。 土木は裾野が広く工事中止の経済的損失も大きい。 日雇いで従事している人には東京都として援助が必要ではないか? — 💮ちべたん💮 tibe16085 親会社止まったら下請けそして、孫請けまで — リスト HARU41227683 現場仕事でも感染しているという事でしょうか。 — k. bamboo mnYSfnnk3Cv5n7u この会社、衛生に対する意識が低いからね。 インフルに感染しているのに現場来てた監督がいたもん。 他の現場で仕事が入ってくれば良いけど…。 — marron marron06071 まとめ 「清水建設コロナ感染者は誰で工事現場はどこ?社員3人が感染うち1人が死亡」と題し、詳細を確認していきました。 今回感染が確認された3人は同じ工事現場で働いており、そのうち1人の方は症状が急変しその後死亡が確認されました。 自宅での療養中だったようです。 また、報道によると、清水建設は社員について、ビルの建設などおよそ500か所、社員2000人の在宅勤務を発表しています。 清水建設は大手ゼネコンで元請であることから、下請け企業への影響も含め、今後の日本経済全体にとってもかなり大きな影響を与えそうです。 本当に1日でも早く新型コロナウイルスを収束させるためにも、私たちひとりひとりが危機感と責任感をもった行動をしないといけないですね。

次の

世田谷死後陽性の男性はどこの社員寮で亡くなったのか?会社は?

清水建設コロナ死亡現場どこ

世田谷死後陽性の男性はどこの社員寮で亡くなったのか?会社は? 実はこの男性は4月13日に 清水建設が発表した作業所で勤務男性感染者3人のうちの一人です。 清水建設は今回の発症を重大に受け止め全国500箇所の工事現場を5月6日まで閉鎖するという英断をしていました。 男性は清水建設の社員寮で死亡したことになりますが名前等は現時点では不明。 現時点で分かっていたのは• 彼は九州から単身赴任で東京世田谷の社員寮に住んでいたこと。 発熱後6日目にやっとPCR検査を受けれたこと。 発熱後何度も保健所に電話したが一切つながらなかったこと。 発熱後8日で死亡したこと。 死因は肺炎だったこと。 妻に「コロナに感染したかもしれない」とLINEで連絡したこと。 咳が酷くて眠れない。 胸が痛い。 薬局に薬を届けてもらった• 連絡がきた後亡くなっていたこと。 以上のことが判明しています。 世田谷の保健所は現在もほぼつながらない状態ですが、電話回線の増設などは現時点でも行われていないことが分かっています。 以上です。

次の

「清水建設」コロナ感染死社員に関して伏せられていること|アクセスジャーナル

清水建設コロナ死亡現場どこ

ゼネコン会社大手の大成建設が、 東京都内にある建設現場にて、計17名の新型コロナウイルス感染が確認されたことを発表いたしました。 現場を行き来する関連業者にもコロナの陽性反応を示した方がおり、現場は作業を一時ストップしている状況です。 建設現場は以前より「三密」が懸念されており、密集した空間で作業を行うことにコロナ感染のリスクが高まることが指摘されていました。 とはいえ、現場状況を変えることは出来ませんので、ゼネコン各社も細心の注意を払いながら作業に当たっていたことと想像できます。 それでも、感染を防止できない事実に、改めてコロナの怖さを感じさせられます。 本記事では、 ・大成建設のコロナクラスターが発生した現場の場所はどこ? ・大成建設のコロナ感染に対するネット上の声 について、解説していきます。 大成建設のコロナクラスターの場所はどこ? 今回のコロナクラスターが発生した現場は東京都内であることが公表されています。 色々と調べたところ、 東京都内での現在の建設現場の数は40以上あり、どこの場所なのか特定には至っていません。 ですが、 東京都台東区蔵前にある建設現場がそうではないかとの情報もあります。 様々な情報が右往左往していますので、現段階では信憑性のない情報です。 例によって、 コロナの発生情報が厳重に管理されており、今後も公表される可能性は低いかと思われますね…。 しかし、普段から作業をしていた建設現場が急に静かになったとあれば、同じ道を通る通行人や近隣住民は気付くかもしれません。 大手ゼネコンだからこそ、今回のようなクラスターが発生した件について正直に公表していただき、周囲への感染拡大を防ぐ情報提供をしていただきたかったな、と考えます。 個人的な見解ですが、イメージダウンに繋がる懸念を考慮しているのかもしれませんが、情報を隠蔽することの方がイメージダウンへよっぽど繋がるのではないでしょうか? 真に周囲への感染拡大を心配されるのであれば、以前のようにコロナの感染経路等、正確性があった情報提供があることを望みます。 大成建設のコロナ感染に対するネット上の声は? 大成建設のコロナ発生現場はどこだろうか — rs kinkyukakunin 住宅のハウスメーカーでも、もう既にマスクしなくて良いだとか、工程無くて業者入り乱れてたりとかコロナ前に戻ってるから不安ですよ。 どこもかしこもコロナ前に戻ろうと必死に短工期!! 短工期!! みたいな、アホかっちゅうねん😡 大成建設で15人 クラスターか — 建築職人YO【相互フォロー】 YO32874550 大成建設でコロナ感染者15名。 協力会社で2名。 11日より休止中。 建設業はコロナに対して甘い認識が大きく、清水、鹿島がコロナで休止した時も多くのゼネコンは止めなかった。 3密が起こりやすい業態なのに、どこも操業を止めさせない。 都が発注した豊洲の都営住宅も結局止まる事はなかった。 — マサユキ sarusaruosaru99 建設現場の状況は僕にも分かりませんが、相当厳しい状況下での作業だとは想像できます。 建設業に限ったことではありませんが、 短い工期とムダを一切省いた超効率化の作業手順を求められ、どこの現場も疲弊しています。 一体、コロナが終息するのはいつになるのか…。 一刻も早い終息が来る日を切に願います。 まとめ 今回は、大成建設のコロナクラスター発生の現場についてお伝えしました。 全国に点在する建設現場にとっては、かなりナーバスになるニュースになったのではないでしょうか。 絶対のコロナ感染防止策がなく、第二波とも称される感染拡大が始まってしまっています。 読者の皆様もコロナ感染に対する最大限の対策をしていただき、共にこの苦難を乗り越えていきましょう! 最後までお読みいただき、感謝いたします。 ありがとうございました!.

次の