ミニマリスト コロナ自粛。 ミニマリストが考える!外出自粛中に家で出来ることをまとめてみた

ミニマリストが考える!外出自粛中に家で出来ることをまとめてみた

ミニマリスト コロナ自粛

外出自粛中にできること お客さんも来なくてヒマでヒマで。 かといって、テレビばかり見てると、あおられて買いだめとかしそうになりそうなので。 家でできることを考えてみたら、• 筋トレ• 断捨離• 勉強 普段から引きこもりがちなので、外出自粛要請あってもいつもと同じだった、、、。 ショートメニューで、1回15分程度。 上半身と下半身に分けて週1回ずつ。 とにかく体力さえあれば、仕事もできる。 筋肉は裏切らない。 なんて、偉そうなこと言ってますけど、おやつがやめられなくて、体重が落ちるどころか微増してる。 筋トレだけじゃ、運動不足なので、トランポリンでもするかな。 無駄に家でできる運動器具はある。。。 急激な断捨離は、一気にスッキリするけど、強烈な執着との闘い。 結構、精神的にしんどくなる。 ゆっくりやると、先週は捨てられなくて保留にしてたモノが、今週はスッと捨てられたりする。 執着がふわっとなくなる感じ。 世界のコロナとともに、我が家の不用品もなくなるだろう。 話大きすぎ。 その前に仕事に直結することを、勉強しなきゃいけないことが判明して、今そっちに取り掛かるところ。 今のグータラ生活では、とてもとても勉強なんてできるわけないので、まずは生活の見直しから。 早寝早起きから。 自営アブナイアブナイと言いつつ、なかなかゆるい生活を送ってる、典型的ダメ人間。 自分ができることを。 アフターコロナの世界がどうなっているのか、さっぱり想像もつきません。 が、今自分にできる、将来につながりそうなことをやっていくしかないないと感じます。 まぁ、何とかなるさ! 【 お知らせ 】 応援クリックしてくれてる皆様、いつもありがとうございます。 昨日の晩から、ポイントの加算がおかしくなってます(多分わたしだけ)。 普通1回クリックしてくださると10ポイント入るところなぜか1ポイントずつになる。。。 今、ブログ村にお問い合わせ中です。 せっかくランキングが上がってきたところだったのに。。。 めげずに更新していきますので、応援よろしくお願いします!.

次の

コロナに揺れるミニマリスト界

ミニマリスト コロナ自粛

現在の求人の状況はどうか 結論求人数が減っており今までの売り手市場から買い手市場に変わっています。 コロナが始まる前まで売り手市場だった転職市場は完全に解決しようになっています。 求人の多くは閉鎖していたり友人が開いていたとしてもそれぞれの企業都合で接客採用しないという方針が立たれている可能性もあります。 つまり、ウィズコロナの転職活動は今まで以上に難しくなっているようです。 いつまで買い手市場は続くのか 実際に転職エージェントから話を聞いたところ、 向こう2年ぐらいは回復はしないだろうということでした。 リーマンショックの時も2,3年は転職市場は回復しなかったそうです。 全ての企業で求人が落ち込んでいるのか 全ての企業で求人が落ち込んでいるのかと言うとそうでもありません。 物を持たないIT企業や自粛要請で逆に売り上げが上がっている企業もあるので。 そういう企業は 求人数はそこまで減っていない傾向にあるようです。 具体的にどの企業が求人をいっぱい出しているかどうかは、その企業のサービスによるので一概には言えません。 とはいえ、自粛要請が続いている中では 直接会っての面談が困難なためすぐに採用というのは難しいでしょう。 ウィズコロナで気をつけるポイント コロナの影響で求人数は減っているといいますが完全にゼロになっているわけではありません。 また僕たちとしてもコロナが落ち着くまで転職しないぞ!などと待ってられないと思います。。 この状況で転職するには採用する側の思惑を知っておく必要があるでしょう。 転職エージェントに聞いた最低限のポイントを抑えましょう。 コロナ転職知っておくべきポイント 一般的には日経だと4月または12月、外資だと9月の企業が多いようです 採用計画に求人数や求人の種類は大きく変わってくるので、ベストの定植時期を見極める上でしっかりリサーチしていく必要があります。 とはいえ、素人の僕たちにはわかるはずもない指標です。 この手の話は、転職エージェントにしっかり話を聞いて情報収集するのが得策です。 求人は出ていても状況により採用を積極的に行っていない場合があること 求人情報で採用20名と書かれていても実際に20名いい人がいれば採用するかというとそれは分かりません。 転職サイトや転職エージェントに掲載する企業情報はコロナが流行る前の情報の可能性もあります。 丁寧な企業であればコロナのタイミングで掲載情報の見直しをしているかもしれませんが、できていない可能性もあります。 またこの状況ですので、社内でも採用計画の見直しなど日単位で検討していると思われるので、その企業の状況によって採用人数を調整していると考えられます。 採用強度が時期により変動すること どの企業もまさに緊急自体の対応に追われているさなかです。 いつ収束するかがわからない中で、今後の転職市場の明確な予想は立てられません 僕たちは自分たちでコロナの状況を見つつ転職活動進めていかなければいけません。 転職エージェントを利用する• 自己分析に時間をかける• コロナでも売り上げが落ちていないIT企業を視野に入れてみる 順番に見ていきます。 転職エージェントを利用する 個人的には、コロナでなくてもおすすめなのですが、この時期はより情報が必要になってくると思います。 転職エージェント側も、成果をあげるのに必死だと思いますので、コロナによる転職活動の状況を はしっかりリサーチしているはずです。 転職活動に自信がある人でも情勢の把握という意味でも利用しない手はないと思います。 1つは登録しておきたい転職エージェント 下記は大手の転職エージェントです。 情報収集のためにも1つは登録しておきましょう。 僕の時の転職活動はトントンと話が進み、自分をしっかり見つめ直す時間は十分取れませんでした。 コロナでも売り上げが落ちていない企業を視野に入れる この状況でも売り上げを伸ばしている会社は今後も期待できます。 コロナの影響により、時代のトレンドはオンラインや動画等急激に変わっています。 この状況でも売り上げを伸ばせている企業は、今後数年間でもおそらく安泰でしょうし、世の中の流れを先取りできている時点で、期待が持てます。 また、テレワークやベーパレス等積極的に取り入れていることが多いので、自由な働き方も期待できます。 さらに、今でも売り上げを落としていない企業は求人数が減っていないことも予想されるでしょう。 このような理由から、コロナでも売り上げを伸ばせているIT企業を転職先の候補に入れるのは非常に良いと思います。 結論:コロナ下の転職活動は求人数は減っているのでしっかり準備して挑もう いままで売り手市場が急激に買い手市場になって混乱している状況かもしれないですが、 落ち着いて準備して転職活動をするのが良いかも思います。 企業にとって良い人材は好景気でも不景気でも関係なく欲しいものです。 準備はしっかり進める一方で、情報収集は抜かりなく進めていくのが良さそうです。 というわけで今回は以上です。 参考 参考.

次の

コロナ自粛ですっかり板に付いた節約!無駄遣いが減った暮らしは快適。

ミニマリスト コロナ自粛

現在の求人の状況はどうか 結論求人数が減っており今までの売り手市場から買い手市場に変わっています。 コロナが始まる前まで売り手市場だった転職市場は完全に解決しようになっています。 求人の多くは閉鎖していたり友人が開いていたとしてもそれぞれの企業都合で接客採用しないという方針が立たれている可能性もあります。 つまり、ウィズコロナの転職活動は今まで以上に難しくなっているようです。 いつまで買い手市場は続くのか 実際に転職エージェントから話を聞いたところ、 向こう2年ぐらいは回復はしないだろうということでした。 リーマンショックの時も2,3年は転職市場は回復しなかったそうです。 全ての企業で求人が落ち込んでいるのか 全ての企業で求人が落ち込んでいるのかと言うとそうでもありません。 物を持たないIT企業や自粛要請で逆に売り上げが上がっている企業もあるので。 そういう企業は 求人数はそこまで減っていない傾向にあるようです。 具体的にどの企業が求人をいっぱい出しているかどうかは、その企業のサービスによるので一概には言えません。 とはいえ、自粛要請が続いている中では 直接会っての面談が困難なためすぐに採用というのは難しいでしょう。 ウィズコロナで気をつけるポイント コロナの影響で求人数は減っているといいますが完全にゼロになっているわけではありません。 また僕たちとしてもコロナが落ち着くまで転職しないぞ!などと待ってられないと思います。。 この状況で転職するには採用する側の思惑を知っておく必要があるでしょう。 転職エージェントに聞いた最低限のポイントを抑えましょう。 コロナ転職知っておくべきポイント 一般的には日経だと4月または12月、外資だと9月の企業が多いようです 採用計画に求人数や求人の種類は大きく変わってくるので、ベストの定植時期を見極める上でしっかりリサーチしていく必要があります。 とはいえ、素人の僕たちにはわかるはずもない指標です。 この手の話は、転職エージェントにしっかり話を聞いて情報収集するのが得策です。 求人は出ていても状況により採用を積極的に行っていない場合があること 求人情報で採用20名と書かれていても実際に20名いい人がいれば採用するかというとそれは分かりません。 転職サイトや転職エージェントに掲載する企業情報はコロナが流行る前の情報の可能性もあります。 丁寧な企業であればコロナのタイミングで掲載情報の見直しをしているかもしれませんが、できていない可能性もあります。 またこの状況ですので、社内でも採用計画の見直しなど日単位で検討していると思われるので、その企業の状況によって採用人数を調整していると考えられます。 採用強度が時期により変動すること どの企業もまさに緊急自体の対応に追われているさなかです。 いつ収束するかがわからない中で、今後の転職市場の明確な予想は立てられません 僕たちは自分たちでコロナの状況を見つつ転職活動進めていかなければいけません。 転職エージェントを利用する• 自己分析に時間をかける• コロナでも売り上げが落ちていないIT企業を視野に入れてみる 順番に見ていきます。 転職エージェントを利用する 個人的には、コロナでなくてもおすすめなのですが、この時期はより情報が必要になってくると思います。 転職エージェント側も、成果をあげるのに必死だと思いますので、コロナによる転職活動の状況を はしっかりリサーチしているはずです。 転職活動に自信がある人でも情勢の把握という意味でも利用しない手はないと思います。 1つは登録しておきたい転職エージェント 下記は大手の転職エージェントです。 情報収集のためにも1つは登録しておきましょう。 僕の時の転職活動はトントンと話が進み、自分をしっかり見つめ直す時間は十分取れませんでした。 コロナでも売り上げが落ちていない企業を視野に入れる この状況でも売り上げを伸ばしている会社は今後も期待できます。 コロナの影響により、時代のトレンドはオンラインや動画等急激に変わっています。 この状況でも売り上げを伸ばせている企業は、今後数年間でもおそらく安泰でしょうし、世の中の流れを先取りできている時点で、期待が持てます。 また、テレワークやベーパレス等積極的に取り入れていることが多いので、自由な働き方も期待できます。 さらに、今でも売り上げを落としていない企業は求人数が減っていないことも予想されるでしょう。 このような理由から、コロナでも売り上げを伸ばせているIT企業を転職先の候補に入れるのは非常に良いと思います。 結論:コロナ下の転職活動は求人数は減っているのでしっかり準備して挑もう いままで売り手市場が急激に買い手市場になって混乱している状況かもしれないですが、 落ち着いて準備して転職活動をするのが良いかも思います。 企業にとって良い人材は好景気でも不景気でも関係なく欲しいものです。 準備はしっかり進める一方で、情報収集は抜かりなく進めていくのが良さそうです。 というわけで今回は以上です。 参考 参考.

次の