眼鏡市場年末年始。 メガネトップ

眼鏡市場(コンタクト)のチラシ掲載店舗・企業|シュフー Shufoo! チラシ検索

眼鏡市場年末年始

メガネ購入を考えています。 安く買う方法はありませんか?(大学3年生・女性) 今やファッションの一部、おしゃれアイテムとしてメガネをする方もいます。 もちろんオシャレだけでなく、目が悪くってメガネをする方もいます。 コンタクトレンズほどではありませんが、メガネも数年経てば買い替え時期が来てしまいます。 気分を変えたい時にはいつもとちがうメガネだってかけてみたいですよね。 または、気分以外にもファッションや行く場所によってメガネを変えれたらかっこいいですよね。 でも、メガネって意外と高いとか思っている人は多いんじゃないですか? でも、できるだけお得に、安く買いそろえれる方法があるんです! 今回は眼鏡市場で安く買う5つの方法を紹介します。 では、安く買う方法の前に眼鏡市場とはどんな企業なのかを知りましょう。 眼鏡市場とは? 眼鏡市場は、メガネトップという企業のグループ会社の一つです。 街を歩いていて、以前から何気なく店舗が目に入っていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 全国に展開しているチェーン店で、様々な場所に出店されています。 ターゲットは40代以上の方。 【新たな付加価値を追求し、地域社会に貢献する革新的な企業でありたい】を会社のコンセプトにあげています。 15,750円、18,900円、25,200円均一です。 大体、18,900円代が多いようです。 更に超薄型レンズ、遠近両用レンズ等特殊レンズの追加料金がかかりません。 ただしPC用レンズは3,000円かかります。 PC用レンズをつけようと考えている方は要注意です。 更に最短25分即日渡しと、3つの特典があります。 〔特典1〕見え方保証・・・3ヶ月以内なら無料で度数交換 〔特典2〕品質保証・・・1年以内に正常な利用で商品の品質に問題が生じた場合無料で交換、修理 〔特典3〕破損保証・・・1年以内の事故、人災によるメガネの破損が1回限り通常の価格の半額で交換 その他・・・価格はJINSやZOFFと比べると高いかもしれませんがそれでも業界では低価格です。 JINSやZOFFはショッピングモールの中にあるのに対して、眼鏡市場は店舗型です。 お店に入るということが敷居が高いと感じる方もいるかもしれません。 ですが、高級店ではないので、安心して入ってみてください。 では、いよいよ安く買う方法をお教え致します。 安く買う方法 1、株主優待券を使用 少々手間はかかります。 割引率は下記の通りです。 メガネ市場・・・30%割引 メガネトップ・・・50%割引 ヤフーオークションなどで落札すると良いでしょう。 株主優待券で注意があります。 落札時にご注意を。 また落札時には、自分が購入を考えているメガネの割引より安く落札出来るのかを考えて落札をしないと損をします。 最低落札金額で落札出来るオークションサイトを探しましょう。 激安金券ショップで株主優待券を購入する方法もあります。 今後複数メガネを買ったり、家族にメガネの使用者が多いので、あれば思いきって株主になってもいいかもしれませんね。 2、JAF会員優待を使用 JAF会員であればメガネ市場は5%割引を受ける事が出来ます。 3,チラシ、テイッシュをGet 新聞チラシ、店舗で配っているティッシュにクーポン券が付いている事があります。 チェックを忘れずに! 4、お年玉セールを活用 年末年始にメガネを購入予定の方はお年玉セールを活用しない手はありません。 今すぐ必要ではない方も、待てるのであれば年末まで待ってもいいかもしれません。 メガネ市場は年賀状を利用したセールをしています。 恒例行事です。 店舗で当選番号が発表され、年賀状の番号が一致すれば割引になったり、無料になったりします。 忘れずに持って行きましょう。 5、その他 ・県民共済割引 ・コープ、生協組合割引 県民共済、コープ、生協に加入している方は、割引が受けられるか必ず確認しましょう。 現在は終了していますが、次の方法もあります。 ドコモプレミアム会員割引 メガネ市場は、他の企業とコラボレーションして割引などを頻繁にやっています。 気になる方はメガネ市場のホームページ等こまめにチェックすると良いでしょう。 いかがだったでしょうか? メガネ市場で安く購入する方法をお伝えしました。 今回紹介した方法以外にも割引方法があると思います。 気になる方は探してみるといいでしょう。 メガネ購入を検討中の皆様のお役にたてば幸いです。 ぜひ自分に合う、素敵なメガネに出会いがあるとよいですね。

次の

眼鏡市場の店舗一覧と営業時間

眼鏡市場年末年始

豊富な品揃えからフレームをじっくり選べます。 眼鏡市場の方が店舗が広いですし、店員のアプローチも少ないのでゆっくり見たい方は眼鏡市場がおすすめです。 【眼鏡市場がオススメの方】 ・価格と品質のバランスが良い眼鏡が欲しい ・フレームを豊富な種類から選びたい ・1分でも早く眼鏡を受け取りたい 【基本フレーム混み価格】 15,750円・18,900円・25,200円 【薄型レンズの追加料金】 追加料金なし 【店舗数】 全国約723店舗展開 公式ページ 眼鏡市場の代表的な商品紹介 商品名:simple is とにかくシンプル。 そしてこだわりもかねそろえている眼鏡市場オリジナルブランドです。 初めて眼鏡を使う方で自然にすっきりしたイメージがよいという方にお勧めです。 知的な印象を与え、スーツスタイルにもピッタリな1本です。 フレームとレンズのセットで12,600円からあります。 しかし選べるフレームが限られており、本当に何でもいい人以外は利用が難しいでしょう。 逆に、価格が高くなってもいいから自分だけのメガネを店員とじっくり納得いくまで話し合いながら作りたいという方はおすすめです。 アフターサービスで稼ぐ戦略ですので力の入れ方が違います。 メガネのフィッティングにも丁寧に対応してくれます。 【メガネスーパーがオススメの方】 ・とにかく最安値でメガネを入手したい ・高くてもいいから自分にフィットした高品質のメガネが欲しい ・アフターサービスがしっかりしてないと困る 【基本フレーム混み価格】 12600円~ 【薄型レンズの追加料金】 追加料金なし 【店舗数】 全国381店舗展開 公式ページ メガネスーパーの代表的な商品紹介 商品名:スクエアモデルA YA636 日本人の平均的な顔にあわせ鼻宛てが標準より厚めに設計されたセルフレームです。 価格もリーズナブルで、メガネスーパーが厳選する、機能・品質・価格の三拍子を兼ね備えた一押しの商品です。 眼鏡市場の出店数も全国729店舗ととても多いです。 積極的にTVCMも展開し、勢いが衰える様子はありません。 眼鏡市場は好評のワンプライスメガネの価格は15,750円/18,900円/25,200円。 これにPC用にブルーライトをカットする加工やカラーを入れると2000円プラスされます。 レンズは超薄型遠近両用レンズをはじめとした30種類の中から選ぶことができます。 フレームには眼鏡市場が開発を手掛けるものもあり、好評を博した「Free Fit」などもそのひとつです。 眼鏡市場はレンズとフレームの組み合わせは柔軟性があり、一番安い価格帯のフレームに高級レンズをはめることもできます。 眼鏡市場は注文から受け取りまでにかかる時間は最短で25分と短く、時間のかかる眼鏡購入を手早く済ませたい方のニーズに応えています。 また、眼鏡市場は保証制度も充実していて、作った眼鏡が見えづらいときに購入から3ヶ月以内までなら無償でレンズ交換に応じてくれます。 眼鏡市場はアニメやゲームとのコラボ企画にも積極的で、知名度が上がれば今後さらに業績を伸ばすと見込まれます。 全国的に事業を展開する拡大路線をとっていましたが、2000年以降業績に陰りが見え始め、安売り路線から方針を転換し個人に寄り添った戦略に舵を切り直しました。 これが功を奏し客単価を大幅に向上、売上も順調に伸びています。 特に田舎における顧客の評価が高く、アフターサービスの充実でリピーターを増やしています。 激安眼鏡も変わらず取り扱っていますが、主力はオーダーメイド品でレンズ込みで3万円を下らないものの品質は確かなものです。 使わなくなった眼鏡を持ち込めば貰える割引クーポンを使えばさらにお得に利用できます。 店舗は駅近くに置かれることが多く、敷地面積が狭いためか店内が商品や機器で煩雑になっているところも少なくありません。 自社ブランド品の開発にも積極的で品質と価格の両面で常に他店と勝負できる体制をとっています。 そのためか取り扱う商品の半分がPBとなっています。 その他のブランドも網羅されていますが、全体的に種類が少ない印象です。 眼鏡を受け取れるまでの時間は、在庫がある場合は60分ほどです。 店舗にもよりますが小型店舗では2人の店員で営業しているケースが多く、先客がいると1時間ほど待つ場合もあります。 都心近郊では駅近くに眼鏡市場など両店舗とも見かけるケースが多いのですから、アクセス性は互角と言っていいでしょう。 眼鏡市場など2社を比較してそれぞれどんな方にオススメかまとめてみました。 メガネ購入の際に参考になれば幸いです。 目の調子に合わせて最適のメガネを選んで仕事をしてます。 特に眼鏡市場がお気に入り.

次の

眼鏡もお正月のセールってありますか?

眼鏡市場年末年始

By: ランニングするときにはコンタクトを着けて走ってます。 メガネはJINSで買った安くて太い重い黒縁しか持っておらず、運動に適していません。 ランニングは朝6時に起きてから始めるので、朝っぱらからコンタクトを着けるのは正直しんどい。 そこで、ランニング用のメガネを探したトコロ、Jins・Zoff・眼鏡市場でそれぞれ安価なスポーツメガネを売り出していたので比較っぽいのをしてみます。 ホントは実店舗に行ったほうが絶対イイけどね(笑) JINS:Air frame SPORTS・EDGE SPORTS・JINS SPORTS スポーツ用をまとめると3シリーズが発売中みたい。 「Air frame SPORTS」と「EDGE SPORTS」、「JINS SPORTS」の3つ。 まずは「JINS SPORTS」は除外。 色眼鏡は要らんのや。 日常生活でも使えるようなメガネのほうがイイ。 デザイン的にはAir frame SPORTSがいいかな~と。 EDGEは名前の通り色使いとかが尖り過ぎてるかな。 評価も概ね高いようだし購買欲が湧きました! 値段も安い!7900円。 ただ、肝心の重量が記載されてない。 まぁAir frameの名前を関しているのだから伊達じゃないのは確かだろう。 Zoff:Zoff Running with Q・Zoff Athlete ゾフからは「Zoff Running with Q」と「Zoff Athlete」の2シリーズ。 前者の「Zoff Running with Q」は度付きサングラスだから除外。 必然的に「Zoff Athlete」になる。 うん、ちょっとアスリート過ぎる。 日常の中でも使用するのでスポーティー過ぎるデザインも困ったものだ。 走るためだけなら文句なしなんだけど… 値段もさっきのJINSより安い、7000円。 実際にかけてみたら意外とアリなデザインかもしれんな。 追記: 眼鏡市場:アイアスリート 一番カッコ良いやん! 正直眼鏡市場はナメてました。 JINSやZoffとは同列ではない高めの価格設定で、ペヨンジュンだったし。 高齢者御用達ってイメージでした。 ごめんなさい。 いや~カッコいいよ。 メタル素材まであるし。 そこまでスポーティー過ぎてない感じも良し。 ただ、あまり「軽量」っていうのを押してはいませんね。 実際に試着したいねコレは。 …お値段、心配ですか? やはり眼鏡市場なので、JINSやZoffのようにはいきませんね。 2万円します。 でも、昔と比べると安いですよね。 フレームもレンズも込みで2万ですから。 しかも薄型レンズ。 …でももうちょっと安かったらいいのにな~。 クリスマスとか年末年始とかでセールやったりしないかな。 ランニング用メガネはJins・Zoff・眼鏡市場どれがオススメなのか。 まとめ 現在のところ、眼鏡市場のアイアスリートに惹かれてます。 でもまぁ実際に買うのはそれぞれを試着してからですけどね。 JINSのも良いんだけどな~JINSはな~。 今、着けているメガネがJINSのなんですけど、合ってないんですよね。 買った時のフィッティングしてくれる店員さんがチャラチャラした兄ちゃんだったし不安ではあったんですけど。 案の定あってません。 再調整してもらいに行けばいいんですけどね。 JINSの店員は信用ならなくなって…バイトとかなんかな。 それはさておいて。 三連休のうちに3つの店舗回れたらいいなぁ~。

次の