マクドナルド 株価。 日本マクドナルドホールディングス (2702) : 株価予想・売買予想・株価診断 [MDHCJ]

日本マクドナルドホールディングス(2702)の株主優待紹介

マクドナルド 株価

株価上昇!マクドナルドの株主優待は本当にお得? 日本マクドナルドホールディングス 東証ジャスダック:コード2702 は言わずと知れた国内最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を運営する飲食業大手です。 マクドナルドと言えば株主優待の人気銘柄です。 実際のところ株価も絶好調で上場来高値に迫る勢いです。 ここまで株価が上昇したマクドナルド、株主優待が本当にお得なのかを検証してみたいと思います。 まずは同社のデータです。 【銘柄名】日本マクドナルドホールディングス 【市場:コード】東証ジャスダック 【予想配当+予想優待額面利回り】:2. 1冊を4080円として評価し、利回り計算を行っています。 2期連続の大赤字に陥いるもその後、完全回復 マクドナルドは1971年に、藤田田氏が米マクドナルドよりフランチャイズ権を獲得したことで創業。 日本にハンバーガー文化を根づかせた企業として広く知られ、ハンバーガーの国内シェアは60%に及ぶと言われます。 2000年頃までは破竹の勢いで規模を拡大してきたものの、2000年代に入ると牛海綿状脳症を原因に消費者はハンバーガーを避けるようになったなどの逆風で客が離れ、2014年、2015年には中国食肉加工工場の消費期限切れ鶏肉使用の発覚、異物混入問題と、相次いで不祥事が発生したことで客足は更に遠のき、2期連続の大赤字に陥りました。 しかし、不採算店舗の閉鎖をはじめ、ブランド強化や販促キャンペーン、新商品の連続した投入、アプリの活用などの取組が奏功。 足元の業績に表れており、客足は20ヶ月連続で伸び増収を継続し、今期の見通しは2度も上方修正されています。 経営は完全に回復したと言えると思います。 月次動向も好調を継続。 ユニークな販促で注目集める 月次動向を見ると、2015年12月からプラスに転じ、移行、2017年7月まで20カ月連続で増収となっています。 ちなみに7月は売上高が前年同月比10. 5%増(既存店だけでも10. 9%の伸び)、客数が13. 8%増(客単価は2. 6%マイナス)でした。 7月の好調はハワイ観光局から得てロコモコバーガーを提供したことやKDDIと提携してauの三太郎キャンペーンでチーズバーガー無料キャンペーンも客足を集めた模様です。 既存店売上高、客数がプラス推移しているところを見ると、業績が好調であることがわかります。 この調子で、8月もマックシェイク「モモ&モモ」やマックフルーリー「ブラックサンダー」、ハンバーガーの東西対決などが奏功しそうな感じがします。 同社の販促を見ているとお客を飽きさせない商品展開や、参加型イベントなど、ユニークな工夫が目に留まります。 こうした取り組みが奏功し、足元の業績は好調。 17年12月期は、過去最高益となる見通しとなっています。 完全回復の様そうですが、カサノバ社長は「税負担の減少や特別利益の計上の効果もあるため完全回復ではない」とし、つまり、伸びしろが残されていることを強調しています。 業績は完全に回復と見られ、財務基盤の改善も伴っている 販促キャンペーンや味の改良、お客を飽きさせない新商品の入れ替えなどが奏功し、客足が戻ってきました。 一時はどうなることかと思う時期もありましたが、2015年12月から20カ月連続の増収となり、経営危機から完全に回復したと見てもいいと思います。 収益性については、16年12月期の粗利益率は同業他社中央値の58. 3%に比べ、13. 8%と低い水準ですが、前年の1. 0%に比べると大幅によくなっています。 同様にROEも5. 9%と低水準(同業中央値は14%)ですが、前年からプラスに浮上し、収益性が改善していることは一目瞭然です。 17年3月末時点の財務状況は、自己資本比率65. 1%、有利子負債218億7500万円、現金等226億円でカバーし実質無借金です。 営業キャッシュフローはプラスで増加しており、投資、配当、借入金の返済をカバーしています。 新たな借り入れもなく、財務状況は改善していると言えます。 株価は上昇していますが、同社の株主優待は魅力的と考えることも このような業績回復を評価し株価は上昇が続いています。 現金配当と株主優待を合わせた予想利回りは2. 9%と、やや物足らない利回りとなっています。 しかしながら、同業他社と比べると収益性には改善の余地があることから、その分株価にも上昇余地が存在すると思います。 予告無く変更される場合があります。 また、資産運用、投資はリスクを伴います。 投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

次の

マクドナルドの株価の予想は?下がらない?掲示板などのまとめ!

マクドナルド 株価

Contents• マクドナルド株価の現在、リアルタイムチャートはどこで見れる? マクドナルドは外食チェーンの ファーストフード店 売上高世界ランキング1位を 誇るトップ企業です。 日本だけで国内に 約3千店舗あります。 PER — 株価収益率、PBR — 株価純資産倍率、• EPS — 1株当たりの予想純利益 ヤフーファイナンスでは 配当利回りの予想も 随時更新されるので要チェックです。 マクドナルド株価の株主優待は何がもらえる? 株式投資が一般の人に広がった理由のひとつに 「株主優待」がありますが、マクドナルドの 株価の上昇の理由としても 株主優待が挙げられます。 株主優待とは、 株を所有することでもらえる 商品や割引券などのことです。 マクドナルドの株主優待は 何がもらえるのかが気になるところですよね。 マクドナルドの株主優待は 「優待食事券」 となっていますが、マクドナルドファンに とっては嬉しいですよね。 優待は 6月と 12月なので、 優待食事券が 年に2回もらえます。 優待食事券は、バーガー類、サイドメニュー、 ドリンクの引換券がそれぞれ6枚ずつで 1冊になっていて、保有株数が 100 〜299株だと優待食事券が 1冊、 300 〜499株だと優待食事券が 3冊、 500 株以上だと優待食事券が 5冊もらえます。 優待目当てにマクドナルドの株が 買われるのも納得ですね。 58%として、 100株分(約52万円)を投資したら 年間3,000円ほどの配当金がもらえます。

次の

日本マクドナルドホールディングス (2702) : 株価チャート [MDHCJ]

マクドナルド 株価

今回の記事の内容• コロナショックでマクドナルド(MCD)の株価下落!• マクドナルド(MCD)って何の会社?• アメリカ株のマクドナルドの株価の推移(チャート)と特徴は?• マクドナルドの今後の予想は?成長期待で株は買いか? 投資歴20年のかいまるです。 米国株を中心に1,000万円以上の資産を運用しており、アメリカ株のマクドナルドも主力銘柄として保有中です。 世界中でファストフードチェーンを展開するマクドナルド(MCD)。 押しも押されぬ世界的な外食チェーンで、世界119か国38000店舗の規模を誇ります。 店舗の運営や商品については全てマニュアル化されているので、世界中どの店舗でも、同じクオリティーのハンバーガーを食べることができます。 これって、途上国に行った時とかに結構安心なんですよね。 そんなマクドナルドも、新型コロナウイルス拡大による外出制限等で、欧州を中心に店舗の閉鎖や営業の縮小などもあり売り上げが激減。 売り上げの回復には経済活動の再開が必須の状況です。 そんなアメリカ株のマクドナルド(MCD)ですが、コロナを受けた業績の状況や今後の株価の見込みなどについて銘柄分析してみました。 なお米国株に関連するページについて、以下にまとめました。 よろしければご覧いただければと思います。 ・2月21日:215. 87ドル ・3月18日:137. 30ドル(🔻 36. 4 %) となり、30%以上の急落となりました。 この期間におけるダウ平均株価の下落幅は35%程度なので、指数と同じぐらい下げたということです。 株価は3月16日にの安値を付けてから大きく反発しており5月の段階で170ドル近辺まで上昇しています。 新型コロナウイルスの感染拡大による外出制限によりレストランなどの飲食店は売上を大きく落としているものの、マクドナルドの場合はドライブスルーなどのテイクアウトの需要は、それなりにあります。 日本のマクドナルドは、テイクアウト需要が伸びていることから、3月の月次売上高に関しては前年と比較して99. 9%となっていて、外出自粛の影響をほとんど受けていないんですよね。 もちろん米国や日本も含めて世界中で4月以降も感染拡大が続いているので、大きな影響が出ていることは間違いありませんが、経済活動の再開に伴い、長期的には売り上げなどの業績は回復するものと考えます。 アメリカ株のマクドナルド(MCD)ってどんな会社? マクドナルド(MCD )は米国に本社を置くファストフードチェーンで、世界約120か国に4万店近い 店舗を展開して、年間の売上高は2兆円を超え。 60%以上が海外の売り上げです。 ファストフードチェーンでは世界シェアが約20%とダントツの一位となっています。 マクドナルドは、世界中のフランチャイズ加盟店に商品や経営ノウハウなどのマニュアルを提供しています。 これらのノウハウ等を提供することで、加盟店の売上からロイヤリティ収入を得ています。 実は4万店近い店舗のうち、マクドナルド本社の直営店は3千店舗程度しかないんですよね。 日本にある店舗は日本マクドナルドという会社が運営していて、米国本社のフランチャイズなんですね。 莫大なロイヤリティを毎年支払っているということになります。 店舗経営に関するリスクをフランチャイズ加盟店に負わせた上で、ロイヤリティで安定した利益を上げる。 これがマクドナルドが大きく成長を遂げたヒミツであり、安定のビジネスモデルとなっています。 次に株価や最近の動向について見ていきます。 マクドナルド(MCD)の株価の状況は? では早速ですが、マクドナルドの株価の状況をみていきましょう。 ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。 マクドナルドの株価データ(2020年5月6日現在)を簡単にまとめました。 マクドナルドの株価データ• 株価: 179. 24ドル• PER: 32. 83倍• 配当金: 5. 00ドル• 配当利回り:2. コロナショックで株価が下落しているにもかかわらず、配当利回りが3%を切ってるんですよね。 自社株買いも並行して行っているんですけど、マクドナルド株のホルダーとしてはもう少し配当が欲しいです。 マクドナルドの株価の推移(チャート)は? 次にマクドナルドの長期チャート(10年)を見ていきます。 配当利回りが高いことを考えるとと、全体的なリターンはマクドナルドの方が断然高いです。 株価は綺麗な右肩上がりですね。 売り上げは大きく伸びていないものの利益率が上昇していて、から投資家からの人気が高いことが伺えます。 なお、株式投資で勝率を高めるためには、しっかりとした投資理論を身に着けることから。 以下の記事では、初心者向けのものから古典まで、おすすめの米国株投資本を紹介しています。 マクドナルドの売上高や利益は? 次にマクドナルドの業績をみていきます。 マクドナルドの業績推移 以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。 売上高は2013年の281億ドルをピークに減収が続いていますが、これは経営改革の一環で店舗のフランチャイズ化を進めているため。 利益率の高いフランチャイズ収入が増えていることもあり、営業利益率が2014年以降に年々上昇していて最近では40%を超える水準です。 外食産業は参入障壁が低いことから、価格競争になりやすく利益率は低くなりがちですが、マクドナルドは徹底的な店舗運営のマニュアル化とフランチャイズ化によって、これだけの高収益を叩き出しているということですね。 マクドナルドは、外食産業ということもあり高い成長を期待することはできませんが、世界的には人口が増えていくことは確実であり、新規出店によって継続的に売り上げの成長が見込めます。 コロナの影響で1〜3月決算は減収減益 マクドナルドの2020年1〜3月期決算は減収減益となっていて、新型コロナ拡大による店舗閉鎖などの影響を受けた形ですね。 ここにタイトルを入力 ・売上高:47. 1億ドル(前年同期比6. 1億ドル(同16. フランスやイタリア、スペイン、英国などでほぼ全ての店舗を閉めていることが大きく影響しましたね。 米国の売り上げは、ショッピングモール内店舗などを除く全ての店舗が営業を継続していて、ドライブスルーなどのテイクアウト需要があったものの、3月の既存店売上は13%程度の下落。 マクドナルドの資料では、販売の基調は4月も変わりがなく外出制限措置などが維持される限りは低迷が続くとあり、短期的な業績の落ち込みは避けられないようです。 参考記事: (日経新聞) マクドナルドの配当金の推移は? 次にマクドナルドの配当実績をみていきましょう。 以下が過去10年間の実績となっていて、綺麗な右肩上がりです。 配当金は10年で2倍以上に上昇。 配当金の状況をまとめると、 ・連続増配:44年 ・5年平均増配率:7. 78% となっています。 順調に配当金を伸ばしていて連続増配もついに40年を超えています。 増配率も7%を超えており、利回りが若干もの足りないものの、配当パフォーマンスは文句なしです。 配当性向は60%を超えており、さすがに厳しいかもですが、マクドナルドは高い営業利益率を誇っていることを考えると、それほど問題はないと思います。 なお、連続増配銘柄として有名なマクドナルドですが、米国株にはこの他に多くの高配当でしかも連続増配を続けている企業があります。 中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。 おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。 マクドナルドの株価の予想は? 新型コロナ拡大の経済影響が未だ見通せませんが、 マクドナルドの発表によると4月は3月と同様に売り上げが低迷している状況とのことであり、短期的な業績の落ち込みは続きそうです。 経済活動の再開とともに、これまで閉店していたマクドナルドの店舗も次々に営業を再開することになるでしょうが、新型コロナが一旦収束したしても流行の第2波が起きる懸念もあり、しばらくは緩やかな外出規制は続くものと見込まれます。 ほとんどの店舗が再開した中国でも、4月のマクドナルドの利用者は低迷しているんですよね。 なので、 人の動きが完全に回復するまでの間は マクドナルドの株価上昇は、あまり期待できないのではないかと予想します。 ただ、長期的には世界の人口増加とともに売り上げが成長することは間違いないので、株価が低迷しているタイミングで、マクドナルド株の買いを検討しても良いのではないかと考えます。 米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0. 45%(最大20ドル)。 日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。 その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。 詳しくは以下の記事にまとめています。 >> マクドナルドの株は買いか?まとめ 今回は、マクドナルド(MCD)の銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。 鉄壁のビジネスモデルで高い利益率を誇るマクドナルド。 しかし、新型コロナウイルス拡大による外出制限等で、欧州を中心に店舗の多くが閉鎖又は営業を縮小しているため、1〜3月の業績が大きく落ち込んでいます。 新型コロナの影響はしばらく続くことを考えると、短期的には株価が低迷する可能性は高いと考えます。 しかし、世界の人口増加により売り上げの成長が見込めることから長期的には業績回復は間違いないと思います。 新型コロナにより不人気に放置されている時こそ、マクドナルド株の買いを検討しても良いのではと考えます。 最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 米国株に関する情報を効率よく収集するには? 日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信する モトリーフール。 メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が 無料で送られてきます。 自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。 モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。 米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。 登録は無料です。 >> なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。 米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは? 株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。 やはり資産運用の基本は 、 米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。 自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、 ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。 自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。 忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。 詳しくは以下の記事にまとめています。 関連記事・おすすめ記事 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。 皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。 ぜひご覧ください。 マイクロソフトの株価や配当の推移などに関しては以下の記事にまとめています。 今後の株価の見通しは? 動画配信サービスで業績が急拡大しているネットフリックスの銘柄分析です。 新型コロナ拡大による外出制限により、動画需要はむしろ高まっています。 今後の株価の見込みは? カード決済で圧倒的なシェアを誇るビザ(VISA)の銘柄分析です。 営業利益率が驚異の60%超えとなるなど業績鉄板。 強さの秘密に迫ります。 高配当・連続増配の定番中の定番、コカ・コーラの銘柄分析です。 業績鉄板のコカ・コーラも2012年以降の売り上げが大幅に落ち込んでいます。 その理由について分析です。 しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。 今後の見通しについてまとめました。 主要ネット証券会社の手数料を比較。 オススメの証券会社はどこか?.

次の