マジスタンス。 イマジカ・ロボットなど立会外分売の最新情報と参加スタンス!

スノーボードのスタンスは、ダックをまず試してほしいという話

マジスタンス

解説 、特にの nov板にて、主に「 別名: 」というのの画像をあまりに大量投稿したため、とうとうから認定されてしまった。 正確には運営より 荒らし認定されてから と引っ掛けて付けられた名称である。 ただし彼らはというよりもむしろを楽しんでいただけのであったともいわれる。 それまでの彼ら それまで彼らは6年間、にて活動していた。 特に彼らは がにてした、という触れ込みのに移された人物、特にと呼ばれる人物のであり、最終的にその作品は ペタバイト単位で存在する、という恐ろしい状況となった。 現代アート祭り pixivに潜入したものの、当初は 違反であるをもととしたコラージュは控えていたものと思われる この辺りは当時のアカウントが後に運営に削除されたため作品が存在したかは不明である。 カオスラウンジ ここでが登場する。 彼らは「 画像は使います!使います!それ以上のコミュニケーションはないです」という宣言を行っており、現にそれを実践していた。 そして彼らは何を考えたのか由来のをとした。 これを知った流浪の民となっていた彼ら 当時は「novくん」などと呼ばれていた は恐ろしい勢いで「作品」 彼らや関係者等の顔画像を使ったコラージュなど を作成しだす。 pixivへの飛び火 においてカオスラウンジはでも活動していたが、当然、彼らの作品は的になものの作品であった。 ところがは何を思ったのか「」のによる 具体的には第三者の作品をとし、したと取られても仕方のない行為 問題の際にの対応が断固とした態度をとらなかった 具体的には「同じ行為をしたアカウントを通報したら」という点にを入れたら「アカウント停止が解除された」というの行為 ものであったため、「 pixivでは""を付ければ怪しいによるコラージュも許される」「これぞ求め続けた 聖地ユルサレヌだ! 作品の傾向 当初はの、あるいはで行われていたコラージュ作品などが主であったが、それがとして、あるいは投稿者のとなると、は影を潜め、イラスト作品中心となった。 例えば 水をかけると死ぬことより「水かけアート」の批判として用いられた や、などが用いられたとされる。 そして彼らはとしてアップロードされた作品をとして新たな作品を作り続けた。 はこれには手を焼いたらしく、一律の作品削除やアカウント停止も行ったらしく、のが消されただのいろいろな話が出てきていた。 事件の結果 結果、においては側からの通告やがほとんどなされないまま、取得IDや投稿作品が大量に停止・削除された。 具体的には「のはガイドライン違反」、「手書き作品に関しても、具体的には運営及び第三者への」ということになっている。 ただし、もこの騒動のおかげでにいられなくなり、した、といわれる。 また、において、 などの項目が、すなわち閲覧不能状態となった。 彼らもにて6年間大量投稿を続けた実績があるだけに対処は容易ではなかったと思われる。 また、アップロードする側も「連続投稿規制回避のため、ある程度を非公開でアップロードして一斉にする」などのをとり、アカウント停止などの処理を遅らせる作戦もとったとされる。 運営批判 ちなみに、 現代アートを銘打って大量投稿された作品の中には、明らかにに抵触しない投稿作品や、まっとうな創作しか行っていないアカウントも存在したといわれるものの、それらの作品やアカウントに関しても投稿者に対する個別の通告などはほとんど行われず、投稿作品の削除やが行われている状況であったとされ、からはそのことに関し批判を受けた。 現状 ただし現在ではこのような活動はpixiv上ではあまり見られないと思われる 超有能な運営がほかのなどをして彼らの作品がアップロードした途端アカウント停止にしているだけかもしれないが。 さすがに 聖地ユルサレヌはここではなかったのであろう。 ピクシブ百科事典への影響 この騒動の詳細はに簡単に記述されていたものの、2016年ごろよくわからない理由でその記事の存在自体が抹消された。 当時はいくつかの記事、例えばが発生し、その片方はやおよび、さらにはよく使用されたといった項目、上記の単語および、なども状態となっている。 これらの記事の内容は「」「」、「」の項目も参照。 関連タグ 参照 : :、 関連記事 親記事.

次の

「スタンスとは??」チョーレルのブログ | SHIFT_C33-NEO STYLE Ver.2

マジスタンス

誰だか知らない4人のおっさんの映った一枚の写真、コテハンだった「マジレス」だとされる濃い顔のおっさんがすこぶる気に入られ、これを元に6年間も延々とコラ画像やイラストなどを作り続けた結果、その容量は ペタバイト単位にもなったという、理解不能な狂気の集団である。 ふたばの管理人も遂に貼ることを禁じ、アク禁まで発動するも延々と規制をかいくぐって貼り続けたため、管理人は遂に板を丸ごと削除してしまった。 この、あまりにも強引な追放によりマジスタンスは流浪の民と化したが、いつか再びその力を解放できる日のため力を蓄え続けていた。 最近ではnov@避難所などがあり、またmay鯖などに出没することを確認しているが、pixivに新天地を見いだしたことから、目下pixivで活動中である。 「彼を含む4人の写真」とされる写真は、マジレス、アージュ最高、ぴるす、鍵最高、という4人のコテハンを含むとされる。 中でも「マジレス」とされた男がこよなく愛され、信じられないほど膨大な量のコラが作られた。 いやらしい口元 許されざる口元 と、許されざる角度のポーズ、赤いチェックのシャツなどが、後にマジスタンスとなる彼らを熱狂させ、引きつけて離さなかったらしい。 ただし、このオッサンが本当にマジレスなのかどうかは定かではない。 なぜなら何も証拠が無い。 まさに「誰このおっさん」状態である。 マジスタンスが描くマジレスは「絶対に許さないよ」が口癖だが、これもこのコテハンの発言を元にした部分改変が初出だった。

次の

pixiv「現代アート」タグ祭りとは (ピクシブゲンダイアートタグマツリとは) [単語記事]

マジスタンス

()の入り口 種類 防衛線 施設情報 管理者 フランス 歴史 建設 1930年—40年 使用期間 1935年—69年 建築資材 コンクリート、鉄 使用戦争 マジノ線(マジノせん、: Ligne Maginot、: Maginot-Linie、: Maginot Line)は、・国境を中心に構築されたフランスの対ドイツ線である。 北はロンヴィ(フランス・・の街)から南は地中海フランス・国境にまで至る、長大な複合要塞である。 なお、一般にはバーゼル(フランス・ドイツ・スイス三国国境の街)以北を「マジノ線」と呼び、対イタリア防衛を主眼とした南部の要塞線は「アルパイン線(Alpine Line)」と称する。 マジノ線の地図(ルクセンブルク国境付近) フランスはにおいて甚大な物的、人的損害を被った。 敵国であったは大戦に敗北し、としてドイツはとして新たなる道を歩み始めたが、その事をもってもドイツの脅威が去ったと捉える者は少なくなく、ドイツに対する軍事的劣勢の解消が喫緊の課題とされた。 先の大戦の経験から消耗戦を恐れ、防衛重視の戦略に傾倒したフランスは、戦闘員の不足を補う方策として、国境地帯における要塞の建設を軍事戦略の柱として位置付けた。 第一次世界大戦後の一時的なフランスの・人口減少も、これを推し進めた。 第一次大戦下の「」に於ける膠着した戦闘の様子は小説『』に鮮明に描かれているが、最前線にを構築し、両軍がにらみ合いを続け、双方が笛の音を合図に一進一退の突撃を繰り返す、お互いに塹壕を掘っては取り合うという戦い方は、多くの兵士の命を意味もなく無駄にするだけであった。 は、互いの国民を大量に動員し、大量に消費しあう戦争であった。 生身の人間の貧弱な防御力と兵器の絶大な攻撃力、両者のあまりのアンバランスが、約500万人の犠牲者を生み出した。 戦後、西部戦線参戦国ならばどの国にも例外なく厭戦感が蔓延していた。 構想自体はマジノが提唱する前から存在したが、「一定の間隔ごとに要塞群を配備すべきだ」とする要塞地帯委員長元帥と、「連続した要塞線を構築すべきだ」とする陸軍最高顧問元帥との間に確執が生じ、妥協案として対ドイツ国境においてはペタンの案が、また対ベルギー・ルクセンブルク国境においてはジョフルの案が採用された。 もっとも、対ベルギー国境部分に関しては、ドイツへの後に本格的な建造が始まったが、結局間に合わなかった。 、幾多の曲折を経てマジノ線は竣工。 総工費は約160億フラン、維持費・補強費として更に140億フランが投じられた。 難攻不落を期待されたが、開戦後のに、ドイツ軍は要塞の手薄な北方からマジノ線を迂回するため、、のを侵攻し、奇襲により国境を越える。 アルデンヌの森は自然の要害で、重砲や戦車は通れず行軍は不可能であるとフランス軍は判定していたため、要塞構想の範囲から全く外れていた。 しかし、アルデンヌの森をドイツ軍は戦車を用いて突破、国内に雪崩れ込み、フランスは満足な抵抗もできぬまま敗北を喫するに至った()。 、を経て軍が反攻を開始するとドイツ軍は守勢に回った。 連合軍が独仏国境に迫ると、マジノ線の要塞はドイツ軍の防御拠点として利用された。 しかし、一定の防御効果はあったものの、長期にわたって連合国軍を阻止することは出来なかった。 構造 [ ] 要塞の砲郭(ケースメイト)。 マジノ線構想の戦略上の問題として、以下の点が指摘されている。 国境一帯を網羅した防御体制を展開するために、常に大量の兵力を配備せねばならなかった。 ベルギーを刺激するのを避けるため、また資金不足のため、対ベルギー国境は後回しになり、第二次世界大戦開戦時には構築されていなかった(しかし、第一次世界大戦時にもドイツはベルギー経由でフランスに侵攻しようとした。 膨大な建設費や維持費が軍事予算を圧迫し、他部門(新型の戦車やなどの調達)に資金を充てる事が困難になった [ ]。 「マジノ線の防御は鉄壁である」との過度の期待のため、また上述の通りマジノ線に大軍を投入したため、機動力を軽視する結果に陥った。 ドイツ軍がアルデンヌを突破した後、マジノ線守備隊は直接ドイツ軍と戦う部隊の増援にも ドイツへ逆侵攻を行ってドイツ軍部隊への補給を寸断することも出来ず、戦略的、戦術的に殆ど存在意義の無い 「遊兵」と化してしまった。 巨費を投じて築造されたにも拘らずドイツ軍の侵攻を許した事から、「無用の長物」の代名詞として引き合いに出される事が多いが、正面からの攻撃に対しては一定の効果があった。 また、対ベルギー国境に強固な要塞群が築かれなかったのは予算不足でも隣国に対する配慮でもなく、来るべき次の戦争において、ドイツ軍に正面攻撃を躊躇わせ、先の大戦同様ベルギーを通るように仕向けるための高等戦略であったとする説もある。 実際、ベルギー側からマジノ線をベルギー国境まで延ばしてほしいという要望が盛んにあったが、フランス側にはベルギー国境をあえて開放することで、以下のような利点があった。 フランス側からすればベルギー国境を要塞化しても、ドイツ軍がベルギー方面から迫った場合、フランスの工業地帯が砲撃の射程内に入ってしまって意味が無い。 このため、ドイツ軍がベルギーに侵攻した際には逆にフランス軍がベルギー領に入り、そこに防衛線を築いたほうが工業地帯防衛には得策である。 ベルギー及びフランスがドイツの手に落ちることをイギリスが黙って見ているはずはない。 ベルギーにドイツが侵入しやすいようにしておいたほうが、イギリスを味方とするのに都合が良い。 ベルギーを迂回して時間を稼がせることで、フランスが兵力を集中する余裕ができる。 マジノ線から動かせなかったというのは、ドイツ軍がをマジノ線に対面させる形で建設させていたため動かせなかったというのがある。 塹壕戦の発想で動いているため敵が強固な陣地を築いている時は相応の戦力で挑むしかなかったというのがある。 ドイツ軍の対マジノ線兵器 [ ] ドイツ軍は対フランス戦線においてマジノ線を突破するために、さまざまな大口径の砲を開発することとなったが、それらが実際にフランス戦線で用いられることはなく、後に主戦場となる東部戦線において用いられた。 現在のマジノ線 [ ] 大きな要塞のいくつかは一般公開されており内部を見学することができる。 小規模な砦やは放置され畑や草原の中に埋もれている。 脚注 [ ].

次の