ムーンライト 3型。 モンベルムーンライト5型 細部まで観察編

【楽天市場】モンベル mont

ムーンライト 3型

キャンプでのエピソード 雪が積もるキャンプでのこと 風、雪などでも安心感がある。 雪中キャンプでドカドカ雪が降ってきた夜。 ザザーという音とともに、テントの頂点に積もることなく、サイドに雪が落ちていました。 よくできているなぁとしみじみ感心しました。 雪でテントがつぶされにくい。 安心があります。 大雨のときも 西湖湖畔のキャンプ中、大雨が斜面を流れるような勢いのときも テント下を流れる水を感じつつも入ってしまうことはなかった。 収納も比較的コンパクト 小川の2人用テントとほぼ同じ収納と重さ。 4人はギリギリ寝られるのにエライ 上が小川キャンパルの2人用 下がモンベルムーンライト5型 上が小川のテント2人用 下がモンベルムーンライト5型重さはムーンライトが軽い もっと手軽にテント立てたいときのために、ポップアップのケシュア3人用も持っています。 でも、一番のお気に入りテント(寝る用)はムーンライト5型です。 ちなみに、これより大きいサイズは大空間なので家族で使うには冬冷えるのでおすすめではありません。 2型3型あたりも知人が持っていますが気になるところです。 1年前放送されたのを見てうわぁ~身近なアイテムにわくわく モンベルムーンライト5型 流行りのテントではないけれど、長く愛用するのにふさわしいテントかな~って思います。 4人までのご家族なら使えます。 大人なら3人くらいがちょうどよいです。

次の

ムーンライトテント7型はモンベルの人気テント

ムーンライト 3型

出典: ムーンライトテントの最大の特長は、その組み立てやすさ。 「ムーンライトテント 月明かり だけでも設営できる。 」がテントの名前の由来になっているほど。 フレームは広げると自立する仕組みになっており、本体をフレームに吊り下げて設営していきます。 ムーンライトテントはそんな天候対策もバッチリ。 特殊な構造によりフライシートとテント本体の間の間隔が十分にあり、フライシートが本体に触れて水が染み込むのを防いでいます。 また、バスタブ形状の床面四隅にもシームテープ処理を施し、防水性をさらに高めているのです。 防火対策もバッチリ! 出典: 1型、3型、5型…?ムーンライトテントを調べると型番が沢山でてきます。 それもそのはず、ムーンライトテントには1、2、3、5、7、9型とそれぞれ種類が豊富です。 数字で言われてもどれがどれだかわからないし…困った!そんな方のために今回は登山とキャンプの目的別に、シーンに合ったテントの選び方や性能をご紹介します。 テント選びの際には、人間だけでなく、荷物などの置き場所を考えて、余裕をもったサイズ感で! ムーンライトテントは、どの型もグリーンとアイボリーの2色展開。 3型からは天井の高さが均一となり、開放感のあるモデルです。 雨の多い気候でも優れた防水性・通気性を誇ります。 また、軽量ながら広々とした居住空間を確保しています。 【基本情報】 本体重量:3. ムーンライトテントとよく比較されるのが、モンベルの「ステラリッジテント」。 一般的な3シーズン用テントであるムーンライトテントに対して、ステラリッジは山岳用テントなので、積雪期登山にも対応可能なのが大きな違いです。 さらに総重量はムーンライトテントの方が重く、1型でムーンライトテントが2. 18kgなのに対してステラリッジが1. 26kgとなっています。 しかしその分、ステラリッジテントの方が高価となっていて、ムーンライトテントが24,624円 税込 なのに対して、ステラリッジが39,420円 税込 となっています。 大きさや重さに大差はありません。 ではどの点に注目して選ぶのが良いのでしょうか? まず1つ目が、快適性です。 ムーンライトテントは入口から後方のベンチレーターまでまっすぐ空気が通るよう設計されているため、クロノスドームよりも通気性に優れます。 夏などのムシムシした時期にはムーンライトがおすすめです。 一方、ポールのしなりによって緩やかに天井の高さを出すクロノスドームは、ムーンライトと比べても広々と感じられます。 前室も利用できるのがクロノスドームのポイントです。 また、クロノスドームとムーンライトを選ぶ時に注目したいポイントに、入口の位置があります。 入口は小さくても奥行きがあるタイプのテントが好きならムーンライト、奥行はそこそこでも、広々とした入口が欲しいならクロノスドームがおすすめです。 クロノスドームについてもっと知りたいという方はこちらも合わせてチェック!.

次の

【楽天市場】モンベル mont

ムーンライト 3型

提供: 1.設営・撤収が素早く、簡単に出来る 「ムーンライト」の名の通り、月明りの中でも素早く設営できるのが最大の特徴。 独自構造のポールは、ショックコードで一体化されているので簡単にフレームを組むことができ、インナーはフレームに対して吊り下げるだけで素早くテントを立ち上げることができます。 また、自立式なのでポールを手で支える手間も省け、設営・撤収が楽ちんです。 2.雨の多い日本の気候に適した機能性 テント本体が風通しの良い構造で通気性は抜群。 フライシートとの隙間に余裕があるため風が吹いても接触しにくく、結露したフライシートの内側と本体が接触してテントのインナーが濡れてしまうのを防ぎます。 防水加工とシームテープで雨対策もバッチリです。 3.十分な耐風性 上記の構造による通気性の良さで耐風性が気になるところですが、ポールのしなりとインナーのバタつきにより風の力を受け流してくれるので、耐風性も決して低くはありません。 4.安心の難燃加工 生地には難燃加工が施されているので、万一テントに火が当たっても燃え広がらないようになっています。 ムーンライトは全型グリーンとアイボリーの2色展開です 2020年春、「ムーンライトテント」がフルモデルチェンジ! なんと、「ムーンライトテント」が刷新! 前述の優れた特徴はそのままに、平均30%軽量化され、居住空間も拡大しています。 展開は、1人用(1型)・2人用(2型)・4人用(4型)の3モデル。 より携行しやすく、快適に過ごせるのは嬉しいですね! ムーンライトテント1(品番: 1122685).

次の