足 むくみ サプリ。 むくみサプリの効果成分を比較ランキング「2つの副作用成分」絶対注意

足のむくみ対策におすすめのサプリ 人気ランキング15選!めぐりをよくしてスッキリ!

足 むくみ サプリ

ドラッグストアや薬局で買えるおすすめむくみサプリ12選とその効果 むくみサプリを通販でなく近所のお店で買いたい、と言う方もきっといらっしゃいますよね。 手にとって、パッケージに書いてある文面や成分表示を見ながら買えたらやはり安心感があります。 実は市販品にもいろんなむくみサプリがあるんですよ。 調査してまとめてみました。 今回の記事のポイントは以下の2点です。 ドラッグストアや薬局で買えるものをピックアップ。 よく売れているおすすめのものを12個ご紹介。 サプリごとにいろんな成分や効果、注意点などがありますよ。 コンビニでも売っていたりしますよね。 メリロートとは、利尿効果のあるマメ科の植物のことで、ハーブの一種です。 体内に溜った余分な水分をスムーズに排出してくれる効果があります。 ただし、多量に飲むと副作用があるため注意が必要です。 主に腎機能における副作用になります。 何ごともほどほどが大切なので、むくみを改善したいからと言っても極端に走るのは止めたほうが良いでしょう。 主成分のメリロートに加え、ジャワティーエキス、トウガラシエキス、イチョウの葉など、天然の有効成分をブレンドしています。 立ちっぱなしや座りっぱなしで血の巡りが悪く、水分が溜りがちの方によいです。 少量のパックのものもあるので、まずはお試し感覚で気軽にトライしてみると良いでしょう。 また、水分のバランスを調整する作用もあります。 このため、水分を飲み過ぎる方、お酒などをよく飲む方に特におすすめと言えるでしょう。 ダイエット効果もあるため、むくみだけでなくスリムになりたい!という方によいですね。 生理中の不快感にも良く効くため、毎月のブルーデーにも活用できます。 3.エスエス製薬 アンチスタックス こちらはかなり有名なむくみ改善系のサプリです。 主成分は、赤ブドウの葉を乾燥させたエキスで、1粒に450ミリグラムも含有しています。 静脈の血行が悪くなっておこるむくみに特に効果があり、ふくらはぎのむくみや、むくみから来るだるさなどを改善してくれるサプリメントです。 冷え性や運動不足、長時間同じ姿勢をしているなど血行が悪くなるような生活習慣のある方におすすめと言えるでしょう。 医薬品ですが、要指導医薬品というカテゴリになるため、薬剤師が常勤しているドラッグストアのみで購入できます。 購入の際に服用方法や使い方など教えてもらえるわけですね。 20歳以下は服用が認められていません。 1日1回、朝に服用すれば1日中、快適に過ごせますよ。 夕方に足がパンパンになるなんて方にも良いでしょう。 なんと、国内の臨床実験では、12週間で82%以上の改善率が報告されています。 整脈環流障害の場合においては、日本で唯一のむくみ改善系の飲み薬になります。 4.ツムラ 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) こちらはツムラが出しているむくみ改善系の第2類医薬品です。 かなり古くから女性たちに愛用されてきたサプリメントです。 ネーミングから分かるとおり、もちろん漢方系で、天然の生薬が使われています。 冷え性からくるむくみや、運動不足による血行不良、月経時期のむくみから、産前産後のむくみまで、幅広く対応可能です。 むくみ改善系サプリには妊娠中は活用できないサプリが多い中、こちらの商品は安心して飲むことが出来ます。 錠剤でなく顆粒なのが少々難ですが、慣れたら普通に飲めるようになるでしょう。 更年期障害の諸症状や頭痛、倦怠感などにも効きます。 医師の治療を受けている方と胃腸の弱い方だけは医師または薬剤師、もしくは登録販売者に相談が必要です。 月経痛や月経不順にも効くため、1つお家に置いておくと重宝するサプリと言えるでしょう。 顔のむくみにも良く効きます。 5.大正製薬 アニマリンL錠 こちらは直接のむくみ改善サプリと言うよりは、おだやかに効果が見込める関連サプリです。 主成分は、必須アミノ酸とビタミンB、ビタミンEです。 アミノ酸の力とビタミンの力で体調を整え、水分バランスを良くし、むくみを改善してくれます。 妊娠中の方でも安心して服用することができ、滋養強壮や虚弱体質改善効果も得られます。 むくみによる倦怠感や疲労感にもよいでしょう。 1回2錠を、1日2回服用します。 7歳未満は服用できません。 カラダの内部から根本的に改善したい場合に良いです。 ビタミンBにより、糖質を多く摂る方、甘いものが好きでむくみやすい方、などに特におすすめといえるでしょう。 6.興和 パニオンコーワ錠 コーワが発売しているむくみ改善系の第2類医薬品です。 主に血流を改善してむくみを解消するもののため、むくみによるだるさやどんより感なども改善してくれます。 主成分は、アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物(ATP)と、4種類のビタミンB群です。 アデノシン三リン酸ニナトリウム水和物は血の流れをスムーズに整えて、ビタミンB群が疲労回復をバックアップします。 細胞や代謝の活性にも良く効きます。 1回1錠を1日3回服用します。 妊娠中や妊娠の疑いのある方、もしくは高齢者は医師や薬剤師、登録販売者に相談する必要があります。 15歳未満は飲むことが出来ません。 むくみからくるだるさで、どうも体調が優れない、なんて方におすすめと言えるでしょう。 7.ゼリア新薬 プレフェミン ゼリア新薬が出しているむくみ改善系のサプリです。 主成分は、チェストベリーの乾燥エキスで、1粒に40ミリグラム含有されています。 月経前のむくみに特に効くため、生理前がむくんで辛いと言う方には超お勧めのサプリメントです。 医薬品ですが、要指導医薬品なので、薬剤師がいる薬局のみで購入でき、服用方法などの指導を受けて購入する形になります。 18歳以下は飲むことが出来ません。 乳房のはりやイライラ、頭痛にも効きますが、こちらも主に生理前の症状の場合といえるでしょう。 生理前に怒りっぽくなるタイプの方にもよいので、気分的なコントロールがどうしても難しくなって困る、という場合にも活用できます。 月経は女性にとってなかなか不快感を伴う期間ですが、こういうお薬も発売されているのですね。 むくみだけでなく、さまざまな効果が見込めるので、積極的に使い方を薬剤師に質問すると良いでしょう。 8.改元 ムクトレール 改元が出しているむくみ改善系のサプリで、漢方系のものです。 9つの天然の生薬が、特に血の巡りをよくすることによってむくみを改善してくれます。 冷え性や代謝不全、長時間の同じ姿勢が多い方から、運動不足の方まで、改善が見込めるでしょう。 むくみの原因は血行不良が多いので、本来は生活上で対処法を図るのが一番ですが、効果を早める手段として漢方系サプリでサポートするのも一案です。 天然のもので副作用がないので安心ですよね。 水分を強制的に排出するものではなく、体内の水分バランスを整えるおだやかなものです。 根本的なことから改善し、体調を整えてくれます。 血行不良から来る倦怠感にも有効といえるでしょう。 9.タケダ ルビーナめぐり タケダのむくみ改善系サプリです。 特に冷え性でカラダがだるくなる方にうってつけのサプリメントです。 冷え性で疲れやすい方は多いと思いますが、体内の血と水のめぐりを改善するために作られたお薬です。 弱った胃にもよいため、胃腸や消化不良などから来る体調不良にも良く効きます。 不眠や便秘解消などの効果もあるので、ちょっとした女性向けの万能薬みたいなイメージもありますよね。 むくみは睡眠不足でも引き起こるため、不眠症の方には特に有効です。 カラダを冷やすことがどれだけ体調に影響するものかを痛感するようなサプリです。 漢方系の成分がメインで、第2類医薬品です。 更年期障害やめまいにもよいので、親子で活用することもできるでしょう。 独特の香味をもつサプリメントです。 10.ツムラ 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 薬局に行くと、ツムラの漢方系商品がズラリと陳列されていたりしますが、こちらもそれらの商品の1つです。 購入しやすい漢方系サプリメントです。 漢方の古典にも記載があるくらい古くから飲まれているお薬です。 特に肥満気味な方や便秘症でむくみがちな方に良いでしょう。 高血圧や肥満からくる症状によく効くため、そのあたりにむくみの原因があるにちがいない、と言う場合に良いですよね。 食べるのが好きな方、運動不足の方、便秘気味の方、などが対象といえそうです。 逆に、冷え性とはあまり関係がないかもしれません。 妊娠中の方や胃腸の弱い方は医師や薬剤師に相談が必要です。 年齢的には2歳以上であれば飲んでも良いというくらいソフトなもののため、安心感があります。 錠剤ではなく顆粒ですが、1包みずつパウチに入っていて携帯にも便利。 目安は1回1包みを1日2回です。 11.クラシエ漢方 五苓散(ごれいさん) こちらは漢方系のサプリメントです。 なんと顔のむくみに良く効くタイプのものなのです。 特にまぶたのむくみに最適です。 まぶたは皮膚が薄いため、ちょっとしたハプニングがあっただけでも、とたんに朝起きたらむくんでいる、なんてことが多いですよね。 お酒を飲み過ぎたり、たくさん泣いたりしたときには翌朝アウトでしょう。 そんな時に頼りになるお薬です。 のどが乾きやすい方や、トイレの回数が少なくて尿量が少ないと思われるタイプの方に特によく効きます。 このサプリメントには利尿効果もあるため、全身のむくみにもよいです。 漢方なので、もちろん天然の生薬です。 ただし、妊娠中や妊娠の疑いのある方は飲むことが出来ません。 1日3回、食前または食中にお水で飲みます。 白湯などでも良いです。 5歳未満は服用不可になっています。 12.ジェーピーエス製薬 温経湯(おんけいゆ) こちらも漢方ベースのサプリメントです。 医薬品に認定されています。 ネーミングからも分かるとおり、体を温めて血行を良くし、むくみを改善してくれます。 また、ホルモンのバランスを整える効果もあるため、幅広い年齢の方におすすめです。 天然の生薬を抽出して、錠剤にしたものなので、安心できて飲みやすいです。 胃腸の弱い方や妊娠中の方は、医師または薬剤師に相談が必要です。 高齢者の場合も相談したほうが良いでしょう。 要指導医薬品ではありませんが、せっかく購入するのなら薬剤師などに積極的に相談したほうが良いです。 医師や登録販売士に相談するのもOKです。 冷え性の方に特におすすめのサプリです。 まとめ 今回はお店で売っている市販品サプリをご紹介しました。 たくさんありますよね。 ドラッグストアに行ったらぜひ手に取ってみて下さい。 冷え性向けの方から肥満気味の方まで、サプリによって対象も異なるため、ご自分の症状に会わせて狙って購入すると良いでしょう。 せっかく対面で買えるのですから、薬剤師や登録販売者に相談すると良いです。 本気で取り組むことが出来ますよ。 また、むくみ専用のサプリで確実にむくみ改善をしたい方は当サイトでも、専門家の視点からをまとめています。

次の

むくみサプリ市販品、全部飲んでみた!DHC・オルビスetc

足 むくみ サプリ

足のむくみの主な原因 足のむくみは、足の筋肉によるポンプ機能が低下することで血のめぐりが悪くなり、足に水分を溜め込んでしまうことで起こります。 長時間立ったまま、座ったままといった状況でも筋ポンプの機能は低下し、場合によっては慢性化して日常生活に支障をきたすことも。 痛みを感じるほどになったり、何日もむくみが続く場合は早めの対処が必要です。 足のむくみ対策の基本 足のむくみは、日常的な運動やマッサージで解消することもできます。 入浴中にふくらはぎをマッサージしたり、シャワーを当てるのも効果的です。 また、規則正しくバランスのとれた食事も大事です。 肥満になるとむくみやすいので、血流に負担のない食生活をこころがけましょう。 忙しくて食事に配慮できない時はサプリの併用がおすすめです。 足のむくみにおすすめのサプリの選び方 足のむくみ対策にサプリを飲む場合は、効果的な成分が含まれているかをチェックしましょう。 特に西洋ハーブ医薬品にも取り入れられている赤ブドウ葉やメリロートは、むくみを軽減させる成分として知られています。 そのほか、塩分を排出するカリウム、血管を広げるL-シトルリン、水分を排出するサポニンといった成分が効果的です。 1日中立ちっぱなし、または座りっぱなしといったライフスタイルで、足のむくみが気になる女性に愛用されている商品です。 むくみ改善に働きかけるのは、「明日葉」「とうもろこしのひげ」「赤ぶどう葉」の3つの自然の恵み。 塩分の排出を助けるカリウムをはじめ、ポリフェノール、ミネラル、ビタミン類といった「めぐり」をスムーズにする栄養を豊富に取れます。 ここへさらに乳酸菌が加わり、すっきり&キレイを強力にサポートします。 公式サイトにはむくみ度チェックリストがあるので、ぜひご確認を。 購入から30日間の返金保証付きです。 忙しくても軽やかな毎日をおくりたい方に喜ばれているサプリメントです。 立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事をしている、お風呂はシャワーですませてしまう、運動不足といった生活習慣でむくみや疲れが気になる方におすすめです。 配合されているのはこだわりの植物由来成分ばかり。 ハス胚芽、月桃葉、スターフルーツ葉の他、ブッチャーズブルーム、ヒハツといった聞きなれない植物もあるので公式サイトをチェックしてみてください。 これらのエキスを凝縮したカプセルで「スッキリ」を実感しましょう!定期便ならお得に継続できます。 コスメ 水分や塩分を摂りすぎたり、お酒を飲んだ次の日に顔がパンパンになった、という経験をした人も多いのではないでしょうか。 体に水分が溜まることでおこる顔のむくみは、知らない間にどんどん酷くなっていることもあります。 マッサージや食事で改善もできますが、そんな時間のない時におすすめなのがサプリでのケア。 水分排出を促す成分を積極的に摂ることで、むくみを解消することができます。 サプリによっては美容成分を配合しているものもあるので、むくみ解消・予防だけでなく美肌ケアをできることも。 この記事では、そんな顔のむくみ対策におすすめのサプリを紹介しています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 サプリの関連記事はこちら コスメ 美しいボディを手に入れるためにダイエットをする女性は多いですよね。 しかし、食事制限や毎日の運動はなかなか続くものではありません。 また、過度な食事制限をすることで体調を崩すことやリバウンドをしてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。 そんなダイエットで失敗した方でも簡単に、そして長く続けられるのがダイエットサプリメント。 ダイエットサプリメントは毎日サプリを摂取するだけなので、手軽で誰でも続けることができます。 しかし、ダイエットサプリメントはたくさんの商品があり、どの商品が良いのか迷ってしまうという方も。 そこで今回は、安全で安心して摂取できる人気のダイエットサプリメントをランキングでご紹介していきます。

次の

【妊娠中】足のむくみの解消法と予防法14選。効いた方法はこれ!|赤ちゃん部

足 むくみ サプリ

むくみとは 人体の約60%は水分で、その大部分は細胞内のほか、血管、リンパ管中に存在しています。 これらの水分は、細胞や血管からしみ出したり、戻ったりして入れ替わっています。 ところが、この水分がうまく回収されず、細胞のすき間にたまってしまった状態が「むくみ」です。 足のむくみ 朝すんなり履けた靴が、夕方脱ぎにくい! というような経験はありませんか? 心臓から送り出され、足などの体の末端へ運ばれた血液は、ふくらはぎなどの足の筋肉のサポートによって、心臓に向かって送り返されます。 ところが、立ちっぱなし、座りっぱなしなど、同じ姿勢を続けると、この機能が弱まり、血液がうまく戻りません。 そして血管から余計な水分がしみ出し、むくみとなってしまうのです。 顔のむくみ 朝起きると、まぶたが腫れぼったくなっていたりしませんか? 起きている間は体の下の方にたまりがちな水分が、横になることで体の上のほうに行きわたるため、朝は顔がむくみやすくなります。 とくに、まぶたは体の中でもやわらかい組織の一つです。 むくみはやわらかい部分に現れやすいため、目元がむくみやすいといわれています。 手のむくみ お酒を飲み過ぎた次の日など、指輪がきつくなったりしたことはありませんか? 手がむくむと手の指を曲げたり伸ばしたりする際につっぱった感じがしたり、手のしわが消えてパンパンに腫れた感じがします。 体に入ったアルコールを代謝する過程で、アセトアルデヒドと呼ばれる有害物質が産生され、血管を拡張させすき間から血中の水分が漏れ出すことで引き起こされます。 全身のむくみ 何日もむくみがとれなかったり、全身がむくむといったりする場合は、内臓疾患(腎臓、心臓、肝臓等)の可能性がありますので、病院で検査を受けるようにしましょう。 とくに、動悸、息切れ、体重の増減が激しい、尿の量が減る、食欲不振、疲労などの症状を伴う場合は早めに受診しましょう。 むくみは内臓疾患を知らせるサインにもなりますので注意しましょう。 むくみの原因 体に栄養や酸素を運ぶ役割の血液と血管があり、末端部分は、毛細血管が細胞に必要な成分を運んでいます。 さらに、毛細血管から細胞に成分を届けてくれる「細胞間液」は、老廃物を伴った水分として静脈やリンパ管へ運ばれていきます。 むくみは、静脈やリンパ管の流れが悪くなってしまうことで、水分や老廃物が回収されずに皮膚の下にたまってしまう状態といわれています。 生活習慣 水分や塩分を摂り過ぎると、体内の水分量が増え、むくみやすくなります。 塩分の多いインスタント食品や外食を控え、減塩を心がけましょう。 また、アルコールの飲み過ぎや睡眠不足、運動不足もむくみの原因のひとつと考えられています。 きつめの衣服を着ていると血液の循環が悪くなりますし、窮屈な靴をはいていても、足がむくんでしまいます。 自分のサイズにあった衣服や靴を選んで、身につけるようにしましょう。 女性特有のホルモンバランスの変化 生理前や妊娠中、更年期などの時期はホルモンのバランスが変化するため、自律神経の乱れなどから血行が悪くなりむくみやすくなるといわれています。 内分泌疾患の可能性 甲状腺の疾患によるむくみもあります。 むくみがしばらく続くようでしたら医師の診断を受けるようにしましょう。 内臓疾患の可能性 心臓、肝臓、腎臓が何らかの原因により機能の低下することでむくみが生じる場合があります。 むくみがしばらく続くようでしたら医師の診断を受けるようにしましょう。 むくみの改善方法 次に、むくみの改善方法についてご紹介します。 適度な運動で筋肉をつける むくみやすい人は、ふくらはぎやももの筋肉が弱まり、血液の流れが悪くなっています。 ウォーキングや散歩などで体を積極的に動かして筋力をつけていきましょう。 また、足の先を動かすとふくらはぎの筋肉も動いて血液の流れが良くなりますので、つま先を上げたり、かかとを上げたりする運動を心掛けましょう。 入浴・マッサージなどで体を温める 入浴時にしっかり温まることができれば、血流が良くなり、体内の余分な水は自然と体の外に排出されます。 ぬるめのお風呂にゆっくり浸かると効果的です。 また、お湯に浸かると、水圧によるマッサージ効果で、むくみの緩和をサポートしてくれます。 なお、入浴中は汗をかきますから、水分不足にならないよう入浴後は水分補給を意識しましょう。 むくむからといって、脱水は禁物です。 むくみの原因となる飲食物を控える 塩分が多い食べ物は、体の塩分濃度を下げようとして水分を取り込み、むくみやすくなってしまうので注意しましょう。 練り製品やハムなどの加工食品、ラーメンやうどん、そばなどの汁、梅干しや漬け物などを食べるときには量に気をつけるよう心掛けましょう。 漢方で冷えを改善する 「水(すい)」は、うるおいを全身に巡らせる必要不可欠なものですが、「水(すい)」のめぐりが滞り体に溜め込んでしまうと不調を引き起こす原因となってしまうことがあります。 漢方では、このように水分代謝が悪く、水の排出が停滞している状態のことを「水滞(すいたい)」といいます。 そんな「水滞」の状態には、体内の水分を調整する漢方薬がおすすめです。 むくみを改善できる食べ物4選 次に、むくみを改善できる食べ物を見ていきましょう。 カリウムを多く含む食べ物 体の中ではナトリウムとカリウムがバランスを取り合って、細胞の浸透圧を維持したり水分保守などを調整したりしています。 ナトリウム(塩分)が多くなれば、水分などをため込んで濃度を一定にしようとします。 カリウムは、増えすぎたナトリウム(塩分)を汗や尿として排出するはたらきがあるため、カリウムを摂取することがむくみには効果的です。 カリウムが多く含まれている食べ物は、野菜・イモ類(ホウレンソウ、キャベツ、トマト、サトイモ、サツマイモ等)、果物(リンゴ、バナナ、アボカド等)、海藻(海苔、ワカメ、ヒジキ等)があります。 利尿作用のある食べ物 体にたまったナトリウムを排出しやすくする利尿作用のある食べ物もむくみ予防などに効果的です。 スイカ、キュウリ、小豆、冬瓜、トウモロコシなどを積極的に食べるようにして、余分なナトリウムを体にためないようにしましょう。 血行を良くする食べ物 血行を良くするのは健康の基本です。 代表的な食べ物としては、タマネギ、ニンジン、ナットウ、ショウガ、ブロッコリーなどがあります。 ほかに、ターメリックやクミン、コリアンダーなどのスパイスもじわじわと体を温め血行をよくするといわれています。 水分を十分に摂取する むくむからといって水分を控えている人はいませんか? 水分が不足すると尿量を減らすホルモンが分泌されて、体に水分をためこもうとするため逆効果といわれています。 むくんだときこそ、水分を十分に摂取して、排出することが重要です。 ただ、ジュースなど糖分の多い飲み物はカロリー過多になりますし、味の濃い食べ物、辛い食べ物を食べたあとに、水分を大量に飲んだりするのはむくみの原因となりますので控えましょう。 むくみに効果的な漢方薬 次に、むくみに効果的な漢方薬をご紹介します。 むくみがあり、太り気味の方に.

次の