ロコンド 田中 ツイッター。 破綻寸前からロコンドはなぜV字回復できたのか? どん底からはい上がった信念の経営

株式会社ロコンド

ロコンド 田中 ツイッター

26 IR資料 2020. 26 IR資料 2020. 26 適時開示 2020. 10 IRニュース 2020. 29 法定開示 2020. 11 IR資料 2020. 11 IR資料 2020. 08 IRニュース 2020. 07 適時開示 2020. 01 IR資料 2020. 01 IR資料 2020. 14 IR資料 2020. 14 IR資料 2020. 14 IR資料 2020. 14 IR資料 2020. 14 適時開示 2020. 14 適時開示 2020. 31 IR資料 2020. 25 IR資料 2020. 27 IR資料 2020. 17 IR資料 2020. 17 適時開示 2020. 15 法定開示 2020. 14 IR資料 2020. 14 適時開示 2020. 14 IR資料 2020. 14 IR資料 2020. 14 適時開示 2019. 11 IR資料 2019. 11 IR資料 2019. 17 IR資料 2019. 15 IR資料 2019. 15 法定開示 2019. 15 IR資料 2019. 15 IR資料 2019. 15 IR資料 2019. 15 適時開示 2019. 04 IRニュース 2019. 02 IR資料 2019. 02 IR資料 2019. 22 適時開示 2019. 15 適時開示 2019. 12 IR資料 2019. 12 法定開示 2019. 12 適時開示 2019. 12 適時開示 2019. 12 IR資料 2019. 12 IR資料 2019. 12 適時開示 2019. 28 IR資料 2019. 14 適時開示 2019. 12 IR資料 2019. 31 法定開示 2019. 15 IR資料 2019. 15 IR資料 2019. 25 適時開示 2019. 19 適時開示 2019. 12 IR資料 2019. 12 IR資料 2019. 12 適時開示 2019. 18 IR資料 2019. 01 IR資料 2019. 01 適時開示 2019. 01 IR資料 2019. 01 IR資料 2019. 15 法定開示 2019. 11 IR資料 2019. 11 IR資料 2019. 11 適時開示 2019. 11 適時開示 2019. 04 IR資料 2018. 20 IR資料 2018. 20 IR資料 2018. 03 IR資料 2018. 01 IR資料 2018. 17 IR資料 2018. 12 法定開示 2018. 12 IR資料 2018. 12 IR資料 2018. 12 適時開示 2018. 01 IR資料 2018. 27 IRニュース 2018. 03 IR資料 2018. 31 適時開示 2018. 03 適時開示 2018. 03 IRニュース 2018. 01 IR資料 2018. 13 法定開示 2018. 13 IR資料 2018. 13 IR資料 2018. 13 適時開示 2018. 02 IR資料 2018. 01 IR資料 2018. 28 法定開示 2018. 25 IR資料 2018. 17 適時開示 2018. 09 適時開示 2018. 08 適時開示 2018. 07 IR資料 2018. 07 IR資料 2018. 01 IR資料 2018. 27 適時開示 2018. 27 IR資料 2018. 20 適時開示 2018. 19 適時開示 2018. 19 IR資料 2018. 17 IR資料 2018. 16 IR資料 2018. 13 IR資料 2018. 13 IR資料 2018. 13 IR資料 2018. 13 IR資料 2018. 13 適時開示 2018. 13 適時開示 2018. 02 IR資料 2018. 30 適時開示 2018. 26 IR資料 2018. 26 適時開示 2018. 13 適時開示 2018. 14 適時開示 2018. 01 IR資料 2018. 15 IR資料 2018. 12 法定開示 2018. 12 IR資料 2018. 12 IR資料 2018. 12 適時開示 2018. 12 適時開示 2017. 01 IR資料 2017. 01 IR資料 2017. 01 IR資料 2017. 18 IR資料 2017. 16 IR資料 2017. 13 IR資料 2017. 12 法定開示 2017. 11 IR資料 2017. 11 IR資料 2017. 11 適時開示 2017. 12 適時開示 2017. 11 法定開示 2017. 10 適時開示 2017. 10 IR資料 2017. 10 適時開示 2017. 09 適時開示 2017. 29 法定開示 2017. 28 適時開示 2017. 28 適時開示 2017. 11 IR資料 2017. 10 適時開示 2017. 28 適時開示 2017. 07 適時開示 2017. 07 適時開示 2017. 07 適時開示 2017. 07 IRニュース 2017. 02 IRニュース お客さまもブランドさまも嬉しい世界を創ります。 自由に家で試着し、気軽に無料で返品できるファッション通販サイトがある!? その存在を知ったのは、私がシリコンバレーに住んでいた2007年の時でした。 この会社の代表者が語っていたのはお客さまに幸せ(Happiness)を届ける、という事。 私も日本に帰国してからはこのビジネスを日本にも広げたい。 そう、考えて、生まれたのが通販サイト、LOCONDO. jpです。 しかし、想像と反し、その立ち上げは容易ではありませんでした。 価格は他社と同等以下にしながら、お客さまに最高のサービスを届けるためには企業努力はもちろん、相当額の投資が必要で、利益を出すまでには5年かかりました。 また、ブランド様にも利益を出して頂くためには、お預かり商品を高回転率で販売していく必要があり、そのため、数年かけて、様々なプラットフォームサービスを開発・展開して参りました。 そうして出来上がったのが、ECおよびリアル店舗間での「在庫シェアリング」モデルです。 2017年、ようやく、会社としての「型」が出来上がりましたが、しかしまだまだです。 当社のミッション、「業界に革新を、お客さまに自由を」をもっともっと実現すべく、チームロコンド一丸となって邁進し続けます。 CORPORATE GOVERNANCE コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方 当社ではコーポレート・ガバナンスを経営統治機能と位置付けており、企業価値を継続的に高めていくための不可欠な機能であるとの認識に基づき、コーポレート・ガバナンス体制の強化及び充実に努めております。 また、株主に対する説明責任を果たすべく、迅速かつ適切な情報開示の実施と意思決定における透明性及び公平性を確保することが極めて重要と考えております。 さらに、健全な倫理観に基づくコンプライアンス体制を徹底し、株主、投資家及び事業パートナーをはじめとするステークホルダー(利害関係者)の信頼を得ることも重要な経営課題と認識しております。 株主優待制度 株主優待制度の内容 (1)対象となる株主様 毎年2月末日現在及び8月31日現在の株主名簿に記載された株主様のうち、1単元(100株)以上保有されている株主様を対象といたします。 (2)優待の内容 1単元(100株)以上保有されている全ての株主様に、当社の運営する靴とファッションの通販サイト「」でご利用いただける2,000円分のクーポンを1枚、贈呈いたします。 (3)贈呈の時期 毎年5月末及び11月末にお送りする予定です。 有効期限 有効期限は6ヶ月となります。 2月末時点での株主様 : 6月1日から11月30日まで 8月末時点での株主様 : 12月1日から5月31日まで 優待券をご利用の際の注意点• 通販サイト「」で、1回のみ利用可能です。 購入商品を返品されてもクーポンは戻りません。 通販サイト「」で5,000円(税抜)以上の購入をいただいた場合にご利用可能です。 セール品にも利用可能です。 他のクーポンとの併用はできません。 通販サイト「」のサービス詳細はをご確認ください。 株主ご優待カードの使い方は、をご確認ください。 予めご了承ください。

次の

靴通販「ロコンド」急成長でも株価急落のワケ

ロコンド 田中 ツイッター

jp」を運営するロコンド。 順調に業績拡大を続けてきた同社の株価が4月16日に急落した。 同日の終値は前営業日比300円 20. 63% 安の1154円。 翌17日も下げが続き、終値は前日比56円 4. 85% 安の1098円となった。 デヴィ夫人が出演するCMを放映 株価下落のきっかけは4月13日の決算発表だった。 同日発表した2018年2月期決算は、売上高39億円 前期比37. 3%増 、営業利益3. 2億円 同68. 9%増 と順調そのもの。 だが、今年度に当たる2019年2月期の業績見通しについては、営業損失10億円 売上高の予想は非公表 と、赤字に転落する計画を発表したのだ。 営業黒字化を達成して2年、安定した成長軌道に乗り始めた矢先での赤字予想に対し、株式市場が大きく反応した。 営業赤字を見込むのは、テレビCMの投入で広告宣伝費が増えるからだ。 CMは2年にわたり展開する予定で、複数のパターンを作成。 今年度と来年度、最大で13億円ずつのCM関連費用を計上するという。 CMによる宣伝効果も織り込み、商品取扱高自体は今年度、150億円 前期比58%増 を計画する。 同社は3月10日から、タレントのデヴィ夫人が出演するCMを放映。 巨大なハイヒールに座ったデヴィ夫人が、頭上にもハイヒールを載せた状態で登場し、「靴を買うならロコンド」のせりふが最後に流れるという内容だ。 「LOCONDO. jp」の主要顧客である35~49歳の女性の視聴者が多い番組を中心に積極投入する。 ロコンドは2010年に設立され、2011年からサービスを開始。 社長を務める田中裕輔氏は2003年に一橋大学を卒業した後、マッキンゼー勤務を経て、2011年にロコンドの社長に就任した。 他社との差別化で当初から打ち出してきたのが、返品無料サービスだ。 衣料品などのEC ネット通販 は、「試着ができない」障壁が立ちはだかり、特にフィット感が重視される靴は、ネットでの販売が難しいといわれる。 そのためロコンドは、無料で返品やサイズ交換を受け付け、自宅で試着してもらう感覚での購入を促すことで、リピーター顧客を獲得してきた。 百貨店などに入る中高価格帯のブランドも数多く取りそろえ、業績は順調に拡大。 2017年3月には東証マザーズへの上場を果たし、商品取扱高は右肩上がりの成長を続けている。 「認知度はゾゾさん水準を目指す」 上場から1年。 ようやく安定的に利益を稼げる状態に入ったこのタイミングで、テレビCMを展開するのはなぜなのか。 4月16日に本社で開かれた決算説明会では、莫大な先行投資を疑問視する質問が複数出た。 最大の狙いは、認知度向上だ。 同社の顧客はリピーターが圧倒的に多く、今後の成長に向けては新規顧客の取り込みが課題となる。 国内のファッションECで1位に君臨するのは、スタートトゥデイが運営するゾゾタウン。 ロコンドと比べ顧客年齢はやや若く、商品単価も低いため、ターゲット層は多少異なるが、CM投入で認知度をゾゾに匹敵するレベルに押し上げることをもくろむ。 「あくまで当社の強みは靴で、ゾゾタウンと同じになるつもりはまったくない。 ただ、認知度や取扱高はゾゾさん水準を目指す」 ロコンドの田中社長 上場による資金調達で現預金は約30億円に増え、投資できる体制も整った。 CMを今後2年間投入することを前提に、会社側は2019年2月期に10億円の営業赤字、2020年2月期には営業益均衡圏を見込む。 そして2021年2月期には営業利益30億円と、約3億円だった前2018年2月期と比べ、10倍に拡大させる計画だ。 「 今回の計画に いろいろと批判があることは十分理解している。 株価を見ても、批判的な声があると承知している」。 決算説明会で田中社長はそう受け止めながらも、CMの投入は3~5年後の利益や株価を最大化するための最適な方法との認識を示した。 ツイッター上でのやり取り 4月13日の決算発表後の週末には、田中社長が自身のツイッター上で、決算の詳細について、ツイッター利用者からの質問に逐一答える場面もあった。 やり取りの中で田中社長は、「株主は皆、同じ船に乗っている仲間。 今回私が指し示した航路に対し、志を共有する『同志』が結束するのがあるべき姿だ」と持論を展開し、中長期的視点での戦略の妥当性を強調していた。 ただ、4月17日早朝に田中社長のツイッターアカウントは削除されたようだ。 3月の速報値ベースでの同社EC事業成長率は、前年同月比45%のプラスと好調な出足となった。 CMの本格的な効果の発現は今年度の下期以降を見込むが、会社が計画するような高水準での成長率を維持していくことは容易ではない。 欧米では日本以上に靴のネット通販が浸透しているとはいえ、地理的条件の違いや物流事業者の人手不足の問題もあり、国内でどこまで伸びしろがあるかは不透明だ。 CMという真正面からの宣伝手法をテコに結果を出し、株式市場からの支持を得ることはできるか。

次の

破綻寸前からロコンドはなぜV字回復できたのか? どん底からはい上がった信念の経営

ロコンド 田中 ツイッター

09年カリフォルニア大学バークレー校経営大学院でMBA(経営学修士)取得。 同年、DeNA Globalにおいてマーケティング・製品担当上級副社長を経て、11年1月にジェイド(現ロコンド)の創業に参画。 田中 ロコンドの前身であるジェイドは2010年10月、ドイツのベンチャーキャピタル、ロケット・インターネットの100%出資の会社として設立されました。 ロケット・インターネットは現在のロコンドと同様、靴や衣料品を扱うファッション系ECサイト「zalando(ザランド)」を運営しており、この事業を世界展開しようと日本、ブラジル、ロシアなどで同時期に事業をスタートしました。 当社は会社設立後、事業展開を急ピッチで進めたものの、早々に資金が底をつく状況に陥りました。 私は米国で経営学修士号(MBA)を取得後、ロケット・インターネットのインターンとして11年1月からジェイドで働いていました。 インターンという立場ではあるものの、倒産だけはなんとか食い止めようとロケット・インターネットの社長との話し合いを行った結果、私が代表取締役を引き受けるならば追加投資するという承諾を得て、11年5月から社長を務めることになったのです。 私自身は靴とファッションのECというビジネスに可能性があると考えていました。 というのも07~10年に米国に留学していた際、靴とファッションのECサイト「Zappos. com(ザッポス・ドットコム)」の創業者であるトニー・シェイCEO(最高経営責任者)の話を聞く機会があり、このビジネスに大きな可能性を感じたからです。 12年8月に現社名に変更しました。 15年10月に初めて単月で黒字化を達成。 16年2月期には取扱高が100億円に到達しました。 取扱高100億円を損益分岐点と想定していたので、ようやく利益拡大の局面に入ったと考えています。 田中 ロコンドの事業は大きく分けて2つあります。 1つめはEC事業、2つめがプラットフォーム事業です。 現在の売上のメーンがECサイト「ロコンド」の運営・管理を行うEC事業で、プラットフォーム事業と合わせて売上高の9割以上を占めています。 私は米国留学前、マッキンゼーの経営コンサルタントとして仕事をしており、たくさんの小売企業の店舗を実際に見てきました。 多くの店舗のバックヤードを見てきて感じたことは、靴ほど「店舗販売には向かない」商品はないということです。 靴は色やサイズのバリエーションがあるため、販売できるスペースの限られた店舗では置ける数が制限されてしまい、どうしても欠品になりやすい。 ではECに向いているかといえば、試着ができないために購入に結びつけることが難しい、といわれていました。 これらの問題点を解消した結果、靴を試着できるECサイトという独自性を打ち出すことが可能になりました。 アパレル関連の小売業の売上高の多くは実店舗が占めており、ECの比率はわずか6~7%前後に過ぎないといわれています。 ECでのファッション関連商品の購入についてアンケートを取ると、購入しない理由で最も多いのが「試着できないから」です。 つまり、試着さえできれば、ECで購入するお客さまもいるということになります。 田中 現在は靴だけでなく、バッグや衣料品、ほかにもゴルフクラブやテニスラケットなどのスポーツ用品まで扱っています。 アイテム数は約10万SKU以上、当社倉庫の在庫は約100万ピースを数えます。 これら全商品を試してから買えますし、一部を除いてサイズ交換はもちろん、返品も返送料無料で承っています。 さらに、お客さまの疑問にお答えするため、午前10時から午後6時まで専任のコンシェルジュがお客さまからの問い合わせに対応しています。 EC事業の売上高構成比は、靴が6~7割、バッグが2割、衣料品が1~2割、そのほかにアクセサリーなどの雑貨となっています。 商品の価格帯は2000円台~10万円を超えるものまで幅広く、お客さまの1回当たりの購入金額の平均は約1万2000円です。 当社は20代から60代まで幅広い年齢層のお客さまから利用いただいており、メーンの購入層はファッションに敏感な30~40代の女性です。 この世代は小さな子供を持つ方が多く、店舗でゆっくり試着したくても子供と一緒では難しい。 われわれはそうした悩みの解決をめざしています。

次の