ご検収ください。 「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

「ご検収」の使い方について

ご検収ください

Sponsored Link 「ご検収」の読み方と意味 「ご検収」の読みかたは「 ごけんしゅう」となります。 こちらの方が、ご査収よりは、使用する ケースは少ないと思います。 ご検収の意味は、 「 納入品を発注どおりに検査して受け取ること」 つまり、実際にビジネスで、物のやり取りをして、納品した際に、 品物の種類や数量、品質を確認して、受け取るという意味になります。 物に限ったことではなく、コンピューターの システム開発などを外注したときに、 納品されたシステムを検証することも検収と言います。 ポイントは 物が実際に届く時に使われる言葉、 ということです。 「ご査収」「ご検収」をメールで使う時の注意点 では、実際に、メールなどで積極的に 使用して良い言葉なのでしょうか。 結論から言うと、 特に問題ありません。 ただし、問題が起きるとしたら、言葉の意味を 知らないで使ってしまう場合。 何となく、みんなや相手が使ってるから、 真似して使ってる場合なんかは 要注意です! 添付メールもないのに、 「 ご査収ください」 なんて言ったら、相手もどうしてよいか 解らず 困惑してしまう。 また、ただのPDFファイルをメールに添付して 「 ご検収ください」 なんて言ったら、書類をどうやって数量チェックや、 動作確認をしたらよいのか、相手も困ってしまします。 ちなみに、業界にもよりますが、 聞くところによると ビジネスメールの達人は 「 ご査収」も「 ご検収」もめったに使わないようです。

次の

今さら聞けない!検収書とは?受領証の違いとは?

ご検収ください

「ご確認ください」の意味と敬語 「ご確認ください」の意味は「はっきりと確かめてください」 「ご確認ください」は 「はっきりと確かめてください」という意味になります。 「確認」は「はっきりと確かめること」「認めること」を意味します。 「ご確認」は「確認」の尊敬語 「ご確認」は、尊敬を表す接頭語「ご」+「確認」で成り立っています。 「ください」は丁寧語 「ください」は丁寧語です。 相手になにか行動を促す場合は平仮名の「ください」を使います。 「下さい」は物などをもらう場合に使います。 その他の例 ・(誤)ご安心してください (正)ご安心ください ・(誤)ご注文してください (正)ご注文ください ・(誤)お答えしてください (正)お答えください ・(誤)ご連絡してください (正)ご連絡ください 「ご確認ください」は正しい敬語? 「ご確認ください」は正しい敬語だが上司には失礼になることも そのため 「ご確認ください」は敬語として正しい表現です。 しかし「ください」は「くださる」の命令形の言葉です。 「確認すること」を強いるようなニュアンスのため、上から目線な印象を与えることがあるため 上司に使うと失礼になることがあります。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、下記内容をご確認ください。 ・パンフレットをお送りいたしましたので、ご確認ください。 ・各位、資料をご確認ください。 「ご確認くださいますようお願い申し上げます」だとより丁寧 そのため「ご確認ください」と上司など目上の相手に伝えたい場合は ・ご確認の程お願いいたします ・ご確認くださいますようお願い申し上げます ・お確かめくださいますようお願い申し上げます ・ご確認していただけますか ・ご確認いただければ幸いです などと表現すると、良いでしょう。 ・商品が届きましたら、内容物をご確認願います。 ・明日の会議の資料を同封いたしますので、ご確認いただれば幸いです。 ・署名、捺印いたしましたので、ご確認くださいますようお願い申し上げます。 「ご確認ください」の使い方と例文 「ご確認ください」は相手に必ず確認してほしい場合に使う 「ご確認ください」は相手に確認をしてもらう必要がある場合に使います。 先述したとおり「ください」は命令形で相手に強いるようなニュアンスがあるため、相手に必ず確認してほしい場合に使うと良いです。 例文 ・新プロジェクトについてはこちらの資料に詳しく記載しています。 ご確認ください。 ・書類の記入漏れがないか、再度ご確認ください。 確認後にさらに何かすることを要望する際は「ご確認のうえ」を使う 確認をしてもらった後にさらに何かしてほしいときは、 「ご確認ください。 「〜のうえ」を使う場合、よく「〜の上」と漢字表記されていることが多いですが「〜のうえ」とひらがな表記が正しくなります。 ・ご多忙のところ恐れ入りますが、枚数をよくご確認のうえ改めてご連絡ください。 ・ご質問やご不明な点などがございましたら、ご確認のうえお問い合わせください。 「ご確認ください」に対する返信は「確認いたしました」「拝受いたしました」 ビジネスメールなどで「ご確認ください」ときたら、 ・確認いたしました ・確認させていただきました と、確認したことを伝えましょう。 確認したことを伝えるメールは簡潔に短くて問題ありません。 返信する相手が目上の方などさらに丁寧に表現したいという場合は、 ・拝受いたしました ・拝見いたしました ・拝読いたしました などと、へりくだった表現を使うのが良いでしょう。 最後に「ありがとうございました」などとお礼を加えると丁寧です。 例文 ・確認いたしました。 ありがとうございます。 ・確かに拝見いたしました。 ありがとうございます。 ・内容を確認しましたので、ご連絡いたします。 ご配慮いただきありがとうございました。 「ご確認ください」のビジネスで使える言い換え表現 ご一読ください 「ご一読」は <ごいちどく>と読みます。 「一読」は「一度読むこと。 ひととおり読むこと」を意味しています。 「ご一読ください」といった場合は、配布した書類などに対して目を通しておいてくださいということになります。 ビジネスシーンにおいて「ご一読」は、会議が行われる際に資料を配布し、上司など目上の人に対して読んでおいてほしいときに使うことができます。 「目を通してください」と言っても問題ありませんが、相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性があるので、「ご一読ください」を使うのが良いでしょう。 例文 ・明日の会議までに、お渡しした資料をご一読いただければと思います。 ・弊社の新しいパンフレットで完成しました。 大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いです。 ご査収くださいませ 「ご査収」は <ごさしゅう>と読みます。 「査収」は「よく調べた上で受け取ること」を意味しています。 「ご査収ください」は相手に何か渡す際に使いますが、ただ受け取るのではなく、中身や内容の確認をした上で受け取ってくださいということを伝えたい場合に使います。 ビジネスシーンにおいて「ご査収ください」は、見積書や納品書、請求書などに記載している内容に間違いがないか、確認してもらう際に用います。 一般的に「ご査収」は口語よりもメールなど書き言葉として使います。 例文 ・見積書を送付いたしましたので、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・訂正いたしました書類を送付いたしました。 何卒ご査収ください。 ・明日の会議についての資料を添付いたしますので、ご査収ください。 ご覧ください 「ご覧ください」は 「見る」の尊敬語である「ご覧になる」に丁寧語の補助動詞である「ください」が付随した言葉です。 「見てください」を丁寧にした表現になります。 「ご覧ください」は正しい敬語であり、話者より立場の上の人に対してお願いするときに使うことができます。 ビジネスシーンでは、 上司や顧客、取引先などに対して「ご覧ください」を使うことができます。 例文 ・詳細はお手元の資料をご覧ください。 ・新商品のカタログを同封いたしましたので、ご覧ください。 ・企画書を添付いたしましたので、一度ご覧いただければ幸いです。 お目通しください 「お目通し」は 「目上の人が、書類や実物などについて全体的に目を通すこと」を意味します。 「お目」は「他人の目の尊敬語」を表しています。 「お目通しください」は「初めから終わりまでじっくり見る」ではなく、「全体を簡単に見渡す」「全体を大まかにチェックする」という意味合いになります。 ビジネスシーンでの「お目通しください」は、「軽くで結構ですので、読んでください・見てください」という場合に使います。 一方で、自分の行動に対して「この前の資料、目を通しておきましたよ」などと言ってしまうと、「適当に読んでおいた」という意味に捉えられてしまう可能性もあるので注意しましょう。 例文 ・企画書が完成いたしました。 お時間がある時にお目通しください。 ・調査書の直しが終わりました。 改めて、お目通しお願いいたします。 「ご確認ください」の英語 「Could you please confirm...? 」など 「ご確認ください」の英語表現を考えていきましょう。 「確認する」は、 「check」という動詞がありますが、ビジネスシーンで使用する場合は 「confirm」という動詞が適しています。 「confirm」も「確認する」という意味ですが、より堅くフォーマルに使うことができます。 また 「make sure」という表現も使うことができます。 「make sure」の後にはthat節がフォローし主語、動詞と続きます。 英語のビジネスメールなどで依頼・お願いする際は「please」よりも、 「could you please...? してくださいますか 「Would you be able to...? していただくことは可能でしょうか というフレーズが最もよく使われます。 「please」だと意外と直接的な響きがあり、あまり親しくないビジネス関係者に対しては使用を避けておいた方が無難です。 それでは例文です。

次の

「ご検収」の使い方について

ご検収ください

納品書・検収書・請求書はそれぞれの作成タイミングが異なり、送付のタイミングも別になることが多いですが、発注者と受注者間の取引きの希望などによって同時に送付することがあります。 発注者である相手の方へ納品書の確認、検収の実施、請求金額の入金をしてもらうためには、送付状やメール本文に送付内容だけではなく、特に伝えたいことをまとめると良いです。 伝えたい内容は、納品書の確認や検収の実施のお願い、入金の準備などやっていただきたいことなどがあげられるかと思います。 それに配慮の一言を加えると送付書類の目的が明確になるだけではなく、丁寧な印象を残すことができます。 納品物と同梱して送付する場合 宅急便などで納品書・検収書・請求書を商品と一緒に送る際、信書扱いにならないよう注意しましょう。 封筒に入れて封を閉じない状態にする、封筒に入れない、クリアファイルなどの透明な入れ物に入れるなど封緘をしていない状態にすると商品と一緒に発送できます。 文例1 「ご発注 ご注文 商品の納品について」 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 このたびは弊社の商品をご発注 ご注文 いただき、誠にありがとうございます。 お品物とご一緒に以下の書類をお送りさせていただきましたので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。 万一、不備などがございましたら、申し訳ございませんがご一報くださいますようお願い申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜りまして深く御礼申し上げます。 さて このたびは弊社製品のご発注 ご注文 いただきましたこと、心より御礼申し上げます。 お品物 サービス と納品書・検収書・請求書を発送させていただきましたので、お受け取りください。 検収書につきましては、納品内容の確認後、お間違いないようでしたらご捺印の上、弊社までご返送くださいますようお願い申し上げます。 敬具 郵送する場合 文例1 「納品書・検収書・請求書送付のご案内」 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 下記の通り書類をお送りいたしましたので、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ご不明点や不備などがございましたらご一報ください。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜りまして深く御礼申し上げます。 納品書・検収書・請求書を同封させていただきましたので、ご確認よろしくお願い申し上げます。 納品内容のご確認いただき、お間違いないようでしたら同封の検収書にご捺印の上、弊社までご返送くださいますようお願い申し上げます。 お品物の納品に関する書類をPDFデータにて お送りさせていただきましたので、ご査収ください。 ご不明点や添付ファイルの内容が見れないなどございましたら お手数ですが、ご連絡お願いいたします。 何卒よろしくお願いいたします。 早速ではございますが、納品書・検収書・請求書を添付ファイルにてお送りさせていただきます。 内容のご確認等よろしくお願い申し上げます。 ファイルが開封できないなどの不都合や内容の不備がございましたら、 お手数ですがご一報いただければと思います。 pdf 内容にお間違いなければ検収書に捺印の上、 弊社まで返送くださいますようお願い申し上げます。 お振込先や期日などの請求情報に関しましては、 一緒にお送りしている請求書にて記載しておりますので、ご準備くださいませ。 今後ともよろしくお願い申し上げます。

次の