デバイス オーディオ を 介し て 通話。 オーディオ デバイスの設定

Zoomのマイク設定方法は?反応しない・検出されない場合の対処法

デバイス オーディオ を 介し て 通話

Windows Update でサウンド ドライバーを更新した。 メーカー独自のアップデート ツールでサウンド ドライバーを更新した。 オペレーティング システムをアップデートまたはアップグレードした。 サウンド カードを変更した 自作ユーザーの場合 サウンド ドライバーに限らず、WindowsのOSに何からの変更が加わった場合に多く見られる現象です。 このようなトラブルが発生した場合は、発生以前にWindowsに変更が加わるような作業をしていないか確認することが先決です。 次に [オーディオ出力デバイスがインストールされていません] と表示される場合の具体的な対処を順に紹介していきます。 右下の通知領域にスピーカーアイコンが表示されておりますので、そちらを右クリックします。 [サウンドの問題のトラブルシューティング] をクリックします。 トラブルが発生しているデバイスが表示されますので、そちらを選択し、[次] をクリックします。 推奨されるアクションが表示されますので [この修正を適用] をクリックします。 トラブルシューティングツールが実行できたら、[オーディオ出力デバイスがインストールされていません] という表示がなくなっているか、音が発生しているか確認します。 トラブルシューティング ツールを実行しても改善しない、またはトラブルシューティング ツールで修正が見つからなかった場合は対処2 へ進みましょう。 対処2: サウンド ドライバーが有効になっているか確認• 左下の [田] マークを右クリックし、[デバイス マネージャー] をクリックします。 [サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー] をクリックします。 PCで使用しているサウンド ドライバーが表示されます。 PCの機種によってサウンドドライバーの表記が異なります。 以降の手順では、 サウンド ドライバーが [Conexant ISST Audio] の場合でご説明いたしますが、別のサウンド ドライバーでも進め方は変わりません。 [Conexant ISST Audio] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。 [Conexant ISST Audio] プロパティの [全般] タブの左下に [デバイスを有効にする] が表示されている場合はクリックします。 問題がなければ [このデバイスは有効になりました] と表示されますので、[完了] をクリックします。 サウンドドライバーを有効に変更した場合は、[オーディオ出力デバイスがインストールされていません] という表示がなくなっているか、音が発生しているか確認します。 改善されない場合は、対処3 へ進みましょう。 対処3: ドライバーの更新• 左下の [田] マークを右クリックし、[デバイス マネージャー] をクリックします。 [サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー] をクリックします。 [Conexant ISST Audio] を右クリックし、[ドライバーの更新] をクリックします。 [ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索 S ] をクリックします。 必要なドライバーが検出された場合、ダウンロードとインストールは自動的に行われます。 [このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています] と表示されている場合は右下の [閉じる] ボタンをクリックし、対処4 へ進んでください。 最新のドライバーが検出され、インストールが完了し、再起動を促された場合は再起動してください。 ドライバーを更新できたら、正常に音が出るか確認します。 改善されない場合は対処4へ進みましょう。 対処4:ドライバーの削除• 左下の [田] マークを右クリックし、[デバイス マネージャー] をクリックします。 [サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー] をクリックします。 [Conexant ISST Audio] を右クリックし、[デバイスのアンインストール] をクリックします。 [アンインストール] をクリックします。 [このデバイスのドライバー ソフトウェアを削除します] にチェックは入れないでください。 アンインストールが完了しましたら、再起動します。 上記後、 [オーディオ出力デバイスがインストールされていません] という表示がなくなっているか、音が発生しているか確認します。 対処5:Windowsアップデートのバグを修復する Windows 10 のバージョンが、 version 1809,version 1803, version 1709の場合、オーディオドライバーが停止するバグが報告されています。 Windows 10 のVersion確認方法は以下のとおりです。

次の

オーディオ デバイスの設定

デバイス オーディオ を 介し て 通話

コンピュータの内臓マイクとスピーカー、ヘッドセット、または他のデバイスをセットアップして使用する方法を説明します。 1.Skype for Business を開きます。 2.[オーディオデバイス]のプルダウンの中から、必要なデバイスを選択します。 3.スピーカー横の緑色の矢印をクリックすると、サンプル音を聞くことができます。 音量を調整する場合は、スライダーをドラッグします。 4.マイクの音量をテストするには数秒間話します。 バーがテスト領域の中央に達する場合、音量が最適といえます。 マイクの音量を調整する場合は、スライダーをドラッグします。 5.通話を受ける場合の着信音のサンプルを聞くには、着信音の横の緑の矢印をクリックします。 着信音の音量を調整するにはスライダーをドラッグします。 6.会議中に最適な音声品質を保つようにするためには、「ステレオ音声の再生が可能な場合に許可する」にチェックを入れます。 設定が完了しました【OK】をクリックします。

次の

マイクやスピーカーを変更する

デバイス オーディオ を 介し て 通話

コンピュータの内臓マイクとスピーカー、ヘッドセット、または他のデバイスをセットアップして使用する方法を説明します。 1.Skype for Business を開きます。 2.[オーディオデバイス]のプルダウンの中から、必要なデバイスを選択します。 3.スピーカー横の緑色の矢印をクリックすると、サンプル音を聞くことができます。 音量を調整する場合は、スライダーをドラッグします。 4.マイクの音量をテストするには数秒間話します。 バーがテスト領域の中央に達する場合、音量が最適といえます。 マイクの音量を調整する場合は、スライダーをドラッグします。 5.通話を受ける場合の着信音のサンプルを聞くには、着信音の横の緑の矢印をクリックします。 着信音の音量を調整するにはスライダーをドラッグします。 6.会議中に最適な音声品質を保つようにするためには、「ステレオ音声の再生が可能な場合に許可する」にチェックを入れます。 設定が完了しました【OK】をクリックします。

次の