心理機能 診断。 心理機能の順列(MBTIと心理機能)

心理機能(認知機能)とは?

心理機能 診断

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行います。 神経心理学的検査 高次脳機能障害の特徴や重症度を測定するための様々な検査のことを言います。 一つの検査で障害の全てが解るものではなく、その方の症状にあわせて、いくつかの検査を組み合わせて行います。 代表的な検査項目として、記憶検査、注意検査、遂行機能検査、知能検査などがあります。 問診や行動観察 高次脳機能障害は、検査場面や入院生活では問題がなくても、実際の生活や職場では様々な問題がみられることがあるため、事故や病気の経過、現在の生活状況やどんな問題があるのかなどをお聞きします。 診断基準 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部 国立障害者リハビリテーションセンター 「高次脳機能障害」という用語は、学術用語としては、脳損傷に起因する認知障害全般を指し、 この中にはいわゆる巣症状としての失語・失行・失認のほか記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などが含まれる。 一方、平成13年度に開始された高次脳機能障害支援モデル事業において集積された脳損傷者のデータを慎重に分析した結果、 記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害を主たる要因として、日常生活及び社会生活への適応に困難を有する一群が存在し、 これらについては診断、リハビリテーション、生活支援等の手法が確立しておらず早急な検討が必要なことが明らかとなった。 そこでこれらの者への支援対策を推進する観点から、行政的に、この一群が示す認知障害を「高次脳機能障害」と呼び、 この障害を有する者を「高次脳機能障害者」と呼ぶことが適当である。 その診断基準を以下に定める。 主要症状等• 脳の器質的病変の原因となる事故による受傷や疾病の発症の事実が確認されている。 現在、日常生活または社会生活に制約があり、その主たる原因が記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害である。 検査所見• MRI、CT、脳波などにより認知障害の原因と考えられる脳の器質的病変の存在が確認されているか、あるいは診断書により脳の器質的病変が存在したと確認できる。 除外項目• 脳の器質的病変に基づく認知障害のうち、身体障害として認定可能である症状を有するが上記主要症状(I-2)を欠く者は除外する。 診断にあたり、受傷または発症以前から有する症状と検査所見は除外する。 先天性疾患、周産期における脳損傷、発達障害、進行性疾患を原因とする者は除外する。 I~IIIをすべて満たした場合に高次脳機能障害と診断する。 高次脳機能障害の診断は脳の器質的病変の原因となった外傷や疾病の急性期症状を脱した後において行う。 神経心理学的検査の所見を参考にすることができる。 なお、診断基準のIとIIIを満たす一方で、IIの検査所見で脳の器質的病変の存在を明らかにできない症例については、慎重な評価により高次脳機能障害者として診断されることがあり得る。 また、この診断基準については、今後の医学・医療の発展を踏まえ、適時、見直しを行うことが適当である。 (平成16年2月20日作成).

次の

【MBTI】性格の違いを裏付ける8パターンの心理機能

心理機能 診断

MBTI診断とは このブログで紹介しているMBTI診断テスト 16TEST, 16分類テスト は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。 この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。 適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。 このようなMBTI診断はというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。 まずは受験してみましょう! もくじ• Se-Fe繰り返しの意味と解決方法 全ての性格タイプにおいて、主機能を助ける補助機能の使用がうまくいかない場合に補助機能と対立する機能を代替として用いる事で打開を図ります。 この際に働く機能を代替機能、または第三機能と言います。 外側の世界と内側の世界を結ぶために働く主機能と補助機能のシステムを再構築するために作動させようとするために、主機能と第三機能を繰り返します。 一般的に、外向的な性格タイプの場合、この繰り返しに入ると、外向的な機能に目が向けられますが、これは、悪いことでも否定的なことでもありません。 ストレスがかかると、自然に用いられる主機能とは異なる劣勢機能が作動します。 この状態が長く続くと、過度なストレスから、感情的および精神的に疲れ果ててしまいます。 ですから、外向的な機能によって解放する手段を必要とします。 ESTPは、Se-Feの繰り返しに入ると、内向的な機能を完全に無視して、主機能である外向的感覚と、第三機能である外向的感情に焦点を当てるようになります。 通常、ESTPは補助機能である内向的思考も利用しますが、この繰り返しに入ると完全に内向的思考は無視されます。 この繰り返しに入ると、ESTPは、他者からの意見や評価に焦点を当てるようになります。 ESTPは脚光を浴びることを楽しんでいますが、その状況は非常に不健康であると言えます。 ESTPは、周囲の人々から関心を集めることに躍起になるあまり、自分自身を見失うことになります。 健全なESTPは内向的な思考に依存しています ESTPがSe-Feの繰り返しに入っていない場合、主機能である外向的感覚に加えて補助的な内向的思考機能にも大きく依存しています。 ESTPは、補助機能である内向的思考によって、物事を論理的に評価し、事実を見て、合理的な考え方からこの情報を分析します。 感情的な方法で意思決定をするのではなく、一歩下がって、より論理的な角度から物事を見ようとします。 ESTPは、情報を正確に分析したいと考えています。 ですから、ESTPは、この内向的思考を、世界を理解するのを助ける手段として、また、周囲の人々に不快感を与えないような反応をする手段として使用します。 周囲の人々の感情や思考に巻き込まれ過ぎないように、自分の内側にある思考が重要であり、評価されるべきであることを論理的に理解しています。 ESTPは、補助機能である合理的な思考によって助けられていると言えます。 ESTPのSe-Feの繰り返し ESTPが外向的な機能のみに目を向けると、内向的機能を完全に無視し始めます。 そのような状態が長く続くと、Fe-Seの繰り返しに入ります。 これは、ESTPに極度のストレスまたは深刻な変化が生じたときによく発生します。 また、ESTPが周囲に順応していないと感じた場合にも発生する可能性があります。 そんな時のESTPは、動揺するあまり、より前向きな結果を見つけることを期待して、外向的な機能だけに頼ります。 そして、この状態が長引くとESTPに大きなストレスがかかる可能性があります。 ESTPが外向的感覚および外向的感情に依存しているときは、他の人々を喜ばせ、感動させることに集中します。 また、物事を分析する場合でも、常に周囲の人々の行動を理解し、それを参考にして取り入れようとします。 さらに、ESTPは無謀になり、今この瞬間と周囲の人々の注意を引く方法に焦点を当てようとします。 ESTPは、パーティーの主役になり、他の人々を感動させ、自分をスターのように見せることに取り憑かれます。 これは、外向的感情により、周囲の人々に感動を与えたいという気持ちと、外向的感覚による外部からの評価を得ることや、今この瞬間を最大限に楽しみたいという願望からから引き起こされています。 通常、健全なESTPは愛する人を幸せにすることに関心があり、他の人から注目を集めることに関心はあるのですが、補助機能である内向的思考機能を利用して、他の人々に対する感情的な検証よりも自分の思考に目を向けようと済ます。 ESTPのSe-Feの繰り返しを回避する方法 ESTPが繰り返しを脱出する最良の方法は、無視している補助機能に集中することです。 外部の世界に目を向けて興奮を体験することに集中する代わりに、本を読んだり、パズルを解いたり問題を解決したりすることが重要です。 自分の内側に目を向けて、内向的な機能を引き出そうとすることは、ESTPが再び自分自身になるために必要なことです。 健全なESTPは、物事を分析する時に、他の人々に頼る必要はありません。 ESTPは自分の内側に目を向けて、快適な時間を過ごす必要があります。 そのため、このようなパズルや謎解きなどに集中することは、非常に役に立ちます。 ESTPは研究と読書が大好きです。 そのような行動は、ESTPを内向的な機能に集中するように後押しして、Se-Feの繰り返しで無視してきた内向的な思考を引き出すことができます。 ESTPは、自分で考える時間が長くなるほど、健全な状態の思考や感情を再び感じ始めます。 周囲の人々やつながりから一度距離を置くことは、ESTPがSe-Feの繰り返しから解放されるために必要なことです。 入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。 1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。 16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット 心理機能 を理解することで16性格診断を理解することができます。 この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。 エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。 9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。

次の

ISFPの成長・生き方について

心理機能 診断

この記事の説明は、各タイプが機能スタックに持っている他の機能の影響を受けることない、「純粋な」形の心理機能に適用されることに注意してください。 その結果、auxiliary function、tertiary function、inferior functionにこれらの機能を持っているならば、その機能はあなたの人生においてそれほど顕著で明白な性質を保持しないかもしれません。 この記事は、これらの心理機能を機能スタックの中でdominant function、またはauxiliary functionに持っている人に最も当てはまるでしょう。 知覚機能 感覚と直観が知覚機能です。 これらの機能は、情報をどのように取り込むか、そしてどの基準を優先するかを決定します。 誰もが感覚と直観の両方を使っています、あなたはただ一方を他方よりも好みます。 感覚と直観はそれぞれ、内向性と外向性に分けられます。 内向的感覚(Si) Siは個人的な経験と印象の、内なる主観的な世界に焦点を当てています。 それは環境の中と身体の中の両方で細部を非常に認識しています。 Siタイプは過去と現在を頻繁に比較し、違いや変化するパターンに気づきます。 部屋の中の何かが変わったとき、誰かの行動が矛盾しているように見えるとき、彼女らはしばしば最初に気付きます。 彼女らはまた空腹、渇き、疲労などの身体の内部感覚もよく認識しています。 Siタイプは好む記憶を詳細に思い出します。 それらの記憶は彼女らにとって非常に主観的な意味を持ちます。 りんごの木を見て、幼少期にりんごの木に登ったこと、祖母のアップルパイの匂い、または涼しい秋の風を感じたことを覚えているかもしれません。 彼女らはオートバイエンジンの正確な詳細と、それらの部品がどのようにして完璧に組み合わさっているかを覚えているかもしれません。 Siは物理的世界の表面ではなく背景を理解している。 そのような意識は、現在の瞬間的な存在とともに物事の発生と消滅を同時に見ることになるだろう、そしてそれだけでなく、Siの到来の前にあったもの、それの過ぎ去った後にあるものも見るだろう。 Siは過去の主観的経験の古趣を持ち、出来事のきらめきはまだ生まれず、対象をあまり再現しないイメージを伝達する。 ユング 多くの人がSiを、単なる伝統と過去への愛着として説明します。 ユングの説明からわかるように、Siはそれ以上のものです。 Siは時間の経過、具体的な世界に関連する記憶、現在の儚い性質を非常に認識しています。 それはパターンに気付き、状況が経験や目的をどのように変えるかを見ます。 Siタイプは実際に将来に対して非常に計画的で、自身とその家族にとって安全な未来を作り出すことに慎重である傾向があります。 Siタイプは経験と記憶の専門データベースを使用して効果的な方策を作成するのに優れます。 彼女らはまた、自身の過ちから素早く学び、同じ間違いを繰り返すことはめったにありません。 彼女らは、詳細な記憶と変化を発見する能力から来る、出来事と人々に対する洞察力を持っています。 彼女らはしばしば行動パターンを素早く拾い、本人すら知らないことを相手に説明し、人々にショックを与えることができます! 行動に関して言うと、Siタイプは通常信頼できます。 彼女らは日常的で、期待されるものを知っています。 彼女らは明確な順番で話し、重要な詳細や事実を明らかにする傾向があります。 彼女らは信頼された事実や、時間によって証明されたことを理解するのを好みます。 彼女らは自分の好きな経験や思い出について話し合い、それについて熟考することを楽しみます。 信頼はSiタイプにとって非常に重要です。 彼女らは矛盾や優柔不断な行動を嫌います。 他人に心開くのに時間がかかりますが、一度心開くと非常に誠実な友達を作ります。 外向的感覚(Se) Seは現在の客観的現実、文字通りの現実に焦点を合わせる情報収集プロセスです。 Seは外の世界(人、物、自然、出来事)と直接対話することからエネルギーと楽しさを得ます。 これは現時点に最もよく調整されている心理機能であり、過去または未来との関連付けを行わず、純粋でフィルタ処理されていない感覚情報を収集する唯一の心理機能です。 Siタイプが木を見て、すべての記憶と類似の木と関連することを思い出すのであれば、Seはその木の細部まで正確に見ることになるでしょう。 その結果、彼女らは他のタイプよりもはるかに詳細に気付き、現在の瞬間の変更や新しい情報に素早く反応することができるでしょう。 Seタイプは非常にエネルギッシュで、現在の経験に適応的であるため、反射神経が良く、すぐに機会に気付き、すぐに行動を起こす傾向があります。 彼女らは人生の多くの分野で自身を優越させる現実的な器用さを持ちます。 現実主義においてSeタイプに匹敵するタイプは他にない。 客観的な事実に対する彼女らの感覚は非常に発達している。 ユング 多くの人が非常に浅い意味でSeを説明しています。 (「それらは実際に自分たちの感覚を使っています!…えぇと、私たち全員がそうでしょ?) しかし、Seは単に物理的世界を意識しているだけではありません。 (Seタイプによって)Seが使用されているとき、他のタイプをすぐに「データ過負荷」にするであろう注意のレベルが維持されている。 Building Blocks of Personality Type Seタイプは経験から非常に素早く学び、新しい言語を学ぶのに適しています。 客観的事実の伝達と観察に関しては非常に信頼性が高く、問題に対する実際的な解決策を素早く見つけることができます。 彼女らはさまざまなに変化する環境に溶け込み、反応し、適応する能力を持ち、その結果新しい発見をし、非常に現在的な、関わる方法で人々のためにそこにいることができます。 行動に関して言うと、Seタイプは自発的で適応性があり、冒険的で、身体や環境と調和している傾向があります。 彼女らは行動指向的で、通常は運動感覚の実践的な学習者です。 彼女らは、実用的な解決策を見つけることによって課題に迅速に対応しなければならない危機において最もよく機能します。 彼女らは、他人が「立ち止まりバラを香る」ことや日常生活の中で喜びを見つけることを学ぶのを助けるためのスキルを持っている、楽観主義者の傾向があります。 内向的直観(Ni) Niは無意識の内なる主観的な世界に焦点を合わせ、無意識と外界の間のつながりと抽象的な関係を見つける情報収集プロセスです。 それは常に潜在的な意味、象徴、抽象的なつながりを探しています。 分かりにくいですか? そうでしょう、なぜならこのプロセスを選好する人はほとんどいないからです。 Niは、意識的な心とは無関係に機能する唯一の知覚プロセスです。 それは外的刺激に頼らず、実際に外的刺激から離れたときのほうがよく機能します。 それは予期しない方法で機能し、多くの場合、物事の意味や将来の結果に対する洞察や突然の「閃き」によって起こります。 それは常に未来を見ており、現在の瞬間が将来の結果に関係しない限りあまりそれに関心を持ちません。 Niタイプは常に全体像を認識しようとしており、「ここで他に何が起こっているの?」「何が隠されているの」と自問しています。 Niを使用すると、無意識のイメージと象徴が驚くほどの正確さで頭の中で再生され、無意識のイメージは具体的なものと同じくらいリアルになる。 Building Blocks of Personality Type Niタイプは世界を見て物に気付きますが、彼女らが気にする唯一のことは物がそれ自身の中で解放した意味、洞察、象徴です。 このため、Niユーザーは環境から切り離されているように見えるか、または彼女らを刺激したランダムな何かに非常に集中しているように見えます。 Niはイメージからイメージへと移動し、無意識のあふれる子宮のあらゆる可能性を追いかける。 ユング あなたが他人のNiを見つけたとき、相手が話すときに多くの理論的な言葉を使うことに気付くでしょう。 彼女らの認識は具体的な世界からではなく無意識(知覚と言語が必ずしも一致しない場所)から来ているので、しばしば自身の洞察を説明するのに苦慮します。 彼女らは話すときに非常に小さな具体的データを使用することが多く、実際に説明しようとしてかなりイライラすることがあります。 彼女らはしばしば物事を伝えるために隠喩、抽象的あるいは象徴的な芸術を使用することに優れます。 プロジェクトやタスクを行うとき、Niタイプは常に新しい革新的な方法でそれを行いたいと思っています。 彼女らは「実証済みの」手法を軽蔑し、確立された手法を試すよりも新しい手法を試すことを好む傾向があります。 彼女らは複雑さを享受し、他の人々にとっては物事を不必要に複雑にしているように見えるかもしれません。 彼女らはすべてがつながっていて、多くの層を持っていると考えます。 そして彼女らは多くの観点と視点から物事を見るのに時間をかけます。 この傾向は彼女らが質問に答えるのが遅いように思わせるかもしれません。 あなたは10分間話したら、Niタイプはあなたが言ったことを3分~4分ほど分析します。 Niタイプは悪魔の代弁者としての役割を果たす傾向があり、その認識において個人的な場合があります。 表面の下で何が起こっているのかに対する彼女らのビジョンは、しばしば非常に正確です。 時間、場所、具体的なデータに制限されることなく戦略的計画を立て、可能な結果を見ることができれば、彼女らは同時に神秘的で変革的な深い洞察を見ることができます。 外向的直観(Ne) Neは理論的なつながり、関係、可能性を見つけることに重点を置いた情報収集プロセスです。 それは環境内の物、人、出来事によって刺激され、現実世界の可能性を生み出すことを望みます。 Neタイプは、すべてがどのように変換されるのかを容易に把握し、他のすべてとの関連性という文脈ですべてを見ます。 Neタイプにとっては、すべてがつながっており、すべてが可能です。 Neタイプはほとんど常に未来と「全体像」に焦点を合わせています。 これにより彼女らは、日々の生活の問題で行き詰る多くの人々に刺激を与えます。 ビジョンがより内面化されているNiタイプと異なり、Neタイプは多くの場合、熱心にそして容易に新しいアイデアや可能性を表現できます。 実際、Neタイプはブレーンストーミングをしたり、他の人と話し、アイデアからアイデアへ跳躍し、より多くの可能性やインスピレーションを見つけることを好みます。 彼女らは素早く関連を作るため、しばしば頭の回転の速いと見られています。 Neは可能性を想像することによってのみ完全に満足するので、広い範囲の可能性を理解しようとする。 ユング Neタイプは起業家精神を持つことで知られています。 彼女らは成功のためにあらかじめ決められたテンプレートに従うことには興味がなく、非常に独立的です。 彼女らは可能性を評価し、熱狂的な人々をチームに参加させ、リスクを取るのに優れます。 彼女らは間違いを学習の機会と捉え、日常的または安全な存在に直面するより、むしろ失敗の危険を冒します。 Neタイプは変化を楽しみ、混沌の中で新しい選択肢や可能性を見つける必要がある場合、混乱の中で非常にうまく機能することができます。 Seタイプと同様に、Neタイプは適応性があり、自発的です。 しかし、Seタイプは具体的な世界や物理的現実とより調和し、Neタイプは抽象的な世界や理論的可能性とより調和しています。 Neタイプは世界を変え、可能性を実感し、他の人たちが自身の探求に加わることを望む先見の明のある理論家です。 彼女らは全体規模ですべてを認識し、接続が全員とすべての間に広がっているのを見つけます。 洞察力によって、彼女らは人々に新しい視点を示し、刺激的で創造的な方法で教えることができます。 判断機能 思考と感情が判断機能です。 これらの機能は、私たちが決断をするときに使用するものです。 思考は客観的論理を重視し、決定を下す際に非個人的分析を使用する傾向があります。 感情は価値観と個人的な影響を評価することによって決定を下し、共感と調和を重視します。 誰もが思考と感情の両方を使っています、あなたはただ一方を他方よりも好みます。 思考と感情はそれぞれ、内向性と外向性に分けられます。 内向的思考(Ti) Tiは、独自のシステム、カテゴリ、フレームワークを作成するために主観的な原則と論理的な真理を使用する意思決定プロセスです。 Tiは精度、内的正確さ、徹底した論理的評価に非常に重点を置いています。 Tiタイプは、自身が絶えず拡大して見直しているカテゴリーのグリッドのようなシステムを心の中に持っています。 彼女らが新しい情報を手入したときはいつでも、その情報をそのフレームワークに追加するか、または新しいデータのためのスペースを空けるためにフレームワーク全体を修正します。 彼女らは、自身が分析し、評価した真実、徹底的な精査に耐えた真実を受け入れるだけです。 ズームして焦点を絞り続けるカメラのように、Tiタイプは思考のサイクルを繰り返します。 そのたびに、より正確で精密になり、最終的にそのデータに適合する最も正確なカテゴリーを見つけます。 TiタイプとTeタイプの大きな違いの1つは、客観的な論理で何をするかです。 Tiタイプは客観的論理を非常に主観的な内部フレームワークと原則に適用します。 Teタイプは客観的論理を外界 — 方針、運用ガイドライン、環境 — に適用します。 Tiタイプは内部的に正確さと秩序を求めますが、Teタイプは外部的に秩序と効率を求めます。 Tiタイプは一連の内部の標準を満たし、自身と競うことをより重視し、Teタイプは外部の標準を満たすことや、他の人と競うことを重視します。 これによりTeタイプはテストの成績を気にかけ、Tiタイプは自身で何かを証明しようと努力します。 Tiタイプ決断を下すときに、自身の論理を話すことはほとんどありません。 彼女らのプロセスはより内在化されており、非公開です。 TiタイプはTeタイプのように自身の考えに従うが、外向きではなく、内向きである。 拡散ではなく集中性が彼女らの目的である。 ユング Tiタイプは公平さと真実を強く信じています。 彼女らは自身の邪魔をする表面を取り繕うことや、個人的な偏向を望みません。 彼女らが決断を下すとき、何かを特別扱いしたり、感情的に関わったり、あるいは公正で論理的ではないかもしれない決断をすることを避けるため、非個人的なままでいることを試みます。 彼女らは他のタイプにとって批判的に見えるかもしれません、なぜなら彼女らは最初に批評して、賞賛することを忘れる可能性が高いからです。 これは、彼女らが決定に関わる人々を気にかけていないという意味ではありません。 Tiタイプは徹底的な分析に優れます。 彼女らは挑戦的な問題や技術的なパズルを分析することによって活性化されます。 彼女らは熟練した問題解決者であり、論理的な矛盾や抜け穴を強く認識しています。 話すとき、彼女らは自分の言葉を控えめに使い、正確な言葉によって中心的な問題または概念に到達します。 外向的思考(Te) Teは論理的な二元判断を使用して外界の情報を体系化、評価、割り当てることに焦点を当てた意思決定プロセスです。 Teは外界を構造化し、論理的なシステムとルールを使ってすべてを適切な場所に分類しようとします。 Teは人から分離されているように見えるかもしれませんが、実際には人のケアし、すべての人にとって人生をより効率的にするために客観的な論理と構造を使用します。 Teタイプは、物理法則のような、物事がどのように相互作用し関係するかを説明するシステムを持つことを好みます。 彼女らは自身の思考過程を外部化するのが好きです。 話すこと、アウトラインを作成すること、図形を使って彼らが考えていることを示すことのいずれかを通して。 彼女らは標準の中で可能な限り明確であり、可能な限り多くの状況に適用できるように、広い範囲を持つシステムを作成しようとします。 Teユーザーは優秀な計画者です。 彼女らはあらゆるシナリオのための計画を立てるのが好きです。 そして、彼女らは常に準備ができていると感じるように、すべてのための緊急事態計画を作成します。 決断を下す際には、できる限り明確にします。 彼女らは長い間問題に関わることや、曖昧さを嫌います。 彼女らは非常に決定的で、曖昧さや矛盾は彼女らの決定を妨げます。 彼女らはタスクの完了によって刺激されるので、手持ちの事実とデータを使って物事を素早く行いたいと思っています。 チェックリストから何かを外すという行為が気分を良くするので、彼女らはチェックリストの使用を楽しみます。 Teタイプは、常に努力している活動のすべてを知的な結論に応じさせる。 最後の手段は、常に客観的データ(外的事実であろうと一般的に認められた考えであろうと)に基づいている。 彼女らは、客観的現実、または客観的指向の方法を、自身だけでなく自身の環境全体を支配する原則にまで高める。 ユング Teタイプはしばしば法律、ガイドライン、および/または規則の作成に関与しており、これはTiタイプとは異なる分野の1つです。 Tiタイプ主に自身の内部統制を重視しており、確立された規則や他の人々のための規則の作成に注意を払う可能性は低いです。 Teタイプは外部に展開するための構造と規則のセットを作成するのが好きです。 Teタイプは通常、公正さと正義に非常に関心があります。 彼女らは最適化された計画と使いやすいアウトラインを与えることによって平等と人々へのケアをもたらすと信じます。 彼女らはしばしば偉そうであるか判断的と誤解されます。 Teは批判的に考え、修正が必要な欠陥やエラーに注目する傾向があるため、Teタイプがアドバイスを与えた場合、それが理解されない、または望ましくない場合があります。 また、Teタイプは結論にたどり着くのが早すぎる可能性があります。 結論を出す前に、データを注意深く見たり、関連する観点を見たりするために、補助的なプロセス(感覚/直観)を検討することは役に立つかもしれません。 概して、Teユーザーは非常に目標指向、論理的、生産的です。 彼女らは他の人たちにタスクの出発点を与え、効果的な行動方針を概説するのに優れます。 彼女らは通常、勤勉と忠誠心を重んじ、誠実で、公正で、合理的な人々です。 内向的感情(Fi) Fiは価値観と個人的な倫理の、内的で主観的な世界に焦点を合わせる意思決定機能です。 Fiは個性、真正さ、個人的な意味を求めます。 それは行動し、内面の調和と静けさを促進するような選択をすることを望みます。 それは譲れない中心的価値観を保持し、他の人々のライフスタイルや選択には寛容ですが、自身の価値観や信念を侵害されることには寛容ではありません。 Fiはすべての意思決定機能の中で最も主観的です。 それは個々の信じるもの、倫理、好みに焦点を合わせています。 Fiタイプは「集団」または文化の価値観や信念に影響されないと決めています。 彼女らは真正で個人的でありたいと思っており、抑圧的または不条理であると感じる社会的規範と戦うことを恐れません。 彼女らは自身の倫理に反することを本能的に理解することが多く、自身の価値観に反する考えに関わるときに、「直感」的な感覚を得ます。 彼女らは自身の感情や信念についてオープンに話し合うのに苦慮するかもしれません。 彼女らの価値観はとても個人的で非公開なので、明確で具体的な方法でそれらを実証する言葉を見つけるのに苦労するかもしれません。 よって、Fiタイプはしばしば芸術的な方法で自身の情熱と価値観を示す作品や音楽に惹かれます。 彼女らは主に主観的な感情によって導かれ、彼女らの本当の動機は一般的に隠されたままだ。 彼女らの外部への態度は調和がとれていて目立たず、他人に影響を与えたり、感動させたり、影響を与えたり、他人を変更したりすることを望まず、心地よい安らぎや共感的な反応の印象を与える。 ユング ユングが述べたように、Fiタイプは他人を変えたり、自身の信念に適合させたりするべきでないと考えています。 彼女らは穏やかで、誠実で、「自分を生かし、他人も生かす」という考えを持ち、誰もが自身の価値観を得る権利があると感じています。 この規則の例外は、彼女らの中心的信念に関する場合です。 Fiタイプは、自身が強く感じている主義または価値観(例えば、動物の権利、難民の権利など)を強く支持することがあります。 彼女らはしばしば、抑圧されている、除外されていると感じる人々に引き寄せらます。 ただし、彼女らの主義は個人によって異なります。 Fiタイプが状況にアプローチする場合、さまざまなプロジェクト、行動、コミットメント、意思決定の状況的価値が何かを自問します。 彼女らは、選択が自身の人生のための内なる信念や意図と一致するかを常に確認しています。 彼女らは決定を下す前に慎重に選択を検討する時間を持つのが好きです。 彼女らは、争いに満ち、不誠実な世界の中で、しばしば問題の核心にたどり着き、平和、誠実さ、バランスのために努力することに熟練しています。 Fiタイプはコミュニティ、グループ、組織に倫理的洞察を提供することに長けています。 彼女らは非判断的で、感情的に他者を支えます。 彼女らはまた優れた傾聴スキルを持ちます。 外向的感情(Fe) Feは環境に調和を生み出すための選択や行動を行うことに重点を置いた意思決定機能です。 それは文化的価値システム、社会的基準、そしてあらゆる決定が他の人々に及ぼす影響を考慮に入れます。 Feは、Feタイプが人々のために調和を生み出そうと、自身の要求と欲求を後回しにするほど、他人の福祉を積極的にケアします。 他者に対する外部の調和は、多くの場合Feタイプの内部の調和に等しいです。 Feタイプは主に他の人々の要求、欲望、価値観を理解することに動機付けられます。 健全なFeは寛大で、誠実で、非常に共感的です。 不健全なFeは、環境を制御しようとする試みにおいて操作的または偽になる可能性があります。 Feは、すべての決定が「グループ」または周囲の人々に与える影響に焦点を当てています。 その結果、Feタイプは自身の要求を見落としがちであり、他人のケアをすることを望みます。 彼女らは自身のケアに苦慮することが非常に多い。 個人的な健康の危機が彼女らの注意を要求するまで、自身の要求が無視されるのは一般的だ。 Building Blocks of Personality Type 主観的なものとしてのみ感情を知っている人にとっては、Feの性質を把握するのは難しいだろう。 なぜなら、Feは主観的な要因からできる限り離れていて、対象の影響に完全に従属しているからだ。 ユング Feタイプは何が適切な振る舞いであるかを非常に認識しています。 彼女らは良い品位を持ち、人々が彼女らの存在の中で快適に感じることを確実にするためにできることは何でもします。 彼女らは他の人々の感情や要求をとても指向しており、他の人々の不快感や痛みを「引き受ける」傾向があります。 彼女らは他の人々が当惑したり傷つけられたりしないようにするために尽力します。 彼女らは自身よりも他の人々のために発言する傾向があります。 彼女らは社会的な主義の改革運動者になることができ、何かが家族を脅かしていたり、誰かが虐待されていると感じるとき、はしばしば「グループ」(家族/職場/教会)のために立ち上がる必要があると感じます。 しかし、彼女ら自身が問題に遭遇する唯一の人であるならば、めったにこれをしないでしょう。 立ち上がるには「他者」の要求が必要になることがよくあります。 Feタイプは常に自身が何かを「すべき」か「すべきでない」かを自問しています。 そして彼女らは信頼したり尊敬している人々と話すことによって自身の選択と価値観を確認しようとします。 概して、Feタイプは他の人々のケアをし、調和を保ち、他の人々の才能や強みに気付いてそれを引き出すことに優れます。

次の