もぐら トンネル。 もぐらの来襲

家の庭へのモグラの被害と土について

もぐら トンネル

モグラは可愛いという方もいますが、モグラの被害に遭っている方にしてれば単なる迷惑者でしかありません。 モグラは地上に出てくることは滅多になく、モグラを捕まえて駆除するのは難しいでしょう。 そのため、いつの間にかモグラの穴だらけになっていたケースも多いです。 また、モグラの穴は見栄えが悪くなるだけでけでなく、農作物や植物にも悪影響を与えたり場合によっては人が怪我する場合もあります。 モグラの穴を見つけたら、被害を拡大させないために早めに駆除しましょう。 モグラの被害に遭っている方のために、『7つの駆除方法』をご紹介します。 身近な物~捕獲器を使った駆除方法までありますが、気になるものから試してみましょう! あまりコストをかけずにモグラの駆除をするなら、風船ガムを使ってみてはいかがでしょうか? モグラは風船ガムを消化する機能が備わっていないため、風船ガムを食べると腸に詰まり死んでしまいます。 ゴキブリを駆除する時に、毒エサと呼ばれているホウ酸団子等を使うことがあるでしょう。 まさに、『風船ガムはモグラを駆除できる毒エサ』で、モグラが食べれば確実に駆除できます。 モグラは目が退化している分、目の代わりとなる嗅覚はとても優れている動物です。 モグラがいるトンネル内に風船ガムの匂いが漂えば、食べることが大好きなモグラは風船ガムがある場所を探します。 そのため、モグラは食べたい衝動に駆られ風船ガムを見つけたら高確率で食べるでしょう。 風船ガムでモグラの駆除をした場合、早ければ数日で駆除できますが遅くても10日ほどで駆除できます。 風船ガムでモグラの駆除をする時はフレーバーに注意しましょう。 風船ガムは甘くて美味しい匂いがしますが、モグラの食いつきが良いのは『オレンジやミカン』のフレーバーです。 モグラによっては、オレンジやミカンフレーバーの風船ガムを食べない個体もいるでしょう。 数日~10日ほど経ってもモグラが風船ガムを食べている形跡がなければ、他のフレーバーの風船ガムを使います。 例えば、『炭酸や他のフレーバー』の風船ガムを使ってみましょう。 風船ガムを噛まないでそのままモグラの駆除に使うのも良いですが、アリに食べられる可能性が高いです。 モグラの駆除のために風船ガムを使っているのに、アリに食べられては意味がありません。 風船ガムをアリに食べられないようにしながら、モグラの駆除を行うなら必ず風船ガムは噛むことです。 唾液まみれの風船ガムなら、アリに食べられるリスクを減らすことができます。 つまり、風船ガムを食べたモグラは巣やトンネル内で具合が悪くなり、そのまま消化不良で死にます。 巣やトンネル内で死んだモグラは、時間をかけて土にかえるため放置しましょう。 あまりないケースですが、風船ガムを食べたモグラが地上で死んでいる場合もあります。 地上で死んでいるモグラを見つけたら土の中に埋めるか、袋に入れて口を縛り燃えるゴミに出しましょう。 しっかり噛み過ぎると風船ガムのフレーバーや匂いが飛んでしまいます。 少し噛む程度にしましょう。 モグラは嗅覚に優れている動物です。 噛んだ風船ガムを手で掴んだ時に人間の匂いがつくと、警戒して食べない場合があるため必ずビニール手袋やゴム手袋をしましょう。 ペットボトル風車もモグラの駆除で使われる方法です。 モグラの鼻にはアイマー器管があると、『モグラの生態の特徴』で説明しました。 アイマー器管はわずかな振動をキャチすることができるのが特徴で、ペットボトル風車はアイマー器管を逆手にとって考えられました。 ペットボトル風車は風が吹くと風車が回り、振動が土の中に伝わるためモグラは嫌がって近寄って来ません。 さらに、ペットボトル風車のなかには音がする物を仕込むため、『アイマー器管と聴覚をWで刺激する』ことができます。 穏やかな日であれば壊れることはないですが、天候が荒れる台風や強風の日は壊れることもあるため、一時的に取り込んだ方が良いでしょう。 また、モグラ被害の状況や穴の数にもよりますが、ペットボトル風車をいくつも作る場合もあります。 ペットボトル風車は手作業で1個づつ作っていくため、時間がある方や工作好きの方でないと難しいでしょう。 横線に沿ってカッターやはさみで切り離しましょう。 横線がないペットボトルの場合は、ペットボトルの底から3cm程度の部分切り離します。 六角形のペットボトルの場合は上部~下部あたりまで縦線が入っており、上部には横線が入っています。 縦線に沿ってカッターやはさみで切り込みを入れていくと、羽が6枚できるはずです。 切り込みはペットボトルの上部にある横線まで入れます。 六家形のペットボトルではなく縦線や横線がない場合は、飲み口部分から5㎝程度下まで縦に6箇所切り込みを入れて、羽を6枚作りましょう。 手でペットボトルの羽を曲げる時は、怪我をしないように注意して下さい。 ペットボトルに蓋をして、豆やビーズ等を入れましょう。 そして、先程切り離したペットボトルの底を用意して、切り口側をペットボトルの羽側に押し込んでハメます。 ビニールテープを貼る作業は必須ではないですが、ビニールテープで固定するとハメ込んだペットボトルが外れる心配がありません。 3本あるビニールテープを縦長に切って6本にします。 ビニールテープの真ん中を縦に切れば2本になるため、残り2本のビニールテープも同じように真ん中を縦に切りましょう。 すると、星型のような貼り方になるはずです。 ビニールテープを貼る時は、ペットボトルの底に開けた穴を塞がないようにしましょう。 開けた穴へ針金を通しましょう。 穴を開けた蓋と底に、太めの針金や針金ハンガーを通します。 針金ハンガーを使う場合は、約30cm~40㎝の長さになるようにペンチで切ってから真っ直ぐ伸ばし、穴に通しましょう。 ハンガーフックの下は針金がねじってありますが、この部分から下を使います。 蓋から飛び出している針金を部分をペンチで曲げて固定します。 もしくは、モグラに来てほしくないない場所に、ペットボトル風車を設置するのも効果的です。 また、ペットボトルは透明なため味気なく感じる方もいるでしょう。 人よってには、羽の部分等に色をつけている方もおり、好きな色を塗ったり模様を書いています。 モグラを含む多くの動物は煙が嫌いで、害虫や害獣駆除に使われることがよくあります。 当然モグラの駆除に煙を使えば、嗅覚が敏感なモグラにも有効です。 モグラの駆除に煙を使うなら蜂用煙幕がおすすめですが、タバコの煙でも構いません。 また、モグラを駆除するために今まで色々試してきたけれど、効果がイマイチだった方はいませんか? 他の方法でモグラの駆除ができなかった方は煙がおすすめです。 煙を使ってモグラの駆除をしたら"盛り土がなくなった"という声や、"2ヵ月モグラを見ていない"等、高い駆除効果を実感してます。 蜂用煙幕やタバコの数は1つの穴に対してできるだけ多く使った方が、モグラのトンネル内に煙が充満しやすいです。 モグラは鼻が良く人間の匂いを察知すると警戒すると、説明しました。 煙を使ってモグラの駆除する場合は、人間の匂いよりも煙の方が匂いが強いため、手袋や軍手は必須ではありません。 気になる方は手袋や軍手をつけてからモグラの駆除作業を行いましょう。 木酢液や正露丸はモグラの忌避能力を逆手に取った駆除方法で、同時にモグラ予防もできます。 木酢液や正露丸は人間が嗅いでも不快に感じますが、モグラは人間以上に嗅覚が優れているため激臭です。 さらに、モグラは木が燃えて火事のような臭いがすると察知し、身の危険を感じることから駆除ができると言われています。 例えば、酢酸・フェノール・アセトン等が含まれており全て合わせると約200種類はあります。 ただし、木酢液によっては人体に有害と言われている、ホルムアルデヒド等を含んでいる商品もあり危険です。 有害物質は木酢液を作る過程で出ますが、数ヶ月かけてろ過すれば有害物質は取り除かれます。 しかし、有害物質が含まれている状態で販売されている場合もあるため、成分表記をチェックしてから購入しましょう。 木酢液はホームセンターの園芸コーナーで購入できますが、モグラ駆除専用の木酢液もあります。 どちらも木酢液であることに変わりはありません。 ですが、モグラ駆除専用の木酢液は原液のまま使える商品があり、水で薄める手間がないタイプもあります。 木酢液に対して『水で100倍~300倍』に薄めます。 水の量が少なければ少ないほど木酢液の匂いがキツくなり、人によっては気分が悪くなる方もいるため様子を見ながら水の量を調整して下さい。 木酢液は匂いでモグラを駆除するため、時間が経つと匂いが薄れてきます。 モグラ予防もするなら1、2週間に1回に木酢液を撒いたり、匂いが薄れてきたと感じたら木酢液を撒きましょう。 木酢液が家にない方や、できるだけ楽して簡単にモグラの駆除をしたい方にピッタリです。 正露丸も匂いでモグラを駆除する方法のため、匂いが薄れてくると再びモグラ被害に遭う可能性があります。 数週間に1度のペースで正露丸を使うと継続して正露丸の匂いを放ち、モグラは嫌がって近寄って来ません。 唐辛子を使ったモグラの駆除方法は、身近な物で駆除できるアイテムとして知られています。 唐辛子の成分であるカプサイシンは、粘膜に触れると痛みを感じたり口の中に入れば辛くてたまりません。 人間ですら唐辛子が目や鼻に入るとツライですが、モグラにとっても耐え難い刺激です。 モグラ被害に遭っている中には、"唐辛子攻撃をしたらモグラ被害がピタリとやんだ! "方もおり、駆除効果が期待できます。 七味唐辛子や一味唐辛子・鷹の爪・青唐辛子・ハバネロ等を使いますが、粘膜に触れたり口に入らないように注意しながらモグラの駆除を行いましょう。 おすすめの唐辛子は辛いことで有名な『青唐辛子やハバネロ』ですが、七味唐辛子や鷹の爪でも構いません。 唐辛子はモグラの目・鼻・口を刺激して身体で不快な思いを経験させることから、モグラが慣れにくく駆除効果が持続すると言われています。 また、唐辛子を嫌うモグラの習性に着目したグッズも販売されており、中には、スティック状でモグラの穴に挿すだけ良い商品もあります。 スティックの中はカプサイシンが凝縮されていて、土の中に染み渡るとモグラが嫌がって来ません。 モグラの駆除は数ヶ月あり、駆除効果がなくなっても土に吸収されるため回収して捨てる手間もないです。 モグラを駆除するための唐辛子グッズは、楽して簡単にモグラの駆除ができます。 ナフタリンと言えば洋服を虫から守る防虫剤として知られていますが、モグラの駆除にも使える便利アイテムです。 ナフタリンを使ったことがある方なら、ナフタリンならではの独特の匂いを知っているでしょう。 人間からしてみれば鼻につくほどの激臭ではないですが、モグラは臭くてたまりません。 ですが、土壌のことを考えながらモグラの駆除をするなら、モグラ用のナフタリンがおすすめです。 ミミズはモグラのエサになる一方で土を改良してくれる存在です。 モグラ用のナフタリンはミミズを駆除しないでモグラだけを駆除してくれるため、土壌を汚染する心配がありません。 モグラの駆除効果は商品にもよりますが約3ヶ月で、駆除効果が切れた後は取り出す必要はなく、土の中にかえるため回収する手間がありません。 ですが、植物を植えている場所に使うと枯れてしまう可能性があるため、植物が植えてある場所にモグラ用のナフタリンは使えません。 どうしても使いたい場合は、60cm以上離れた場所で使いましょう 商品による。 マスクをし、ビニール手袋やゴム手袋もしましょう。 もしくは、モグラに来てほしくない場所にナフタリンを使う場合は60cm間隔に穴を掘って入れましょう。 モグラを捕獲する場合はモグラ用の捕獲器を使うのが一般的ですが、絶滅危惧種や半絶滅危惧種に指定されているモグラもいます。 モグラを捕獲して駆除する場合、法律には触れないのでしょうか? 結論から言うと法律に触れません。 所有している土地や畑をモグラに荒らされて困っている方は、個人が罠を仕掛けて駆除しても問題なはないため、モグラ捕獲器を使って駆除しても大丈夫です。 また、モグラは鳥獣保護法で守られている動物ではないため許可もいりません。 ちなみに、鳥獣保護法を簡単に説明すると、鳥獣を守りながら自然界のバランスを計り狩猟をする法律で、同時に保護と繁殖をしながら適正を維持するために作られました。 生きたままモグラを捕獲できた場合は殺して駆除するのではなく、できるだけ逃がしてあげましょう。 ただし、モグラを適当に逃がすと生態系が崩れたり、他の人の迷惑になる恐れがあります。 家が密集している場所に逃がさないのは当然ですが、モグラは堤防等に穴を開けるため川の近くに逃がしてはいけません。 モグラを逃がすのに適している場所は、『捕獲した場所から約20km~30km以内』の範囲で家がなく水辺がない所です。 モグラは地中に本道と支道を作っていますが、駆除する時は本道を見極める必要があります。 モグラは本道を頻繁に使い支道はほとんど使わないため、支道に罠を仕掛けてもほとんど意味がないです。 モグラの駆除方法を試して効果がなかった場合は、もしかしたら支道に罠を仕掛けていたのかもしれません。 また、モグラ塚が多過ぎて本道を探すのが面倒な方もいるでしょう。 だからと言って、本道を探さないでとりあえずモグラ塚に罠を仕掛けても、無駄な労力と時間を費やすだけで失敗する可能性もあります。 自分でモグラの駆除をする場合は、まずは本道を見つけるところから始めましょう。 本道を見つけることができれば罠を仕掛けるポイントが絞られて、高確率でモグラの駆除ができます。 モグラ捕獲器を使う場合は、捕獲器にモグラが引っかかれば確実に駆除できます。 一方で、『モグラを餓死させて駆除するか?』『生け捕りにして離れた場所へ放すか?』のどちらかを選択できるのがメリットです。 先程も説明しましたが、モグラは絶滅危惧種や半絶滅危惧種に指定されている動物です。 花壇や畑を荒らす動物とは言え、モグラの命を尊重するなら開放してあげましょう。 捕獲したモグラを放つ場所は、『モグラの駆除方法7つ』でご紹介した『7番のモグラ用の罠』を参考にして下さい。 捕獲器でモグラを生け捕りにして放す場合は、捕獲器を設置したら『12時間ごとに確認』します。 モグラは12時間空腹の状態でいると死んでしまうため、捕獲器をマメに確認しないといけません。 どうしてもモグラを殺して駆除したい方は、捕獲器を設置したら放置するか風船ガムで駆除しましょう。 捕獲器でモグラを餓死させた場合は土の中にモグラを埋めます。 もしくは、ゴミ袋に駆除したモグラを入れて口を縛り燃えるゴミに出しましょう。

次の

モグラ豆知識 モグラ退治は難しい?

もぐら トンネル

昨年の8月頃、突然、もぐらが庭に移住してきた。 ある朝、家内が庭に穴が数カ所開いているのを見つけた。 漫画のようにもぐらの掘った、土の盛り上がった通路が何カ所もできている。 彼らの巣は木の根を中心に、時に深さ5メートルくらいまで達することがあるとのこと。 巣の中には、食料貯蔵庫を始めとして、居間や寝室などの用途に応じた間取りになっており、更には敵をだますために、偽の巣を作るそうである。 このもぐら一家(もぐらは家族で生活しているようである)はどこから来たのだろう。 家の北東に田んぼがあり、その南側、我が家と用水を挟んだ東隣に資材置き場がある。 資材置き場の田んぼに面する側にはあぜがあったのだが、そこを整地してしまったのだ。 恐らくそこで安穏に暮らしていたこの一家が家を追われ、うちの庭に引っ越してきたようである。 田んぼをしている人に聞くと、「土の良いところにしかもぐらは住み着かないから、良かった」と言う。 しかし、人の家の(人間が勝手に決めているのだが)庭を勝手に掘り返してできたトンネルのおかげで、庭木が傾くならまだしも、家の土台まで傾いたら大変なことである。 「そのうち出て行くのでは」といった楽観的な見通しは、家内に却下され、直ちにもぐら撃退作戦が立てられることになった。 まず、「敵を知り」である。 インターネットで彼らの習性を調べてみると、夜行性で、食物はミミズなどの虫、音やにおいに敏感とのこと。 始めは、市販の薬を使った。 3袋から4袋買って、穴に直接、あるいは巣らしき場所を掘り起こし、そこに薬をまいてみた。 薬は正露丸のような強烈なにおいがする。 庭に漂う異臭にもかかわらず、翌日潰したはずの巣穴とは別のところに、ちゃんと穴が掘られている。 新たにできた穴を潰して、薬をまく作業が1週間ほど続いたが、全く引っ越して行く気配を見せない。 もぐら退治の薬が正露丸のようなにおいなのはなぜだろうか。 それは木が燃えたようなにおいのため、動物は山火事が起こっていると錯覚するらしいのである。 庭の木に火を付けるわけにもいかないので、木酢を水と一緒に大量にまくことにした。 一種のにおい付水攻めである。 部屋中が水浸しにされた上に、山火事のスモーキーフレーバーが立ちこめれば、もはやもぐらの住める環境ではないだろう。 ある朝など、ひょっこり穴から顔を出したところに出くわし、すぐさま鍬(くわ)を持ってもぐらを仕留めようと、無謀な戦いに打って出た。 もちろん人間に仕留められるほど鈍いもぐらなどいない。 それに刺す方も「もぐらに本当に刺さったらどうしよう」などとびくびくしていたのでは、仕留められるわけがない。 この死闘は夏の終わりにさしかかっても、決着がつかないようだった。 何日も、効果の見えない退治薬や木酢を大量にまくわけにもいかず、せめてもの攻撃手段は、彼らが新築した巣穴を潰すことぐらいである。 死闘は持久戦、こちらにすれば消耗戦の様相を呈していた。 そんな諦めかけていたある朝、新しい穴が空いていないことに気が付いた。 しばらくして、以前彼らのすみかだったあぜに、新たに掘ったらしい巣穴があった。 うちの庭の居心地が悪く、近所の庭も、以前住んでいたあぜには及ばなかったのだろうか。 それとも、整地で一次的に減った、ミミズなどの虫がまた増えて、住むのに適した環境に戻ったのだろうか。 そうすると、うちの庭は仮住まい、放っておいてもやがて元のすみかに帰っていったのだろうか。 いや、あの死闘の結果、こちらの知恵と努力が実を結んだと信じることにしようと思う。 (一部省略) 富山県 富山市医師会報 第534号より.

次の

【もぐらトンネル】まことお兄さんの筋肉に主婦たちが衝撃・大興奮!評判まとめ

もぐら トンネル

新宿御苑:モグラのトンネルによる芝生被害 芝生が盛り上がっています。 割れ目が崩れていないので新しい物と思います。 この地下にはモグラが食事や移動に使うトンネルがあるはずです。 逆にモグラのトンネルに沿って芝生が凹んでいます。 モグラ塚を踏んで直す トンネルを掘れば土が余ります。 モグラは余った土を地表に盛り上げて捨てます。 これが「モグラ塚」です。 緑の芝に黒い土が盛り上がっているのは見た目も良くないですしその部分の芝が枯れる原因にもなります。 対処療法ではありますがモグラ塚を踏んでできるだけ平らに戻します。 盛り上がった部分は乾いたり根が浮いたりで芝が枯れやすいためです。 明治神宮の芝生広場を荒らすモグラ 芝生に点々と続く黒い塊。 モグラは地表が芝生かどうかなど意識していないと思いますが盛大にやってくれますね。 記事冒頭の例だと周りから芝が覆ってくれそうですが大きなモグラ塚の跡地には芝のないエリアができてしまいます。 またモグラは一年中活動しますので高麗芝などの日本芝が生育を停止している秋冬にモグラ塚を作られてしまうとその部分の芝は再生しません。 モグラ駆除のグッズについて 臭いや音に敏感なモグラの性質を利用して追い払う装置、また捕獲器などがありますが農林業駆除目的以外での動物捕獲には鳥獣保護法により環境省または各都道府県の許可が必要です。 仕組みだけ説明するとモグラのトンネルに金属製の罠をしかけます。 振動に反応してバネとハサミで捉えます。 トンネルを把握して適切に設置する能力が必要ですが超音波で追い払うとするグッズよりは効果的なようです。

次の