うま か ドッグフード。 UMAKA(美味華)うまかドッグフードの良い点悪い点|口コミと安全性評価

78人に聞いた!UMAKA(うまか)ドッグフードの口コミと悪評/解約できる?原材料や成分、給餌量は?

うま か ドッグフード

目次(ジャンプできます)• 当サイトでのランク UMAKA(美味華)ドッグフードは当サイトでBランクのドッグフードです。 口コミや総合評価については以下を参考にしてください。 UMAKA(美味華)ドッグフードを実際に買った人の口コミと評判 良い口コミ なし 悪い口コミ なし 2018年7月現在、良い口コミも悪い口コミも、まだ全く見当たりませんでした。 新発売のドッグフードなので、これからの口コミ評判に期待したいところですね。 UMAKA(美味華)ドッグフードのおすすめポイント4つ 国産で質が良い鶏肉が主原料 国産ドッグフードの中には、多くの穀物をメインの原料にしているものが多い中、このドッグフードは九州博多産の、質の良い鶏肉を主原料としています。 4Dミートと呼ばれる、低品質な副産物ではない、純粋な肉を使っています。 犬は動物性タンパク質を多く摂取することが必要です。 第一主原料に良質の鶏肉が使われていることは、犬の栄養源として好ましいドッグフードです。 生肉を使っているため、UMAKAドッグフードは形が不ぞろいですが、それは自然な製法のためで、人工的に色や形を整えられたドッグフードよりも、犬には良いと考えてください。 ヒューマングレードの国産材料 UMAKAドッグフードに使われている原材料は、すべて人が食べられることを基準にしたヒューマングレード素材です。 4Dと呼ばれる副産物が、肉に使われていないことは前述していますが、野菜や果物という原材料も、すべて人の口に入ることを前提としたレベルのものが使われています。 そして原材料はすべて国産です。 破棄するような低品質の原材料ではないという点で、愛犬に安心して与えることができますね。 国産で良質の材料にこだわる方には、ここでまず安心できるのではないでしょうか。 人工添加物は無添加 UMAKAは人工添加物が入っていないドッグフードです。 着色料で色付けをして、肉や野菜が多く入っているように見せかけるフードが多く売られていますが、健康を阻害する恐れがある化学物質です。 犬は色でフードのおいしさを判別するわけではなく、着色料で色をつけるのは、飼い主さんに対して「おいしそう」と思わせるためです。 UMAKAにはまず、この着色料が入っていません。 そして香料ですが、飼い主さんの中には、ドッグフードの匂いを嫌う方もいます。 そのため人工香料でドッグフードの原料臭を抑えたものに惹かれて、それを愛犬に与えてしまう場合も多いですね。 犬は本来動物性素材の匂いを好みますが、香料の匂いに慣れてしまうと、香料が入っていないフードは食べなくなってしまいます。 そして香料も、決して犬の健康に良いものではありません。 UMAKAにはもちろん、この香料も入っていないので安心できます。 防腐剤、保存料なども、無添加です。 こういった成分は、発がん性などの危険を指摘されているものが多く、海外では禁止されているのに、日本ではまだ規制が甘く、ごく普通に使われているものがあるというのが現状です。 UMAKAはこういう人工添加物を一切含んでいない点で、安全性が高いフードです。 人にも使われる栄養成分が入っている UMAKAドッグフードには、 グルコサミンやコンドロイチン、ビフィズス菌やオリゴ糖が含まれています。 こういった成分は、人の健康食品などにも使われていますね。 愛犬に使うのに、不安がある成分ではありません。 犬の健康を考えた配合を思っていいでしょう。 UMAKA(美味華)ドッグフードの気になる点4つ グルテンフリーでも穀物は入っている UMAKAはグルテンフリードッグフードです。 小麦やコーンという、アレルギーを起こしやすい穀物は入っていません。 ですが、犬が雑食性であるという考えから、大麦と玄米という、アレルゲン性の低い2種の穀物は入っています。 犬の中には、穀物の全てにアレルギーを起こす犬がいます。 UMAKAに興味を持っても、愛犬が穀物すべてにアレルギーを起こす体質なら、与えることができません。 また穀物は、犬が消化しにくいというデメリットもあります。 玄米と大麦は、水溶性食物繊維に分類され、消化不良になりにくいとされます。 しかし「なりにくい」レベルであり、実際には穀物を消化しにくい犬には、やはりあまり差はありません。 事実我が家の犬たちは、玄米や大麦、米のレベルでも、与えたフードに穀物が入っていると、便の量や回数が増えてしまいます。 これは体質にも左右されますが、穀物が入っていないほうがいいという理由は、アレルギーの面だけではないのです。 塩化ナトリウム(塩)が入っている 添加物や副産物は無添加、質が良い原材料を使っている中で、一番残念に思える点ですが、UMAKAにはミネラルとして、塩化ナトリウムが入っています。 つまり食塩ですね。 ドッグフードに使われる原材料には、もともと自然な塩分が含まれています。 UMAKAが質の良い原材料を使っているなら、なおさらそれが期待できます。 つまりその上に、あえて塩分を添加する必要はないのです。 犬も人間と同様で、塩分の過剰摂取はデメリットしかありません。 まず心臓病などの病気のリスクを高めます。 そして、前述の香料と同じことですが、塩味に食いつく習慣がつき、塩分が入っていないフードを口にしなくなります。 味の濃いドッグフードでなければ食べない犬になってしまうのです。 健康を考えて、塩分ゼロのフードに切り替えようとしても、かなり難しくなります。 新しく出たドッグフードなので、すぐのリニューアルは望めませんが、その機会に塩分はカットしてもらえれば、より良いフードになりそうですね。 全年齢用でも子犬にはタンパク質が低い UMAKAドッグフードは全年齢用で、生後4ヶ月未満でも食べられるとされています。 ただ、UMAKAドッグフードのタンパク質は24. 理想は成犬で25%以上、子犬では30%以上のタンパク質が必要です。 成犬ではかろうじて、という数値ですが、子犬には不足していますね。 肉は良質ですが、実際には原材料における肉の割合が明記されていません。 はっきりとは分かりませんが、肉の量がやや少ないのかもしれません。 1kgあたりの単価が高め UMAKAドッグフードは、現時点では大手通販サイトでは売られていません。 公式通販でしか入手できませんが、1. 5kgあたり4,980円、つまり1kgあたり3,320円となります。 これは少し高いですね。 常食とするのは難しい人もいるでしょう。 参考として、6kgの成犬で、一日に与える量は145gになりますが、計算すると一日当たり481円、月に14,000を超えてしまいます。 国産無添加ドッグフードの安心料と考えて、この値段でもいいとするかどうかが、分かれ道になりそうですね。 UMAKA(美味華)ドッグフードの原材料と成分から安全性を徹底評価 【総合評価チャート】 (肉の含有量は記載がないので肉量を3にしています。 ) UMAKA(美味華)ドッグフードの成分分析と評価 気になるものは赤字で書いています。 赤字がない場合は気になるものはないという意味です。 たんぱく質量などを含めた総合評価は上のレーダーチャートをご確認ください。 ) 副産物や添加物が入っていないことで、基本的に高得点ですが、穀物と塩が含まれていることが残念ですね。 栄養成分 タンパク質 24.

次の

UMAKA(うまか)ドッグフードの評判と口コミや美味華のメリット・デメリット

うま か ドッグフード

選び方のポイント• 良質なタンパク質が主原料のドッグフードを選ぶ• 余分な添加物が入っていないものを選ぶ• 小型犬か大型犬どちらにピッタリなのかを見て選ぶ• 国産か外国産かで判断しない• グレインフリーだけでなく他のアレルギーも気にして選ぶ• 価格が安くてお得だからと大量に買わない 1. 良質なタンパク質が主原料のドッグフードを選ぶ ドッグフードのパッケージに記載されている原材料表記は、 含まれている量が多い順になっています。 愛犬に良質な良質なタンパク質を与えるためには、まず新鮮な生肉や魚メインのフードを選ぶようにしましょう。 穀物の植物性タンパク質メインのフードが悪いわけではないですが、過剰摂取はアレルギーリスクもあります。 動物性タンパク質メインのほうが、 犬の体内で生成できない栄養を摂取できるのです。 余分な添加物が入っていないものを選ぶ ドッグフードには 賞味期限を延ばす目的などで規定量の添加物が入っているものがあります。 犬に影響がない範囲で含まれているのですが、本当に安全で良質なドッグフードを選ぶなら、なるべく添加物が含まれていない無添加のものを選びましょう。 もしくは、天然素材の添加物を使って安全性に配慮しているドッグフードも安心です。 国産か外国産かだけで選ばない ドッグフードは国産外国産どちらが良いの?と周りの情報に混乱している方も多いと思います。 というのもドッグフードは、 外国産の原材料でも日本で加工すれば「国産」と表記できるのです。 そのため原産国にこだわるのではなく、原材料の産地表示を見て選んだほうが良いのです。 たとえば原材料がどこ産のものなのか明記されているドッグフードだと、 「何を使っているか分からない」ドッグフードより良質で安全だと判断できます。 出典: 5. グレインフリーだけでなく他のアレルギーも気にして選ぶ すべての穀物が悪いということはありませんが、穀物の過剰摂取は、アレルギーリスクがあるので、グレインフリーのドッグフードを選ぶのは良い選択です。 ただ アレルギーは穀物だけではなく、肉や魚、卵など様々な食材で発症する可能性もあります。 愛犬のアレルギー対策を徹底するなら、穀物だけでなくその他食材も気にして選びましょう。 ドッグフードに使われている原材料数が少ないものは、アレルゲンの特定がしやすくリスク回避に効果的です。 価格が安くてお得だからと大量に買わない 大容量でコスパが良いドッグフードは、ついお得で買ってしまいがちですが、 食べきれない量のフードを買うのはおすすめしません。 長期保存がきくドッグフードなら問題ないですが、もちが悪いフードだと、 時間が経って酸化してしまう恐れがあります。 愛犬に劣化した食事を与えるのはベストとはいえず、せっかく無添加で良いドッグフードを選んでも、栄養もしっかり摂取できません。 そのため 愛犬に「新鮮な状態のまま」与えられて食べきれる量のドッグフードを選び、必要なだけ買い足すようにましょう。 安全なおすすめドッグフード比較一覧表 市販のドッグフードやネットでレビューが高いドッグフードはたくさんありますね。 今回は「安全で良質」に重きを置いて、数あるドッグフードの中から以下の条件を満たしたものを厳選し比較しました。 動物性タンパク質がメイン• 余計な添加物が少ない、もしくは無添加• 5点 厳選したドッグフードは、ドライウェット問わず動物性タンパク質メインです。 あえて消化吸収を促進するため適量の穀物を配合しているフードもありますが、すべて添加物は最小限。 消化の妨げになる食材は使っていないものばかりです。 愛犬家200人に聞いた安全なドッグフードおすすめランキング10選 厳選した良質なドッグフードのなかから、 愛犬家200人を対象に 「どのドッグフードがおすすめできるか」アンケートを行い、人気が高かった順にご紹介します。 デメリット• 7mmぐらいの小粒なので、超大型犬だと丸呑みしてしまうかもしれない• 総合栄養食のフードの定義は、 水とそのドッグフードのみで必要な栄養素を不足なく摂取できるフード、とされています。 総合栄養食として認められるには、以下のどちらかの基準を満たしている必要があります。 より引用 また、規定された栄養の全ての基準値を満たしているドッグフードは「全年齢用」と記載できると記述されています。 栄養バランスが取れたドッグフードを選ぶときは、「総合栄養食」と認められているかどうかが一つの指標になります。 グレインフリーや無添加などドッグフードの安全基準について 今回良質なドッグフードを選ぶ基準としても重要視していますが、以下のように添加物や穀物など、犬の消化の妨げになる原材料を省いたフードは安全性が高いと言えます。 ドッグフードの安全性の基準• グレインフリー 穀物不使用• ヒューマングレード 人間が食べても問題ない安全性を満たしている素材が使われている• 人工添加物が使用されていない無添加 ただグレインフリーに関しては、 穀物すべてが悪いわけではありません。 あくまで穀物に含まれるグルテンという成分の過剰摂取がアレルギーリスクがあるということなので、消化吸収の良い玄米などを配合しているフードはあります。 またヒューマングレードについては、一応安全性の指標にはなりますが、基準があいまいな部分もあります。 そのためヒューマングレード表記を最重要視するのではなく、原材料の産地や製造工程が明確であるかどうかに注目しましょう。 ドッグフードの原材料表記が怪しいフードとは? ドッグフードのラベル表示は、 AAFCO 米国飼料検査官協会:Association Of American Feed Control Official という世界で最も権威があるアメリカの団体によって定められています。 AAFCOでは、ドッグフードだけではなく、ペットの成長期や維持期において必要な栄養素の基準も設定しています。 AAFCOが定めた基準を満たしているドッグフードは 「総合栄養食」と表記されているので、しっかりと栄養が含まれているんだなと判断することができるのです。 参照: ただまれにドッグフードのパッケージに「AAFCO認定」「AAFCO承認」と書かれている商品もありますが、 AAFCOはフードの検査や認定承認をする検査機関ではありません。 適切な表記例は 「AAFCOの基準をクリア」なので、怪しい表記のドッグフードに注意しましょう。 ドッグフードの人工添加物・化学合成物質について ドッグフードに化学合成物質や人工添加物が含まれている場合、商品に直接「化学合成物質入り」と書かれているわけではありません。 そのため人工添加物とはどんな成分なのか、害はあるのかないのかも詳しく知る必要があります。 添加物には着色料や酸化防止剤など種類があるので、それぞれ見ていきましょう。 酸化防止剤 主にドッグフードの賞味期限を延ばす目的で配合される添加物で、「エトキシキン」「BHA」「BHT」とパッケージに表記されています。 【酸化防止剤のリスク】 酸化防止剤 リスク エトキシキン• 皮膚炎• 発がん性 BHA• 発がん性• 染色体異常 BHT• 発がん性 酸化防止剤は食品の酸化による劣化を防ぐ役割を持っているので、ドッグフードの品質を保つために、規定量含まれていることは多いです。 しかしこれらの酸化防止剤は、過剰摂取で 発がん性、染色体異常、皮膚炎などのアレルギーなどのリスクがあります。 どうしても安全性が不安なら、賞味期限が短めですが無添加のドッグフードを選び摂取を避けましょう。 香料・着色料・甘味料 ドッグフードには食いつきをよくするために香料、着色料、甘味料が使用されています。 【香料・着色料・甘味料の主な用途及び避けたい理由】 香料・着色料・甘味料 主な用途 避けたい理由 香料• ミート系• フィッシュ系• ミルク、チーズ系• 食いつきを良くするための香りつけ• 原材料で使用されている肉の品質が良くない可能性あり 着色料• 亜硝酸ナトリウム• 見栄えを良くするため• 発がん性• アレルギーを誘発の恐れ 甘味料• キシリトール• ソルビトール• ビートパルプ• グリシリジン・アンモニエート• コーンシロップ• 食いつきを良くするために甘味つけ• 中毒症状を起こす恐れ 良質なドッグフードのほとんどは、香料でニオイを強めるよりも、素材の香りを生かしたものばかりです。 空気を抜きながらフードの袋を閉める• 高温多湿の状況で保管しない• 直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管する また、ドッグフードを長期で保存したい場合は「真空パック」も便利です。 ドッグフードは空気に触れることで品質劣化が進むため、真空状態にすることで空気が触れなくなり、質の高い保存状態を維持することができますよ。 歯のケアも同時に行うのがベスト どんなに良いドッグフードを与えたとしても、歯のケアが不十分では歯石が溜まって歯周病の原因となってしまいます。 歯磨きガムや犬用歯磨きを使ってある程度の汚れは落とせても、 歯のスキマの汚れやこびりついた歯石を除去するのは難しいです。 歯のケアのため獣医さんに歯石取りをしてもらうのもよいですが、飼い主さんがサプリメントや歯磨きで、日常的に歯のケアをしてあげることも大事です。 歯のケアができるサプリメントには「グロビゲンPG」「ブリスK12菌」のような、歯のスキマにいる悪い菌の活動を抑えてくれる成分が含まれているものもあります。 できれば毎日ケアできるのがベストですが、 数日に1回与えるだけでも歯の健康維持に大きく役立ちますよ。 犬種、健康目的別おすすめドッグフード 今回ご紹介したドッグフードは、どんな犬種におすすめか示しているものの、基本的には総合的にバランスが取れているものが多いです。 トイプードルやチワワなど、犬種別に合ったドッグフードは少し選び方から違います。 犬種ごとに合ったものやダイエット目的など、細かい要望に合ったフードをご紹介します。 離乳食からドライフードへ。 成長期の子犬に合ったドッグフード 新しいドッグフードに切り替えをするときは、体調を崩さないよう 少量ずつ与えて慣らしてあげるのを忘れないようにしましょうね。 この記事は、愛犬家200人が対象のアンケート投票結果に基づきランキングを組んでいます。 愛犬家200人がおすすめするドッグフードアンケート結果 カナガン 72 モグワン 36 ココグルメ 30 ブッチ 12 ネルソンズ 11 レガリエ 10 iDish 10 アランズ 9 LIVEDOG 5 ピッコロ 5 また、ダイエット目的や子犬に合うドッグフードなど、明確な目的がある方向けに、こちらで犬種やライフステージごとに特化した記事をまとめてご紹介します。

次の

UMAKA

うま か ドッグフード

3つの注意点• UMAKAを最安値でおトクに購入するなら公式サイト! UMAKAは Web通販限定のドッグフードであるため、実店舗での販売は行っていません。 それはなぜかというと、UMAKAは大量に製造して店舗に長期間置いておくことができないからなんです。 逆に店舗で購入できるドッグフードというのは、店舗でも長期保存がきくように酸化防止剤や防腐剤などの添加物がたくさん使われています。 もちろんUMAKAにそれらの添加物は一切使われておらず、 店舗ではなく販売会社からご家庭に直送することで、鮮度を保ったまま愛犬に食べさせることができるようになっているんですよ。 ただ、通販の中にも公式サイトだけでなく、その他多くの通販サイトがあり、購入方法や値段も異なることがほとんどです。 また、できるだけ安く、手軽に、安心して購入できるのが一番ですよね。 そこで、まずは損しないためのUMAKAのお得な購入方法をまとめてみました。 UMAKAの最安値比較表 公式サイトと他大手通販サイトでの販売価格を徹底的に調査し、比較表にまとめてみました。 購入の際の参考にして頂ければ幸いです。 解約方法は必ず事前確認を UMAKAは定期コースで注文するとお得に購入することができ、任意のタイミングで解約することができます。 しかし、いざ解約しようと思ったときに解約方法を知らないと、すでに次回分が発送されてしまい余分に購入することになってしまうなどのトラブルになりかねません。 そこでまず覚えておいてほしいのは、「 UMAKAの定期コースを解約する際は、次回お届け予定日の10日前までに手続きを済ませること」です。 もし初回注文のみですぐに解約したい場合は、注文後、もしくは商品が届いてからすぐに解約の手続きをすれば大丈夫です。 次に解約方法についてですが、こちらは UMAKA公式サイトのマイページ、もしくは電話かメールにて解約手続きを行うことができます。 面倒なやり取りなどは一切なく、簡単に解約することができるので時間があるときに済ませておきましょう。 ただし、 電話での受付は営業時間内のみとなっているので注意してください。 悪い口コミの中でもとくに多かったのが「そもそも食べてくれない」という口コミで、一見UMAKAはどのワンちゃんの好みにもマッチしていないのかも?と思うかもしれませんが、これらの口コミにはいくつかの共通点がありました。 その共通点というのが、「いきなりUMAKAに切り替えている」ということです。 ワンちゃんにもよりますが、 いきなり香りや味が違う新しいフードを出されても、警戒してしまって食べないことがよくあります。 なので、 UMAKAに切り替える際は普段食べさせているフードに少しずつ混ぜ、10日間を目安にゆっくりと切り替えていきましょう。 また、ウェットフードなど味や食感が全く異なり、嗜好性が高いフードを与えていた場合も同様です。 以前のフードと比べて食いつきが良くありません。 食べてはくれてますが、食いつき具合を比べるとあまり良くないです。 初日は興味津々でガツガツ食べてくれていましたが、興味が薄れてきたのか、だんだんと食いつきが良くなくなってきました。 食いつきが悪い場合は、ウェットフードをトッピングしたり、ぬるま湯でふやかすことで嗜好性をアップさせ、高確率で食いつきを良くすることができます。 ただし、長期間トッピングをしたりふやかして与えていると、そうしないと食べてくれなくなってしまうこともあるので要注意です。 トッピングは特別な時だけ与えたり、徐々に量を減らしていくなど工夫をしてみましょう。 ふやかす場合も、徐々にお湯の量を減らしていくことで、UMAKA本来の味や食感に慣れさせていくことができます。 定期コースの解約方法、注文内容の変更方法が分かりません。 定期購入で安く買いたいのですが、解約方法が分からず未だに購入できていません。 1ヶ月で使い切ることができないのでお届け周期を変更したいのですが、変更の仕方がわかりません。 定期コースの解約やお届け周期の変更・休止・再開などは、公式サイトのマイページから簡単に手続きを行うことができます また、電話やメールでも受け付けているようなので、公式サイトでの手続きが面倒と感じる方はこちらを利用しましょう。 一番早いのは電話で、「解約したいです」と一言伝えるだけですぐに解約することができます。 解約理由を尋ねられたり、引き留められたりといった面倒なやり取りは一切ないので安心です。 UMAKAを食べさせて太らないか心配です。 以前、同じように400kcalのフードを食べさせて太ってしまったので心配です。 うちの子はよく食べるし、ねだられると「あと少しだけね」と与えてしまうので太らないか心配です。 困った時はUMAKAのよくある質問をチェック! 困った時に役立つのが、よくある質問です。 これらの質問は購入者がよく疑問に思っていることや、多くの方が悩んでいることでもあります。 もし同じような疑問や悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、こちらのよくある質問に対する回答を参考にしてみてください。 UMAKAは他のフードとどう違うんですか? 一番の違いは、メインのお肉・タンパク源として 福岡県のブランド鶏である「華味鳥」が使われていることです。 飼料用のチキンミール(副産物)などではなく、普段私たちが食べている食用の鶏肉をドッグフードの主原料として使用することで上質なタンパク質を摂ることができ、愛犬の健康や長生きにもつながります。 また、「華味鳥」は食用の鶏肉の中でも特に品質が高く、販売会社であるトリゼンフーズによってこだわりを持って飼育されたブランド鶏です。 さらに、 他の食材もすべて国産素材を使用しているため、ワンちゃんにとって安心安全で健康的なフードに仕上がっています。 UMAKAはなぜお店で購入できないんですか? UMAKAを店舗で販売してしまうと、販売する分だけ製造したフードは購入されるまで店舗で保管しなければならず、その期間が長ければ長いほど劣化していき、品質も落ちてきてしまいます。 そのため、UMAKAでは 通販サイトでの販売に限定することで、販売会社からご家庭に直送し、新鮮な状態でワンちゃんに食べさせることができるようになっています。 UMAKAに人口添加物は使われていますか? 保存料や着色料、酸化防止剤など、犬の身体や健康に悪影響となる添加物は一切使用されていません。 そのため、涙やけやにおい、毛並みなどで悩みを抱えているワンちゃんにもおすすめのドッグフードとなっています。 ただ、天然素材だけで1日に必要な栄養素を補うのは難しいため、ビタミンやミネラルなどの栄養素のみ添加されています。 ビタミンやミネラルも犬にとって欠かせない重要な栄養素なので、しっかりと補う必要があるのです。 UMAKAを与えてアレルギーの心配はありませんか? UMAKAでは、 食材の中でもアレルギーが起こりやすいと言われている小麦を使用していないため、グルテンフリーのドッグフードになっています。 ただ、すべてのワンちゃんが食べても絶対にアレルギーが起こらないということはなく、鶏肉などその他の食材でアレルギーが起こってしまう場合もあるので、 購入する前に原材料の表示をよく確認してください。 もしアレルギーが起こってしまった場合は与えるのをすぐに中止し、動物病で診てもらうようにしましょう。 フードの切り替えで気をつけることはありますか? すぐにUMAKAに切り替えるのではなく、 10日間くらいかけてゆっくりと切り替えていくのがおすすめです。 フードを急に変更すると、腸内や消化機能に負担がかかり下痢などの症状が出てしまう恐れがあるためです。 切り替え初日はいつも食べさせているフード9割にUMAKA1割を混ぜて与えましょう。 2日目はいつも食べさせているフード8割、UMAKA2割と徐々にUMAKAの量を増やしていき、10日目くらいに完全にUMAKAへの切り替えを完了させます。 そうすることで、 腸内や消化機能に負担をかけることなく、スムーズにフードの切り替えを行うことができます。 保存はどのようにすればいいですか? 高温多湿を避け、冷暗所で保存するようにしましょう。 直射日光が当たらず、風通しの良い場所に置くとなお良しです。 逆に日光がよく当たる場所や、お風呂場などの湿りやすい場所に置くとフードが傷みやすくなってしまうので十分に注意してください。

次の