ロボット 掃除 機 おすすめ 2019。 安くて高性能のロボット掃除機おすすめ5選+6商品【家電ライターに取材】静音設計やコンパクトタイプもご紹介

2020最新ロボット掃除機7社徹底比較。特徴・性能別のおすすめの選び方

ロボット 掃除 機 おすすめ 2019

ロボット掃除機のチェックポイント• おすすめのロボット掃除機12選• 【関連記事】 ロボット掃除機の特徴 何といってもロボット掃除機のよさは、電源を入れて放っておけば部屋の床を勝手に掃除してくれること。 なお、普段の掃除にメインで使用するなら、従来のキャニスター掃除機や、吸引力の上がっているスティック掃除機のほうが適しています。 その基本を、以下にご説明します。 製品にもよりますが、フローリングだけでなくカーペットやラグ、畳などにも対応しており、床面にあわせて掃除モードを変更できるようになっています。 また、高性能モデルは内蔵センサーで段差も検知。 少しの段差であれば乗り越えて掃除を継続し、階段があると落っこちないように方向転換します。 さらに機能面では、進入してほしくない部屋や場所を掃除しないように設定できる「進入禁止機能」が搭載されているモデルもあり、細かい指定が可能です。 多くのモデルが、裏面にサイドブラシや吸引口、ローラーなどのパーツを備えています サイドブラシで壁際や家具の脚周りなどに溜まったゴミをかき出し、底面の吸引口から吸引する仕組み。 モデル数はあまり多くないですが、こちらも用途にあわせて選べます。 基本となるゴミの吸引や自動走行の性能はもちろん、本体のサイズ、Wi-Fi対応によるIoT化まで、モデルによって訴求ポイントが大きく異なります。 以下に、トレンドとチェックしたい要素をご紹介しましょう。 ロボット掃除機の牽引役となった「ルンバ」に代表される丸型デザインがスタンダードですが、壁のコーナーに深く入り込めるよう、三角形のデザインを採用した製品も出ています。 また、家具の間やテーブルの脚周りに動きやすいように、本体の小型化に重点を置いたモデルもあります。 使用環境にもよるので一概には言えませんが、その寿命は大体3〜5年ほど。 製品購入の際には、バッテリー交換の目安もチェックしておくとよいでしょう。 また、本体が小型化されているので、メインで使われることの多いキャニスター型やスティック型に比べると、ダストボックスの容量は小さめ。 25〜0. 3L前後が平均的で、ゴミが溜まってきたら手動で捨てる必要があります。 特に清潔性が気になるという方も多いと思いますが、最近はダストボックスを取り外して水洗いできるモデルが増えています。 なかには、スマートスピーカーと連携して音声操作が可能なモデルも登場。 ロボット掃除機は、IoT化のトレンドにいち早く対応している家電のひとつなのです。 自宅の家電をスマート化している人は、ぜひこの辺にも注目してみてください。 Wi-Fi機能に対応し、スマホやスマートスピーカーから操作ができる「ルンバ」シリーズ おすすめのロボット掃除機12選 ここからは、価格. comで買えるおすすめのロボット掃除機をご紹介していきましょう。 基本となるナビゲーション機能や吸引性能を高めているのはどれも同じですが、上述の通り、製品によって機能・個性はさまざまです。 自分のライフスタイルに合う1台を見つけてみましょう。 com「ロボット掃除機」カテゴリーでも売れ筋のシリーズです。 本体に搭載するカメラと高精度センサーで、掃除をしながら「室内のマッピング」と「ルンバ自身の位置情報の把握」を同時に行い、掃除ルートをスムーズに自動走行していきます。 「リビング」や「子ども部屋」といった家全体の間取りまで認識して、高効率に掃除を行います。 また、ゴミを自動収集する充電台「クリーンベース」が付属するのもポイント。 掃除が完了してルンバが充電台に戻ると、本体のダストボックスに溜まったゴミを、クリーンベース内の紙パックに自動で排出してくれるんです。 つまり、ゴミ捨てもほぼ自動化されているというわけ。 そのほか、Wi-Fi機能を搭載していて、「Google Home」や「Amazon Echo」などのスマートスピーカーと連携し音声操作することも可能です。 他の追随を許さない、先進性と機能性を備えた高機能っぷりに注目。 【関連記事】 3. パナソニック「RULO MC-RS810」 3種類のセンサーを搭載し、部屋の間取りとゴミを検知して動く パナソニック独自の三角形状(ルーロー形状)が特徴的な「ルーロ」シリーズ。 このデザインより、壁ぎわまで動きやすく、部屋のスミの細かいゴミまで逃さず吸引できるのがポイントです。 また、本体に備える「レーザーセンサー」「超音波センサー」「赤外線センサー」の3種類の障害物検知センサーによって、約2cm幅の障害物まで検知することが可能。 人工知能「RULO AI 8. 0」を搭載し、部屋の間取りとゴミの多い場所を学習しながら効率的に掃除を行うことで、運転時間を短縮しています。 スマホとの連携にも対応しており、専用アプリから遠隔操作、掃除結果の記録や確認、掃除の予約などが行えます。 アプリには、1回の掃除で集じんした量や、部屋のどの部分にゴミが多かったかまで確認できる掃除の記録機能もあって便利。 【関連記事】 4. パナソニック「RULO mini MC-RSC10」 狭い場所もスイスイ! 本体を40%小型化したコンパクト機 名称に「mini」と付く通りの、コンパクトなロボット掃除機。 「ルーロ」シリーズの特徴である三角形状を継承しつつ、スタンダードモデルと比較して本体が40%も小型化されました。 直径約25cmの小さいボディで、32cm以下間隔の家具の脚の間も余裕で通り抜けます。 ワンルーム住まいのひとり暮らしでも使いやすいですし、「リビングだけ」「書斎だけ」といったように特定の部屋の掃除用にもピッタリ。 さらに、モノが置かれていない1畳以上のスペースで渦巻状に掃除する「スパイラル走行」を行うのもポイント。 このスパイラル走行を組み込むことで、掃除の効率を高めています。 【関連記事】 5. エレクトロラックス「PUREi9. そんな同社が開発したロボット掃除機の最新モデルが「PUREi9. 大きな特徴は、独自開発の3Dマッピング機能「3D Visionテクノロジー」を採用すること。 2自身のいる位置も含めて把握し効率的に掃除を行います。 ロボット掃除機としては多めの700mlという集じん容量を備えており、約2時間の充電で最長120分の連続駆動が可能。 また、スマホアプリからの操作も行えます。 毎分78,000回転の速度で稼働する「デジタルモーター V2」により、一般的なロボット掃除機の4倍のパワーを発揮するというのがポイントです。 さらに同社のコードレススティック掃除機やキャニスター掃除機に使われている独自のサイクロンテクノロジーを搭載しており、最大70,000Gの遠心力で微細なゴミを空気から分離し、クリーンな排気にも配慮した設計としています。 これにより自身の位置とムダのない走行ルートを導き出し、効率よく掃除を行います。 【関連記事】 7. 本体の高さが一般的なロボット掃除機と同等の9. 2cmながら、直径が25cmというコンパクトさを実現しています(一般的なロボット掃除機は大体直径30cm前後)。 そのサイズのおかげで、テーブルの下や椅子の脚周りなど、狭い場所もスイスイ動けるのがメリット。 狭い住宅の多い日本で使いやすいモデルのひとつと言えるでしょう。 本体には、専用開発された走行制御システム「minimaru AI」を搭載。 複数のセンサーにより周囲の状況を把握し、室内環境にあわせて100以上の走行パターンから最適なルートを選択して掃除を行う仕組みです。 【関連記事】 8. 大きな特徴は、音声で操作をしたり会話ができる「ボイスコミュニケーション機能」を搭載していること。 「挨拶」や「お礼」といった会話もでき、「壁際やりまーす」など運転中におしゃべりもします。 そんなユニークなコミュニケーション機能によって、「人に寄り添うロボット掃除機」と言えるモデルです。 もちろん、基本的な掃除機能も高性能。 ジャイロセンサーを使った「縦横無じんシステム」で、室内環境にあわせてさまざまな走行パターンを組み合わせて自動走行したり、超音波センサーで部屋のスミを検知する「エアーすみブラシ」機能により、風を吹き付けて壁際の取れにくいゴミをかき出します。 iRobot「ブラーバ ジェットm6 m613860」 ルンバと連携できるiRobotの床拭きロボット 「ブラーバ ジェット」は、あの「ルンバ」の大ヒットでおなじみのiRobotが開発した、床拭き用のロボット掃除機。 ジェットスプレーで水を噴きつけて床の汚れを浮かせ、クリーニングヘッドを細かく振動させて拭き掃除を行うのが特徴です。 最新モデルの「m6」は、ルンバから継承したナビゲーションシステム「iAdapt 3. 0 ビジュアルローカリゼーション」を搭載しており、部屋の広さや形状を把握しながら自動走行。 またルンバとの連携にも対応しており、ルンバの掃き掃除が終わったら自動で拭き掃除をスタートする設定も可能となっています(連携設定に対応した機種のみ)。 【関連記事】 12. Anker「Eufy RoboVac L70 Hybrid」 「ゴミの吸引」と「水拭き」を同時に行うハイブリッド掃除を実現 モバイルバッテリーや急速充電器などの開発で有名なAnkerによる家電ブランド「eufy(ユーフィ)」のロボット掃除機。 その大きな特徴は、「掃き掃除」と「水拭き掃除」を同時に行えることです。 本体底面前方のブラシでゴミをかき集めて吸引しながら、後方のモップで水拭きするというのが基本的な仕組み。 その内部には、3種類のセンサーを用いた「iPathレーザー・ナビゲーション」と「A. I Mapテクノロジー」を搭載し、自分の位置と部屋の間取りを認識しながらマッピングして効率的に掃除を行います。 ロボット掃除機としては低価格帯に入るモデルながら、高い機能性を備えているのが大きな魅力。 【関連記事】.

次の

安くて高性能のロボット掃除機おすすめ5選+6商品【家電ライターに取材】静音設計やコンパクトタイプもご紹介

ロボット 掃除 機 おすすめ 2019

出典: ロボット掃除機とは、 自立走行する掃除機です。 本体に搭載されたセンサーやカメラを用いて、障害物や段差を避けて走行しつつ、自動的にゴミやホコリを集めてくれます。 何といっても 手間をかけずに掃除ができる点がメリットで、最近は吸引・集じん力に優れたモデルも数多く登場しています。 そのため、 ふだんの掃除はロボット掃除機に任せ、気が向いたときに自分で掃除機をかけるといった方も増えているんですよ。 またアプリで指示したり、ボタンを押したりするだけで掃除をはじめてくれるので、 外出時に掃除をさせておくことができるのも大きなメリットです。 日々の面倒な掃除を代行してくれる便利なロボット掃除機ですが、 そのなかでも不動の人気を得ているのがiRobot社のルンバです。 ルンバはロボット掃除機の登場以降、常にトップシェアを守り続けています。 世界におけるシェアは実に60%以上(2012~2016年)。 昨年は 吸引力5倍、バッテリー寿命1. 5倍と成長を遂げたルンバ800シリーズもリリースされ、さらに人気が高まっています。 ルンバシリーズに関して、くわしくは以下の記事を参考にしてください。 スケジュールを組めるタイプも有り。 サイズが小さいと、ベッドの下や家具の間なども掃除ができる。 大きいと短い時間で掃除ができる。 複数の走行モードやカメラ搭載のモデルなら、効率的にゴミを収集できる。 汚れた場所を感知し、キレイになるまで清掃してくれる機種も。 一般的には、充電時間が約3時間で稼働時間が約1時間。 最近では、約120分連続使用できるロボット掃除機も登場している。 (ルンバ980) 上記で挙げた項目のほかにも、カーペットや敷居などを乗り越える 「段差乗り越え機能」などにも注目して選びましょう。 また、の「ボイスコミュニケーション」機能や、の「ハウスダスト発見センサー」など、特長的な機能をもったモデルもあります。 05kg ダストボックス容量 0. 3L 連続稼働時間 最長120分 充電時間 約280分 機能 落下・衝突防止機能 自動充電機能 予約機能 ペットの毛やホコリを効率的に清掃します。 ロープライスながらも、自動充電機能や予約機能など、 ロボット掃除機としての基本的な機能がしっかりと搭載されたモデルです。 ペットがいる家庭のために設計されており、 細かな毛やホコリをよく吸い取ってくれます。 ダストボックスには多重フィルターが採用されており、排気もキレイです。 「コスパに優れている」 「ペットがいる家には最高!」 「想像したよりもずっとキレイになる」 など、おおむね良好な評価を得ている商品です。 いっぽう、 「センサー類の感度が弱い」といった点を指摘している方もいますので、部屋に段差が多い方は注意してください。 コストパフォーマンスに優れているため、 ロボット掃除機をはじめて購入する方や、お試し感覚で使ってみたい方におすすめです。 2kg ダストボックス容量 0. 163L 連続稼働時間 最長50分 充電時間 約240分 機能 落下防止センサー バッテリー切れお知らせアラーム いつでもお部屋をカンタン、キレイに こちらもロープライスを実現しながらも、じゅうぶんな機能をもったロボット掃除機です。 本体には 3種類の動きがプログラミングされており、らせん状にくるくると回ったり、壁にそって動いたりと、 お部屋の形に合わせて掃除をしてくれます。 ブラシがついているタイプの商品ですので、 取り除きにくい角のゴミもしっかりとかきとることができます。 「とてもよく働いてくれる」 「ちゃんとゴミを吸ってくれる」 「コスパがバツグン」 など、多くのユーザーが及第点以上の評価をしています。 コスパの高い商品ですが、バンパーが家具などに当たってから検知するタイプですので、 家具を傷つけたくない方は要注意です。 手ごろな価格でロボット掃除機を試してみたい方や、在宅時にしか使用しない方におすすめです。 4kg ダストボックス容量 0. 2L 連続稼働時間 最長60分 充電時間 約300分 機能 落下防止機能 段差乗り越え機能 自動充電機能 衝突防止機能 タイマー予約 ゴミ残しまセンサー機能 マナーモード ダストステーション トルネードシステムCLEAR搭載、ダストステーションつきモデル TOSHIBAの大人気シリーズ「トルネオ」にラインナップされているロボット掃除機です。 本商品のいちばんの特長は、充電器にダストステーションが搭載されていることです。 掃除機が集めたゴミを自動的に集積してくれ、ゴミを捨てる目安はなんと1ヶ月。 ダストカップも丸洗いが可能ですので、とにかくメンテナンスが簡単です。 クチコミでも「手入れがしやすい」というメンテナンス部分を褒める声が目立ちます。 どの製品もそうですが、 「充電ステーションに戻ってこないことがある」とのレビューも見受けられます。 床に物やコード類などが多く置かれている方は、通り道を確保する工夫が必要でしょう。 ごみ捨てが面倒な方や、できるだけメンテナンスが楽な商品を探している方におすすめです。 6kg ダストボックス容量 - 連続稼働時間 最長60分 充電時間 - 機能 3段階クリーニングシステム 自動充電機能 ボタンひとつ押すだけで、すみずみまでキレイに ロボット掃除機の大人気ブランド、ルンバのエントリーモデルです。 3段階のクリーニングシステムを搭載し、角のゴミやペットの毛、ホコリや細かなハウスダストまでしっかりと吸引してくれます。 床の材質に応じて自動的に吸引口を調整するため、効率的にゴミを除去できることも人気の理由です。 ゴミの多いポイントはキレイになるまで何度も清掃してくれるなど、総じて 「頭のよさ」が目立ちます。 クチコミでも機能や価格を褒めているものが多く、 「自動で充電をしに戻る姿がかわいい」と、見た目や動きにはまってしまう方が多いのも特長的です。 エントリーモデルながらも、ルンバの特長がよく出た商品ですので、 ルンバの実力を試してみたい方や、コスパのよいロボット掃除機を探している方におすすめです。 3kg ダストボックス容量 0. 25L 連続稼働時間 最長60分 充電時間 約180分 機能 落下防止機能 段差乗り越え機能 3段階の掃除モード タイマー予約 リモコン操作 「小さい」という、新機能。 掃除しにくいせまいところまでしっかり掃除。 「minimaru」は、 小型でカワイイフォルムが特長的なHITACHIのロボット掃除機です。 かなりコンパクトなボディですので、ソファやベッドの下、椅子の足回りなど、 狭い場所にもどんどん入っていける強みがあります。 置き場所に困らないのも嬉しいポイントですね。 「細かいところまでしっかり掃除をしてくれる」 「キビキビと動いてくれる」 といったクチコミが多く、細かく丁寧な仕事に多くの方が満足しているようです。 コンパクトで細かい動きが得意な掃除機ですので、 一人暮らしの方にピッタリのモデルです。 とにかく小回りが利きますので、 リビングで使用する方にもおすすめです。 Dysonの代名詞であるとも言える「吸引力」が目玉で、サイクロンテクノロジーによりホコリやゴミをしっかり吸引してくれます。 さらにアプリと連携すれば、スケジュール予約や掃除の進行状況などをリアルタイムで確認できるようにもなります。 「吸引力が強い」 「ゴミをたくさん取ってくれるので、確認するのが楽しみ」 など、吸引力や集じん能力に関して良好なクチコミが多いのも、さすがDyson製品といったところではないでしょうか。 ちなみに、 ソフトウェアの更新にはスマホやWi-Fiが必要ですので注意が必要です。 そのぶん、環境さえ揃えられればじゅうぶんなポテンシャルを発揮してくれます。 部屋をしっかり掃除したい方や、吸引力の高い機種を探している方におすすめです。 3kg ダストボックス容量 0. 25L 連続稼働時間 最長120分 充電時間 約180分 機能 落下防止機能 段差乗り越え機能 縦横無じんシステム くるりん走行 ココロエンジン ボイスコミュニケーション 予約運転 自動充電機能 縦横無じんシステムで、部屋のスミズミまでお掃除。 「縦横無じんシステム」と呼ばれる走行プログラムを搭載した、高機能なロボット掃除機です。 吸引力も高いため、部屋のすみずみまで丁寧にホコリやゴミを取り除いてくれます。 ロボット掃除機としてのじゅうぶんなスペックを備えている本機ですが、もっとも 特長的な機能が「ボイスコミュニケーション」機能です。 一見すると 「日本メーカーの家電にありがちなムダな機能では」と感じてしまうかもしれませんが、意外なことに 「話しかけると返事をしてくれて嬉しい」 「なんだかんだでカワイイ」 「つい声をかけるようになってしまった」 など、好意的なクチコミが多いことに驚かされます。 この「ボイスコミュニケーション」機能は、 お子さんがいる家庭や、高齢者世帯にはピッタリ。 吸引力、集じん力も高いので、 高機能なロボット掃除機を探している方にもおすすめです。 8kg ダストボックス容量 - 連続稼働時間 最長60分 充電時間 約180分 機能 落下防止機能 段差乗り越え機能 自動充電機能 スケジュール機能 ゴミフルサイン ゴミセンサー バーチャルウォールモード ダートディテクトモード ヘイローモード アプリ連携 パワフルな清掃力でゴミやホコリ、ペットの毛まで確実に吸いとる ロボット掃除機のナンバーワンブランド、 ルンバのハイエンドモデルです。 「」を搭載し、従来の製品より ゴミやホコリの除去量を大幅にアップさせることに成功しています。 アプリと連携すれば、家のなかでも外出時でも、 好きなときにルンバを動かすことが可能です。 スケジュール設定も可能で、毎日決まった時間に起動させることもできます。 総じて「購入してよかった」とのクチコミが多く、単身赴任者や高齢者の方など、さまざまなタイプのユーザーから支持されている名機です。 パワーのある掃除機ですので、 忙しくて掃除をする時間がなかなか取れない方におすすめです。 7kg ダストボックス容量 0. 15L 連続稼働時間 最長70分 充電時間 約120分 機能 落下防止機能 自動充電機能 タイマー予約 3段階走行モード ハウスダスト発見センサー 赤外線・超音波センサー 独自の三角形状のロボット掃除機に、スタンダードモデル追加 ロボット掃除機には珍しい、 三角形のフォルムを採用したモデルです。 Panasonic「RULO」シリーズのエントリーモデルとして開発された機種ですが、じゅうぶんなスペックを備えています。 3段階の走行モードで清掃をおこなうため、 角にあるゴミも効率的に集めることが可能です。 さらに「ハウスダスト発見センサー」が搭載されているので、 目に見えない細かなゴミまで除去してくれます。 「細かく動いてキレイにしてくれる」 「キレイだと思っている箇所でも、けっこうゴミを取ってくれる」 と、清掃能力の高さを評価するクチコミが目立ち、集じん能力の高さがうかがえます。 頑張って掃除をしてくれるせいか、 家具にぶつかることが多いようですので、傷をつけたくない方は注意が必要です。 ハウスダストが気になる方や、細かなほこりまで念入りに掃除をして欲しい方におすすめです。 最長120分の連続稼働時間で、 清掃可能な面積はなんと最大112畳。 これ一台で家のすみずみまでキレイになります。 さらに、 自動で充電したあとに再開する機能も備えています。 肝心の吸引力も申し分なく、カーペットやラグの上でも 自動で吸引力を引き上げてくれるため、床の素材を問いません。 「吸引力がバツグン」 「広いエリアもじゅうぶんキレイにしてくれる」 「カーペット掃除にも最適」 などのクチコミが多くあり、吸引力についての満足度が高さが目立ちます。 とにかく高機能なモデルですので しっかりと掃除をしたい方や、ペットを飼っている方、家が広い方はもちろん、どなたにもおすすめできるナンバーワン商品です。

次の

【おすすめ】コスパ最強の安いロボット掃除機6選【高性能】

ロボット 掃除 機 おすすめ 2019

ロボット掃除機は、部屋の床を掃除してから充電台に戻るまで、基本的に全自動で実行するのが特徴。 掃除するルートも、内蔵カメラやセンサーで割り出してマッピングします。 自動で走行するため、放っておいても部屋をきれいに保てるのがメリットです。 なかには、カーペットや段差を越えられるモノや、畳などさまざまな種類の床に対応したモノなどが存在し、キッチンや和室の掃除にも便利。 進入禁止エリアを設定できるモデルもあるので、ライフスタイルに合わせて使用可能です。 また、一般的な吸引タイプのほか、拭き掃除タイプのロボット掃除機も存在します。 使用したい場所に合わせて検討してみてください。 ロボット掃除機の種類 吸引タイプ By: ロボット掃除機を選ぶ際には、横幅と高さのサイズも重要なポイント。 高さがあるとベッドやソファの下に入り込めなかったり、横幅が大きいと家具の隙間に入れなかったりするため、あらかじめ掃除したい場所とロボット掃除機のサイズをしっかりとチェックしておきましょう。 シチュエーションにもよりますが、横幅は35cm以下、高さは10cm以下であれば、ほとんどの部屋で掃除をすることが可能。 脚の短いローソファやローベッドのある部屋で使うなら、よりコンパクトで薄型なモノを選んでおくと安心です。 ちなみに、サイズの小さなロボット掃除機は、通常サイズのロボット掃除機に搭載している機能がついていないこともあります。 床掃除の頻度や汚れの種類に合わせて、使い勝手のよいモデルを選びましょう。 ダストボックスの容量をチェック By: ロボット掃除機が吸い込んだゴミやホコリは、内部の「ダストボックス」に溜まっていきます。 製品にもよりますが、ダストボックスの容量は0. 25~0. 45L前後のモノが多く、スティック型やキャニスター型の掃除機と比べても容量が小さくなっています。 ダストボックスの容量が小さなロボット掃除を選んでしまうと、あっという間にゴミが溜まってしまい掃除をする度に捨てなければなりません。 頻繁にゴミを捨てるのが面倒な方は、たくさんのゴミを溜めておける0. 6~0. 7Lの大容量ダストボックスを備えたモデルがおすすめ。 本体のダストボックスに溜まったゴミを自動で集塵できるモデルなら、面倒なゴミ捨ての手間や回数を大幅に減らすことが可能です。 お部屋の形状や家具の配置を把握する「マッピング機能」をチェック By: 基本的にロボット掃除機は段差に弱いため、製品によっては引き戸のレールや、厚みのあるカーペットやラグマットのような、ちょっとした段差でも走行不能になる場合があります。 そのため、ロボット掃除機を選ぶ際には乗り越えられる段差もしっかりとチェックしておきましょう。 ほとんどのロボット掃除機は、1~1. 5cm程度の段差なら問題なく乗り越えて掃除することが可能です。 比較的段差に強いとされているアイロボットやダイソンのロボット掃除機なら、2cm程度の段差もらくらく乗り越えて掃除ができます。 もし家に2cmを超えるような段差がある場合には、スロープなどを設置して段差のない環境を作っておくと安心です。 落下防止機能をチェック By: ロボット掃除機を選ぶ際は、自動充電に対応するかどうかをチェックするのも大切。 自動充電に対応するロボット掃除機は、掃除が完了したり、バッテリー残量が一定以下になったりすると、自動で充電ドックへ帰還して充電を開始します。 反対に自動充電に対応していないモデルは、掃除が完了したり、バッテリーがなくなったりすると、その場で停止して動かなくなります。 見つけやすい場所で停止していれば問題ありませんが、ソファやベッドの下などで止まってしまうと、都度家具を移動させなければならず面倒です。 現在はほとんどのモデルについているスタンダードな機能ですが、一部の安価なモデルにはついていないこともあるので、選ぶ際にはしっかりと確認しましょう。 進入禁止マーカー ルンバシリーズのハイエンドモデルです。 高速応答プロセス「iAdapt」に対応しているのが特徴。 部屋の状況を把握し、家具の脚まわりもスムーズに掃除します。 ゴミや汚れの多い場所をセンサーで感知するので、広い範囲をより効率的に清掃可能です。 エッジクリーニングブラシの搭載により、壁ぎわのゴミもかき出しながらしっかり吸引。 本体が薄型なので、高さ10cm以上の隙間があればベッドの下なども走行できます。 また、2cm程度の段差も乗り越え可能。 ゴム製のデュアルアクションブラシで、カーペットに入り込んだゴミもかき取ります。 さらに、コードなどのからまりを自動で解消する機能も搭載。 家電製品のケーブルや敷物のフリンジにからまりにくく、スムーズに走行可能です。 「デュアルバーチャルウォール」も付属しており、進入禁止スペースの指定できます。 Wi-Fi接続にも対応しており、専用アプリをダウンロードすればスマートフォンからも操作可能。 スケジュール管理や清掃履歴の確認などもできます。 優れたナビゲーション技術を搭載しているロボット掃除機です。 家の間取りを素早くマッピング。 未清掃エリアを清掃するタイミングなども指定でき、ライフスタイルに合わせて稼働できます。 最大120分稼働できるため、広い部屋や複数の部屋の掃除にもおすすめ。 また、自動充電機能と自動再開機能を搭載しており、全自動で清掃可能です。 さらに、2本のゴム製デュアルアクションブラシも搭載しているので、小さなゴミやペットの毛もパワフルに吸引します。 ウルトラエッジデザインと5本のコーナーブラシにより、壁際や角のホコリも清掃可能。 スマホ操作のほか音声操作にも対応しており、スケジュール設定や、床拭きタイプの「ブラーバ」シリーズとの連携設定もできます。 掃除後は、ダストボックスのゴミをクリーンベースへ自動で排出。 クリーンベースにはダスト容器30杯分のゴミを集められるため、ゴミ捨ての手間も省けます。 暗い場所でも間取りを把握できるのが特徴。 幅約2cmの椅子の脚なども回避します。 また、本体が三角形なので、壁際や部屋など隅の掃除にも便利。 「クリーンセンサー」の採用により、花粉など微細なゴミもしっかり吸引します。 「フロント3Dセンサー」で段差を検知し、「アクティブリフト」で本体をリフトアップできるのもポイント。 最大2. 5cmの段差を乗り越えられるほか、高さ10cm以上の段差からは落下を防ぎます。 さらに、ユニークな「otomo機能」を搭載しているのも魅力。 人の足を認識するとペットのようについてきて、「スポット掃除」を行います。 小さな子供でも簡単に操作可能です。 そのほか、スマホから操作できるのもメリット。 外出先からでも掃除結果のレポート確認やエリア指定、スケジュール設定などができます。 スマートスピーカーにも対応しており、シーンに合わせて手軽に操作しやすいモデルです。 小回りが利くコンパクトなロボット掃除機です。 幅24. 2cmの小型タイプ。 椅子の下やソファの下などの狭い隙間も、スムーズに走行します。 吸込口の近くにはサイドブラシを搭載。 また、V字型構造のブラシで中央にゴミを集め、周囲のゴミを吸い取ります。 三角形で本体を左右に振りながら動くため、部屋の隅や壁際のゴミもかき出して吸引可能。 壁ぎわの検知機能も備わっており、ゴミを効率よく集められます。 また、「クリーンセンサー」を搭載しているのも魅力。 ハウスダストや花粉などの目に見えないゴミも、検知して吸引します。 「スパイラル走行」により、広いスペースも効率よく清掃可能。 そのほか、「音ひかえめモード」が備わっているため、マンションなどの集合住宅にもおすすめです。 パワフルに吸引できるロボット掃除機です。 毎分最大78000回転する「ダイソン デジタルモーター V2」と「Radial Root Cyclone テクノロジー」を採用。 ゴミやホコリを空気と分離するため、排気もクリーンです。 また、ブラシと本体の全幅が同じ長さに設計されているため、一度通過するだけでゴミをしっかり取り除きます。 カーボンファイバーブラシと硬いナイロンブラシを採用しており、フローリングからカーペットまで、幅広い床面に対応可能です。 暗い室内でも、8つのセンサーで段差や障害物を回避しながら隅々まで掃除します。 スマホの専用アプリからスケジュール設定をすることも可能。 アプリ上でエリア分けができ、エリアごとの掃除もできます。 静音モードへの切り替えもでき、就寝中の掃除にも役立つ製品です。 吸引タイプとしても拭き掃除タイプとしても使える、ハイブリッド設計のロボット掃除機です。 床面や汚れなどに合わせて、モードを使い分けられるのが特徴。 吸引力が高いうえ、約7. 2cmの薄型なので、さまざまな場所をしっかり掃除できます。 また、電子レンジの運転音と同程度の音量で走行するため、集合住宅に住んでいる方にもおすすめ。 衝突防止機能や落下防止センサーを搭載しているのも魅力です。 さらに、上面には強化ガラスカバーを採用しており、タフに使用できます。 稼働時間は最大80分。 バッテリー残量が少なくなると、自動で充電ステーションへ戻って充電を開始します。 充電完了後は、掃除を中断したエリアから掃除を再開。 広いエリアも自動で掃除可能です。 そのほか、アプリでの操作にも対応。 スマホでクリーニングモードの変更や、スケジュール設定などができ、外出中の掃除にも便利です。 ペットを飼っている方から人気のロボット掃除機。 リーズナブルな価格で、エントリーモデルとしてもおすすめです。 簡単に操作できるのが特徴。 本体やリモコンのボタンで、電源のオン・オフや進行方向の調節が手軽にできます。 1cmの薄型で、狭い家具の下もスムーズに走行可能。 1cm程度の段差も乗り越えられるのもポイントです。 落下防止機能や障害物回避機能も備わっており、家具の多い部屋や階段近くの掃除にも便利です。 自動充電機能が搭載されているのもメリット。 バッテリー残量がなくなると自動で充電台まで戻るため、充電したり電源を入れたりする手間が省けます。 本製品は、ブラシレス吸引口を採用したモデル。 吸引力は低めながら、ペットの毛などによるほつれを軽減できます。 ダストボックスには多重フィルターを備えており、排気もクリーンです。 吸引タイプながら、拭き掃除にも対応したロボット掃除機です。 水拭きと乾拭きの両方に対応しており、フローリングのホコリや液体汚れも清掃できます。 また、自動モードや壁際清掃モード、集中清掃モードなど多彩な機能が備わっており、汚れに合わせて選択可能です。 V字型のメインブラシを採用しているため、カーペットなど毛足の長い敷物に入り込んだゴミもかき出します。 衝突防止センサーと落下防止センサーを搭載しているのもポイント。 本体と周囲の家具を保護しながら掃除できます。 前後に往復しながら走行する仕様で、効率的に掃除できるのも魅力。 高性能フィルターを内蔵しており、排気もクリーンなので、ペットを飼っている方や子供のいる家庭にもおすすめです。 そのほか、Wi-Fi経由でスマホと連動でき、掃除モードの変更やタイマー設定、吸引力の変更なども可能。 帰宅前に掃除しておきたい場合などにも便利です。 日本の家屋向けに設計された、コンパクトタイプのロボット掃除機です。 壁沿い走行・オートランダム走行・らせん走行・バンパー走行の4種類の動きを繰り返し、隅々まで掃除します。 4時間の充電で120分間稼働するため、広い部屋の掃除にもおすすめです。 また、稼働時間は、部屋の広さに合わせて30・60分間から指定することも可能。 フル稼働で最大12畳の掃除ができるため、一人暮らしの方にもおすすめです。 さらに、落下防止センサーを搭載しており、玄関先や階段近くの掃除にも便利。 ワンボタンで簡単に操作できるシンプル設計で、ロボット掃除機が初めての方でも簡単に操作できます。 そのほか、価格が安いため、エントリーモデルとしてもおすすめです。 お手入れが簡単にできるロボット掃除機です。 「ヘリカルパターン」を採用した高張力ブラシロールと、2つのサイド&エッジブラシを搭載。 フローリングからカーペットまで、床面に合わせてゴミをパワフルに吸引します。 「セルフクリーニングテクノロジー」を採用しているのもポイント。 ブラシロールにからみついた髪の毛や糸くずなどを、掃除中に自動除去します。 からまって停止する心配が少なく、メンテナンスの手間を省くことが可能。 ダストカップの水洗いもでき、衛生面を重視する方におすすめです。 また、「スマートセンサーナビゲーション」により、障害物を感知可能。 周囲の状況を把握し、効率よく走行します。 落下防止センサーも備わっているので、階段近くの掃除にもぴったりです。 本製品にはリモコンが付属しているため、電源のオン・オフや掃除スケジュールの設定も簡単。 さらに、最長60分間稼働した後に、自動的に充電ドックへ戻ります。 そのほか、コストパフォーマンスに優れているのも魅力です。 油汚れを効率よく掃除できるロボット掃除機。 ジェットスプレーを吹きかけることにより、ベタつきを浮き上がらせながら拭き取ります。 専用のクリーニングパッドを取りつければ、パッドの種類に合わせて自動で清掃モードを選択するのも特徴です。 また、スマートマッピング機能で部屋の間取りを把握し、効率的なパターンを計算して走行。 障害物を感知するため、家具や敷物の水濡れも防ぎます。 段差も検知できるので、2階や玄関フロアの掃除にもおすすめです。 ボディが四角いため、壁ぎわや部屋の隅まで拭き取り可能。 薄型モデルなので、家具の下など手の届きにくいところもしっかり掃除できます。 進入禁止エリア機能が備わっているのも魅力です。 さらに、バッテリーが切れると、ドックへ自動で戻って充電を開始します。 フル充電になると自動で再開。 そのほか、専用アプリを使って、スケジュール設定や清掃モードの設定、清掃する部屋の選択などもできる、使い勝手のよいモデルです。 ナビゲーションシステム「iAdapt2. 0 」を搭載したロボット掃除機です。 部屋の間取りや家具の配置などをしっかり把握できるのが特徴。 付属の「NorthStarキューブ」を使えば、より正確な位置情報を把握できるようになり、効率よく清掃可能です。 水拭きの「ウェットモード」と、から拭きの「ドライモード」が備わっており、汚れに合わせて選べるのもポイント。 カーペットやラグに乗り上げにくい仕様のため、「ウェットモード」使用時でも敷物を水濡れから守れます。 本体は高さ7. 9cmと薄型なので、ベッドやソファの下もスムーズに走行。 段差を感知して、落下を回避できるため、玄関フロアの掃除などにも役立ちます。 本体はハンドルつきで軽いため、持ち運びも簡単。 市販のドライシートにも対応しており、ランニングコストを抑えながら手軽に使えます。 静音性にも優れているため、赤ちゃんがいる家庭や、ペットを飼っている方にもおすすめです。 回転式ローラーを採用したロボット掃除機です。 走行中に拭く面を最大11回替えるため、常にきれいな面で拭き掃除ができます。 往復時には重ね拭きをするため、一度では拭き取りにくい砂汚れなども丁寧に清掃可能。 汚れた場所を集中して掃除する「スポットモード」も搭載しており、ピンポイントでしっかり掃除できます。 また、「ドライモード」と「ウェットモード」が備わっており、汚れに合わせて設定可能。 シートの着脱もワンボタンで簡単に行えます。 市販の使い捨てシートも使えるため、手軽に使用可能です。 約10cm以上の段差を検知する落下防止機能も備わっており、階段のあるフロア掃除にも便利。 段差へ乗り上げにくいため、カーペットなどの水濡れも防げます。 本体の高さは8cmと薄型で、ベッド下などの狭い隙間掃除にも便利です。

次の