鼻水 止める 方法 風邪。 サラサラな鼻水を止める方法は薬ではなくツボを押せば止まる?

鼻水を止める方法ってあるの? 簡単に止める方法があります!

鼻水 止める 方法 風邪

今回は、風邪の鼻水を止めるツボをテーマにしていきたいと思います^^ 風邪のときにでてきてしまう鼻水、早くとめたいですよね。 実はツボの他にも、食べ物や水でも、鼻水を止めることができると されています^^ というわけで、嫌な鼻水を止める方法についてまとめていきます。 風邪の鼻水を止めるツボとは? 風邪の時にでてきてしまう鼻水ですが、 仕事のときには、特に早く止めたいと思いますよね。 鼻をかんでもかんでも出てきてしまいますし、 女性の場合、鼻をかむことで、鼻の化粧も落ちてしまうので、 一刻も早く風邪を治したいと思う方も多いのでは。 そんな風邪のときにでてくる鼻水ですが、 ツボを押すことで症状を緩和することができるとされています。 睛明 は、わかりやすくいうと、 目頭と鼻の付け根の骨との間に位置します。 目が疲れたときに、押さえてしまうところです。 鼻通 は、鼻の側面のちょうど真ん中にあるところです。 そして 迎香 は、小鼻の左右に位置し、最も広がっているところです。 これらのツボを5秒強く押してみましょう。 目安は5回です。 その他に鼻水に効果があるとされているツボは、 大椎と呼ばれる首の後ろに位置するツボです。 naver. 首の後ろにあって、首を曲げたときに出っ張る骨の すぐ下のへこみを指します。 弱い力で押すようにします。 他には、カイロやドライヤーの熱などでも 効果があるとされています^^ sponserd link 鼻水は食べ物や水でも止められる? ツボを押してもダメなら食事療法です。 食べ物や水でも、鼻水をとめる効果があるとされています。 鼻水に水 水でも効果があるとされています。 方法は、水を大さじ1杯程度口に含み、そのまま の状態で待ちます。 そして鼻の通りが良くなったら、 そのまま水を飲みこみます。 水を口に含んでいることで、 鼻水がのどに誘導されて、 鼻の通りがよくなるとされています。 ただこの方法は、水をずっと口に含んでいるので、 話せない&少し気持ち悪い… という点がマイナスポイントです。 鼻水を止めるのに効果のある食べ物を紹介します^^ ヨーグルト ヨーグルトは、花粉症に効果のある食べ物として 知られています。 ですので、鼻水を緩和するのにも効果があるとされています。 レンコン レンコンに含まれている ムチン という成分が 鼻の粘膜を守ってくれます。 生姜 生姜を取ることで、体が温まり、 その結果、菌が排出されて鼻水が緩和されるといわれています。 体を温める効果があるのは、 ハーブティーなども一緒ですが、 ハーブティーの中でもペパーミント系の蒸気を鼻から 吸い込むことでも効果があるとされています。 まとめ 今回は、鼻水をとめる方法をテーマにしました。 長引くと辛い鼻水、すぐに緩和されると良いですね。 今回は、ツボや食べ物を紹介しましたが インドでは、ネティポットを使用した鼻うがいでも 鼻水や鼻づまりを緩和させる効果があると されています。 日常の鼻かぜ予防にも^^.

次の

助けて! 滝のような鼻水を劇的に止める方法

鼻水 止める 方法 風邪

鼻水の役割 人間の体には自然治癒力があるとよく言われますが、まったくその通りです。 鼻の奥には"繊毛"と呼ばれる組織があります。 この繊毛が体内に病原体が入らないように働いてくれているんですね。 しかし、風邪を引くなど病気になると繊毛の働きが低下してしまいます。 この"ピンチヒッター"になるのが「鼻水」なんです。 鼻水には次のような働きがあります。 ・外部からのウイルスや微生物の侵入を防いでくれる ・鼻腔内を鼻水で湿らせることによって、鼻粘膜を保護してくれる 通常はごく微量に分泌されている鼻水ですが、 風邪を引くと大量に分泌されるようになります。 これにより、病原体を押し出してくれるんですね。 黄色い鼻水が出る理由 鼻水は、肺や鼻を守ってくれる為に出る場合もありますが、 病気が原因で鼻水が出る場合あります。 例えば黄色い鼻水が出たとしたら、 急性副鼻腔炎もしくは慢性副鼻腔炎 蓄膿症 の疑い また、カビ 真菌 が原因の場合があります。 緑色の鼻水がでる理由 風邪を引くと透明ではなく、緑や黄色がかった鼻水が出ます。 色のついた鼻水の正体は「白血球の死骸」です。 つまり、 緑色の鼻水は、細菌感染のしるしなのです。 鼻水を止める方法 鼻水が大量に出るのは、 「感動や感激をした時 涙腺と鼻腔の両方から涙も鼻水も溢れます 」と 「病気が原因の時」と大別されます。 感動した際の涙に伴う鼻水であればティッシュで拭けばすぐに止まりますが、 病気が原因であればそう簡単にはいきません。 もし風邪で鼻水が出ているのなら抗ヒスタミン剤を服用しましょう。 市販薬を服用しても鼻水は止まります。 また花粉症が原因で鼻水が出ている場合には、花粉から身を守るために、 マスク・鼻腔クリーム・鼻洗浄液で花粉が体内に入るのを防ぎましょう。 鼻水などの症状が出る原因をなるべく減らすことが一番の方法です。 また花粉症の場合でも、抗ヒスタミン薬が処方されますが、 眠気が強くなりますから車を運転する前などには服用しないようにしましょう。 赤ちゃんの鼻水の吸い方 ・鼻水吸い器 通販などで購入することができます。 千円しないものから数万円台のものまで色々ありますので、 比較検討して使いやすいものを購入するといいと思います。 ・入浴させる 発熱などの症状が出ている場合には使えない方法ですが、 もし鼻水と鼻づまりのみであれば入浴させることによって 鼻づまりや鼻水を解消させてあげることができます。 鼻水はそのままにしていても、拭きすぎた場合でも皮膚がかぶれてしまいます。 上記の方法でやさしく鼻水を吸い取ってあげたり、ぬるま湯にひたした温かいガーゼで そっと鼻水を拭き取ってあげましょう。 犬・猫の鼻水について 鼻水が出ている犬や猫を見かけることがあります。 大量に鼻水が出ている犬、 人間のように大きなくしゃみをしながら鼻水が出る猫など。 犬も猫も人間と同じように重篤な病気に かかることはありますから、人間と同じようにすぐに 病院に連れていってあげないといけない場合も多々あります。 言葉で人間に「伝える」ことができない犬や猫など動物たち。 元気で長生きさせてあげる為にも、 細かな変化を見落とさないようにしてあげてください。 花粉症をはじめとして、治療をしてもなかなか鼻水が止まらない病気は非常に辛いものです。 赤ちゃんは免疫の機能がまだ不十分でよく働いていません。 ですから、最初は単なる風邪でも急性中耳炎・気管支炎・肺炎などの 合併症を起こしてしまうことがあります。 上記の症状を目安にして、赤ちゃんの様子によってはすぐに病院を受診させてあげるようにしましょう。 鼻水に血が混じっていた場合は? 鼻の粘膜は弱いので、 ちょっとした刺激で鼻血が出ることがあります。 この為に少量の血が鼻水に混じって出ることは さほど珍しいことではありません。 ただし、すべての鼻血が心配しないでいいものではありません。 鼻水に血が混じっている場合、 病気が隠れていることがあります。 鼻をかみすぎるとよくない? 鼻をかみすぎると、耳に負担がかかって中耳炎を発症することがあります。 中耳炎を発症すると、耳だれ・耳の痛み・発熱・難聴などの症状が出るようになり、 治療が遅れると慢性中耳炎に移行することもあります。 また、治りきっていないのに治療をやめると急性中耳炎を繰り返して発症したり、 滲出性中耳炎を引き起こすこともあります。 中耳炎は放置しても改善することはありません。 最初は、ただ単に鼻をかみすぎたことが原因で起こる中耳炎。 膿が溜まると石灰して膿を出さなくてはいけなくなることもあります。 Copyright C 2011 Allrights reserved.

次の

風邪で鼻水が止まらない症状が辛い!止める方法と原因はコレ!

鼻水 止める 方法 風邪

最大で1リットル近い量の鼻水・・・。 普段この粘液は鼻の後ろの方に流れていって、のどを通って飲み込まれています。 つまり、 健康でも鼻水は分泌されているんですね。 では、その鼻水が止まらなくなるほど出る原因を挙げてみましょう。 鼻からくる風邪 風邪の時の鼻水は、引き始めのうちは 透明でサラサラなのが特徴です。 鼻にウイルスが入ると、ウイルスと合体してしまった細胞から「サイトカイン」と呼ばれる化学物質がたくさん放出されます。 そして、このサイトカインが原因となって炎症がおきます。 いわゆる発熱の状態です。 私たちの身体は、炎症という方法でウイルスを退治するんですが、鼻水もこの炎症の影響で出てくるのです。 残念ながら、風邪にはこれといった治療法がありません…。 とにかく休んで水分を取り、抗ヒスタミン成分(鼻水の原因になるヒスタミンという化学物質を止めてくれます)と、鼻炎薬成分の入った市販の風邪薬を飲むのが最善の策です。 感染による鼻水 発熱や、ベッドから出られないほどの倦怠感があったり、せきや鼻づまりなどがあり、黄色や緑色でねっとりした鼻水が出てきたりする場合は「 副鼻腔感染」かもしれません。 鼻風邪に似ていますが細菌のせいで炎症や感染、粘液分泌が過剰に起こっているのです。 副鼻腔感染は 細菌性なので、抗生物質が必要になります。 その他の感染による鼻水であれば、体がなるべく細菌やウイルスを体の外へ排除しようとして鼻水を出していますので、無理に止めるより、むしろ 出し切ることが大切です。 黄色い鼻水が出なくなるまで、しっかり鼻をかんで、外へ出しましょう。 小さいお子さんのように、自分で鼻をかむことが難しい場合には、市販の鼻水吸引器を用いたり、耳鼻科で処置してもらうと良いでしょう。 風邪との違いや、副鼻腔感染かどうかなど自己判断が難しいので、黄緑色系の鼻水が出ている時は病院へ行ってみるのが一番ですね。 鼻水だけで病院へ行くのもな…とも思いがちだけど、鼻水の色や、発熱や疲労感といった他の症状があったら行った方が良さそう! 花粉、ハウスダストなどのさまざまなアレルギー 一般的には、アレルゲン アレルギーの素 に急に接触すると鼻がむずがゆくなり、くしゃみが何度も出て、透明な水っぽい鼻水が出てきます。 アレルギー性の鼻水は、 予防が最も大事になります。 免疫系が過剰に刺激されることで鼻水が出てくるので、花粉やほこりなどのアレルギー物質がなるべく体に入らないように、マスクや手洗いなどでしっかり防ぎましょう。 さらにアレルギーの原因としては、室内のアレルゲンも見過ごさない事が大事です。 室内のアレルゲンといえば、 ハウスダスト(ホコリやイエダニ、カビ、細菌が混ざったもの)が代表的なものです。 対策として、カーペットには頻繁に掃除機をかけましょう。 さらに、防ダニ仕様のベッドカバーを使うと、アレルギーの症状を和らげます。 ペットと一緒に暮らしているのであれば、寝室に入れないようにするのもアレルゲンとの接触をなるべく減らすために有効です。 とはいえ、目に見えないアレルゲンを完全に断つのは不可能です。 ステロイド点鼻スプレーや薬の服用、アレルギー専門の病院に行くなどして症状を緩和する方法を使うことが大事です。 鼻水を止める簡単な方法はこちら 人前でも使える方法!少しの水を口に含み、そのままにする 健康な時でも、鼻水は鼻の粘膜を潤すためにいつも出ています。 でも、なぜ鼻から鼻水が出てこないのでしょう? それは「のど」に流れているからです。 のどに流れていけば、当然鼻からは出てきません。 よって、 水を口に含むことで鼻から出てくる鼻水をのどに誘導すれば、鼻から出てくることがなくなるわけですね。 これなら水分補給しながら試せそうです! 鼻水が3秒で止まる!頭シャカシャカ法• 深く息を吸う。 吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。 鼻をつまむ。 頭を上下にゆっくりと動かす。 空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。 これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。 イメージ的には、頭をゆっくり縦に振る感じですね。 人前で行うのはが恥ずかしい場合、お手洗いに行くついでに出来そうです。 それぞれ1分!小鼻と頭のツボを押す 小鼻の横のツボ、迎香 げいこう と、頭のツボ、上星 じょうせい をそれぞれ1分くらい押します。 試験の時や会議中などに、何食わぬ顔で押してみることがオススメですよ!.

次の