ファイヤースティック 3世代。 新型(第2世代)Fire TV Stickはサクサク動いて快適!

【ディズニープラス】Fire TV Stick第1世代は非対応。テレビで見る時は注意!

ファイヤースティック 3世代

また、Alexa対応の音声認識リモコンにより、AIアシスタントに話しかけることでの操作や、もちろん一般的なAlexaのサービスが利用可能になっています。 つまり第2世代のFire TV Stickを購入しても早々に型落ちモデルになってしまう可能性はあります(追記:……と思っていましたが、その後も付属のリモコンがアレクサ対応へとアップデートされたモデルへマイナーチェンジされたので、当分は現役で使えるモデルなのかも)。 しかしながら、我が家のテレビは4Kではありませんし、Alexaに関してもEcho Dotで体験しているもののせいぜいBGMマシン止まりで、そこまで活用できている訳でもないので、安くなっている第2世代でも十分かなという判断です。 そんな第2世代のFire TV Stickですが昨年 2017年4月に発売されたモデルで、第1世代Fire TV Stickに対してCPU性能が大幅にスペックアップされています。 型落ちになる目前の現在でも、十分に使える製品なはず? さて、実際のところはどうでしょう。 そうそう、Fire TV Stickで見られるコンテンツを楽しむには、Amazonプライムの会員であることが基本条件なのでそこはお間違いなきよう(非会員でなくとも使えるコンテンツはあるはずですが、それならあえて買うようなアイテムではないでしょう)。 購入当初は快適だった第1世代比のFire TV Stickですが、いつのまに画面の切り替え、データの読み込みなど動作にかなりストレスを感じるようになっていました……。 が、 第2世代に切り替えたことでそれも解消され、サクサクと動作してくれるのでめっちゃ快適。 膨大な動画コンテンツの検索にストレスを感じることもなくなりました。 第2世代のリモコンで搭載された音声認識もなかなか快適です(第1世代でもスマホアプリを使えば音声認識は利用できましたが)。

次の

【2020版】Fire TV Stickでできること 初期設定、4Kとの比較、対応サービス一覧

ファイヤースティック 3世代

どうもでょおです。 Fire TV Stickが4Kに対応した新型が発売されますね。 このブログではFire TV Stickをおすすめしているので、一応新型についても紹介した方が良いのかなと思い今回紹介することにしました。 私も使用している従来の FireTVStickとの違いを比較していこうと思います。 Fire TVはテレビで動画配信サービスを利用できるものですが、よくわからないという方はこちらの記事で詳しく紹介しているのでご覧ください。 Fire TVシリーズは種類が多すぎる まずFire TVシリーズについてさくっと紹介しましょう。 これまでデカイ『Fire TV』と『Fire TV Stick』がありました。 Fire TVの方はいち早く4Kを取り入れましたがシリーズが終了しました。 そして廉価モデルだった『Fire TV Stick』の後継モデルが今回紹介する『Fire TV Stick 4K』となります。 つまり• Fire TV Stickとしては第3世代• Fire TVシリーズとしては第4世代• Fire TV Stick 4Kとしては第1世代 となりますが、正解は『第3世代 Fire TV Stick』で、第三世代のStickとして扱われるのが一般的です。 ちょくちょく間違えてる人多くてややこしいのでご注意ください。 『FireTV Srick 4K』と『第2世代Fire TV Stick』の違いを比較 まずは従来品であるFire TV Stick 第2世代 と比較してみましょう。 私が持っているやつです。 3 GHz 4コア 1. 7 GHz ストレージ 8GB 8GB メモリ 1GB 1. 5GB GPU Mali450 MP4 IMG GE8300 オーディオ Dolby Audio Dolby Atmos Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナ 802. 各部ブラッシュアップしてスペックがあがってるのに合わせて、目玉としてはやはり4K、HDR対応になったということ。 ただし注意してほしいのですがテレビ本体が4Kに対応していないと意味がありません。 Alexa アレクサ リモコンですが、こちらは別売りで購入すれば第2世代のFire TV Stickでも使用可能になるとのことです。 値段は2,980円。 『FireTV Srick 4K』と『第3世代Fire TV』の違いを比較 つづいて上位モデルにあたるけど販売が終了したFire TVとの比較を行ってみましょう。 5 GHz 4コア 1. 7 GHz ストレージ 8GB 8GB メモリ 2GB 1. 5GB GPU Mali450 MP3 IMG GE8300 オーディオ Dolby Atmos Dolby Atmos Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナ 802. もちろんFire TVも別売りのAlexaリモコンが利用できます。 Alexa アレクサ リモコンについて となると「ウチのテレビ4Kじゃないから」という方が気になるのは『Alexa対応音声認識リモコン』です。 こちらは2,980円で別売りしており、今回比較した『第三世代Fire TV』と『第二世代Fire TV Stick』でも使用することができます。 AlexaはiPhoneのSiriにあたる音声操作システムで、話しかけるだけで操作が可能になるというものです。 Fire TVシリーズに対応するテレビの電源オン・オフおよび音量を直接操作できます とのことで、 テレビ本体の操作を行うためにはテレビがFire TV Stickに対応している必要があります。 おそらくFire TVの操作は可能だと思います。 テレビをつけたり音量を下げたりすることはできないけど、Fire TVを使って動画を再生したりするってのはできると思います。 とはいっても未確認ですし、『Fire TV Stick 4K』及び『Alexa対応音声認識リモコン 』は12月に発売ですのでまだ正確なことはわかりません。 最後に 動画配信サービスを利用しているけどFire TVシリーズを持っていない人や、テレビが4Kに対応している人におすすめということになりますね。 現在、Fire TVシリーズを持ってる人やテレビが古い人からするとそれほど大きなメリットはないのかもしれません。 一世代前の『Fire TV Stick』を買うか最新の『Fire TV Stick 4K』を買うかは自由ですが対応しているVODを利用しているのに持っていないのはとてももったいないです。 この記事で違いを比較して導入を検討するのをおすすめします。 ではまた。 従来品 Fire TV Stick.

次の

新旧2モデルを徹底比較! 3か月使ってみてわかったAmazon新「Fire TV Stick」の魅力

ファイヤースティック 3世代

Fire TVのデバイス仕様: 概要 Fire TVデバイス全モデルの仕様をこちらで確認できます。 この仕様ページはアプリ開発者向けに用意されているため、Amazon. comの製品ページよりも詳しい情報が記載されています。 Fire TVのデバイスファミリーには、以下が含まれています。 上記の各Fire TVデバイスの詳細については、以下を参照してください。 Fire TVデバイス デバイス 説明 ハードウェアにFire TVが組み込まれているスマートTVのことを指します。 ほとんどがToshiba、Insignia、Element、JVC、Grundigといった企業によって製造され、TVのオペレーティングシステムとしてFire TVが採用されています。 現時点では、これらの多くが特定のマーケットプレイス限定で販売されています。 Fire TV Edition(日本未対応)スマートTVのラインナップは、以下のとおりです。 (2019)• (2019)• (2019)• (2019)• (2018)• (2018)• (2018)• (2017) キューブ型(立方体)のFire TVデバイスを指します。 このデバイスではファーフィールド音声制御が行えます(音声コマンド使用時にマイクボタンを押したり、Echoデバイスをペアリングさせる必要はありません)。 Fire TV CubeはEchoとFire TVが一体となったデバイスで、以下の2つの世代が用意されています。 (2019)• (2018、日本未対応) HDMIポートに接続可能なスティック型のFire TVバージョンを指します。 Fire TV Stickには 4K対応と4K非対応のバージョンがあり、後者には第1世代と第2世代があります。 また、これらのFire TV Stickが販売されていない海外のマーケットプレイス向けに、Fire TV Stick Basic Edition(日本未対応、Alexa非対応)も用意しています。 (2018)• (日本未対応)(2017)• (2016)• (2014) 小型のペンダント型またはセットトップボックス型のいずれかのバージョンのAmazon Fire TVを指し、第3世代まで販売されています。 (2017)• (2015)• (2014) サウンドバー型のFire TVデバイスを指します。 これを既存のスマートTVに接続することで、豊かなサウンド環境も実現可能です。 Fire TV Edition(日本未対応)スマートTVと同様に、サウンドバーは通常、サードパーティのデバイスメーカーによって製造されています。 サウンドバーのラインナップは、現時点で以下の1つのみです。• (2019、日本未対応).

次の