コンビ ラクマグ。 漏れない仕組みでママも楽々♪コンビの日本製マグ「ラクマグ」がかわいすぎる!|cozre[コズレ]子育てマガジン

『LakuMug(ラクマグ)』のクチコミ!|【コンビタウン】 見て納得!ベビーグッズクチコミ情報サイト|コンビ株式会社

コンビ ラクマグ

もくじ• まずはリッチェルのストローマグ(3年前に購入)の漏れ具合をご覧ください こちらは2016年に購入したリッチェルのストローマグです。 取っ手もあったのですが、ちょっと見当たらなくなっていました…汗(取っ手なしでも使えます) フタをしたまま逆さにしただけでは漏れません。 しかし、フタを開けて逆さにすれば、「ポタポタポタポタポタポタポタポタ」ととめどなく漏れてきます! (そりゃ漏れるだろという声が聞こえてきます…) どこから漏れているのか見てみると、こちらの小さい空気穴から漏れていました。 この写真の撮影が終わった後、ふと目を離した間に、娘がこのストローマグをガジガジかじったりして遊んでいたのですが、麦茶が漏れて床は濡れてるし、娘の服も濡れてしまいました。 フタしてたんだけどなぁ。 こんなふうに、子どもに持たせておくと漏れて服が濡れてしまうのも、「漏れない新しいやつがほしい!」と思った理由の一つです。 Combi のラクマグ漏れないストローはどれだけ漏れないか こちらが今回購入した、コンビのラクマグ漏れないストロー です。 丸っこい形がかわいい。 この「ラクマグ」シリーズは、 ・はじめてストロー ・はじめてコップ ・漏れないストロー の3種類あるのですが、娘はストロー飲みができるようになっていたので、「漏れないストロー」を購入。 いつも出かけるときには、漏れ対策でジップロックに入れてから、カバンに入れています。 フタをしたままだと、横倒しにしても漏れません。 この状態でカバンに入れて出かけました。 この日は娘の9ヶ月健診と私の診察(母乳外来で乳腺炎の経過観察)に行った後、近くの支援センターで遊んでから帰ってきました。 自転車で出かけたので、カバンは自転車の前かごに乗せていました。 まあまあの揺れといったところでしょうか。 出先で母乳を飲ませたりしていたので、ストローマグで飲むタイミングはなかったです…。 さあ、帰ってきてどうだったかというと、 漏れていませんでした! ちょっと写真は影になっちゃって見えづらいのですが、ジップロックの中にこぼれてなかったです。 リッチェルのストローマグだと必ず漏れてたので、感動…! 娘が欲しそうだったので飲ませました。 そうすると、1回口に入れたのに、ビシャアと口からこぼして、ストローマグのフタの内側に麦茶が溜まってしまいました。 この状態でフタを閉めて、傾けてみると… 漏れてきませんでした! (でも、これはリッチェルのストローマグも漏れてこなかった) ちなみに、このフタはけっこうしっかりと固い感じで「カチッ」と閉まります。 開けるときも少し力がいるので、赤ちゃんには開けられないと思います。 リッチェルと同じように実験してみる さて、最初にリッチェルのストローマグでやったように、 「フタを開けた状態で逆さに」してみようと思います。 少し漏れました。 「ポタ…ポタ…」と3滴くらい、ストロー部分から垂れました。 しかし、3滴垂れただけで止まって、リッチェルのようにとめどなく漏れてはきませんでした。 どれくらい漏れたかというと、こちら。 本当に少しです。 リッチェルのストローマグに比べると、格段に漏れない…。 絶対に漏れない訳ではないですが。 ちなみに、フタを閉めた状態で振っても、漏れてきませんでした。 娘に持たせて数分観察していましたが、ブンブン振っても漏れてきませんでした。 リッチェルだとこれをしたら、服がビシャビシャコースだったので、画期的です…。 ブンブン振っても漏れない これ、出先で赤ちゃんが暇を持て余してぐずったとき、これをおもちゃ代わりに渡すという手も使えそうです。 そのほかの良い点:パーツが少なくて管理が楽 これが全パーツです。 ストロー(吸う部分)がパッキンと一体型になっているのが、個人的にポイント高いです。 リッチェルのだと、パッキンが分かれていて、失くしそうでこわかったので… 組み立て方 ストロー(吸う部分)にインナーストローをセットします。 ストローをフタにセットします。 下から押したり、上から引っ張ったりして、はめます。 持ち手をセットします。 持ち手をセットしたら、 フタをはめて組み立て完成です。 家ではリッチェルのコップを使っています ちなみに、家で使う用のコップはこちらのリッチェルのものを使っています。 これも、3年前の息子のときにも購入したのですが、バージョンアップしていました。 フタの材質が柔かくなって、ちゃんと「押すと中身が出る」ようになっていました。 (以前のものは、フタが硬くて押してもちゃんと出てこなかった) 娘はこれでストロー飲みを覚えました(この夏が暑くてのどが渇いていたというのもありそうですが)。 息子のときはコップ飲みに移行してからもずっとこのコップを使っていて、もうすぐ4歳の今でも使っています。 まとめ:コンビのラクマグ漏れないストローは漏れない コンビのラクマグ漏れないストローの利点• フタを閉めれば漏れない• フタを開けて逆さにしても、数滴漏れる程度• フタは赤ちゃんの力では開けられない• おもちゃとして赤ちゃんに渡しても、漏れないので服が濡れない メリットとしてはこんなところです。 本当に、3年前に買ったリッチェルのものと比べると、格段に進化しています。 本当に漏れません。 買って良かったです。 育児グッズは進化しているので、子育て中のママパパはどんどん新しい便利なものを取り入れて、大変な育児が少しでも楽になるといいなあと思います。 お読み頂き、ありがとうございます。

次の

【コンビ】ラクマグ(ベビーマグ)の製品情報

コンビ ラクマグ

わわわ!種類が多すぎてどれにしようか悩む… 赤ちゃんが、一番最初に使うマグはどれがいいのだろう?と迷っていませんか? 可愛いデザイン!漏れない!洗いやすい!2019年新発売!と知って 我が家では (6ヶ月〜)を生後6ヶ月の頃に購入して、練習しました。 結論から言うと、我が子はコンビのラクマグ漏れないストローではなかなかうまくお茶を飲めず。 何とかストロー飲みができたのは生後8ヶ月の終わり頃でした。 汗 我が子と2日違いで生まれたお友達は同じデザインのコンビのラクマグで生後6ヶ月の頃、ぐいぐい飲んでいました。 やはり個人差があるのだと思います。 3人育てて思うことは、つかみ食べができるようになる頃には、赤ちゃんはストローでも飲めるようになる! 洗ったりのお手入れは大変じゃないんかな? パーツは全て食洗機で洗うことができます。 手洗いの場合でも、フタにパッキンがない分、洗うのが簡単! 手洗いする時にはストローは、我が家ではスプレー式の洗剤を使っています。 ちなみに、ストローぐちの形状は少しぷっくりとしていて柔らかい素材です。 このストローぐちが飲みやすい赤ちゃんと飲みにくい赤ちゃんにわかれると思います。 実は、我が家のベビ子は、このぷっくりした形はあまり好きではないようです。 大きさがわかりやすいように600mlのペットボトルと並べてみました。 高さは600mlの麦茶の半分くらいで、太さはほぼ同じくらいで、コロンとしています。 コンビラクマグの口コミ 他のストローマグと比較 ピジョンのマグマグ ストロー200ml 画像引用: これまで、マグと言えば、 が有名でした! 今でも、近所のスーパー等でも販売されているので、一番入手しやすくて、使っている人も多いのではないでしょうか。 他にはオレンジやピンク色もあります。 スーパーなどでよく見かけるのはオレンジ色ですね。 とても漏れます。 以前のモデルのお下がりをもらって気に入って使ってたのですが、やはり古いので新しいのを購入しました。 新しい方がとても漏れます。 蓋がスライド式なのですが、子供が落としたり、おいたりした時に蓋がスライドしてしまい、そのまま飲み口からお茶がこぼれます。 周りの方も漏れるという意見が多いようです。 新しくなって漏れやすくなるのは残念 引用: 漏れやすいという口コミもありますが、蓋をきちんと閉めていると大丈夫との口コミも。 漏れないように、フタをきちんとしめて、まっすぐに持ち運び、漏れた場合のために袋に入れるなどの対策をすれば大丈夫かもしれません。 ピジョンのマグマグは王道ですね。 ただ、カタチや原色カラーやデザインが、コンビのラクマグの方がやっぱりかわいい。 コンビラクマグの口コミ はじめてストローとはじめてコップ はじめてストローやはじめてコップもあれば便利そうですね。 出産祝いなどでもらった場合には、色々試して赤ちゃんが練習できます。 ただ、自分で購入する場合には、特に必要ないです。 マグを初めて購入した時から始まり、子育て中は、水筒を年齢に応じて買い替えることに。 3人子育て中の我が家は、夏場はキッチンは、もぅ水筒だらけ! はじめてコップやはじめてストローは買わずに済ませました。 コンビのラクマグ 口コミ のまとめ コンビのラクマグは持ち運びには水やお茶が漏れることなく、安心です! 何より見た目や色が可愛いらしく、育児が楽しくなりましたよ。

次の

コンビのラクマグ漏れないストローがどれだけ漏れないか実験してみた

コンビ ラクマグ

ベビーマグ選び ベビーマグが必要になるタイミングは、一般的に離乳食開始時期かと思います。 食事の時に、母乳 ミルク 以外の飲み物を飲ませる時に使用します。 それ以外にも、外出時の水分補給、湯上りの湯冷ましを与える際にも使用します。 結構、いや、かなり使用頻度高いといいますか…、 酷使するベビーグッズの1つかと私は思っております! 容量200~300mlの小さなものを買う事になるかと思いますが、4~6ヶ月頃から2歳頃まで使いますので、ケチらずお気に入りの1つを手に入れた方がいいかと思います。 ベビーマグ選びのポイントは、飲みやすい事、漏れない事、ストローなどスペアが売ってる事、かと思います。 あちこちへと持ち歩く事になるかと思うので、漏れない事、耐久性は特に重要です。 お出掛け中にマグが漏れて荷物がびちょびちょ…私も経験者ですが、本当テンション下がりますから。 成長に合わせて飲み口を替えて使用する ベビーマグはストロータイプのものがほとんどですが、赤ちゃんは最初からストローで飲み物を飲む事は難しいです。 成長に合わせた飲み口 飲み方 を選んであげます。 飲み口は、順に、乳首、スパウト、ストローがあります。 (他に、コップ飲みもありますが。 ) 長男はミキハウスファーストのマグセットを使用していました。 法事のお香典返しで頂いたカタログに載っていたものを注文してみただけなので、特に選んだというわけでもなかったのですが…) このセットは、成長に合わせて段階をふみながらトレーニングできるようになっています。 3ヶ月頃~乳首タイプの吸い口へ。 5ヶ月頃からシリコンスパウトへ。 8ヶ月頃からストローへ。 これがあれば、マグに関しては困る事はないです。 実際、長男の時は上記通りのステップでストロー飲みをマスターしました。 3ヶ月頃~乳首タイプの吸い口へ。 とはいえ、各段階を振り返ってみると、3ヶ月の頃はほとんどマグを使う事がありませんでした。 昔は、早い段階から果汁や湯冷ましを飲ませていたようですが、私が聞いた限りでは 「離乳食が始まるまでは、母乳 ミルク だけでいい!」という事だったので、興味本位で、1ヶ月から飲めるベビー麦茶を少し試してみたぐらいです。 マグが不慣れなのか、麦茶が受け付けなかったのか、「飲む」には至りませんでした…。 普段、哺乳瓶を使っていたという事もあって、特にマグを練習させる必要もなく、使わずに終わってしまいました。 5ヶ月頃からシリコンスパウトへ。 5ヶ月というと離乳食を始める頃ですね。 食事のお供にベビー麦茶を飲ませたいので、離乳食開始と共にようやくマグの出番がやってきました! スパウトをとりつけ、息子に両手でマグを持たせ、少々強引にマグを傾けて麦茶を喉に流し込むような形で、飲ませていました。 でも、スパウトを咥える事はするもの、 咥えたまま吸うというのはまだ早いようでうまくいきませんでした。 都度マグを傾けて飲ませていたので、その度に口から溢れてしまい、毎度首回りがびちゃびちゃになって大変でした。 それが嫌で、 スパウトで麦茶を与えるのがちょっと億劫で、使用頻度は低かった気がします。 8ヶ月頃からストローへ 離乳食も3回食に突入する頃、ストローを取り付けて、使うようになりました。 最初はやはり「ストローを吸う」という動作がわかっておらず、また、私も教えようがなかったので、ひたすらストローの先端を口に突っ込ませて、飲めるようになるのを待ちました。 吸えるようになってからは、あっという間です。 まだ母乳 ミルク を飲んでいる時期で、フォローアップミルクなども飲ませていましたが、麦茶も常にマグに入れて冷蔵し、ちょっと水分あげたいなという時に飲ませるようになりました。 トレーニングマグでステップを踏んでトレーニングするのが一般的かのようになっていて、私もそれに従いましたが、済んだ後の今思うのが、本当に必要だったのかな?と。 期間がとても短いので、乳首やスパウトは必要なステップだったとは思うものの、すっとばして、成長した頃 6ヶ月以降 を見計らってストローマグデビューでも良かったような気がしました。。。 それまでは哺乳瓶で代用できたかなと。 腰が据わらないとマグは使いにくいですし。 実際、次男については、乳首、スパウトのステップは飛ばしました。 おすすめ!Combiのラクマグ 今年、Combiの新マグシリーズ「ラクマグ」を見かけ、一目惚れして、購入しました。 形、デザインが良いです! そして、なんだか、構造・性能も従来のマグよりも格段に良くなったような!? 次男のマグはお下がりを使うつもりでいましたが、このラグマグを見てから急激に欲しくなってしまい、「まぁマグは毎日使うものだし、無駄にはならないもんねー」と自分自身をいいように納得させ、購入する事にしました。 私が最初に一目惚れしたのが、こちらのデザインのマグでした。 即決! したいところでしたが… よく見ると、このマグ、「はじめてコップ」と書いてある通り、口を付けて飲むタイプのマグであり、ストローマグではありません。 色々種類がありそうだったので、同じライオン柄のストロータイプを探したのですが、存在せず。 そう、飲み口、柄 デザイン 、組み合わせが決まっているので、 ライオン柄はコップタイプしかないのです!! 柄 デザイン は6種類ありますが、はじめてストロー 、はじめてコップ、漏れないストローの3種の飲み口があり、その組み合わせは決まっています。 私は、ライオン柄のストローマグが欲しかったです 涙 でも、別売りの飲み口パーツがあるので、好きなマグをまず購入した後に、後付けすれば問題は解決します。 ただ、残念なのが、 別売りの飲み口パーツのカラーが白1色のみという事。 例えば、ライオン柄は蓋部分が黄色なのですが、別売りのに付け替えると白い蓋になるので、見栄えがあまり宜しくありません…。 聞いてない。 可愛さ半減になっちゃうなんて… リサーチ不足ww 黄色のキャップアダプター販売してほしい😂 — はしりえ riecho0219 あと、その別売りの飲み口パーツも、1種だけではなく2種買う必要があります。 蓋部分のパーツ キャップアダプタ と、 口に含む部分のゴムパーツ インナーストローやスペアストロー のパーツがそれぞれ別で売っているのです。 キャップアダプタも4ヶ月・5ヶ月・6ヶ月用とそれぞれ別モノです。 本体ライオン柄 コップの飲み口 のラクマグをストローマグとして使いたい場合、キャップアダプタ、スペアストロー1つ650円前後+スペアストローも650円前後を追加購入する事になるので、 本体1500円前後の他に1300円ほどかかり、併せると2800円もかかってしまいます!!安くはないですよね…。 キャップアダプタは全タイプ共通にできなかったのかと、残念でなりません。 ゴム部分だけの取り換えで済むのであれば本当優秀だったと思うんですが。 私は結局、恐らくマグをコップ飲みでは使わず コップ飲みは普通のコップで練習しますので。 、あくまでもストローマグとして使いたかったので、ライオン柄は諦めました。 ストローで使うための追加パーツを購入すると高くなるのがやっぱりネックになりまして。 最初から、ストロータイプである「さんかく」のラクマグを購入しました! ラクマグをご紹介します 写真つきでパッケージからご紹介します! 6ヶ月頃から使える「漏れないストロー 240ml(さんかく)」です。 パッケージへの記載内容を知りたいかもいらっしゃるかと思うので、裏面も側面も 笑 通販サイトだと、なかなか実際の箱に書かれている事まで載ってなかったりしますからね。 どうぞご参考にしてください。 私は、最初、デザインや形状に一目惚れしたのですが、日本製である事、飲み口・パッキン一体形状、漏れないWラクピタ構造、に惹かれました!! このストローの飲み口も気に入っています。 先がぷっくりしていて、形状が乳首に近いせいか、息子もすんなりパクっと口に含んで吸ってくれました。 パッキンといえば、輪っか状のものがほとんどかと思いますが、こちらは全面パッキンです。 確かに漏れなさそうですね。 全部バラすとこんな感じです。 なかなか洗いやすそうです。 大きさはこのくらいです。 ムーニーのおしりふきケースと比較しました。 コロンと小さく可愛いです。 でも、かなり安定感があります!底に向かって裾広がりなので、横から突いても全く転がりません。 麦茶を入れた状態です。 まとめ いかがでしたでしょうか? 私の使用してみての感想は、 かわいい!飲みやすそう!漏れない!です。 ストロー以外は試せていないのでなんともいえませんが、6ヶ月の息子が使用初日からストローで吸って飲めたのには感激しました。 まだ、マグを口元に差し出しても、マグのストローを吸うという概念がないと飲めないものと思いますが、乳首っぽいストローが良いんでしょうね、飲んでくれました。 他社のストローマグを使用していた長男は、ストロー飲みが出来るまでに数日時間がかかった記憶があるので、ラクマグは凄いなと思いました。 このラクマグ、本当に人気ですよね! 見つけて、一目惚れして、通販で購入しようとしたら… 在庫がない!!!(2019年5月時点) と、焦りました。 Combiの公式通販サイトでも、ライオン、さんかくが、在庫なし、入荷日未定状態。 ヨドバシ. comも5ヶ月から在庫なしですし 取り寄せ可能商品となっており、注文はできましたが、入荷予定未定という事で2ヶ月待ち状態です 、今も品薄です。 通販サイトで扱っている在庫も残りわずかといった感じのようです。 リアル店舗の方も、現品限りの場合が多いです。 もうしばらくすれば補充されるのでしょうけど、具体的に時期がわかりませんので、これからマグ購入を検討される方は、見かけたタイミングでの購入をお勧めします。 以上、Combi ラクマグのご紹介でした!.

次の