ご愛顧 お引き立て。 「平素より/平素は」とは?意味と使い方を知る

「毎々」の意味とは?ビジネスでの使い方と類語「常々」を解説

ご愛顧 お引き立て

「引き立てる」の意味はいくつもあります。 引き立つようにする。 ひいきにする。 励ます。 奮い立たせる。 ひったてる。 「引き立てる」という言葉は、2つの動詞「引く」と「立てる」の複合語になります。 ビジネス文書や手紙の冒頭部でよく使われる「お引き立て」ですが、文末に使うこともあります。 特にそれが顕著なのは、お客様へのお詫びの文章です。 ビジネスシーンでお詫びをしなければならないときは、弁解は禁物です。 まずはこちら側の不手際を認めてお詫び申し上げたうえで、「今回は許してください。 どうかこれからもよろしく」のニュアンスを丁寧に表現するための、「お引き立て」の定番フレーズがあります。 「このたびの件につきまして、重ねてお詫び申し上げますとともに、今後ともかわらずお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます」 がお詫び状の文末では決まり文句ですから、これは覚えておきましょう。 お客様へのお詫び状で使える「お引き立て」の類語とその使い方については後ほど解説いたします。 手紙やビジネス文書、ビジネスメールでは、当然ながらかしこまった言い回しが求められます。 「くれる」は尊敬語の「くださる」に、「するように」は「ますよう」に置き換えます。 特によく使われる言い回しは「お引き立てを賜る(たまわる)」です。 「賜る」は「もらう」の謙譲語になります。 自分を低くすることで相対的に相手を高くする謙譲表現は、かしこまった手紙などでは尊敬表現よりも好んで使われる傾向があります。 したがって「くださる」より「賜る」を使っているケースが多くなります。 動詞の「賜る」だけでなく名詞の「賜物」も、同じ意味の敬語表現になります。 「皆様の変わらぬお引き立ての賜物と、厚く御礼申し上げます」のように使います。 例文はこのあと列挙いたしますので、参考にしてください。 これも偏(ひとえ)にお客様各位の変わらぬお引き立ての賜物と衷心より感謝申し上げます。 旧年中は大変お引き立ていただき、厚く御礼申し上げます。 微力ながら誠心誠意努力いたす所存ですので、何卒倍旧のお引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます 今後ますますのお引き立てにあずかりたく、ゴルフコンベを催すことといたしました。 社員一同、よりよいサービスをご提供できるよう精進してまいりますので、倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 ご高配(ごこうはい)の意味・・・「他人の配慮」の尊敬語。 尊敬語である「ご高配」は、上司など目上の人に対して使います。 例えば上司が自分にしてくれた配慮や心遣いについて、感謝する文脈で用います。 上司など個人ばかりでなく、取引先やお客様に対しても、何か協力してもらった際の感謝を表す手紙やメールで使います。 「お引き立て」と同様に、類語の「ご高配」も手紙やメールの書き出しの挨拶によく使われます。 また「ご高配」は類語の「ご愛顧」と同様に書き言葉なので、お客様や取引先、上司への年賀状や送付状でも便利に使えます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 これまで弊社に賜りましたご高配に心より感謝申し上げます。 このたびの身に余るご高配に感謝いたします。 (上司などへ、昇進の礼状) 本年もいっそうのご高配を賜りますようお願い申し上げます。 (年賀状) ご厚情(ごこうじょう)の意味・・・相手に対する配慮の気持ちや姿勢 「ご厚情を賜る」とは、上司など目上の人から「情けや思いやりを受ける」という意味の表現です。 上司やお客様に出す手紙などに使えるビジネス敬語のひとつです。 お客様と交わすメールや手紙、年賀状などの文面では、日頃のご支援ご協力に感謝するために「ご厚情」を使うと、言われた相手とっては非常に印象の良い言葉遣いになります。 また「お引き立て」と同様に、類語である「ご厚情」も式典・礼典の挨拶などでは口頭でも使います。 例えば自分の結婚式で上司にスピーチをしてもらったお礼の言葉として、その場でも、またお礼状のなかでも使えます。 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 ご厚情あふれるご祝詞を頂戴し、誠にありがたく深く感謝申し上げます。 今回の商談がまとまりましたのは、(上司などの名前)のご厚情の賜物でございます。 先に触れましたように、「お引き立て」はお詫び状の締めくくりに便利な表現です。 しかし毎回同じ言い回しばかり、というわけにもいきません。 同じお客様や同じ上司に何度もお詫びしなければいけない場合もあり得ます。 そこでお詫び状で「お引き立て」と同じように締めくくりに使える類語を、使い方がわかりやすいように例文で紹介いたします。 今後はこのようなご迷惑をおかけせぬよう、十分に注意いたしますので、従来どおりご愛顧賜りますようお願い申し上げます。 略儀ではございますが、取り急ぎ書面 にてお詫び申し上げます。 どうか今後とも変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます。 このような事態が再発しませんよう、これまで以上に注意いたしますので、何卒ご容赦いただけますようお願い申し上げます。

次の

「ご愛顧(あいこ)」の意味と使い方!「ご愛好」は別の意味?類語や英語も紹介

ご愛顧 お引き立て

【例文】 ・多大なる ご贔屓を賜り、御礼申し上げます。 【例文】 ・いつも格別の お引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 仕入先・得意先の立場に限らず、お世話になっている取引先に対して使うことができます。 【例文】 ・今後とも ご高配を賜りますよう、お願いいたします。 社外の取引先だけでなく、社内の相手に対しても使うことができる言葉です。 【例文】 ・日頃より大変な お力添えを賜りまして、感謝いたします。 ・社内の皆様の お力添えにより、無事にプロジェクトを成功させることができました。 社内外で幅広く使うことができます。 同音異義語が多い言葉なので、書き言葉で用いるのが一般的です。 【例文】 ・ ご厚意を感謝いたします。 ・皆様の ご厚意にあずかり、 ここまでやってくることができました。 日ごろからお世話になっている感謝を表現するための語彙を想定場面別に用意しておくと、良好な関係を維持するのに役立つのではないでしょうか。

次の

ご愛顧/引き立ててもらう /文例・敬語の使い方・意味

ご愛顧 お引き立て

[スポンサードリンク] 基礎 意味 ひいきにすること、目をかけることを言います。 正しく使うには ビジネスや商売の間で使われている言葉です。 「ご」が付いているので尊敬の表現になります。 自分が他者をひいきにする、目を掛ける時には使用しません。 「ご愛顧する」「ご愛顧させていただく」という使い方はNGです。 ちなみに、愛顧の「顧」だけでも、 目を掛けると言った意味が含まれています。 言葉の由来 元々は芸人や役者等の間で使われていた言葉なのですが、 いつしかビジネスの面で、顧客や取引先との会話の中で 引き立てる、ひいきにするという意味合いが生まれてきました。 使い方・例文 感謝の気持ちを述べる時に 皆様のおかげでここまで来ることができました。 今後ともなにとぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 当店も本日で3周年を迎えることが出来ました。 これもひとえに皆様の温かいご支援、ご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。 この度、コンクールにおきまして最高賞を受賞致しました。 これもひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。 これからもよろしくお願い致します。 早くも5万部の売り上げを突破、Amazonチャート4位まで獲得させて頂きました。 たくさんの方のご愛顧及びご協力、本当にありがとうございます。 引き続き精進して参ります。 本日はご愛顧誠にありがとうございます。 又のご利用よろしくお願いいたします。 おはようございます。 今後もどうぞ変わらぬご愛顧の程を。 最後の挨拶を述べる時に 当バスの運行を本日を持ちまして終了とさせていただきます。 長らくのご愛顧ありがとうございました。 誠に勝手では御座いますが、 ヤマダ登山グッズ店は2015年7月26日(日)をもちまして閉店とさせて頂きます。 大変長らくのご愛顧、誠に有難うございました。 イベントを実施する時に 視聴者の皆さまへご愛顧の感謝を込めて365日、毎日1万円が1人に当たるプレゼントキャンペーンを実施中!応募するだけで、毎日1万円が抽選で1人に当たる! 日頃より東京家具アウトレット店をご愛顧いただき有難うございます。 この度、下記に記載された場所に移転いたしました。 平素はご愛顧いただき、まことにありがとうございます。 日頃の感謝と称しまして、本日よりセールを行いたいと思っております。 おかげさまで営業開始より無事に一年を迎える事が出来ました!日頃のご愛顧に感謝いたしまして、ただいまささやかなサービス実施中です。 詳しくはサイトまで。

次の