三井住友visaカード デビュープラス。 三井住友カード(旧三井住友クラシックカード)と三井住友カード デビュープラスの比較表

三井住友VISAデビュープラスカードでマイルを貯めるのがすごくお得な理由を解説!!|クレカマニアの一人暮らし節約術

三井住友visaカード デビュープラス

18歳から25歳までの人しか作ることができない• 初年度の年会費が無料、以降も条件を満たせば無料に• いつでもポイント2倍、還元率1%と高めの設定 では、それぞれの特徴を具体的に見ていきましょう。 18歳から25歳までの人しか作ることができない 三井住友カード デビュープラスは、対象者を満18歳から25歳に限定しています。 目的は、初めにこの「入門編」のクレジットカードに慣れてもらい、社会人になって収入が増えてからも三井住友カードを「メインカード」として引き続き利用してもらうこと。 そのため、買い物や食事などで何かと利用機会が増えるこの期間に、クレジットカードの保有メリットを感じてもらえるような特典をそろえたカードになっています。 また、学生を対象としている「三井住友カード デビュープラス(学生)」というカードもあり、こちらは 働いていない学生でもカードを作ることが可能です。 ただし、入会対象年齢を超えている学生や高校生は作ることはできません。 なお、使っているうちに対象年齢を超えてしまった場合は、満26歳以降の最初のカード更新時に「三井住友プライムゴールドカード(初年度年会費無料/通常年会費5000円)」に切り替わります。 年会費が気になる方は、年会費を1250円に抑えられる「三井住友カード(旧クラシックカード)」に切り替えることも可能です。 しかし、このカードは 初年度の年会費が無料になっており、次年度以降も年間を通して1回でも使用すれば無料になります。 近年ではコンビニやファストフード店でもクレジットカードが利用できますし、毎月必ず発生する公共料金の支払いをカードにするなど工夫すれば、この条件は比較的簡単にクリアできるでしょう。 いつでもポイント2倍、還元率1%と高めの設定 三井住友カードのポイントシステムである「Vポイント」は通常還元率が0. 5%に設定されていますが、 三井住友カード デビュープラスは1%の還元率となっており、いつでも2倍おトクです。 さらに、 入会後3ヶ月間はポイント5倍と高還元になっています。 仮に月に3万円(税込)利用した場合、還元率1%で300円、入会後3ヶ月間ならポイント5倍で750円になります。 三井住友カード デビュープラスを持つメリット、デメリット 次に、三井住友カード デビュープラスを持つメリット・デメリットついて見ていきましょう。 三井住友カード デビュープラスのメリット 三井住友カード デビュープラスのメリットは、「初めて」でも安心してカードを利用できること、そして使った際にポイントが貯めやすくおトク度が高いことです。 年会費を気にせずカードを作れる・持てる 三井住友カード全般において、年会費が無料に設定されているカードは多くありません。 しかしこの三井住友カード デビュープラスは初年度の年会費が無料で、次年度以降においても1年のうちに1度でも利用すれば年会費が無料になります。 クレジットカードを利用できる店舗が増えてきているので、このハードルは決して高くないといえるでしょう。 いつも利用する店舗をおトクに利用できる いつでもポイント2倍、「1%」というポイント還元率も見逃せませんが、さらにポイントが加算される店舗があるのもメリットの一つです。 セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドといったコンビニやファストフードにおいては、ポイント5倍という特典があります。 これらの店舗をよく利用する方にとっては、大きなメリットになるはずです。 「不正利用のリスク」をカバーしてくれる クレジットカードを持っていない方は、「不正利用のリスク」を不安に思うのではないでしょうか? 三井住友カードでは業界最高水準の不正利用検知システムを導入しており、24時間365日、絶えずモニタリングを実施しています。 また、大手ならではのサポートが充実しており、例えば国内でも海外でも紛失や盗難があった際には24時間365日対応で専用の受付デスクが稼働しています。 さらに、一定の条件を満たした場合には「ショッピング補償」もついてきます。 海外旅行中に購入した商品が壊れてしまった場合、その損害を一定期間補償してもらえるのはうれしいですよね。 三井住友カード デビュープラスのデメリット 三井住友カード デビュープラスのデメリットには、以下の3つが挙げられます。 設定された年齢でないと申し込めない 三井住友カード デビュープラスは、満18歳から25歳までしか申し込みができないようになっています。 三井住友カード デビュープラス(学生)という学生向けのカードも同様で、年齢対象外の学生はこのカードを申し込むことができません。 26歳になってから最初の更新までは利用できますが、その後は他のクレジットカードに切り替わってしまいます。 「ようやく使いこなせてきた」という頃に切り替わってしまうのはデメリットですが、これはどの学生カードにも共通する弱点といえるでしょう。 海外旅行保険を別に契約する必要がある クレジットカードには海外旅行保険が付帯されているものが多くありますが、三井住友カード デビュープラスには付帯されていません。 海外旅行をする際にはその都度、海外旅行保険に加入する必要があるでしょう。 もっとも、クレジットカード付帯の海外旅行保険はベーシックな補償が多く、持っているカードに海外旅行保険が付いていたとしても 「それだけでは不安なので別途保険には加入している」という人は少なくありません。 その点では、大きなデメリットにはならないでしょう。 とはいえ、海外旅行では「予期せぬケガや病気で医療費が数百万単位でかかった」というケースもあります。 海外旅行の際には海外旅行保険には必ず入っておくようにしましょう。 限度額が低く、使いづらい可能性がある 基本的にクレジットカードは、本人が働いて定期的に収入を得ていることを「信用条件」としてカード会社が立て替え払いするという仕組みを取っています。 そのため、本来なら「働いていない学生(若者)はクレジットカードを作れない」ことになりますが、学生や若者を対象としたカードは親権者の経済的信用を担保に作成できるようになっているのです。 三井住友カード デビュープラス(学生)は本人だけで作成できますが、ショッピング利用枠は10万円と低く設定されています。 親権者の同意があれば上限を30万円に設定できますが、親権者の同意が必要になってしまうという点で手続きの面倒さがあります。 海外旅行をする際や大きな買い物をする際には、親権者の同意を得て設定を変更するようにしましょう。 三井住友カード デビュープラスの種類、一覧 三井住友カード デビュープラスには、利用可能枠が異なる学生向けのカードがあります。 ここでは、三井住友カード デビュープラス2種類と「似た特徴をもったカード」3種類をご紹介します。 それぞれの特徴を理解して、自分のライフスタイルに合ったカードを選んでください。 三井住友カード デビュープラス 三井住友カード デビュープラスはその名のとおり、クレジットカードデビューとなる学生や新社会人の利用を想定したカードです。 満18歳(高校生を除く)から25歳までで、本人に定期的な収入がある場合に申し込むことが可能です。 ただし未成年者は親権者の同意が必要で、総利用枠が10万円から80万円、キャッシング利用枠が0円から80万円までと比較的高額まで利用できるようになっているのが特徴です。 初年度の年会費は無料で、次年度以降も年間を通して1度でもクレジットカードを利用すれば年会費が無料になります。 三井住友カード デビュープラス(学生) 三井住友カード デビュープラス(学生)は、本人に定期的な収入がなくても申し込みが可能です。 こちらにも年齢制限があり、未成年者の場合は親権者の同意が必要です。 また、成年者でも親権者の同意がないとクレジットカード利用枠が10万円と低額に設定されています。 親権者の同意がある場合は、総利用枠が10万円から30万円、キャッシング利用枠が0円から5万円まで利用できます。 似た特徴をもったカードとの比較 三井住友カード デビュープラスと似た特徴をもったカードには、「学生専用ライフカード」「JALカードnavi」「楽天カードアカデミー」の3つがあります。 いずれも学生を対象としたクレジットカードです。 学生専用ライフカード 学生専用ライフカードは、ライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。 三井住友カード デビュープラス(学生)とは異なり、年齢の上限が「28歳以下」となっています。 楽天トラベルの利用でポイントが通常の3倍、楽天ブックスなら最大5倍と、ポイントの条件がおトクに設定されているのが特徴です。 楽天市場などの楽天サービスをよく利用する学生にとっては、メリットの大きいカードといえます。 利用可能枠は30万円。 「カード利用お知らせメール」を設定すれば、カードの利用状況をいち早く案内してくれます。 三井住友カード デビュープラスの申し込み方法、審査基準 三井住友カード デビュープラスはインターネットから簡単に申し込みができます。 ここからは実際の申し込み方法と審査基準についてご紹介します。 申し込み方法 三井住友カード デビュープラスおよび三井住友カード デビュープラス(学生)の申し込み方法は、以下の2つがあります。 インターネットで申し込む場合 【あわせて読みたい記事】 審査基準 クレジットカード会社は独自の審査基準を設けており、その基準に従ってカードを発行するかどうか判断しています。 審査基準は公表されていませんが、これはどこのクレジットカード会社も同じです。 「銀行系(三井住友)のカードなので比較的審査が厳しい」という声もありますが、これは通常の三井住友カードの場合です。 三井住友カード デビュープラスは学生やクレジットカードデビューをしたい人を対象としており、そもそも対象者の経済的信用(いわゆるクレジットヒストリー)は「これから付いていくもの」と想定されているので、審査基準は通常よりも低いとされています。 ただし、他社のクレジットカードを持っており、「支払いを延滞している」「延滞してカードが止められた」といったトラブルが過去にある場合、審査に合格するのは難しいでしょう。 カード会社は審査の際に、信用情報機関から提供された情報(信用情報)を閲覧します。 この情報は金融機関で共有されており、他のカード会社で起こったトラブルも把握できるようになっています。 今までクレジットカードを作ったことがない人が審査に落ちるケースがあるのは、「カード会社に信用情報がないから」。 社会人になって初めてクレジットカードを申し込むと、「今までまったく利用してこなかったのに突然申し込むのはなぜだろう?」と疑われてしまうケースがあるのです。 学生などの若年層の場合はそもそも経済的信用がないことが多いため、延滞などのトラブルがなければ審査に通る可能性は比較的高いといえるでしょう。 三井住友カード デビュープラスの基本情報 「三井住友カード デビュープラスの申し込みを検討しているが、細かい部分はどうなっているのだろう…」と気になっている方のために、基本情報をまとめました。 年会費 発行されてからの1年間(初年度)の年会費は「無料」です。 その次の年から1250円かかるようになりますが、その前年に1回でもクレジットカードを利用すれば年会費が無料になります。 三井住友カード デビュープラスには、電子決済の「iD」や「ETCカード」、電子マネー「WAON」を追加で発行することができます。 これらの利用でも年会費は無料になります。 他の三井住友カードでは常にリボ払いとなる設定(マイ・ペイすリボ)を選択しないと年会費が無料もしくは割引にならないのですが、このカードは「使うだけ」なので比較的負担なく年会費を無料にできます。 ポイント還元率 ポイント還元率は、通常の三井住友カードの2倍である「1%」に設定されています。 さらに、入会後3ヶ月間はポイント5倍と高還元になっています。 キャンペーン情報 最新のキャンペーン情報は以下になります。 付帯保険(国内・海外) 三井住友カード デビュープラスには、旅行保険が付帯していません。 卒業旅行などで海外に行く予定がある方は、海外旅行傷害保険を付帯できる他の三井住友カードを検討してみましょう。 支払い方法(一括・分割・ボーナス・リボ) 三井住友カード デビュープラスでは、一括払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いが可能となっています。 なお、一括払いと2回払い、ボーナス一括払いには手数料がかかりません。 種類 支払い方法 手数料 一括払い 締切日までの利用金額を翌月の支払い日に支払う なし 2回払い 支払い日までの利用金額を2分割し、翌月・翌々月の支払い日に支払う なし ボーナス一括払い 夏:12月16日~6月15日までの利用金額を、8月の支払い日に支払う 冬:7月16日~11月15日までの利用金額を、翌年1月の支払い日に支払う なし リボ払い 利用金額をあらかじめ指定した金額に分割し、毎月の支払い日に支払う あり 分割払い 指定した回数分に分割し、毎月の支払い日に支払う (3・5・6・10・12・15・18・20・24回) あり 締め日・引き落とし日 三井住友カード デビュープラスの締め日は毎月の月末に設定されており、引き落とし日は翌月の26日となっています。 ただし、希望によっては毎月15日を締め日とし、翌月10日を引き落とし日と設定することができるようにもなっています。 アルバイト代の振込日などと合わせて設定できるため、「お金が入っていなくて引き落とされなかった」という事態を防ぐことができます。 キャッシング利用 キャッシング利用枠は、カードの種類によって異なって設定されています。 三井住友カード デビュープラスの上限は80万円• 三井住友カード デビュープラス(学生)の上限は5万円 キャッシングは希望により利用できない(0円)ように設定することもできます。 限度額 限度額はカードの種類によって異なります。 さらに、それぞれの審査において設定されます。 カード名 総利用枠 カード利用枠 (カードショッピング) リボ払い・ 分割払い利用枠 キャッシング利用枠 三井住友カード デビュープラス 10~80万円 10~80万円 0~80万円 0~80万円 三井住友カード デビュープラス(学生) 10~30万円 10~30万円 0~30万円 0~5万円 これらの利用枠は、発行当初は低く設定されています。 そのため、「すぐに限度枠に達してしまうので使いづらい」というデメリットもあります。 しかし、利用してきちんと引き落とされているうちに限度額が引き上げられていくため、使いづらさはしだいに解消されていくでしょう。 また、限度額は一時的に引き上げてもらうことも可能です。 特に海外旅行などでは旅行代金からお土産まで、「限度額内では足りない」という場合もあるでしょう。 こうしたケースでは、問い合わせ窓口に電話をして相談してみることをおすすめします。 ETC利用 ETCカードを発行してもらうことにより、有料道路などでETCを利用することができるようになります。 ETCカードの初年度年会費は無料ですが、その次の年から年会費500円がかかります。 ただし、前年度に1回でもETCを利用していればETCカードの年会費は無料になります。 自動車を所有しているならおそらく1年間に1回くらいは有料道路を利用する機会があるでしょうから、年会費を無料にする条件はさほど厳しくないといえそうです。 三井住友カード デビュープラスの利用方法 審査をクリアして三井住友カード デビュープラスが発行されたら、その後はカードの裏面に署名してお店などで利用するだけ。 利用する際には以下の3パターンがあります。 暗証番号は他人に見られないようにしてください。 サインしなくてもよい場合• サインが求められる場合• 暗証番号の入力が求められる場合 インターネットショッピングの場合は、カード番号や有効期限の他に、裏面に記載されている3桁の数字(セキュリティコードといいます)を入力することで利用できます。 このセキュリティコードは暗証番号ではありませんので注意しましょう。 会員専用サイトとログイン方法 三井住友カード デビュープラスが届いたら、会員専用サイト「Vpass(ブイパス)」にログインしましょう。 初めにIDやパスワードを登録すれば、その後はそのIDとパスワードでログインできます。 パソコン、スマートフォン、タブレットなどさまざまな端末からカード利用状況の確認や各種手続きなどができるので便利です。 スマートフォンでも公式アプリが提供されており、指紋認証などを用いてログインします。 セキュリティの面でも安心ですね。 問い合わせ方法 カスタマーセンターへの問い合わせは、電話はもちろん、インターネット上からも可能です。 本人確認が必要な場合は、電話で問い合わせる必要があるのでご注意ください。 電話での問い合わせはカード紛失や盗難に関してのみ24時間受け付けており、それ以外は問い合わせ内容によって受付日や時間帯が異なります。 簡単な質問について知りたい場合は、コンピュータの自動回答でも解決の手引きを得ることができます。 口座変更 引き落とし口座を変更したい場合は、Vpassで手続きができます。 引き落とし口座はカード名義と同一名義の口座に限られるのでご注意ください。 Vpassから変更できるのは以下の銀行です。 下記以外の銀行の場合は、書面での手続きが必要です。 <Vpassで変更できる銀行> 三井住友銀行/三菱UFJ銀行/りそな銀行/ソニー銀行/地方銀行(一部対応していない銀行もあり)/ジャパンネット銀行 対応していない銀行口座に変更する場合は、必要情報を記載した指定用紙を郵送する必要があります。 指定用紙はインターネットや電話で請求しましょう。 利用明細の確認方法 カードの利用明細は、毎月一定の日に利用明細がまとめられたハガキや封書が送付されます。 もちろん、Vpassで閲覧することも可能です。 紛失・盗難・不正利用時の対応 紛失や盗難、不正利用が疑われる場合には、すぐに「三井住友カード紛失・盗難受付デスク」に電話しましょう。 受付デスクは24時間年中無休で稼働しています。 海外の場合は、「三井住友カード紛失・盗難受付デスク(海外)」という窓口に問い合わせてください。 日本語でも対応しています。 三井住友カードではモニタリングを強化し、不正利用の防止に努めています。 疑わしい利用があった場合にはカードの利用がストップするようになっているので安心です。 解約方法 カードを退会する場合、インターネットサービス(Vpass)で手続きをするか、「FORYOUデスク」という問い合わせ先に電話をして、手続きをしてください。 カード名義の本人でないと手続きができないので、必ず自分で解約をするようにしましょう。 まとめ.

次の

三井住友カード デビュープラス 25歳過ぎたら?26歳で自動更新される?

三井住友visaカード デビュープラス

クレカ編集部のコメント 『三井住友カード デビュープラス』は満18歳~25歳限定のお得なクレジットカード。 通常の三井住友VISAカードと比較してポイント2倍!還元率1. 年会費は初年度無料、翌年度以降も実質無料。 さらに入会後3か月間はポイント還元率が5倍になります。 還元率は2. 年会費は実質無料なのに、ポイントは通常の2倍貯まるお得なクレジットカードですが、満26歳で自動的にヤングゴールドカードの『三井住友VISAプライムゴールドカード』に切り替えとなります。 さらに満30歳でステータスカードの『三井住友VISAゴールドカード』にランクアップするので、将来性もばっちり。 長く使っていくクレジットカードになります。 三井住友カード デビュープラスが人気な理由 どうして三井住友カード デビュープラスは評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開! 三井住友カード デビュープラスとは? 18~25歳限定!初めてクレジットカードを持つ学生・新社会人の三井住友カード デビュープラス 『三井住友カード デビュープラス』は、初めてクレジットカードを持つ学生・新社会人のためのクレジットカードです。 年会費が実質無料になる若者限定の三井住友カードとして口コミでも評判です。 さらに 前年1回以上の利用があれば翌年度以降も年会費無料になります。 そのため実質、年会費無料です。 ポイント還元率1. さらにショッピング保険が付帯しているので、安心して、しかもお得にショッピングできるクレジットカードとなっています。 『三井住友カード デビュープラス』は、18~25歳限定の若者用クレジットカードですので、大学生や専門学生の学生クレジットカードとしてもおすすめ。 新社会人の方は他の三井住友カードを検討する前に、まずこちらを検討することをおすすめします。 三井住友カード デビュープラスの選び方 『三井住友カード デビュープラス』は、18歳から25歳限定の若者向けクレジットカードです。 学生・新社会人の方向けのため、ライバルカードとして『』があります。 またその他にも、三井住友カード内に位置づけが重複するライバルカードが複数、存在します。 そのため複数の魅力的なクレジットカードの中から、『三井住友カード デビュープラス』を選ぶべき人をお教えします。 学生や10代は『三井住友カード デビュープラス』がおすすめ!還元率1. 『三井住友カード デビュープラス』は還元率2倍で実質年会費無料 『三井住友カード デビュープラス』の魅力はポイント2倍の高い還元率にあります(還元率1. 単純にいつでもどこでも『三井住友カード クラシック 』の2倍貯まります(還元率は『』も『』も0. 社会人は『クラシックカード』や『三井住友カード プライムゴールド』?海外旅行傷害保険もある! 一方でデメリットは『三井住友カード デビュープラス』には 海外旅行傷害保険が一切付帯しないこと。 この点は比較したライバルカードの方が魅力です。 旅行保険が薄めの『』にも最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯するからです。 ただしリボルビング払いや分割払い限定ですが、年間最高100万円まで補償するお買物安心保険は付帯します。 『三井住友カード デビュープラス』は26歳で『三井住友カード プライムゴールド』に自動で切り替えになります。 『三井住友カード デビュープラス』ユーザーは審査基準が有利となるため、これをメリットと取るかデメリットと取るかは人それぞれですが、数年でランクアップして年会費がかかることは意識すべきでしょう。 逆に言えば、5年以上使えるのであれば『三井住友カード デビュープラス』にしておくのが良いでしょう。 特に学生や10代の社会人におすすめです。 その条件とは、前年度1回以上のカード利用があるということだけ。 社会人でもカードの年会費は、年1回の利用で無料となります。 コンビニでクレジットカード支払いするだけでも無料になります。 三井住友カード デビュープラスは社会人でも年1回の利用で年会費無料になります! クレジットカードの存在を忘れてしまわなければ、年に1回ぐらいは確実に買い物するので、実質無料と言えます。 社会人で年会費無料のプロパーカードは珍しいので、これはおすすめです。 ただしもしも条件を満たさない場合は、翌年度から1,250円(税抜)が発生します。 三井住友カード デビュープラスは「ワールドプレゼント」ポイント2倍!還元率1. 0%となります。 三井住友カード デビュープラスは入会後3ヵ月間はポイント5倍! 『三井住友カード デビュープラス』は入会後3か月間はポイント還元率が5倍になります。 還元率は2. 卒業旅行の海外旅行費用や引っ越しの家具の購入など、高額な買い物をする予定がある社会人や学生は、そのタイミングで入会を検討してみてはいかがでしょうか? さらに三井住友カードでは、入会キャンペーンを常に実施しているので、入会と利用でもれなく最大数千円分のポイントやキャッシュバックが受けられます。 三井住友カード デビュープラスは電子マネー「iD」でもポイント還元!還元率1. おサイフを持って無くて、クレジットカードがない!そんなときでも、おサイフケータイで利用できます。 スマートフォンの「iD」アプリでおサイフケータイでもポイント2倍! ランニングでスマートフォン以外持っていない、ちょっとした買い出しでクレジットカードを忘れた、そんなことも多いもの。 どんな時でも携帯しているスマートフォンのiDアプリを利用すれば、いつでも高い還元率で気軽にお買い物ができます。 『三井住友カード デビュープラス』は「Apple Pay」との相性も抜群!還元率1. 「Apple Pay」はAppleが始めた新しい決済サービス。 Suica、iD、QUICPayが使えるお店なら電子マネー感覚で利用できます。 三井住友カード デビュープラスでApple Payを使うのは簡単です 「Apple Pay」は使い方も簡単! お店の電子マネー(Suica、iD、QUICPay)表示がある読み取り機械に、iPhone7、AppleWatchをかざすだけで決済が完了します。 もちろんポイント還元率は1. 準備も簡単で『三井住友カード デビュープラス』を、カメラを使って「Apple Pay」が搭載された「iPhone 7」や「Apple Watch Series 2」に読み取らせるだけで登録できます。 これで「iD」マークのあるお店や自動販売機などで「Apple Pay」が利用できるようになります。 三井住友カード デビュープラスはリボルビング払いでポイント3倍!還元率1. 三井住友カード デビュープラスは入会後3か月間はポイント5倍!還元率2. 5%)。 大学生や新社会人になったばかりで色々揃えなくてはならないという方は、ぜひ『三井住友カード デビュープラス』に入会してから、入用なものを購入しましょう。 三井住友カード デビュープラスは国内のショッピング保険も付帯!年間100万円まで補償! 年間100万円のショッピング保険も付帯しているので、カードで購入した商品を壊してしまったり、盗難被害に遭ったりした場合も、購入から90日間であれば損害を補償してもらえます。 ただし、国内で購入した商品については、リボ払い・分割払い(3回以上)が対象となります。 『三井住友カード デビュープラス』は『三井住友カード プライムゴールド』に自動でランクアップ 『三井住友カード デビュープラス』は年齢に合わせて自動的にランクアップしていくクレジットカードとなっています。 安定して使っていただければ審査落ちはあまりないと口コミでも評判です。 ステータスを重視する方にもおすすめです。 三井住友カード デビュープラスの利用実績でゴールドカードの審査は有利になる 三井住友カードのゴールドカードは、審査基準が厳しく普通に申し込んでも審査に通らない方も多いですが、本カードに入会していれば自動的にランクアップしていくので安心です。 将来、三井住友VISA ゴールドカードを所有したいとお考えの方は、ぜひ三井住友カード デビュープラスに入会することをおすすめします。 三井住友カード デビュープラスのデメリット 三井住友カード デビュープラスは満26歳で三井住友カード プライムゴールドへ切り替え 『三井住友カード デビュープラス』は18~25歳という年齢制限があります。 満26歳になるとカード更新時に自動的に『』へと切り替わります。 『三井住友カード プライムゴールド』になると年会費5,000円! 発行会社の三井住友カードとしては、順調にステップアップしていってもらいたいのがわかります。 そのため審査基準も『三井住友カード デビュープラス』の利用実績が考慮され、審査に通る可能性が高まると思われます。 しかし、年会費無料に惹かれて本カードを選ばれた方、とにかく年会費を低く抑えたい方には、満26歳以上の高額の年会費がネックになるでしょう。 三井住友カード デビュープラスまとめ ステータスや旅行保険が不要という方は、カード更新時に三井住友カード クラシック に更新にすることも可能です。 このように『三井住友カード デビュープラス』は、年会費実質無料で通常のショッピングのポイントが2倍になる大変お得なカードです。 最終的にゴールドカードへと自動的にランクアップできるので、25歳以下の若者であれば加入しておいて損はありません。

次の

三井住友カード デビュープラス(学生)|三井住友VISAカード

三井住友visaカード デビュープラス

18歳~25歳までずっと使えるの? は、高校生を除く、18歳から25歳限定のクレジットカードとなっています。 若い方向けのクレジットカードの中には、対象年齢の間、ずっと持てるわけでなく、期間が決められているクレジットカードもあります。 しかし、は、入会してから特に何年間という期間指定はなく、18歳から25歳の間はずっと使えます。 カードの有効期限によって長さは異なりますが、18歳でカード申し込みすれば、最短でも7年間は使えるということになります。 26歳になったらすぐ終了なの? 満26歳の誕生日を迎えると、すぐに使えなくなるイメージを持たれる方が多いようですが、実際は違います。 例えば、2018年1月1日に26歳になった方が、その日を境に使えなくなるというわけではなく、満26歳以降最初のカード更新時まで使えます。 要するに、26歳になった時点で手元にあるに書いてある「有効期限」まで使えるということです。 ですので、上で、「18歳で申し込みすれば、最短でも7年間は使えるということになります。 」と書きましたが、実際は、18歳になってすぐ申し込めば、もう少し長い期間もてるケースが多いでしょう。 26歳以降最初の更新時にランクアップ 上で書いた通り、対象年齢が25歳までとなっていますので、満26歳以降最初のカード更新時まで使えます。 ただし、満26歳以降最初のカード更新時に三井住友VISAカードの会員でなくなるというわけではありません。 満26歳以降最初のカード更新時に、ランクアップするのです。 特に何もしなければ、20代限定のプライムゴールドカードへ切り替わります。 ただし、ゴールドカードなど、「ランクの高いカードは嫌だ!」ということであれば、満26歳以降最初のカード更新時に手続きをして、スタンダードなカードを選ぶことも可能ですので、安心してください。 25歳で申し込みを考えている方へ 25歳で申し込みをされる方は、当然、もっと若い時に申し込みをされた方に比べ、利用可能期間は短くはなります。 しかし、上で書いた通り、満26歳以降最初のカード更新時まで、を使うことが出来ますので、26歳になるまでの数か月しか使えないというわけではありません。 例えば、2017年1月1日の誕生日に25歳になった方が、2017年5月4日に入会したとします。 この方は、2018年1月1日に26歳になりますが、26歳になったからすぐ使えなくなるのではなく、満26歳になって最初のカード更新時、つまり、この場合ですと、2017年5月4日に入会した時に決められた有効期限まで使えるということになります。 ですので、現在、25歳の方も、「どうせ、すぐに26歳になるし、別のカードにしておこう」と、思わずに、少しでもポイント面で得をしたいのであれば、に加入された方が良いでしょう。 以上、三井住友カードデビュープラスの「更新」についての記事でした。

次の