連射 コントローラー。 PS4 コントローラー ワイヤレス 連射 TECKLINE 無線 fps コントローラー PS4/Pro/Slim/PC対応 日本取扱説明書付 高耐久ボタン :ps4

PS4コントローラーのおすすめ7選!FPS向けの連射機能付きも

連射 コントローラー

Dance Dance Revolutionは難関曲888 Challenge をクリア。 カードゲームアプリ「TEPPEN」のランクはチャンピオン。 また、イベントではプロゲーマーとしてのゲスト出演の他、MCとしても呼ばれることもあり、全国各地のイベントに出演中。 2017年、ラスベガスで開催されたEvolutionのサイドトーナメント「AnimEVO」にてぷよぷよテトリスダブルス優勝、シングルス7位の実績を残す。 Dance Dance Revolutionは難関曲888 Challenge をクリア。 カードゲームアプリ「TEPPEN」のランクはチャンピオン。 また、イベントではプロゲーマーとしてのゲスト出演の他、MCとしても呼ばれることもあり、全国各地のイベントに出演中。 PS4コントローラーとは? PS4に最初から付属しているものを使用している人が多いのではないでしょうか。 このコントローラーには DUALSHOCK4 デュアルショック4 という名前があり、PS4を開発しているSIE ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント から発売されている 正規ライセンス品なので、過去のハードで同様のタイプを使用していて馴染みがある方も多いでしょう。 付属品だけあって接続やワイヤレス化も簡単で、シンプルなゲームを遊ぶうえでは申し分ない性能です。 しかし、実はこれ以外にもコントローラーにはたくさんの種類があるんです。 例えば特定のゲームジャンルを遊ぶことに特化した形状のコントローラーや、DUALSHOCK4を原型に機能面や持ちやすさを改良したモデルもあり、PS4での動作が確認されている商品ならいずれも問題なく使用することができます。 自分のプレイするゲームジャンルや環境によっては、付属している DUALSHOCK4に必ずしもこだわる必要はないのです。 ほぼ全てのゲームがこのDUALSHOCK4での操作を前提として作られているのでオールラウンドコントローラーといえる性能です。 使用しているプレイヤーも多いので 操作やトラブルについての相談をしやすいこともメリットのひとつ。 ただコントローラーは長期間使用するとボタンの効き具合など使用感が劣化することが多く、ヘビーユーザーにとっては1年から2年程度が買い替え時期ともいわれています。 その際、DUALSHOCK4は 定価が6,000円以上と少し高いのはネックといえるでしょう。 非純正品のメリットとデメリット• ジョイスティック レバー操作でキャラクター動かすもので、アーケードコントローラーとも呼ばれます。 格闘ゲームなどをゲームセンターに近い環境でプレイしたい人におすすめです。 また、ボタンの位置はフラット型と山型の2種類がありボタンの距離や配置位置が微妙に異なります。 『ストリートファイターV』プレイヤーはフラット型、『鉄拳7』プレイヤーは山型などタイトルごとでユーザーによって使用傾向に違いがあります。 ゲームパッド 一般的なコントローラータイプのことで、オールラウンダーですがFPSや格闘ゲームに特化したデザインの物もあります。 DUALSHOCK4の代用品を安く買いたい人におすすめです。 リモコン PS4ゲームで使用する例はあまりありませんが、動画視聴などゲーム以外の目的で快適にPS4を使いたい人におすすめです。 レーシングホイール ハンドルを握ってプレイするタイプのコントローラーです。 ハンドル部とアクセル&ブレーキ部に分かれているコントローラーもあり、車を運転している感覚でゲームができるのでレースゲームをよりリアルに体験したい人におすすめです。 フライトコントロール レーシングホイールが車のリアリティを追求した一方、こちらは飛行機の操縦をリアルに体験するためのコントローラーになります。 フライトシューティングゲーム、フライトシミュレータ等の飛行機に乗ってアクションを行うジャンルにおすすめです。 なぜこのPS4コントローラーが選ばれたのか FPSを高精度に楽しむための機能に特化したコントローラーで、独特な右スティックの質感と追加ボタンとして使える4つのレバーが特徴です。 基本的なボタン配置は純正品に近いので直感的に使用可能。 射撃ボタンになりやすいL2とR2が少し長くなっていて連打がしやすいよう工夫されています。 エイムしながら別のボタンを操作しやすいようデザインされており、PS4本体とも有線接続が可能。 背面の追加ボタンにどの機能を割り振るかはカスタムできるのでコマンドの多いゲームや操作の複雑なFPSで思い通りの操作をしたい方におすすめのコントローラーです。 外形寸法 - 質量 - 接続 有線・無線 端子 USB 対応機種 PS4 その他の機能 EMR、トリガーシステム なぜこのPS4コントローラーが選ばれたのか PS4向けのコントローラーでも非純正品は持ちやすさ・グリップ性のために正規品とは異なる形のものが目立ちます。 このコントローラーは正規品の DUALSHOCK4の形をベースにしているので、これまで長期間使ってきたDUALSHOCK4に馴染んでいて愛着があるもののカスタムコントローラーを使ってみたいという人におすすめです。 本体は正規品より少し大きく感じる場合もありますが、持つ部分がザラっとした感触でグリップしやすいようになっています。 背面の追加ボタンパドルは着脱可能なので単純に握りやすいコントローラーとしても使用したい場合にも魅力的な商品です。 外形寸法 - 質量 - 接続 有線 端子 USB 対応機種 PS4 その他の機能 EMR、トリガーシステム なぜこのPS4コントローラーが選ばれたのか DUALSHOCK4にはない連射機能などFPSで便利になる機能が詰め込まれたコントローラーで、特に感度調整の機能では細かい操作から大きく動かしたい場合まで状況に合わせて変更すれば他のコントローラーでは難しい操作も可能になります。 周辺機器でお馴染みのホリから発売されており、値段も非常にお手頃なので手に取りやすい製品。 FPS用のコントローラーを使ってみたい人から安く予備のコントローラーを買っておきたい場合まで幅広く重宝します。 外形寸法 W16. 本体も比較的薄いですが、何よりボタンの高さが低いので連打や擦るような押し方がしやすいようになっています。 パソコンにも接続して使用可能で、タッチパッドやヘッドセット端子などDUALSHOCK4に搭載されている機能も搭載しているのでアーケード型コントローラーを使ったことがない人にも馴染みやすい製品です。 外形寸法 約W47. 5cm 質量 約3. 連射機能もあり形状も通常のコントローラーに近いので他のゲームでも使用できないということもありません。 値段も安めなのでいきなりジョイスティック型のアーケードコントローラーは買いづらいと感じる方やゲームパッドに馴染みが深いというユーザーはこうしたタイプの商品を試してみるのも良いのではないでしょうか。 PS4以外のデバイスでも使用可能で、値段もT-GTと比較すると半額程度なのも人気の要因です。 リアルな操作感や耐久性が優れているのはもちろん、数多くボタンがハンドル部に配置されているので総合的に使いやすいタイプと言えるでしょう。 決して安価ではありませんがレースゲームの臨場感を高めたい方にはおすすめです。 25kg 接続 有線 端子 - 対応機種 PlayStation4、PlayStation3 その他の機能 ゲームコントロール機能 なぜこのPS4コントローラーが選ばれたのか これまで紹介した2つの商品はかなり高価なものでしたが、このコントローラーはハンドル型としては非常にリーズナブルでこれまで使ってこなかった方でも手の届くラインの商品と言えるでしょう。 それでいて感度の調整やボタンの割り当てなどプレイヤーに合わせたカスタマイズ機能も充実しており、エントリーモデルとしては非常に優秀な性能です。 長期に渡ってガッツリ遊ぶ方よりも、まずはハンドル型コントローラの操作を体感してみたいという方に特におすすめです。 6cm、フットペダル:約W23. 追加機能を持ったコントローラーとしては比較的安価で、PS4オフィシャルライセンス品というところもポイントです。 DUALSHOCK4とは左スティックと十字キーの位置が逆になっているなど独特な要素もありますが、背面の追加ボタンを含むボタン配置は専用ソフトウェアで複数セットの管理が可能で、振動の強弱や重さも調整できてしまうというカスタム性の高さが最大の魅力です。 外形寸法 約W16. 値段も手頃なのでお子さま用のコントローラーとしてもおすすめです。 このコントローラーそのものはeスポーツシーンに強い性能はありませんが、手の小さな子どもにとってゲームがプレイしやすくなります。 プロゲーマーとして活躍している選手は幼少期からゲームをプレイし続けているプレイヤーばかりで、まずはこのコントローラーでゲームの魅力を感じてeスポーツに触れてみるのが良い入口になるのではないでしょうか。 もちろんご家族や友達とのプレイする際の追加コントローラーとしても便利です。 外形寸法 約W13. 5cm 約W47. 6cm、フットペダル:約W23. 5cm 約W13. 8cm 質量 - - 約170g ケーブル除く 約3. 5kg - 2. 今や「eスポーツ」として対戦競技の地位も確立しつつあるゲーム。 その中でも家庭用ゲーム機はハードの性能は一律ですが、コントローラーなら機能やデザイン面で選ぶことができます。 PS4では多くのタイトルが発売され続けていますので、自分のよく遊ぶタイトルや重視したい機能などプレイスタイルに合わせてベストなコントローラーを探してみてくださいね。 ゲームの関連記事一覧 本体の記事はこちら• ソフトの記事はこちら• マウスの記事はこちら• パソコンの記事はこちら• タイプ別の記事はこちら• 大学院修了後、公立の小学校教員として勤務。 2018年5月に株式会社サイバーエージェントグループ会社である株式会社CyberOwlに転職。 「aukana アウカナ by動画配信サービス比較情報. com」の立ち上げに携わり、トップページのライティングを担当。 その後、各作品記事のライティングや編集業務を務める。 2019年7月より、ぴったりな商品が見つかるメディア「モノレコ」編集担当に異動。 大学院修了後、公立の小学校教員として勤務。 2018年5月に株式会社サイバーエージェントグループ会社である株式会社CyberOwlに転職。 「aukana アウカナ by動画配信サービス比較情報. com」の立ち上げに携わり、トップページのライティングを担当。 その後、各作品記事のライティングや編集業務を務める。 2019年7月より、ぴったりな商品が見つかるメディア「モノレコ」編集担当に異動。

次の

「ホリパッドミニ for Nintendo Switch 」は連射”ホールド”コントローラの最適解。Amazonで予約開始【スイッチ】

連射 コントローラー

HEIM編集部・ 2020年04月07日 PS3、PS4でFPSなどを楽しんでいると、純正のコントローラーでは、操作性に満足できないと感じることはありませんか?PS4用のコントローラーは、カバーを含めるとたくさんの種類が販売されており、スマホやPCで使えるタイプもあります。 今回は、USBケーブルが必要な有線タイプ、充電器が必要なワイヤレスケーブルタイプ、連射しやすいか、故障したときに修理できるか、アタッチメントでの拡張性があるか、左右スティックの操作性、本体の色や充電スタンドが付属しているかどうかなど、価格も含めて様々なチェックポイントを紹介します。 ヤマダ電機などの電気店で取り扱っている安いタイプもあるのでチェックしてみましょう。 人気の高いコントロールフリークやHORIのアイテムも紹介します。 PS4コントローラーの選び方 発売元で選ぶ コントローラーの発売元は、純正品と非純正品があります。 高品質で安心の純正品 ソニー純正のコントローラーは、あらゆるゲームに対応しているため多機能で、拡張性にも優れています。 しかし、その分価格が高いので、決められた機能しか使わない方にはもっと機能をしぼった安価なコントローラーが人気です。 色々なゲームを遊びたい、汎用性が高いコントローラーの方が安心できる、「純正品以外を使うのは不安」という方におすすめです。 種類が豊富な非純正品 非純正品のコントローラーのメーカーは、例えばHORIやRazer、nacon gamingなどがあります。 また、非純正品の中にも、ソニーが定めた基準に合格したオフィシャルライセンス商品と、ライセンスなしの2種類があります。 オフィシャルライセンスを受けた商品は、パッケージにプレイステーションのマークと、「Official Licensed Product (OLP)」の表示があります。 非純正品でライセンス表示がないものの中には、PS4本体側のアップデートによって、使用不可になる可能性があります。 非常に低価格のコントローラーもありますが、必ず購入前にレビューや口コミを確認しましょう。 ケーブルの有無で選ぶ 電池切れの心配がない有線 出典: ケーブルの長さを考えずに、自由なスタイルでゲームをしたい方に人気なのが、ワイヤレスタイプのコントローラーです。 Bluetoothで通信するワイヤレスタイプはリチウムイオンなどの充電式バッテリーを採用しているので、その分コントローラーが重たくなります。 また、内蔵されているリチウムイオン電池は、使用回数が一定数を超えるとバッテリーの性能が落ちていきます。 1度の連続使用時間や充電方法、充電時間もバッテリーによって差が大きいので購入時には確認が必要です。 連続使用時間を伸ばしたい方には、コントローラーに外付けできる拡張バッテリーを販売している機種もあるのでチェックしてみましょう。 振動をONにしている状態での震えるパワーの違いは、使用しているコントローラーによって大きく幅があります。 小さく震えるタイプのほうが、操作に影響がなくて良いという意見と、できるだけ大きく震えたほうがゲームの臨場感が出て楽しいという意見があります。 振動が大きいほうが楽しいと感じるなら、振動の大きさをウリにしているコントローラーを選びましょう。 操作に役立つ連射機能 FPSをプレイする方に人気なのが「連射機能」です。 FPSは楽しいけれど、ボタンの連打に疲れる、面倒だと感じるなら、自動で連打してくれる「連射機能」がおすすめです。 連射機能をONにしておけば、操作に余裕ができるのでゲームを優位に進めることができます。 オンオフを確認できるライトバー ライトバーとはコントローラー背面にあるライトのことです。 光り方や、光る色によってコントローラーのステータスを確認することができます。 特に複数台のコントローラーを無線で接続している場合、1台目、2代目、3台目と光るカラーを変えることができるので、何人かでゲームを一緒にプレイするときに便利です。 充電中かどうかやワイヤレス接続の際のペアリング状態を確認するときにも使えます。 便利な機能ですが、ライトバーが無いコントローラーでも、プレイ中の操作に影響はないので、自分の好みによって選びましょう。 ボタン配置をチェック コントローラーによって、ボタンの位置や数は異なります。 コントローラーの背面に、操作をショートカットするためのボタンが付いていたり、前面に6個のボタンが付いていて、自由にカスタマイズできるタイプもあります。 左手は十字キーの操作に専念したい、できるだけボタンはスッキリしているほうがいいなど、自分のプレイスタイルや、ゲームに合ったボタン配置を選ぶのがおすすめです。 タッチパッドの有無に注意 出典: 純正のコントローラー正面上部にあるのが、「タッチパッド」です。 クリック操作が可能です。 ゲームによってはタッチパッド操作が必要なコマンドもありますが、まったく必要ないゲームもあります。 タップやダブルクリック、ドラッグ、フリックなどの操作が必要な場合もあるので、タッチパッドが付属しているコントローラーがおすすめです。 タッチパッドが付属していないコントローラーでも「タッチパッドモード」の切り替えで、スティックをタッチパッドの用に操作できるタイプもあります。 コントローラーをPS4だけでなく、PCに接続してゲームをプレイしたいなら、操作性が向上するので、タッチパッド付きがおすすめです。 イヤホン端子付きも確認 安いコントローラーにはイヤホン端子が付属していないことがありますが、PS4は本体に音声出力とマイク端子がないので、仲間とボイスチャットをしながらゲームをプレイしたい方は、コントローラーのイヤホン端子を使って、ヘッドセットなどを接続するのがおすすめです。 ヘッドホンの出力設定によって、「ボイスチャットのみ」「すべての音声」を選択することができます。 「すべての音声」を選択すれば、チャット音声だけでなくゲームの音もヘッドホンから聞くことができるので、チャットはしないけれど深夜にゲームをしたい方にもイヤホン端子が付属していると便利です。 形状で選ぶ コントローラー選びで、最も重要なポイントと言えるのが「形状」です。 スペックが良いコントローラーでも、自分の手の大きさに合わなかったり、グリップ感がしっくりこないと、操作しにくいです。 特に小さな手の女性や子供は、背面ボタンが押しにくいコントローラーもあるので、可能なら電気店などで一度触ってみてから購入しましょう。 PS4コントローラーのおすすめ7選.

次の

【PS4】2つの連射機能が使えるおすすめコントローラー ホリパッドFPSプラス

連射 コントローラー

目次で流し読み• 「ホリパッドFPSプラス」について 名称に「FPS」と入っていますが、基本は連射機能付きのコントローラーという認識で大丈夫です。 スティック感度を調整する機能やボタンの割り当て変更機能が付いているものの、邪魔にならない位置に機能ボタンが付いているため、不要なら無視することができます。 「DUALSHOCK 4」と比べて、「左スティック」と「方向キー」の位置が逆転している点は注意が必要です。 Xboxのコントローラー配置と似ています。 機能面では「無線接続」「ライトバー」「モーションセンサー」「振動機能」が付いていません。 代わりに、価格は2,000円ほど安くなっています。 として販売されているため、品質も安心です。 状況によって使い分けられる2種類の連射機能 本製品には、ボタンを押している間だけ連射される「連射モード」と、常に連射状態が保たれる「連射ホールド」という2種類の連射機能が用意されています。 連射速度も3段階で調節可能です。 1度使えば覚えられる、も地味に好印象を持っています。 連射機能は全てのゲームで活躍するわけではないですが、助けられる場面は多いです。 例えば、セミオート武器の操作など、頻繁にボタンを押すゲームでは「連射モード」が活躍します。 熟練度上げなど、同じボタンを延々と押し続ける作業は「連射ホールド」を使えば放置可能です。 ゲームを遊ぶ上で必須ではないものの、持っていればとても便利なガジェットになります。 コントローラーを複数持っていると便利なこと 壊れたので買い換えたという場合でなければ、「ホリパッドFPSプラス」は2個目のコントローラーになるかと思います。 複数のコントローラーを所有することで得られるメリットは意外と多いです。 せっかくなので、併せて紹介していこうと思います。 まずシンプルに、2人プレイ対応のゲームを遊べるようになります。 PS4の本体にはコントローラーが1個しか付属していないので、地味に2人プレイのハードルは高いです。 1人プレイでも、「DUALSHOCK 4」のバッテリーが切れたときに、操作を切り替えることができます。 無線接続はできませんが、ケーブル長が約3mもあるので、余裕を持って遊ぶことが可能です。 パソコンからのリモートプレイを行う場合にも使用できます。 1つでは、リモートプレイのたびに再接続することになりますが、複数あれば本体用とリモートプレイ用に使い分けることが可能です。 頻繁にリモートプレイを使われる方は複数持ちでかなり快適になります。 さいごに 連射機能が活躍するのは数か月に1回程度ですが、なかったときの手間がとんでもない場合もあるので、私にとっては手放せないガジェットの1つです。 今すぐ買うべき物ではなくても、記憶の片隅に置いておき、必要になったときに購入を一考してみてください。

次の