パニック 障害 なり やすい 人 の 特徴。 パニック障害・不安障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

パニック障害になりやすい人の特徴

パニック 障害 なり やすい 人 の 特徴

2017年09月07日• こんにちは。 東京台東区上野御徒町 自律神経専門院 吉民整骨院院長の 西海晃斗です。 では・・・ パニック症は男性より女性がかかりやすく、 女性は男性の約三倍多いと言われています。 年齢は20代に発症するのが最も多く、 次に30代半ばと言われています。 ストレスがパニックの原因になるかと言ったら見解は分かれますが、 ストレスを感じやすい人は、パニックになりやすいともいわれています。 完璧主義、気づき過ぎの方などは ストレスに弱いとされています。 また肉体的疲労がある場合も パニックになりやすいです。 座りっぱなしで、デスクワークの方などは、 適度に筋肉を緩めるようにした方が良いです。 簡単なストレッチもいいでしょう。 特に有酸素運動は効果的だと言われています。 食事で言うと、コーヒー、炭酸飲料なども、 パニック症の原因になりやすいので注意が必要です。 また、パニック症と併発されるのが、 不安障害と言われています。 イライラして、落ち着かなく、頭痛、動悸、息切れ、目まいなどの症状も伴います。 私が今まで見た方には、特定の不安症がある方が多いです。 乗り物、特定の場所に行けないなどです。 例えば、電車に乗るとパニックになるのは、 パニックではないのです。 少し勘違いしがちですが、 原因がはっきりしているからです。 パニック障害の特徴は、 予期しない発作が繰り返し起こることです。 動悸、目まい、頭痛が起きて、医療機関を受診して、 検査をしますが、そこで異常がないことを確認されてパニック症と診断されるわけです。 そこで誤った診断をされやすいのが、 自律神経失調症、過換気症候群、不安神経症などと 診断される場合があります。 自律神経失調症という言葉を耳にする機会が多いと思いますが、 そのような病名はなく、自律神経系に起こる症状の総称です。 パニック障害とは、パニック発作を繰り返し、 その事から予期不安を引き起こし、それから広場恐怖を引き起こすという流れで、 次第に広がっていく慢性の症状です。 これらをそのままにしておくと、 一人で出かけることができない、 何かがいつも不安、 気分がいつもスッキリしない、 酒におぼれる、 更に治療を受けても治りづらいです。 また、生活を楽しむことができない、 その結果うつ病を発症してしまうことも多いです。 うつ病の症状としても、パニック発作が現れる時がありますので、 うつ病とパニックは切っても切れない関係です。 パニック障害とアルコール依存症も関係があります。 不安や恐怖をアルコールで紛らわしているうちに酒量が多くなり アルコール依存症になってしまう方が多いです。 これも男性より女性の方が多いです。 恐怖不安が強いからとアルコールに走っても 根本的な解決にはならないので、飲まないようにするのと、 悪化する恐れがあるので、飲まないようにすることです。 カラダの歪みを取り、呼吸法、思考を変えると 徐々に元の自分に戻ってくる方が多いです。 ただし悪化させている、こじらせている方は それなりの時間はかかります。 YouTubeを始めました。 ご覧ください。 youtube. 地球に 日本に ご先祖の方々に 感謝しています。

次の

パニック障害とは?症状(パニック発作、予期不安、広場恐怖)となりやすい人は?

パニック 障害 なり やすい 人 の 特徴

こんにちは。 パニック先輩です。 みなさんボチボチ生活されてますか~?むりは禁物ですよ~マイペースで! さて今回はパニック障害になりやすい人の特徴について調べてみましたので皆さんにシェアしたいと思います。 宜しくお願い致します。 パニック障害は男性より女性の方がなりやすい 世界各地で調査されているみたいなんですけど、その結果広場恐怖を伴わないパニック障害では女性は男性の2倍、広場恐怖を伴うパニック障害では女性は男性の3倍かかりやすくなっています。 年齢では20歳代にかかることが一番多くて次に多いのは30代半ばと言われています。 私は男性ですが20代前半にパニック障害になりました。 10代で発症する場合もあり、45歳以降に発症することもあるみたいですね。 パニック障害はストレスに弱い人がなりやすい やはりストレスを感じにくい人よりも感じやすい人が発症しやすく、また そのストレスへの対処が苦手な人ほど発症率が高いと言われていますね。 特に女性にその傾向があり、ストレスを上手にやり過ごすことができない人がパニック障害になりやすいと言われています。 ストレスに弱い人の特徴• 感受性が強い人• 完全主義の人• こだわりが強い人• 周りに気を使い過ぎる人 思い当たるふしはありますか?わたしは大いにあります。 笑 このようなパターンに当てはまる人は何かしらストレスを発散できる方法を見つけておくのが良さそうですね。 趣味のカラオケで歌いまくったり、釣りをするとか…。 疲れている人も危険! パニック発作は肉体的や精神的に疲れている時に起こりやすいと言われていますので気をつけましょう。 長時間の仕事ややり過ぎの筋トレなどで筋肉の緊張や疲労がたまると血行が悪くなり筋肉が酸欠状態になり乳酸がたまります。 これがパニック発作を起こす一つの原因と考えられています。 疲労はできるだけ避けて疲れを感じたら休憩を取るようにしましょうね。 逆に運動不足の人もパニック障害になりやすいと言われていますから、適度な運動が必要です。 乳酸の蓄積を防ぐのに、有酸素運動が有効みたいです。 有酸素運動はダイエットにもなりますから是非試したいものです。 カフェインや炭酸飲料も要注意です コーヒー、紅茶、また二酸化炭素を含む炭酸飲料など控えめにしたほうがいいでしょう。 これらのものはパニック発作を誘発すると言われています。 何事もやり過ぎ摂りすぎは良くないってことですね~。 ほどほどに!ですね。 ご観覧ありがとうございました。 管理人のパニック先輩にご意見、ご質問、ご指摘などございましたらこちらからどしどしお寄せ下さいませ。 返信遅くなることもございますが、お気軽にどうぞ。

次の

パニック障害患者数は100人に1人!?

パニック 障害 なり やすい 人 の 特徴

本人しかわからない苦しみをともなう病気です。 そんなパニック障害になりやすい性格があることをご存じでしょうか? 医学的に解明されているわけではありませんが、 傾向として、なりやすい人の性格の共通点というものがいくつか挙げられます。 どんな性格の人がなりやすいのか、いくつかご紹介します。 当情報をもとにしたご判断や行動はご自身の責任においてお願いいたします。 【目次】• 自分の気持ちをがまんしてしまう性格 人見知りが激しかったり内向的で引っ込み思案の人は、自分の気持ちを押し殺して無理を重ねてしまう傾向にあります。 そのことがストレスになって、パニック障害を引き起こすこともあります。 その逆で、がんこで気性が激しい性格の人もまわりとの摩擦が起きやすいので、ストレスがどんどんたまって発症してしまうこともあります。 完璧主義 「こうあらねばならない」、「やるからにはすべて完璧に」とやってしまう人は、自分で自分を追い詰めてしまって、心も体もヘトヘトになってしまう傾向があります。 完璧にやらないとどうにも落ち着かない、納得できない、という性格だと中途半端に事が進んでしまうことに大きなストレスを感じるのです。 完璧主義• 生真面目• 人にまかせきれずに自分でかかえてしまう• 人に頼る(甘える)ことをあまりしない• 仕事に家事に育児にとすべてをきっちりこなそうと頑張っている このような性格の人は、がんばってがんばり抜いた結果、心も体もパンクしてしまった時にパニック障害を発症することがあります。 スポンサーリンク 物事をマイナスに考えてしまう、不安や恐怖観念が強い性格 ついマイナスに考えがちな性格や不安を感じがちな性格の人は、プラス思考の性格の人よりもストレスも不安もたまりやすいので、パニック障害になりやすい傾向があります。 たとえば仕事で上司から強く指摘された時に、「部長はなんにもわかってないクセに冗談じゃないわよ!頭にくるー」と思う人と、「ダメだなぁ私。 何年もこの会社にいるのに注意されてばかりだし。 きっと期待もされてないんだわ。 」と思う人。 同じできごとでも受けとめ方がずいぶん違いますね。 後者のように自分を責めてしまったり、落ち込んだり、不安を感じやすい人は、パニック障害になりやすい性格だといえるでしょう。 利他的な性格 「利他主義」とは「利己主義」の反対の意味。 「己(おのれ)を利する」のではなく「他(他人)を利する」ことを優先する考えのことです。 自分のことは二の次にして、 人のためにとつい無理をしてしまう性格もパニック障害におちいりやすいのです。 たとえば、お友達とランチの時に・・・• 利己的な人 : 「私、パスタがいい!ね、いいでしょ?」• 利他的な人 : 「(本当は和食がいいけど)なんでもOK!Aちゃんの食べたいものにしようよ。 」 ささいなこと一つとっても、自分の感情や欲求は我慢して、相手の望むようにしてあげようとする。 たまにならいいかもしれませんが、いつもいつも自分を我慢して相手のためにばかり動いていると、小さなストレスが積もり積もってしまいます。 スポンサーリンク その他なりやすい性格 ほかにも・・・• 度を超えるほどの真面目な性格• 几帳面すぎる性格• ささいなことでもずっと気にして引きずってしまう性格• 高所・閉所恐怖症の人• 動物を極端に怖がる人 などはパニック障害になりやすい性格と言えそうです。 幼いころに経験した恐怖や不安感を引きずっているという人も、なにかのきっかけで恐怖や不安感がフラッシュバックしてしまって発症するケースもあります。 パニック障害になりやすい性格の人は、総じて 心根がやさしい人が多いのではないでしょうか?やさしいがゆえに、気をつかい過ぎてしまうのでしょう。 とはいえ、原因は精神的なストレスだけではありません。 強い疲労、カフェイン、神経伝達物質の異常といったものも主な原因と考えられていますので、上記で紹介した性格だからといってパニック障害になるということではありません。 ただ性格が当てはまっている人は、いい意味でもうすこし自分に「甘く」したり、「いい加減」にかまえてみるのもよいのではないでしょうか。

次の