おこがましい 例文。 「おこがましい」の意味と漢字について。役立つ例文・類語集もご紹介

「恐れ多い」の意味と使い方・類語・例文・恐れ多いお言葉

おこがましい 例文

「差し出がましい」とは、相手に対して必要以上にお節介なことや厚かましいことをするさまを意味する表現です。 他人のことに対して必要以上に関与しようとするさまなど、出過ぎた様子を表します。 よかれと思って余計なことをするさまで、類語は「いらぬ世話」・「余計なお世話」・「でしゃばり」・「しゃしゃり出る」・「余計なこと」・「蛇足」・「しなくていいことをする」・「余計な口出し」・「お節介」・「余計な横槍」・「余計な世話焼き」・「いらぬお節介」・「いらぬ口出し」・「お節介焼き」・「ありがた迷惑」などがあります。 この場合の例文は 「あなたは差し出がましい人だ」・「そのようなことをして差し出がましいとは思いませんか」などがあり、これは「あなたはお節介な人だ・あなたはでしゃばりな人だ」・「そのようなことをして余計なお世話だとは思いませんか・そのようなことをしてお節介だとは思いませんか」などの意味です。 また「差し出がましい真似はするな」・「差し出がましいことを言うな」などは「でしゃばったことをするな・余計なことはするな・お節介はするな」・「余計なことを言うな・いらぬ口出しはするな」といった意味です。 これらは対等又は目下の者に対して使うことが多く相手を制する時などに使用し、相手が良かれと思って行った言動に対して不快を表わすマイナスなイメージの言葉です。 また言うべき立場ではないのに、余計な口出しをする行為をたしなめたり非難したりするときにも使います。 しかしそれだけでなく目上の者に対して使用することも多く、その場合には地位や立場に不相応な言動をとるさまを表現します。 この場合の類語は 「出過ぎた」・「分を超えた」・「分をわきまえない」・「分を弁えない」・「でしゃばった」などがあります。 しかしここで用いる場合はマイナスな要素ばかりではなく、謙虚に物事をお願いする時や断る時に使える美しい日本語でもあります。 「あえて出しゃばったことを言いますが、お許し下さい」や「出しゃばった発言だとは思いますが聞いてください」という意味あいで、「差し出がましいこととは存じますが」と前置きしてから本題に入ることによって、相手の気持ちを尊重しながら自分の意思を表現するときに用いることができます。 「差し出がましいお願いではありますけれども」と表現することで、「分をわきまえていないことは十分承知の上でのお願いなのですが」と謙虚にお願いする姿勢を表すことができます。 また相手に対して何か進言したり忠告などをしょうとする際にも、この言葉を前置きしてから伝えることで、「そんなことお前に言われたくない」「あなたに指摘されるいわれはない」などと反論したい気持ちを和らげる効果が期待できます。 またそのまま自分の思い等を伝えることによって相手を傷つけたり抵抗に遭うのを防ぐこともできます。 「このように申し上げるのは差し出がましいことと承知しておりますが」などは「出過ぎたことを言って申し訳ありませんが」の意味で相手の気持ちに配慮しへりくだって言う方法です。 いきなり人からアドバイスや意見をされた時に 自覚している痛いところを指摘されたら、それが好意からの発言だと分かってはいても、人は素直に認められず反論してしまう人も多いものです。 このような場合に前もって出しゃばった発言に対しての失礼を予告したり、出しゃばった発言かも知れませんがと曖昧にしながらそこから本題に入ることで、相手に反論や誤解が生じないよう防御も兼ねたクッションの役割をする言葉としても使うことができます。 「差し出がましいようで恐縮ではございますが、ひとつ気になる点がございます」・「差し出がましいこととは存じますが、そんなに召し上がってはお身体に毒です。 」などと用い、「出過ぎた発言をするようで申し訳ありませんが、ひとつ気になる点を発言してもよろしいでしょうか」「出過ぎた発言で失礼ですが、これ以上召し上がると身体に悪いですよ」というように使います。 目下の立場でありながらも目上の人に提案や助言を発言したいときに使う言い回しです。 無礼を承知での一言に、誠意と勇気を感じる言葉です。 「恐縮ですが」・「身の程をわきまえず申し訳ありません」というへりくだった時に使い、言いかえると「恐れながら申し上げます」・「お言葉ではございますが」・「失礼を承知で申し上げるのですが」といった言い回しに置き換えられます。 目上の相手に意見や異論を述べる時にも 使うことができる表現としても覚えておくとよいです。 「お節介」や「でしゃばり」といったマイナスを表す言葉でも、ビジネスや人との会話マナーとして使い方によっては社会人として好感度を上げることができます。 これに似た意味で、「僭越ですが」という表現もあります。 これも謙虚さを示す表現で、身分や権限などを越えて出過ぎたことをすることを意味します。 他の意味と例文の情報を知りたい方は、こちらもご覧ください。 タイトル: タイトル:.

次の

おこがましいの正しい意味と使い方 類語 英語表現を詳しく解説

おこがましい 例文

「おこがましい」とは、一般的に、身の程をわきまえない、(自らの立場に対して)不相応、また不相応な言動や行動、出すぎたこと、という意味です。 最近は使われませんが、「おこがましい」には、愚かしい、ばかばかしい、ばかげているという意味も持っています。 漢字表現:烏滸がましい 「おこがましい」の漢字表記には、「痴がましい」「烏滸がましい」があります。 「痴」は、頭の働きがにぶいという意味があり、「烏滸」はばかげている様子を表す意味があります。 漢字からも分かるとおり、「おこがましい」には、おろかな出過ぎた行為、という意味があります。 敬語表現の分類 おこがましいは敬語表現ではありません。 「おこがましい」の意味が、軽蔑する意味を持つため、おこがましいに敬意を表す意味は含まれません。 「おこがましい」の使い方例文 「おこがましい!」 ドラマなどではよく、しつこい相手や、失礼極まりない相手に対して「おこがましい」とひとこと発言することがあります。 おおよそ、立場上いいづらいことを進言する場合に使います。 例文3:おこがましいですが 「おこがましいですが、指摘させていただきます」 「おこがましいようですが」よりは、強く進言して、自分の正しいと思っていることを伝えるときに使います。 例文4:おこがましいやつだ 「会議中に社長にたてつくなんて、おこがましいやつだ」 何か自分よりも目下や、侮蔑の対象に使います。 例文5:おこがましいお願い 「おこがましいお願いとは存じますが、ご一読だけでもお願いいたします」 かなり自分を下げて、相手に依頼をしたいときに使う表現です。 「おこがましい」の類語と違い おこがましいの類語には「恐れ多い」「差し出がましい」「厚かましい」「身の程知らず」があります。 下記では、各類語の意味と、「おこがましい」との違いを説明していきます。 類語1:恐れ多い 「恐れ多い」とは、申し訳なく頭が上がらない、という意味です。 「恐れ多いですが」と「おこがましいようですが」がほぼ同じ意味を持つ表現になります。 「おこがましい」と「恐れ多い」の違いは、「おこがましい」は自分もしくは相手に対して使いますが、「恐れ多い」は自分に限られる点です。 類語2:差し出がましい 「差し出がましい」とは、しゃしゃり出て余計なことをする様子を意味します。 「差し出がましい」と「おこがましい」の違いは特になく、どちらを使っても同じ意味として受け止められます。 ビジネスシーンでは「おこがましいですが」よりも「差し出がましいですが」のほうをよく使用します。 類語3:厚かましい 「厚かましい」とは、人の迷惑を考えずにずうずうしくする様子を意味します。 「厚かましい」と「おこがましい」の違いは、「厚かましい」は自分に対しては使わず、「おこがましい」は自分に対して使える点です。 類語4:身の程しらず 「身の程知らず」とは、自分のスキルや身分を理解して接しない様子を意味します。 「身の程知らず」と「おこがましい」の違いは、「身の程知らず」は身分やスキルが失礼な点に注目しているのに対して、「おこがましい」は言動が失礼な点に注目している点です。

次の

「おこがましい」の意味と漢字について。役立つ例文・類語集もご紹介

おこがましい 例文

「おこがましい」を使った例文 ・おこがましいお願いをして申し訳ありません。 ・彼のおこがましさには私も呆れています。 ・なんておこがましいやつなんだろう。 ・おこがましくも口出しをする。 ・自分のことを棚に上げて、そんなことを言うとはおこがましい。 ・私から言うのもおこがましいのですが、・・・ ・おこがましい発言控えるように ・このような場にお招きいただきまして、おこがましく感じております。 ・あいつはおこがましくも評論家と自称している。 ・私のような素人が口を挟むのはおこがましい。 おこがましいという言葉は、基本的に自分を謙遜するために使う言葉ですが、相手に対して使う場合もあります。 相手に対して使う場合、ビジネスではなくプライベートで自分がいけすかないと感じている人に対して使うことがあるでしょう。 相手の目の前で使うと感じが悪く、いないところでいうと悪口のように聞こえるため、相手に対しては積極的に使う言葉ではありません。 自分を謙遜する意味で使うときには、ビジネスでもよく耳にする表現であるため覚えておくと役にたちます。 おこがましいの類語 ずうずうしい.

次の