グラタン フライパン。 餅グラタンをフライパンで作る簡単レシピ!余った餅の消費に♪

グラタンはフライパンでも作れるの!?オーブンも必要なしの簡単グラタンレシピ

グラタン フライパン

玉ねぎは縦に薄切り、カリフラワーは薄切りにする。 鮭は皮と骨を除いて三等分に切り、塩、こしょう各少々をふり、ペーパータオルで水気をふく。 オリーブオイルを中火で熱してパン粉を炒め、焼き色がついてカリカリになったら取り出しておく。 フライパンにバターの半量を中火で熱し、鮭を両面さっと焼く。 鮭をフライパンのはしによせ、空いている部分で残りのバター、玉ねぎ、カリフラワーを加え炒める。 玉ねぎがしんなりしたら、弱火にして薄力粉を加え、粉っぽさがなくなったら水2カップを少しずつ加える。 中火にして煮立ったらマカロニを加え、焦げつかないよう混ぜながら袋の表示時間より1分短く茹でる。 豆乳を少しずつ加えて混ぜる。 とろみがつくまで加熱し、しょうゆ、こしょう少々で味をととのえる。 ピザ用チーズをのせて、弱火にしてふたをし、チーズがとけたら、パン粉、青ねぎを散らす。 (1人分520kcal、塩分1. 5g) トマトベースの ソースもおいしい! スパイシーなシーフードグラタン トマトカレーシーフードグラタン トマトの酸味とスパイシーなカレー味のコラボは食欲をそそること間違いなし! 玉ねぎは薄切り、パプリカは縦半分に切ってへたと種をとって乱切り、にんにくはみじん切りにする。 シーフードミックスは流水をかけて解凍する。 オリーブオイル大さじ1を中火で熱してパン粉を炒め、焼き色がついてカリカリになったら取り出しておく。 フライパンにオリーブオイル大さじ2、にんにくを中火で熱し、玉ねぎ、パプリカを炒める。 玉ねぎがしんなりしたらシーフードミックスを加えてサッと炒め、塩こしょうをふる。 水2カップを加えて中火にし、煮立ったらマカロニを加え、焦げつかないよう混ぜながら袋の表示時間より1分短く茹でる。 カットトマト、カレールウ、洋風スープの素を加え、とろみが出るまで加熱する。 ピザ用チーズをのせて、弱火にしてふたをし、チーズがとけたら、パン粉、パセリを散らす。 (1人分426kcal、塩分2. 2g) いかがでしたか、フライパンでつくるグラタン。 一度に家族全員分まとめてつくるから楽なうえ、グラタン皿1皿分ではちょっと足りないと思っていた育ちざかりのお子さんにも夢の一品ですよね、取り分けスタイルだから心ゆくまでどうぞ(笑)。 今回試食して思ったのは豆乳の味わいの良さでした。 牛乳で作るよりかるめに仕上がるから、重たすぎずちょうどいい食べごたえ。 豆乳を料理に使うなら、「」の1リットルパックが便利です。 今回グラタンを教えてくれた榎本さんは、コーヒーのミルクに豆乳を使うのもおすすめだそう。 牛乳の代わりに豆乳、まだまだいろいろ使えそうですね、少々PRをしてしまいました。 最後に家族つながりでご紹介です、ホームクッキングには、お子さんといっしょにつくりやすいメニューをそろえた「」というコーナーもあります。 よろしければこちらもぜひご活用ください!.

次の

【みんなが作ってる】 フライパンひとつ グラタンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

グラタン フライパン

マカロニグラタンの下ごしらえ 用意するメインの材料は、 マカロニ、牛乳、鶏もも肉、玉ねぎ、椎茸で、バター、小麦粉、塩、こしょうも使用します。 鶏肉等の代用については下記補足に。 椎茸は軸を切り落として2~3㎜幅に、玉ねぎも同じく2~3㎜幅に切ります。 マカロニは鍋にお湯を沸かしてティースプーン1杯ほどの塩(分量外)を加え、袋の表示時間通りにゆでてざる上げしておきます。 自分で切る場合も1㎝角を目安にしてください。 玉ねぎを入れる前に塩ひとつまみ、こしょう少々(各分量外)で下味をつけます。 鶏肉だけで1分ほど炒め、続けて玉ねぎを加え、さらに1分半ほど炒めます。 玉ねぎにも透明感が出てくるまで炒めましょう。 椎茸を加えて、さらに1分ほど、椎茸がくたっとするまで炒めたら火を止めます。 小麦粉大さじ2をフライパン全体にふりかけるように入れ、バター5gほども加え、炒めた具材とともに、フライパンの中でそのままホワイトソースを作っていきます。 小麦粉とバターを加えたら弱火にかけ、 箸で混ぜながら、具材に小麦粉をなじませます。 30~45秒ほど弱火にかけるのですが、フライパンについた粉も具材にからませつつ、白っぽい色合いがなくなるまで火にかけます。 そうすることで、ダマになりにくく、きれいなホワイトソースに仕上がると思います。 火を少し強め、箸で全体を常にやさしく混ぜながら、具材と牛乳をなじませます。 具材に絡んでいた小麦粉と牛乳が次第に混ざりあって、全体的にとろみがついてきます。 湯気が立って沸く直前くらいまで火にかけてOKです。 同じように混ぜながら火にかけ、湯気が立って沸く直前くらいになれば、残りの牛乳を加え、同じことを繰り返します。 最後の牛乳を加えて混ぜながら火にかけ、とろみも出て、ホワイトソースが沸いてくれば 弱火にして7~8分ほど火にかけます。 弱火で煮る間はゴムヘラやスプーンなどを使い、 フライパンの底や淵を混ぜながら、7~8分後に下の写真のように"フライパンにさっと線を引いたときに、底面が一瞬きれいに見えるタイミング"までとろみを強くします。 ゆでておいたマカロニを入れ、ほぐし混ぜればグラタンのホワイトソースの出来上がりです。

次の

フライパン1つでグラタンを作った!フレーバーストーンの美味しいレシピ♪

グラタン フライパン

マカロニグラタンの下ごしらえ 用意するメインの材料は、 マカロニ、牛乳、鶏もも肉、玉ねぎ、椎茸で、バター、小麦粉、塩、こしょうも使用します。 鶏肉等の代用については下記補足に。 椎茸は軸を切り落として2~3㎜幅に、玉ねぎも同じく2~3㎜幅に切ります。 マカロニは鍋にお湯を沸かしてティースプーン1杯ほどの塩(分量外)を加え、袋の表示時間通りにゆでてざる上げしておきます。 自分で切る場合も1㎝角を目安にしてください。 玉ねぎを入れる前に塩ひとつまみ、こしょう少々(各分量外)で下味をつけます。 鶏肉だけで1分ほど炒め、続けて玉ねぎを加え、さらに1分半ほど炒めます。 玉ねぎにも透明感が出てくるまで炒めましょう。 椎茸を加えて、さらに1分ほど、椎茸がくたっとするまで炒めたら火を止めます。 小麦粉大さじ2をフライパン全体にふりかけるように入れ、バター5gほども加え、炒めた具材とともに、フライパンの中でそのままホワイトソースを作っていきます。 小麦粉とバターを加えたら弱火にかけ、 箸で混ぜながら、具材に小麦粉をなじませます。 30~45秒ほど弱火にかけるのですが、フライパンについた粉も具材にからませつつ、白っぽい色合いがなくなるまで火にかけます。 そうすることで、ダマになりにくく、きれいなホワイトソースに仕上がると思います。 火を少し強め、箸で全体を常にやさしく混ぜながら、具材と牛乳をなじませます。 具材に絡んでいた小麦粉と牛乳が次第に混ざりあって、全体的にとろみがついてきます。 湯気が立って沸く直前くらいまで火にかけてOKです。 同じように混ぜながら火にかけ、湯気が立って沸く直前くらいになれば、残りの牛乳を加え、同じことを繰り返します。 最後の牛乳を加えて混ぜながら火にかけ、とろみも出て、ホワイトソースが沸いてくれば 弱火にして7~8分ほど火にかけます。 弱火で煮る間はゴムヘラやスプーンなどを使い、 フライパンの底や淵を混ぜながら、7~8分後に下の写真のように"フライパンにさっと線を引いたときに、底面が一瞬きれいに見えるタイミング"までとろみを強くします。 ゆでておいたマカロニを入れ、ほぐし混ぜればグラタンのホワイトソースの出来上がりです。

次の