ラミシールクリーム 特徴。 ラミシールクリーム(Lamisil Cream (Terbinafine)

ラミシールクリーム(テルビナフィン)はカンジタに効く?その特徴と体験談は?

ラミシールクリーム 特徴

ラミシールとは? それでは名前の由来からいきたいところですが、ラミシールは特にないようです。 一般名は Terbinafine:テルビナフィンになります。 ラミシールの作用を簡単に説明すると 「真菌の細胞膜を構成するエルゴステロール が作られるのを邪魔することで症状を改善する」となります。 それではまず表在性皮膚真菌症についてお話していきましょう。 表在性真菌症とは? 真菌感染症は大きく 表在性(皮膚)真菌症と 深在性真菌症に分類されます。 これは文字通り前者が毛髪、爪、角質、表皮など私達の体の表面でとどまるもの。 後者は皮膚の真皮以下の皮下組織、場合により臓器にも及ぶものを意味します。 表在性真菌症の原因となる菌は白癬菌やカンジダ、癜風などがありますが、 約90% は白癬菌が原因です。 これらは皮膚の常在菌であるため、免疫力が低下した時などにみられる場合があります。 原因No1の白癬菌ですが、部位により特に以下のように呼ばれます。 白癬菌は足にいれば足白癬(いわゆる水虫)、足の爪に侵入すると爪白癬(爪水虫)、股間であれば股部白癬(いんきんたむし)、頭であれば頭部白癬(しらくも)、身体であれば体部白癬(たむし)となります。 白癬菌はケラチナーゼという酵素を出して、皮膚の角質の構成成分である ケラチンというタンパク質を溶かし、それを食べて増殖します。 そのため皮膚の角質や爪、髪の毛などケラチンが多く含まれる部位に発生しやすいのです。 白癬菌やカンジダ、癜風等真菌の細胞膜の主な構成成分は エルゴステロールです。 ちなみにヒトの細胞膜は主にコレステロールになります。 つまりエルゴステロールが作られる過程を邪魔することができれば、ヒトの細胞膜に影響せず真菌を死滅させることができることがわかります。 スポンサーリンク ラミシールの作用機序と特徴 それではまずエルゴステロールの合成経路をみてみましょう。 外用抗真菌薬の作用機序は上図のいずれかの酵素の働きを邪魔するというものになります。 アリルアミン系に属するラミシールは スクアレンエポキシダーゼを阻害します。 これによりエルゴステロールの合成が抑えられ、症状が改善するのです。 ラミシールの剤形にはクリーム、スプレー、外用液があります。 使い分けは処方する医師により異なりますが、最もよく使用されているのがクリームです。 浸透性が高く、使用感もいいことが挙げられます。 外用液は浸透性がよく、使用感もいいです。 スプレーは部位に直接触れなくても二次感染の予防できるというメリットもあります。 ただしいずれもクリームよりも刺激が強いため、傷やただれている部位では使用を控える場合があります。 ちなみに剤形ごとの効果の違いはなく、同等の効果が認められています。 いずれの剤形も1日1回の塗布でOKです。 塗る時間はお風呂から上がった後が望ましいでしょう。 角質層が柔らかくなり薬剤の浸透性が高まるので効果的です。 白癬、カンジダ症、癜風いずれにも適応があります。 ラミシールの副作用と注意事項 主な副作用は接触性皮膚炎、発赤、掻痒、刺激感などがあります。 これについては他の外用抗真菌薬と変わりません。 使用にあたっての注意をいくつかお話しておきましょう。 真菌は症状がある部分だけでなく、その周囲にも潜んでいることがあります。 特に 足白癬(水虫)の場合は病巣部のみならず、足の裏やかかとまで広い範囲で薬を塗る必要があります。 また真菌は自覚症状が消失し、一見改善したように見えても実はまだ残っていることがあります。 皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーは個人差があるものの4週間程度とされており、最低でも4週間は継続して使用する必要があります。 更にその後も治療を継続すると再発予防効果があるとされていますが、こちらは皮膚科の先生の指示に従って下さい。 くれぐれも自己判断で使用を中止しないことが大切です。 テルビナフィンはドラックストア、薬局、またインターネットでも購入することができます。 それではラミシールについては以上とさせて頂きます。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

水虫の薬で、ラミシールクリームとルリコンクリームの違いを教えて下さい。 ...

ラミシールクリーム 特徴

病院での水虫治療で処方されることが多いのがテルビナフィン配合のラミシールです。 そしてケトコナゾール配合のニゾラールも一般的です。 ラミシールがアリルアミン系の抗真菌薬ならニゾラールはイミダゾール系です。 イミダゾール系も強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とするので、水虫や皮膚カンジダなどの治療に最適なのです。 ニゾラールの場合、ラミシールと違って脂漏性皮膚炎にも効く唯一の抗真菌薬であるという特徴も持っています。 脂漏性皮膚炎は、原因がまだ明確化していないもののマラセチアという真菌が関与していることは分かっています。 マラセチアは10種類以上あり、脂漏性皮膚炎に関係するのがマラセチア・フルフルという真菌です。 そしてこのマラセチア・フルフルの細胞膜を破壊し、活動を阻害し死滅に追い込む唯一の抗真菌薬となるのです。 ちなみに、ラミシールはスクアレンのエポキシ化の段階で細胞膜の成分・エルゴステロールの生成を阻害し、ニゾラールはCYPによるラノステロールのメチル化を阻害することで精製阻害する効果を持ちます。 阻害過程は微妙に違いますが、水虫治療の大きな味方となってくれます。 効果的な使い方、服用方法はラミシールと同じく、患部よりも広めの範囲に塗るようにしましょう。 患部の状態に合わせてクリームかローションと剤形は違ってきます。 そこはきれいな皮膚が保たれていて大丈夫に見えても、実際にはすでに白癬菌が潜伏している可能性は高いです。 もちろん、患部自体がきれいになったからといっても油断は禁物、完全に菌が死滅するまでは塗り続けるようにします。 イミダゾール系は副作用が少なく、だからこそ病院でも処方されることの多い薬となっているのです。 服用方法を守っていればそれほど重篤な事態は起こらないはずです。 ですが、万が一皮膚の刺激感や熱感、発疹や蕁麻疹といった症状が出てきた場合にはすぐに使用をやめて、医師や薬剤師の指示を仰ぐようにしなければなりません。 ニゾラールも個人輸入代行業者を通じて手に入れることはできるものの、偽薬も多く出回っているので副作用が起こるリスクが高まってしまうのです。 もしもなにか起こったとしても、それは自己責任です。 安さよりも信頼性の高さを基準に、正しい製品を選ぶようにしてください。 脂漏性皮膚炎にも、そして水虫にももちろん効果的なニゾラール、きちんと使って少しずつ菌を死滅させて完治へと導いて行くようにしましょう。

次の

脂漏性皮膚炎にも効く抗真菌薬ニゾラールとは

ラミシールクリーム 特徴

軟膏とクリーム、ローションの違いは?~使い心地・刺激・皮膚への付着性 回答:使い心地・刺激・皮膚への付着性の違い 「軟膏」は、最も皮膚にしっかりと付着しますが、べたつきが強く使い心地はあまり良くありません。 「ローション」は、さらっとしていて使い心地は良いですが、汗やこすれ等でとれやすい傾向があります。 「クリーム」は、軟膏とローションの中間くらいの性質を持っています。 薬としての成分は全く同じです。 ほとんどの場合は添付文書も共通で、どんな症状に使うか、どんな副作用が起こるか、どんな使い方をするかも同じです。 ただし、皮膚の状態によっては厳密に使い分けることもあります。 特に、傷がある場合に「ローション」を使用すると、刺激を感じて症状が悪化してしまう恐れもあります。 使い心地で選んで良いのか、皮膚の状態に合わせた薬を使うべきか、きちんと医師・薬剤師と相談の上で使うようにしてください。 適したタイプの剤型を使うことで最も治療効果が高くなるため、製薬企業はわざわざ異なるタイプの薬を販売しています。 軟膏の特徴 「軟膏」は最もよく用いられている塗り薬です。 べたつき等、使い心地が悪い場合はありますが、およそどんな皮膚の状態でも使用できます。 ・主に「白色ワセリン」と呼ばれる油脂をベースに作られる ・塗布した面に脂の膜を作るため、保湿性に優れる ・皮膚にしっかりと付着するため薬が剥がれにくい ・刺激が少なく、傷やびらんを保護できる ・鱗屑や痂皮を柔らかくして取り除く ・べたつきを感じる クリームの特徴 「クリーム」は軟膏よりも水分量が多く、使い心地の面で改良されています。 しかし、皮膚が潰瘍やびらんのように湿潤している(じゅくじゅくしている)場合には刺激があり、適しません。 ・軟膏と比べてベタベタせず、塗り心地が良い ・傷があると刺激を感じることがある ・よく延びる ローションの特徴 「ローション」はアルコールや界面活性剤を使って薬を水溶性にしたものです。 クリームよりも更にさらっとした使用感で、夏場の使用でもべたつきを感じることが少なくなります。 しかし、その分薬もとれやすく、またクリームよりも更に刺激性が強いため傷がある場所には適していません。 その結果、皮膚の症状をより悪化させることにつながります。 特に傷のある部位では、強い刺激を感じる可能性があります。 こういった場合には刺激の少ない軟膏を使用することが必要です。 薬剤師としてのアドバイス:厳密な使い分けも必要 軽い症状のものであれば、使い心地の観点から「軟膏」・「クリーム」・「ローション」を選んでもそれほど問題ありません。 しかし、長期で治療が必要な場合や、症状が酷いような場合には、最も治療効果が高くなるよう厳密に使い分けが必要なケースもあります。 兄弟や家族で異なるタイプの薬が処方されている場合には、必ず別のタイプを処方した理由があります。 使い心地が悪いからといって、安易に自己判断で別の剤形を使ったりしないようにしてください。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の