羅生門 あらすじ。 映画「羅生門」あらすじ、感想【人間の虚栄心を描いた黒澤明の傑作】

羅生門(芥川龍之介)のあらすじ | あらすじ文庫

羅生門 あらすじ

『羅生門/芥川龍之介』の簡単・分かりやすい要約 『羅生門/芥川龍之介』の主な登場人物は2人です。 羅生門で雨宿りをする「男」と、死体をむさぼる「老婆」です。 ここからは『羅生門/芥川龍之介の簡単・分かりやすい要約』として概要だけ説明していきます。 京都の町が大不況になった影響で「ある一人の男」は職を失い、羅生門で途方に暮れています。 男は生き残るためには「盗人」になるほかないと考えますが、なかなかその勇気が持てません。 男が悩んでいるうちに日は暮れてしまい、その晩は羅生門で野宿することにします。 羅生門の梯子を男がのぼっていくと、ある異様な光景を目にします。 それは やせた猿のような老婆が死人の髪の毛を抜き取っている光景でした。 同時に「あらゆる悪と罪に対する憎悪」も芽生えていき、男は刀に手をかけ老婆に近寄ります。 老婆は男に気づき急いで逃げようとしますが、男に捕まってしまいます。 老婆は男に言い訳をします。 「この女は生きているときに悪行を働いた。 だから、髪の毛を抜くくらいされてもいい人間だ。 そうしなければ私は飢え死にしてしまう。 男は老婆の着衣をはぎとり、暗黒の夜に姿をくらましました。 その後の男の行方は誰も知りません。 以上が簡単な『羅生門/芥川龍之介』の要約です。 もう少し章をわけて説明した方がわかりやすいと思うので、以下に『羅生門/芥川龍之介』のあらすじも載せておきます。 スポンサーリンク 『羅生門/芥川龍之介』のあらすじ・解説 「羅生門/芥川龍之介のあらすじ1」ー 飢え死にか盗人か…一人の男の苦悩 数年間に及ぶ天災や飢饉によって京都の町は大不況に見舞われていました。 「ある一人の男」もこの大不況の影響で職を失い、行く当てもなく「羅生門」の石段で雨宿りをしていました。 この頃の羅生門は盗人や狐狸(こり:詐欺師や悪事を働くもの)が住みついていて、さらに引き取り手のない死体も捨てられていたため、 普通の人間は気持ち悪がって誰も近づこうとしない場所でした。 羅生門で雨宿りをする「一人の男」は、このまま無為に過ごしていてはいずれは飢え死にし、 羅生門に打ち捨てられた死体と同じ運命をたどってしまいます。 男が飢え死にしないためには「盗人」になるしかありませんでしたが、 男には盗人になる勇気がなかなか持てず、先ほどからずっと羅生門で悩んでいたのです。 「羅生門/芥川龍之介のあらすじ2」ー 老婆の悪行と罪への憎しみ 男が羅生門で盗人になるか悩んでいるうちに日は暮れてきました。 男は寒さをしのぐために、羅生門の前で一晩を明かそうと決めました。 男が羅生門の梯子(はしご)を上っていると、死体しかないはずの羅生門で誰かが火を灯しているのに気がつきます。 男は静かに梯子を上り、中の様子をうかがいます。 羅生門の中は噂通りに死体が多数捨てられており、死体の腐敗した臭いに男は鼻を覆いました。 しかし次の瞬間、男は臭気のことなど忘れてしまうような異様な光景を目にしました。 それは、 やせた猿のような「老婆」が火を灯して死体をのぞき込んでいる光景でした。 男は息をするのも忘れるほどの恐怖と好奇心で、老婆の行動を観察しました。 老婆は死体の首に両手をかけ、死体の長い髪の毛を抜いていました。 つい先ほどまで男は盗人になろうかと悩んでいたにもかかわらず、 男はそのことを忘れ 「あらゆる悪を憎む心」がふつふつと湧きあがります。 老婆は男の存在に気づき驚いて逃げようとしますが、男は老婆を押し倒し「何をしていたのか」と問いただします。 老婆は死体の髪の毛を抜いてカツラを作ろうとしていたといいます。 老婆の話によれば、髪を抜いていた死体の女は「蛇を干し魚だ」と偽って売っていた悪人だそうで、 このくらいの報いを受けて当然だといいます。 続けて老婆は男に「飢え死にしたくないから、死人の髪の毛を抜くのは仕方がないのだ」といいます。 このとき、老婆の言葉を聞いていた男に「ある勇気」が生まれてきます。 自分も飢え死にはしたくない…、この老婆と同じ状況である……、 ならばこの老婆も自分のこれからすることを大目に見てくれる違いない………。 老婆の話が終わると、男はあざけるような声で「そうか」と言います。 そして老婆の襟首をつかみ「では、俺がお前の着物を剥いでも恨むなよ。 俺もそうしなければ飢え死にするから」と言って、 老婆の着物を剥ぎ取ってしまいます。 足にしがみつく老婆を死体の上に蹴倒して、男は梯子をかけおりていきます。 老婆はうめき声をあげながら梯子の下をのぞき込みました。 そこには真っ暗な闇があるだけでした。 その後の男の行方は誰も知りません。 以上が『羅生門/芥川龍之介』のあらすじと要約です。 男は老婆の悪行をみて、最初は「悪への憎悪」を感じるのですが老婆の話を聞いているうちに「悪の肯定」へと突き進みます。 この作品は「男」が主人公というわけではなく、男が簡単に盗人へと早変わり姿を通して、 「人間の身勝手さ(エゴイズム)」と「人間という存在の弱さ」を具象化した作品です。 私が初めて「羅生門」を読んだときは、気味の悪さとわかりやすい構成に惹かれたものですが、 今読み返してみると「男の悪への憎悪」が簡単に「悪も罪も仕方がない」と変容する様が現実社会に通じるように感じてしまいます。 自分だけが大事なのは仕方のないことで、自分の命を犠牲にしてまで正義を貫こうとする人は誰もいないでしょう。 これはあくまで私の勝手な解釈なので、あらすじではなくぜひ一度『羅生門/芥川龍之介』を一読してどんな感想をもつか楽しんでみてください。 芥川龍之介は有名な作家なだけあって、書店でも500円以下で短編集が売られています。 一緒に収録されている「鼻」や「蜘蛛の糸」といった作品にもぜひ触れてみてください。

次の

『羅生門』あらすじ・読書感想文の書き方【中学生・高校生~】

羅生門 あらすじ

1950年公開。 黒澤明の11作目となる映画で、これを機に 世界のクロサワと呼ばれるようになりました。 公開当時は日本国内では不評で、映画会社・ 大映の永田社長も「訳わからん」と全く評価していなかったそうです。 しかし海外から高く評価され、ヴェネツィア国際映画祭でグランプリである金獅子賞を受賞すると、永田社長は手のひらを返したように大絶賛したらしいですねw黒澤監督はそれを見て「 まるで羅生門の映画そのものだ」と評したそうです。 確かに今作品はこうした人間の持つ 卑しい部分をシニカルに描いていますが、逆に人間の 美徳も描いていますよ。 本記事ではあらすじ、キャスト・スタッフ情報の他に、個人的な感想、視聴方法も記載しています。 ジャンル:、 作品時間:88分 もくじ• 作品情報 アカデミー賞では下記を受賞しています。 名誉賞[受賞]• 美術監督賞 白黒部門 — 松山崇、松本春造 その他にもヴェネツィア国際映画祭では 金獅子賞、ブルーリボン賞では脚本賞、その他の映画賞でも監督賞など世界中で評価されました! あらすじ 時は平安時代、ある大雨の日に1人の下人が雨宿りの為に羅城門へ駆け込んできた。 そこにはある殺人事件を目撃した事で、人間を信じられなくなったと落胆する杣売りと旅法師がいた。 下人が詳しく話を聞いてみると、悪名高き盗賊・多襄丸が、山中で侍夫婦の妻を襲い夫を殺害したという。 しかし2人が言うには、検非違使に証言した多襄丸と妻・真砂の言い分が食い違っていたと言うのだ。 果たして真実は・・・?• 白黒映画だからと敬遠しないで!• 癖になるボレロ調の音楽• 人間の醜さ、卑しさを描いた傑作 白黒でも情景が伝わってくる不思議 今作品は 芥川龍之介の小説・ 藪の中のストーリーが大半を占めている。 正確には 羅生門と 藪の中を基に少し脚色して練り直したストーリーとなってるわけだけど、どちらも人間の卑しさを描いているので、観ていて違和感は特にない。 いや、むしろ1本の映画としてちゃんと成立していて、非常に考えさせられるテーマを帯びているので、未見の人は安心して観て欲しい。 今作品の素晴らしい点として、自然光を活かす為に鏡を使ったとか、フィルムが焼けちゃうので誰もやらなかった太陽を映す撮影法などがよく言われてるけど、僕からしたらそんな事よりも 画角だ。 どのシーンも1枚絵として 味のある美術品のような美しさ・・・他の作品でもそうだけど黒澤明監督の1番優れている点はこの 映像センスだと僕は思う。 確かに太陽を映すシーン・・・そりゃ太陽自体を映した事自体が画期的だったのかもしれないが、そうじゃなくて、 木々の中にたまにギラっと光る太陽光という構図自体が素晴らしいし、羅生門でのシーンだって、あのセット自体を全部作り上げた事もヤバイんだけど、ボロボロの羅生門で 大雨の中ポツンと座ってる2人の絵がたまらないんだ。 その類まれなる画角センスに加えて、何故かフィットする ボレロ調の音楽と、汗や山中の音、雨音、そして最高の役者陣によって情景がしっかりと伝わってくる傑作に昇華していると僕は思う。 芥川龍之介の世界を言葉による状況説明ではなく、こうした映画らしい演出で表現した黒澤明監督はやっぱり 世界のクロサワだ! 白黒とは思えない圧倒的な迫力・・・是非人生で1度は堪能すべきだろう。 公開から5年後に他界した音楽家・早坂文雄 今作品は非常に面白い人間ドラマになっている。 前述した通り、 黒澤明の映像センスと 芥川龍之介の素晴らしいストーリーのおかげなのはもちろんだけど、もう1人・・・音楽を担当した 早坂文雄という作曲家も多大なる貢献をしていると思う。 特にストーリーの中核となる山中での殺人事件回想シーンで使われている曲は強い印象を残した。 ボレロ調なんだけど、どこか日本的で何とも言えない ミステリー感が出ていたね。 誰が本当の事を言っているのか、誰が嘘をついているのか・・・今作品は登場人物たちの証言の矛盾と謎によって最後までワクワクさせられるが、間違いなくこの曲が観客の心をより煽ったと言えるだろう。 この早坂文雄というお方・・・第二次世界大戦で世界中がワーキャーしていた時でも、関係なく作曲を続けていた 本物の音楽家だ。 一体どういう気持ちで世の中を見ていたのか、そしてどういう感性を持って作曲していたのか、本人にインタビューしたくなるのは僕だけじゃないと思うw幼少の頃にピアノを買ってもらえなかった早坂文雄は、近所でピアノを持っている家があると 知らない人の家だろうと関係なく入っていって弾かせてもらっていたらしい・・・ 完全にイカれている 誉め言葉 ちなみに黒澤映画では 酔いどれ天使以降、 白痴や 生きる、 七人の侍などの音楽も手掛けているよ。 興味がある人は是非調べてみてね! 何故誰もが嘘をついたのか? この映画のテーマは人間の 美徳だけど、描いているのは人間の エゴイズムだ。 三船敏郎が演じためっちゃくちゃカッコイイ 多襄丸、妖艶な魅力を放つ 京マチ子の 真砂、殺された 金沢武弘の代弁をした 巫女、そして一部始終を見ていた 志村喬演じる 杣 そま 売り・・・山中で起きた殺人事件の関係者全員が嘘をついている。 では、何故全員が嘘をついたのか? それは人間の持つ 見栄・・・他人に対し自分をよくみせようとする 虚栄心だった。 恐ろしい事にこれは現代人の心にも綺麗に突き刺さってしまう。 ツイッターやインスタグラムなどのSNSなんて、こうした虚栄心が渦巻いているよね。 オシャレなお店に行ったよ!• 美味しいご飯を食べてるよ!• 世の中でこんな事が起きてるんだって! こんなツイートがあったとしても翻訳すると・・・• オシャレなお店に行った自分を見て!• 美味しいご飯を食べてる私どう?• 世の中でこんな事が起きてる事を広めてる自分を褒めて! もちろん全てがこうなるわけじゃない。 ただ、少なからずこうした下心を持ってしまうのは仕方ないんだ・・・だって僕達は人間だから。 でも卑しい感情だと皆わかっているから誰も声に出してわざわざ言わないよね。 芥川龍之介という人は、人生を通してこうした 人間のエゴイズムを描き続けた人なんだ。 ただ・・・こうしたエゴイズムがよくないものだと理解しているからこそ人は本心を隠したり嘘をつくわけで、それはつまり 罪悪感を持っている事の証明でもある。 そして嘘をつくという罪を自身で認めた時に初めて、人間の持つ 美徳が表面化し、この美徳こそが「人間って意外に悪くないな・・・」と 未来への希望を感じさせてくれるわけだ。 最後の 杣 そま 売りと 旅法師の会話には、それがしっかりと描かれていた。 原作の芥川龍之介には人間がどう映っていたのかわからないけど、もしかしたら自分を含め人間の未来に絶望したから自殺しちゃったのかもしれない。 蜘蛛の糸に群がる人達を横目に、 黒澤明や 三船敏郎らと飲み会でもしてたらいいねw 評価、視聴方法 黒澤明監督の素晴らしさ 最近はVFXもすごい技術に達しているので、今さら白黒映画を観たいと思う人は少ないかもしれません。 正直、僕も最近の映画の方が観る事多いですし、今作品だって黒澤明監督じゃなければ一生観なかった可能性さえあります。 ただ、殆ど同時代に同じ日本という国で、こんな素晴らしい映画監督がいたという事自体に嬉しさを感じませんか? スピルバーグや ジョージ・ルーカスなど世界的な映画人にも多大なる影響を与えたって冷静に考えてすごすぎます。 はっきり言って、黒澤映画よりも面白い作品なんて現代にはいくらでもありますが、このお方・・・戦前から映画を撮っているんです。 この羅生門だって 終戦から5年後ですよ・・・ネットはもちろん、 メディアや情報が殆どない時代にこんな傑作を撮っちゃったなんて想像できません。 せっかく同時代に生きてるんですから、人生で1度は観る事をオススメします!少なくとも僕は黒澤明監督の映画を観て、シンプルに面白かったですし、何よりも 観て良かったと思いました。 ちなみに黒澤映画はカラーになってからの方が好きなんですけどねw 「羅生門」の視聴方法 Amazonプライムなら 年間プラン4,900円(税込)または 月間プラン500円 税込 で映画の他にも 松本人志のドキュメンタルや アニメ、 primeオリジナル作品なんかも見放題なのでお得ですよ! 黒澤明監督の他作品だと、まずは何と言っても 七人の侍、あと個人的には 生きるをオススメします。 世間の評価はあまり高くないですが、遺作となった まあだだよも僕は名作だと思いますね。 では、良き映画の時間をお過ごしください。

次の

クソデカ羅生門とは?どこで読めるの?あらすじと作者と何が面白いのかについて

羅生門 あらすじ

芥川龍之介「羅生門」のあらすじ 羅生門は読書感想文でも出される課題として有名で、主人公の善悪に対する考え方の変化に注目するべき作品だと言えます。 下人がたたずむ羅生門 天変地異の災害が平安京を襲っていた頃、夕暮れの羅生門には雨宿りする人が一人もいません。 それどころか羅生門は餓死者の屍が横たわる場所でした。 しかしそこに一人の下人が雨宿りに来ます。 男は数日前に主人に解雇され途方に暮れていたのです。 いっそ盗人になろうかと思うものの、その勇気が出ず迷っていました。 下人は羅生門で夜を明かそうと楼の上にハシゴであがると、そこには誰かが火を動かしています。 屍の中を蠢く謎の老婆 楼内には無数の屍が横たわっており、その中で火を持ちながら、老婆が遺体の頭から白髪を一本ずつ引き抜いているのです。 今まで屍と夜を明かさなければならない怖さがあった下人からは恐怖が消えて、老婆に対して怒りがこみ上げます。 また、下人は老婆が白髪を抜く理由が分からずにいましたが、横たわる遺体の髪を抜くなんて事は許されない事だと感じたのです。 さっきまで盗人になろうとしていた気持ちは消えていました。 老婆の話を聞く下人の変化 下人はハシゴを上がると老婆に問い詰めました。 すると老婆はかつらを作るために髪の毛を抜いている事を告げます。 「ここにいる人らは皆そうされても仕方のないようなやつらだ。 」 自分が抜いた髪の女は生前、蛇の干物を魚の干物だと嘘をついて売っていた女なのだと言いました。 しかしこの女を悪いとは思っていない、そして自分がしている事も悪いことではないと開き直ります。 夜の闇に消えていく下人 それを聞いた下人はある勇気が湧いてくるのでした。 「それならば俺が引きはぎをしようとも恨むまい。 」 自分もそうしなければ飢えてしまうのだと言って、老婆の着物を剥ぎ取ったのです。 そうして下人はハシゴを下りて夜の闇に消えていきました。 その後の下人の行方は誰も知りません。 感想 善悪が揺れ動く主人公の気持ちが、老婆との会話で変化する様子がとても興味深いと言えます。 キレイごとでは済まない現実 現代の日本では下人のような状況に立たされることはありませんが、何かがきっかけで気持ちが吹っ切れたりという状況は、誰もが経験しているでしょう。 そしてそんな経験の中には、キレイごとで済まされないことも存在します。 羅生門は人間の生きるための悪というものを描いた作品となっています。 様々な状況の中で、その人にとって何が善で何が悪なのかは、見る角度によって変わるのだということでしょう。 映画のリメイク ちなみに映画の羅生門は、1997年「MISTY」というタイトルでリメイクされています。 出演は豊川悦司さん、天海祐希さん、金城武さんと豪華ですが、あまり話題になっていません。 ただ天海祐希さんがとてもセクシーな役を演じられているので、天海さんファンは必見ですね(笑)。

次の