アンドロイド が いっぱい です クリーン アップ の 時間 です。 スマホにLINEやTwitterの通知が来ない!? そんなときはこの設定【HUAWEI P10 lite】

超カンタンにWindowsの空きストレージ容量を増やす方法

アンドロイド が いっぱい です クリーン アップ の 時間 です

ホーム画面の設定からアプリを選択。 ダウンロードの項目から削除したいアプリを 選んでタップ。 アンインストールを選択。 これでアプリが削除できました! 4. Android端末の再起動。 スマホの動作が重い時は再起動することで 症状が改善する場合がありますので 試してみてくださいね。 電源ボタンを長押しすると 再起動か電源を切るか選択する表示が でるので 再起動を選択します。 メモリ解放アプリは必要ないって本当? スマホを最適化しようと思ったら、 メモリ解放アプリを使うという方法も あります。 実際無料のアプリがいくつもあります。 ただ、 Android4. 0以上ならメモリ解放アプリは 必要ないと言われてるんですね。 OSが必要な分のメモリを自動的に開放して くれるシステムになっているんです! そもそもメモリ解放アプリってなに? メモリ解放アプリについておはなし しましたが、 「そもそもメモリ解放ってなに?」 という人のために メモリ解放について 説明していきますね。 スマホでなにか作業をする場合、メモリに データを一時的に記憶させながら作業を 進めていきます。 この時、記憶させたデータは作業が 終わってもメモリに残ったままなんですね。 この状態で次の作業をしていくと メモリには一時的に保存したデータが どんどん溜まっていくので、メモリが いっぱいになって 「動きが重い…」という 事になってしまいます。 よくメモリは 机に例えられますね。 ものが片付いている机で作業すれば効率いい ですが、散らかってごちゃごちゃした机で 作業すると効率も悪くなってしまいます。 メモリもそれと同じで 作業効率を上げる ためにメモリに溜まったデータを片付けて いく必要があるんですね。 メモリのデータを整理して 空き容量 (作業スペース)を確保することを メモリ解放するというんです。 結論!一番おすすめの最適化の方法は? Androidの最適化について紹介しましたが 結局のところどの方法がおすすめ なのかといいうと• キャッシュをクリアする• 使用済みアプリを停止する。 不要アプリを削除する。 端末を再起動する。 以上の方法で定期的にメモリを解放して あげるのがいいのではないでしょうか? まとめ 「Androidの動きが重い!」 という時には最適化するためにメモリ解放 する必要があります。

次の

2/3 最新版Androidへのアップデート方法と注意点 [スマートフォン] All About

アンドロイド が いっぱい です クリーン アップ の 時間 です

Androidの待ち受け画面に広告が出る!?原因は? 待ち受けに表示される迷惑な広告。 いったいなにが 原因なんでしょうか? これは、 フリーソフトやインストールした アプリが 原因である可能性があります。 無料で使える代わりに広告を表示させる 「アドウェア」と言われることもあります。 確かに企業にしてみれば 無料で提供しているソフトウェアなので、 広告収入で利益を上げる必要がある というのもわかりますが、 それが 待ち受けにまで広告表示されるとなると ちょっと悪意を感じてしまいますよね~。 それでは、 待ち受けに表示される迷惑な広告を 消去する方法をチェックしていきましょう。 広告を完全消去する方法とは? 広告を完全に消去する方法は まず、広告表示をさせている 原因となる フリーソフトやアプリを アンインストールすることです。 第三者の広告用クッキーをブロック• マルウェアやアドウェアの警告• バッテリーやデータ容量を節約 この様な特徴がある 超高速ブラウザなんです。 いかがでしたか? 広告が出るという時は フリーソフトやアプリが原因であることが 多いので原因と思われるフリーソフトや アプリをアンインストールしましょう。 原因となるソフトやアプリがわからない という時は「 Addons Detector」のような アプリを利用して 原因を特定しましょう。 広告が表示されないようにするための 予防策として広告ブロックアプリを使うのが おすすめです。

次の

Android。空き容量がない。消せる物もない。

アンドロイド が いっぱい です クリーン アップ の 時間 です

省電力の設定で通知も無効化される場合が Androidスマートフォンでは、画面ロック時やバッテリー消耗時のアプリの動作を制限し、電力消費を抑える詳細な設定が可能です。 しかし、この設定を適切にしておかないと、意図せず通知が抑制され、SNSなどの大事な連絡を見逃してしまう可能性があります。 今日は誰からもメッセージが来ないな... と思ってLINEやTwitterのアプリを起動したら、大量の通知が来て驚いた、数時間前に大事なメッセージが来ていたのに見逃していた! という経験はありませんか? そのような場合、意図せずに通知を抑制する設定になっている可能性があります。 スマートフォンでは、操作していないときにもユーザーが見ていない場所(バックグラウンド)を動作させるか、動作させないようにしてバッテリー消費を抑えるか設定できます。 新規メッセージがあったときに通知を表示させたいアプリは、常に動作するように設定しておきましょう。 ここでは、HUAWEI(ファーウェイ)の端末最適化アプリ[端末管理]がプリインストールされた「HUAWEI P10 lite」を例に設定方法を解説します。 [端末管理]アプリ。 画面ロック時にアプリを閉じないように設定する [端末管理]アプリでは、画面ロック時にアプリがバックグラウンド動作しないように閉じる設定ができます。 バックグラウンド動作させないことでバッテリーの消費を抑えられますが、SNSなどの新規メッセージの確認もできなくなります。 通知を確認したいアプリは閉じないように設定しましょう。 [端末管理]アプリの[ロック画面のクリーンアップ]から行います。 1[ロック画面のクリーンアップ]画面を表示する [端末管理]アプリを起動して画面下のメニューを2画面目に切り替え(左にフリック)、[ロック画面のクリーンアップ]をタップします。 2すべてのアプリを閉じる設定をオフにする [ロック画面のクリーンアップ]画面が表示されたら[全て閉じる]をオフにします。 3[LINE]など通知を有効にしたいアプリを閉じないよう設定する 一覧を下にスクロールし、[LINE]や[Twitter]など、通知を確認したいアプリの設定をオフ(ロック画面でも閉じない)にします。 バッテリー最適化時にもアプリを動作させる Android6. 0以降では、端末を使用していないときのバッテリー消費を抑える「バッテリー最適化」が動作しています。 この機能によってアプリが停止させられると通知が届かなくなってしまうので、通知が必要なアプリが最適化の対象にならないように設定しましょう。 この設定は[設定]アプリの[アプリ]から行います。 1[アプリの設定]画面を表示する [設定]アプリで[アプリ]を選択した画面で、画面下の[設定]をタップします。 2[特別なアクセス]を選択する [アプリの設定]画面が表示されたら[特別なアクセス]をタップします。 3[バッテリー最適化を無視]を選択する [バッテリー最適化を無視]をタップします。 これで最適化の無視が許可されていないアプリも一覧に表示されます。 5バッテリー最適化の無視を許可する [LINE]や[Twitter]など通知を確認したいアプリをタップし、表示された設定画面で[許可]を選択して[OK]をタップします。 対象アプリは増やしすぎないように注意を! 以上の設定により、スマホを使用していないときにもアプリが動作し、通知を受け取れるようになります。 ただ、対象のアプリが多くなるほどバッテリーの消費量が増えていくため、むやみに増やさないよう注意が必要です。 対象とするアプリは厳選しましょう。

次の