キンシコウ。 動物図鑑/キンシコウ(ゴールデンモンキー)

【キンシコウ】金色のサルは孫悟空のモデル?生態と日本にいる動物園は?

キンシコウ

ヒグマとのちょっと怖い掛け合い好き 「キンシコウ、へばってない?」 「誰に向かって聞いてるんです?(怒)」 と、勝利後の 「今回は私がサイキョーでしたね」 「何言ってんのさ(怒)、いつだって私がサイキョーだよ」 は聞いてると凄く怖い。 多分本人達は親しみを込めてこのやり取りをしてるのは分かってるけど、ヒグマのフレストでキンシコウが振り回されてたのを考えると…… -- 2019-11-19 火 21:03:33• ブラックジャガーの方にも書いたが、何故このキャラがマイペース属性なんだろうか。 ヒグマの方が遥かにマイペースだと思うが… ブラックジャガーとの共通点から推測すると、修行ばっかりしてるヤツ=他人と積極的に関わろうとしないからマイペースと言う判定なのだろうか -- 2019-11-20 水 08:06:52• 属性と性格は別でしょう。 一致してるような感じがするキャラが一部にいるというだけ。 属性に、性格を表すような単語を使ったからといって、それに縛られるとゲームが偏る。 ここらはどのゲームでも同じ。 -- 2019-11-20 水 13:02:33• けもフレのコミックスだとかなりのマイペースでいらっしゃいましたね -- 2020-03-22 日 12:29:59.

次の

動物図鑑/キンシコウ(ゴールデンモンキー)

キンシコウ

1) : 絶滅危惧IB類 EN 形態 体長48cm~68cm、体重11kg~20kg。 胸部と腹部は赤黄色、背部と尾は暗褐色。 生態 標高1200m~3400mの針葉樹林や混交林に棲息している。 棲息している山地は夏季は20度前後まで上がるが冬季には-8度まで下がる。 キンシコウの群れは1頭のオスを中心に複数のメスとその子供から成る10頭~20頭の群れを形成する、時には複数の群れが集まり100頭~300頭、最大で600頭の大きな群れになる事もある、群れの縄張りは広くても40平方キロメートル程と考えられる。 食物は季節によって変化し、夏季には、果物、葉、芽、種子、草を食べ、冬季は地衣類や樹皮を食べる。 繁殖は主に9月~11月頃に行われ、妊娠期間は約6ヶ月で、通常一回に1頭の子供を産む。 育児はメスが行い1年~1年半で離乳する、性成熟はオスが約6年、メスが約5年。 スポンサーリンク 状況 かつては毛皮や薬の原料を目的とした狩猟が脅威だったが、現在では森林伐採による棲息地の喪失が最大の脅威と成っており、過去40年で個体数の50%以上減少したと考えられている。 棲息地はジャイアントパンダの保護区と重なっている部分も多く、保護区内では比較的安定している。 棲息している保護区 中国 ・ 四川省 白河自然保護区 Baihe Nature Reserve 王朗自然保護区 Wanglang Nature Reserve ・ 湖北省 神農架国家級自然保護区 Shennongjia National Nature Reserve ・ 陝西省 太白山国家級自然保護区 Taibaishan National Nature Reserve 佛坪国家級自然保護区 Foping National Nature Reserve スポンサーリンク.

次の

キンシコウ(けものフレンズ)とは (ケモノフレンズノキンシコウとは) [単語記事]

キンシコウ

の猿のモデルの名前 今日は「」に出てくる「のモデル」なった「猿の名前」を解説します。 のモデルにはいくつか説があります。 ひとつずつ見ていきましょう。 説 「」は中国やの高山に生息している猿です。 その体毛や容姿から別名「ゴールデンモンキー」や「コバナテングザル」などと呼ばれます。 これはの園長がの番組で 「がのモデルかもしれない。 」と言ったためだ。 しかしこれは1つの仮説が一人歩きしたもので、 実際に確証はない。 けれど確かに似ている。 さんのも金髪だったし。 他の説には、のモデルは 「インドの猿の神」や 「」もしくは 「テナガザル」ではないかという説がある。 インドの猿の神説 はの風の神ヴァーユの息子とされている。 変幻自在に体の大きさを変えたり変身することができる。 なぜなら、 「神通力(超能力)が使えること」 「変身能力があること」 「服装や装飾が似ていること」 「でがインドに向かったこと」 「は風の神の息子だが、は岩に風が吹いたことによって生まれた」 など、たくさんの類似点があるからです。 説が世界では一般的だと考えられています。 説 は中国の南部に生息している猿です。 とは違い泳ぎが得意とされている。 」 「シンプルに似ていること。 」 「両方とも泳ぐのが得意であること」 であるからだと言われています。 テナガザル説 テナガザルは中国南部や、インド東部に生息する猿。 前腕が他の猿よりも長く発達している。 まれに白い猿が生まれる。 確かに挿絵の猿の前腕が若干長い気がする。。。 ここらで今日はおしまいです。 それではまた次回! Jalapeno31.

次の