競艇 出走表 見方。 【初心者必見】出走表の見方で分かる予想の立て方とは?

競艇予想の情報の見方を勉強!!初心者こそまずは正しい見方を覚えよう

競艇 出走表 見方

出走表とは?• 勝つための出走表の見方は?• 出走表から見る予想方法は? など、出走表の見方から出走表を使って勝つ方法を解説していきます! 出走表とは?:レーサーの基礎的な情報や過去成績なども掲載 「出走表」とは、 各レースに出走するメンバー一覧表のことで、別名『番組表』と言います。 各競艇場の入口などで無料で入手できますよ。 出走表には、レーサーの基礎的な情報や過去成績なども掲載されているので、予想の際は欠かせない情報源と言えますね。 また、選手が実際に走るコースの成績は紙の出走表だけではなく、競艇の公式HPでもチェックすることができます。 競艇の公式HPは選手データを分かりやすく表示 競艇の公式HPでは 棒グラフでコース別成績をまとめるなど、選手データを分かりやすく表示しています。 紙の出走表と違い、進入回数や1、2着回数の具体的な数値は分かりませんが、レース直前でもスマートフォンから簡単にアクセスできるのでぜひ活用しましょう。 勝つための出走表の見方は? 出走表には、予想には欠かせない情報がたくさん詰まっています。 では、競艇で勝つための出走表の見方をご紹介します。 00以上で、A1級とA2級を除く勝率上位者 0. 一般戦でA1級選手が1号艇にしかいない場合は、高い確率でA1級選手は1着を獲ることができます。 2連率:その選手が2着以内に入った割合• 3連率:その選手が3着以内に入った割合 を表しています。 2連率・3連率の数値が高い選手は勝率も高いと考えましょう。 節の初日はデータが無いので利用できませんが、 節の最終日には5日分のデータが掲載されます。 公式HPでは出走表の右側に掲載されているので、予想時は確認すると的中率が上がりますね。 出走表を使った予想方法は? 競艇で勝つためには、出走表を使って予想を立てましょう。 ここでは出走表を使った予想方法をご紹介します。 級別は半年ごとに選手の成績に応じて更新されています。 期 審査期間 実施期間 前期 5月1日~10月31日 1月1日~6月30日 後期 11月1日~4月30日 7月1日~12月31日 6月や12月に級別を使って予想する際は、級別が半年以上前の成績を元に決まっているので参考にできません。 逆を言うと、 6月や12月のレースで A1級選手に異常に人気が集まっている(その選手のオッズが異常に低い)レースを見つけたら、間違った賭け方を他の人がしていると考えられます。 級別だけで選手の強さは判断できない 勝つための見方で先述した通り、「級別」は選手を成績が高い順番に並べて、定員数を満たすように決められています。 同じ等級に320人もいるので、同じA1級の選手でも成績1位の選手と成績320位の選手では、実力の差が大きく異なります。 つまり、成績320位のA1級選手と成績321位のA2級選手では、実力の差はほぼ無いとも言えます。 そのため、 級別だけでは選手の細かい実力差は判断できません。 勝率 特徴 人数 8. 00以上 超一流 約10人 2019年後期では7人のみ 7. 00~8. 00 一流 約80人 6. 00~7. 00 そこそこ強い 約300人 5. 00~6. 00 中堅 約400人 4. 00~5. 00 少し実力不足 約400人 3. 00~4. 00 実力不足 約200人 3. 00~2. 00 ほとんど舟券に絡まない 約100人 2. 00以下 絡むことが無いに等しい 約100人 勝率に「1. 00」以上の差がある場合は、明らかに実力が違います。 「現在勝率」は予想の際に最も重要 出走表に記載された勝率には、次の2つがあります。 競艇の公式HPの出走表の「全国」の欄には、紙の出走表の「現在勝率」が書かれています。 選手は必ずどこかの支部に所属し、レースを行なっていないときは所属する支部にある競艇場で練習を重ねています。 つまり、水面の特徴やレース場内の広さなども熟知しています。 その競艇場に慣れているかどうかは、 「当地勝率」で確認できるので参考にしましょう。 また水面の性質を知っておくと、選手の特徴や決まり手も予想しやすいと思います。 下の表で全競艇場を「静水面」と「難水面」に分けたので、参考にしてみてください。 しかし、体重が重い方が有利になるレースもあります。 ベテラン選手はナイターレースで不利• 若手選手は「まくり」が主体 と捉えましょう。 競艇のスタートは、選手がスタートライン付近に設置された大時計を見ながらスタートタイミングを合わせています。 しかしベテラン選手は大時計が見えづらいナイターレースでは不利と思われます。 競艇選手のピークは35歳と言われているので、夜に開かれる ナイターレースでは実力を発揮しづらいと言えます。 若手選手は「まくり」が主体 一方の若手選手は、決まり手で「まくり」の戦略を取ることが多くなっています。 選手歴の浅い若手選手にとって「まくり」は、レバーを握ったままスピードターンを決めるだけなので、勢いがあれば決まることが多いです。 2~6コースの選手の第1ターンマークの戦略では、「まくり」も決まりやすいので第1ターンマークの展開を予想するときに役立ちます。 まとめ:予想の際は出走表の情報をバランス良く使おう! 今回は、選手の情報が掲載されている出走表について解説してきました。

次の

競艇の展開とパターンを出走表から予想する秘訣!レース厳選で回収率UP

競艇 出走表 見方

競艇の選手成績の見方について。 競艇のサイトの出走表で各選手のデータがあると思いますが、 そこの・全国、当地、モーター、ボートの見方を教えてください。 まず、全国、当地のところに 勝率 2連率 3連率 5. 90 35. 63 55. 17 みたいな表示なのですがこれの見方は 上の5. 90は点数の合計での10を基準とした勝率? 2連率は全国で出走して来てその中の2連率? 3連率も同じ? ですかね? また、全国、当地のデータってそもそもいつからいつまでの期間のデータなんでしょうか? またモーター、ボートの勝率は毎回乗る選手が変わると思うのですが、 これもいつからいつまでのデータなのでしょうか? 例 モーターの勝率よくても単純にすごく腕がある選手がたまたま何回も乗っていてその勝率が出ているだけっていうこともあるということですよね? 長々と申し訳ございません。 ご回答のほどよろしくお願いいたします。 勝率は着順によって得る点数を出走数で割ったもの 一般的に上から10,8,6,4,2,1と配点があり その数字が高ければ上の着にきやすいということになります 選手の当地と全国それぞれの2連、3連率です 当地は過去3年間そのレース場だけの成績 全国は過去6ヶ月に出走した成績です 選手の特徴 得意なレース場なのかどうか や最近の調子を見れる欄です モーターとボートは使いはじめてからの成績です それぞれ使用期間が1年です 1年使用したら新しいものと総入れ替えになります 何月から使ってるのものなのかはレース場によります 使いはじめはどれがアタリかハズレなのかハッキリ分かりません、でもある程度使うと強弱が見えてきます 強い選手が使ったのにイマイチだったらハズレ? あまり強くないのにいつもより活躍するとアタリ?とか相場が出ます 使った選手の調整で変化したり、時期によってもアタリハズレは変わりますので状態の見極めが必要です 選手の勝率については他の回答者さんの通りです モーターの勝率ですがボート場によって 新品モーターに入れ替える時期が違います どのボート場も年に1回ボートとモーターを入れ替えます ボートとモーターを同時に変えるボート場は 戸田7月 江戸川4月 平和島6月 多摩川8月 蒲郡5月 三国4月 びわこ6月 住之江3月 尼崎4月 鳴門4月 宮島9月 下関2月 福岡2月 となってます ボートとモーターの入れ替え時期の違うボート場もあります (先の月はボート後の月はモーターです) 桐生10月12月 浜名湖 9月 4月 常滑 7月 12月 津 8月 9月 丸亀 7月 11月 児島 3月 1月 徳山 11月 4月 若松 6月 12月 芦屋 4月 5月 唐津 4月 8月 大村 7月 3月 当然使用期間の短いモーターの勝率はバラバラで 参考になりにくい また使用期間の長いモーターの勝率はある程度 信頼出来ます ただし整備の良し悪しでエースモーターを 並以下にしてしまう選手もいます 整備の巧いレースの強い選手は並のモーターでも勝ちます またいくらいいモーターでもターンの下手な選手は勝てません 選手の勝率とモーターの素性を考えて予想しなければいけません ご質問と若干逸脱しましたが他の回答者さんとは違う 視点でのモーターの勝率の見方を参考にしてみてください 勝率には2種類あります。 まず現在適用されているクラスの持ち勝率 毎年1月1日と7月1日に変わります と直近3ヵ月の勝率です。 この数字の差が大きければ調子の変動が激しいと言えます。 持ち勝率がA1クラスですのに、直近の勝率が悪いと少しは疑う必要があります。 逆にB1クラスの選手が 特に女子 持ち勝率より高い勝率を挙げている時は要注意です。 例として現在浜名湖に出走している西橋奈未選手、彼女は来月から初のA1に昇格する上り調子の選手です。 またモーターもボートもそれぞれ使い手が違いますから、勝率のみを鵜呑みにするのは危険です。 モーターには必ずペラがレース場から貸与されますが、選手は独自のスタイルで自分好みの形に仕上げていきますから、勝率の悪いモーターでもペラがマッチすればお化けモーターに変身する事もよくあります。 選手のコメントや直前情報もよくチェックして下さい。

次の

【競艇の出走表】勝つための見方や予想方法を簡単解説!|競艇の勝ち方と必勝法|勝ち組になるためのコツをまとめました

競艇 出走表 見方

競艇は6挺のレース結果を予想するギャンブルです。 競艇は他の公営ギャンブルにはない 1コースが強いという特徴がありますが、それだけではレースの結果を予想するのは難しいでしょう。 レースを予想する上で重要な要素の1つが出走表です。 出走表は競艇場やボートピア 場外発売場 に置かれており、無料持ち帰ることができます。 また、公式サイトにも各レースの出走表が公開されておりweb上で確認する事も可能です。 この出走表にはレースを予想するにあたって 様々なデータが詰まっているのですが、一見すると数字や記号の羅列にしか見えないため、見方を理解しておく必要があります。 このページでは出走表に記載されている項目や数字の意味など、出走表の見方を説明します。 出走表の見方がわからないという方は必見です。 艇番と色、選手名をチェック まずは出走する選手と号艇をチェックしましょう。 A1から強い 結果を残している 選手となりますので、 1号艇がA級選手で他がB選手だった場合は1号艇が1着になる期待が高まります。 支部は地元やホームのようなもので、普段から該当する競艇場で練習しているため他の地方から斡旋で訪れている選手よりも地の利があり、 乗りにくい競艇場ほど地元選手が有利とされています。 そのため、決め手に悩んだ場合は地元の選手に賭けてみることも1つの選択です。 乗りやすいと言われる「静水面」と乗りにくいと言われている「難水面」をそれぞれまとめてみました。 乗りやすい 静水面 とされる競艇場 多摩川競艇場 浜名湖競艇場 蒲郡競艇場 常滑競艇場 住之江競艇場 尼崎競艇場 徳山競艇場 下関競艇場 若松競艇場 唐津競艇場 乗りにくいと 難水面 される競艇場 桐生競艇場 戸田競艇場 江戸川競艇場 平和島競艇場 津競艇場 三国競艇場 びわこ競艇場 鳴門競艇場 丸亀競艇場 児島競艇場 宮島競艇場 芦屋競艇場 福岡競艇場 大村競艇場 このように2つに分けることが出来ますが、1つ注意点があります。 それは 静水面=予想がしやすい 難水面=予想が難しい というわけではないことです。 浜名湖のように静水面であってもカドのまくりが決まりやすい競艇場は予想が難しいですが、同じ静水面の住之江はインが強く比較的予想しやすいといった特徴があります。 フライングには重いペナルティが課せられ一定期間内に繰り返すことでペナルティが更に重たくなります。 そのため、 1以上のフライングが付いている選手はスタートに対し消極的になる可能性があるため注意です。 スタートとなる0秒から何秒後にスタート地点を経過しているか、その平均値になります。 とにかく 平均STが0. 00に近いほど良いスタートを切れる選手となるため、この数字にも注目です。 当地勝率の高い選手には期待が持てます。 合計着順点と出走したレース数を割った数字が「勝率」となり、高い選手が基本的に強いと言えます。 しかし、級別が異なるとレースの難易度も異なるため比較する際は同じ級数同士で比較することをおすすめします。 高い選手ほど2着以内となる可能性が高いと言えます。 2連率同様に数字の高い選手ほど3着以内に入ってくる可能性が高いです。 数字が高いほど良いモーター ボート と考えても良いでしょう。 2連率同様に数字の高いものは良いと考えていいでしょう。 しかし、モーターとボートは1年間に1度交換が行われるため、 交換から日が浅い時の数字は強い選手が乗り連勝しているという可能性などがあるため、あまり参考にしないほうが良いと思います。 競艇場によって、モーターやボートの交換時期は異なるので、その点も注意しておく必要があります。 艇番色は前述しているように以下のようになります。 1日2回出走することもありますので、初日4赤、9緑であれば初日の4レースに3号艇から、同じく初日の9レースに6号艇から出走していることになります。 基本的には枠なり進入となるため1号挺から順に1コースに入ることになります。 過去に前付けを行っている選手には要注意です。 0が省略されているので. 15であれば0. 15となります。 00に近い数字が多い選手は良いスタートを切れているため、 総じてスタートの良い選手には注目です。 1が多いほど強い選手と考えて良いでしょう。 インコース以外で勝っている場合はそのコースにも注目しましょう。 コメントでモーターの気配を察知!ピットレポートをチェック ピットレポートは全てのレースに付いているわけではなりませんが、ドリーム戦や優勝戦、大きなレースで確認することが出来ます。 基本的には選手の モーターやレースの展望、スタートに関するコメントが多く、コメント自信度として3つの星が設定されていますが、星の数が多いほど選手はモーターやレースに対して自信があると考えて良いです。 強気なコメントをしている選手には要注目ですし、弱気なコメントであれば舟券から外すことを検討しても良いほどピットレポートのコメントは重要度が高いです。 予想に役立つ情報が満載!直前情報をチェック 直前情報はその名にもあるように前のレースが終わった後に行われるスタート展示や周回展示の数字などが反映されます。 この直前情報にはレースの予想に役立つ情報が満載のため、表の見方とそれぞれの意味をしっかりと理解することが大事です。 体重と調整重量をチェック 概には言えませんが競艇は体重が軽いほうが有利とされており、最低体重の規則が無かった頃は無理な減量を行う選手が多く健康上問題があるとして、男性は51. 0kg、女性は47. 0kgを最低体重とする規定が作られました。 菊地選手の体重は54. 0kgと最低体重をクリアしているため、調整重量の必要はありません。 しかし、河野選手は49. 5kgと51. 0kg最低体重を1. 5kgも下回っているため、1. 5kgの重しを装着し合計が51. 0kgになるように調整しています。 体重が重いと直線での伸びが悪くなりモーターの力を引き出せないデメリットがある反面、ターンの際は体重移動を行うことでボートの操作性を上げることも出来ますし、筋力が多いことで安定した高速ターンを行うことができます。 展示タイムをチェック 展示タイムは周回展示の際に2周目のバックストレッチのスタートライン延長線から第2ターンマークまでの150mを計測したものです。 タイムは速いほどモーターの伸び足が良いと考えても問題ありません。 他選手のタイムも一括で確認することができるため、比較して早い選手いる場合は予想に活かしましょう。 チルトをチェック チルトとはモーターをボートに取り付ける角度のことを指しています。 5度単位で設定できますが、競艇場によって設定できる範囲が決まっており最高で8段階 0. 5度、0度、0. 5度、1. 0度、1. 5度、2. 0度、2. 5度、3. 0度 です。 昨今はチルト-0. 5度が主流となっていますが、0. 5度の違いがどのような影響を及ぼすのか説明していきます。 チルト0度の場合 ボートに対してモーターが直角に付けられている状態です。 この場合、ボートの先端は水面に対して水平となります。 チルト-0. 5度の場合 チルトを下げている ボートに対してモーターが斜め下になるように取り付けられている状態です。 この場合、ボートの先端は水面に対して下向きとなり、水面との接触面積が大きくなります。 メリットとしてボートが安定し初速が出やすくターンも回りやすくなります。 その反面、水面との接触面積が大きいため最高速度に乗りにくく直線での伸びが弱くなります。 チルト0. 5度以上の場合 チルトを上げている ボートに対してモーターが斜め上になるように取り付けられている状態です。 この場合、ボートの先端は水面に対して上向きとなり、水面との接触面積が小さくなります。 チルト-0. 5とは逆に最高速度に乗りやすく直線での伸びが強くなりますが、ターン時の安定性が下がります。 角度が上がるごとにこの傾向は顕著になり、チルト3. 0は乗りこなすのが非常に難しいため選ぶ選手はほとんどいません。 しかし、 4~6号艇の選手がチルトを上げている場合はスタートからのまくりを強気に狙っているケースですので、まくりが成功した際と失敗した際の展開を考える必要があります。 仮に4号艇のまくりが決まれば内側の3艇は引き波に飲まれ2着に入ることは難しくなります。 その際の着順は4-5になる確率が高いですが、まくった4号艇を5号艇が差す展開も考えられるため5-4になる可能性があることも意識する必要があります。 このようにチルトの角度を見ることで選手の戦略や展開が予想できるため、見落とさないよう注意しましょう。 部品交換をチェック 上図では長田選手がモーターの部品であるリングx1とシャフトを交換したことを示しています。 複雑な話になるため各部品に関する詳細は省きますが、 部品交換を行っているモーターは調子が良くないと考えても良いです。 調子のいいモーターに対して部品交換を行うことは少なく、微調整で済ませることが大半です。 そのため、部品交換が行われているモーターには何かが問題があり、選手はそれを改善したかったのだと考えられます。 部品交換を行ったことで改善される保証はないため、強い選手であっても「勝てないかもしれない」と警戒する必要があります。 的中時の払戻金はいくらになるのか?オッズをチェック オッズとは100円の分の舟券を購入し的中した際に払い戻される金額の倍率を指しています。 上図は2連単と二連複のオッズ表になりますが、 2連単1-2の舟券を100円分購入した場合であれば、290円 100x2. 9 の払戻しになります。 舟券は100円単位から購入できるため、同じ組み合わせを 1,000円購入していれば2,900円 1,000x2. 9 となります。 3連単や単勝などであってもオッズの計算方法は同じです。 1-2-3のオッズは14. 3倍なので100円買っていれば1,430円になり、1,000円買っていれば14,300円となります。 オッズは舟券の購入割合によって変わります。 人気の高い 多くの舟券が買われている 組み合わせはオッズが低くなり、人気の低い あまり舟券が買われていない 組み合わせのオッズは高くなります。 オッズに関しては2つ注意することがあり、それらを紹介させて頂きます。 1つは締め切られるまでオッズは変動するため、 締め切り後に確認した際に自分が購入したときよりオッズが低くなっていることがあります。 もう1つは 的中させたとしても収支がマイナスにならないかということです。 予想が的中することは良いことなのですが、仮に10,000円分の舟券を購入したにも関わらずオッズが低く払戻金が10,000円以下だった場合は結果的に損をしていることになります。 このように 支出が収入を上回っている状態のことをトリガミと称し、基本的に舟券購入の際はトリガミにならないようにオッズを見て、買い目を減らす、または購入金額を増やすなどの対策を行うことが重要となります。 レースの予想は当たっているのにお金が減っているという方はオッズを確認し、的中した際はいくらになって戻ってくるのか考えるようにしましょう。 出走表は一見するとよくわからない数字や記号の羅列に思えるかもしれませんが、 レースを予想する上で重要な要素が沢山詰まっています。 慣れないうちは大変や面倒と感じるかもしれませんが闇雲に舟券を購入するよりも楽しくなり的中率も上がってくると思いますので、ぜひ出走表の活用してみてください。 カテゴリー:.

次の