草野マサムネ 弟。 スピッツへ~ほ~一話19

マサムネのうぶげ

草野マサムネ 弟

スピッツ﨑山龍男の子供は2人!二児の父親だった! 1987年に結成し、2006年の1月にはアルバムの 「RECYCLE Greatest Hits of SPITZ」が製造中止になり6年も何度も再チャート入りを果たすほどのロングセラーを博したまさに誰でも知ってるバンドのドラマーをしている方の 崎山龍男(さきやま たつお)さんですが、子供もいるみたいです! とあるサイトにてこのような紹介分がありました。 中学でハードロックを聴き始め、ベーシストとしてバンド活動をする。 高校時代には剣道のかたわら「ザ・テルズ」でバンド活動。 上京後、ビート系ハードロックバンド「ドールズ」などで助っ人のドラマーとして活動していた所を、 三輪の紹介でスピッツに助っ人として加わった。 ドラマーとしてはかなりの技量がある。 パーカッションでは床板やコップを叩くなど、個性的。 インディーズ時代は子供服の洋裁やマタニティードレスを梱包して宅配するバイトで生活費やバンドに使うお金を稼いでいた。 スポンサーリンク 動物好き(特に犬)で、普段は犬のプリントの入った服を着ていたりする。 家ではゴールデンレトリバーの「キナコ」とウサギの「モナコ」を飼い、 趣味は夜の公園で「キナコ」を遊ばせたり、他の愛犬家と話したりすること。 温かいキャラクターでファンから愛される。 ということで、ワンちゃんが好きみたいですね! 崎山龍男さんはスピッツのメンバーやファンから主に 「崎ちゃん」との愛称で呼ばれており、元々剣道をしていたみたいですが、ドラムの腕もかなり上手みたいでだいたいスピッツは落ち着いた曲が多いのですが、 激しいものから穏やかなものまで何でもこなすみたいです。 実は影響を受けたドラマーさんは「LOUDNESS」というハードロック・ヘヴィメタルバンドの樋口宗孝さんだそうで、スピッツに入った当初は他にメタルバンドにも参加していたため、 実はメンバーの中で一番見た目が派手で他の三人からは若干恐れられていたそうです。 ヴォーカルの草野マサムネさん、見た目が派手な三輪テツヤさん、動きが派手な田村明浩さんとは対照的に見た目で派手な感じはあんまり受けませんよね。 しかし、実はドラマーとしてはかなり高い評価を受けていて、習得が難しいとされている 「モーラー奏法」という技術の使い手だったり、ドラマーのクリニックを積極的に開催したり活動しているそうで、スピッツに加入するときも最後だったみたいで、高い技術力を買われてスカウトされたようですね。 現在は既婚者で、 二児の父みたいで、下に弟も一人いるそうです。 スポンサーリンク スピッツ﨑山龍男が結婚した嫁はどんな人なのか? スピッツは草野マサムネさん以外 全員結婚しているようで、何とも離婚履歴も全員ないみたいで、ロックバンドとしてはかなり珍しいものみたいです。 ちなみに、とある記事でこんなものがありました。 MC 「『私、今年の秋に結婚します。 スピッツの皆さん推薦の入場曲は? もし決めてくれたら、絶対にその曲で入場します』」 草野 「クサイ感じでいいんであれば、無難なのは「空も飛べるはず」。 俺、呼ばれた結婚式とかで、歌ったことも何回かあるんで」 MC 「それは、来てくれ=歌ってくれって言ってるようなもんですね」 草野 「だから、この歌かなあ。 「チェリー」とかはちょっと別れの歌なんで」 結婚式では大ヒットした 「空も飛べるはず」がやはり人気のようで、草野マサムネさんは何回か呼ばれているようですね。 嫁と離婚したという噂もあるみたいだけど大丈夫なの? 離婚について調べてみましたが、そのような情報はありませんでした。 メンバーの年齢は大体が50代みたいなので、離婚するということもないともいます。 よく調べてみたところ 風評被害に近いものですが、どうもSUBARUのCMにてそのように思われれることがあったみたいです。 CMはスピッツの名曲『渚』が使用され、非常にさわやかな雰囲気なのだが・・・。 内容は、夫がサーフィンにはまって、妻と息子と一緒に海岸へ。 寒い冬であるにもかかわらず、無邪気にサーフィンに挑戦する夫を見守るというもの。 帰りは、妻が運転。 疲れた夫と息子は後部座席で寝ている。 これがネット上で、 夫の行動が傲慢すぎるのではないかと批判が集まっているのだ。 スピッツの曲が使われており、傲慢な態度の夫でに対しこのような意見がありました。 旦那の趣味につきあわされて帰りは疲れた旦那と見てるだけで疲れた子供の代わりにドライバーなんて 離婚もんでっせ。 俺は絶対に一人で行く。 ということで、 軽く炎上したことからこれが離婚というワードの正体かと思われます。 スピッツ﨑山龍男の実家の住所(場所)はどこ? 1967年に栃木県の佐野市で生まれているため実家はその近くにあると思われますが、現在はどこにお住まいかは全くわかりませんでした。 かなり売れているバンドですので、 東京のどこかかと思われます。 スピッツはいい声で、いい音楽を奏でるバンドなのでこれからもいい曲を作っていっていただきたいです。

次の

雑草詩人[?]の草野崇(くさのたかし)と言う人はスピッツと言うバンド...

草野マサムネ 弟

人物 [編集 ] 概要 [編集 ]• 身長167. 5cm、体重53kg、血液型はO型である。 弟と妹がいる長男である。 スピッツのメンバーは全員が長男である。 草野家の長男は代々名前に「正」の字がつく。 祖父は正実、父親は正典である。 10代の頃からで、持ち。 とを使用している。 自身の性格について本人は、「あまのじゃくでひがみっぽい子分肌」と語っている。 来歴 [編集 ]• 中学時代は部の部長をしていた。 1年生の1学期までは部であった。 出身高校は。 バンド初体験は高校の学友と組んだである。 「ラディッシュ」というバンドを組んでおり、当時はギタリストであった。 同級生であるによると、学校で一番のギターテクニックの持ち主としてロック好きの男子に慕われるタイプであった。 に入学し、東京都府中市に住む。 同級生であると意気投合し、バンドを結成した。 音楽サークル「重音」に所属した。 先輩は(後にアレンジャーとして参加するが在籍)やなどである。 に影響を受けて音楽活動をいったん休止した。 東京造形大学を中退しへ入学した。 田村の自宅にがあったことから交流は続き、バンドは再結成に向かう。 趣味・嗜好など [編集 ]• のファンである。 地元福岡のライブではアンコール時にのレプリカユニフォームを着用する。 本人曰く昆虫博士、地図オタクである。 好きな色はである。 好きな作家は、好きな詩人はである。 時は急性ストレス障害を経験した。 音楽的影響 [編集 ]• 小学生のころ、ラジオのヒットチャートカウントダウン番組のベスト10を毎週ノートにつけており、などの洋楽や、などのやを愛好していた。 今でも影響を受けたアーティストとしてチープ・トリックを挙げている。 バンドに興味を持つようになると、などの・に夢中になり、に傾倒をはじめた。 チーターズではチータことの「」をパンクロック調で演奏したり、「」を風に演奏したりするなど奇をてらい、洋楽と歌謡曲の融合傾向が当初より見られた。 学生時代にスピッツの前身といえる「ザ・スピッツ」を結成した当時はパンクかぶれだったが、の「」に出会い、自分の求めていた音楽を先にやられたことにショックを受けて自信をなくし、一旦音楽活動を休止した。 再開してもしばらくはTHE BLUE HEARTSの影響を抜け出せず、自分の個性を模索し始め、たどり着いたのが、を参考としたアコースティックギターを持ってのフォーク・ロックだった。 洋楽だけではなく、、、など日本のロックからも多大な影響を受けている。 パンク音楽を脱した影響の一つに、のアルバム『』を挙げている。 音楽活動 [編集 ]• スピッツの楽曲の全てのと、ほとんどのを担当している。 作詞、作曲の際の名義は本名の「 草野正宗」を用いる。 他アーティストへの楽曲提供もしている。 聴き手自身でいろいろな解釈をしてもらいたいからと、自身で楽曲の解説をすることは少ない。 作詞に関しては他のメンバーから全面的に信頼されており、外部プロデューサーのも一切口出しをしたことがない。 歌手としても多くの作品に参加している。 ファンタジー() 作詞のみ。 アルバム『TRANSISTOR GLAMOUR』収録。 青い星のまん中で() 作詞のみ。 アルバム『froggie』収録。 野生のチューリップ() もともとはスピッツがアマチュア時代に演奏していた曲。 2ndアルバム『』の時にレコーディングされたが収録には至らず、歌詞を一部変更して提供した(その後、『』にオリジナルを収録)。 テディベアに埋もれて() 1994年、スピッツとしてライブで一度だけ演奏され、1年後にrosyに提供となった。 プロデュースは、後にスピッツの9thアルバム『』を手がける。 流れ星() これももともとはスピッツがアマチュア時代に演奏していた曲(後に『花鳥風月』でセルフカバー,シングル『』になった)。 ちなみに辺見えみりはスピッツの大ファンであり、この曲と同名のアルバムでは「」「」「」もカバーしている。 愛のしるし() これも後に『花鳥風月』でセルフカバー。 メロディーはもともと『』の候補曲として書いていたもの。 から依頼を受けたため、同じく依頼を受けたと電話で相談してお互いに提供することを決めたという(トータス松本は「ネホリーナ・ハホリーナ」を提供)。 () 作曲のみ。 作詞は。 後にイベントでセルフカバーした。 2015年には松本隆のトリビュートアルバムで草野が歌う音源が発表された。 (後述)• 帰り道() 映画『』主題歌。 映画監督のから作詞作曲の依頼を受けた(ちなみに、塩田監督の『』に、スピッツの「運命の人」が主題歌に抜擢された経緯がある)。 Never on Sunday() 作曲のみ。 アルバム『』収録。 恋のエチュード() アルバム『Splurge』収録。 のCMソングにもなった。 夜明け() アルバム『宴 〜party〜』収録。 編曲と演奏にはスピッツのメンバー全員が参加。 よなは徹とは過去に、スピッツの「ナンプラー日和」(11thアルバム『』収録)でコラボレーションしている。 また、スピッツにもライブでのみ演奏された楽曲に「夜明け」というものがあるが、提供曲とは異なる楽曲である。 () アルバム『Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』のSpecial Disc「歌バカだけに」収録。 後に『見っけ』でセルフカバー。 スナオになりたいね/(シングル/1993年2月21日) カップリング曲「今さら I LOVE YOU」にバッキングボーカルで参加。 WHAT'S UP?/(2000年3月10日) 6曲目「18の夏」にアコースティック・ギターで参加。 /(2002年5月27日) 亀pact discの1曲目「灰色の瞳」(とのデュエット曲のカバー)で椎名林檎とデュエット。 /(2003年12月10日) スペシャルディスクの1曲目「Sleep John B」(の「Sloop John B」のカバー)にコーラスで参加。 /(シングル/2007年6月20日) アコースティックギターとサビ部分の作詞、ボーカルで参加。 アルバム『』ではアルバムバージョンで収録。 トリビュート(2007年7月11日) の「」をカバー。 編曲はの。 /(2009年5月27日) 11曲目「わかれうた」 のカバー でとデュエット。 / トリビュート・カバーアルバム(2015年6月26日) 2曲目「」を歌っている。 出演 [編集 ] ラジオ番組• (、2018年1月7日 - ) 脚注 [編集 ] [].

次の

草野マサムネは結婚していた!?学生時代のエピソードやデビュー秘話、恋愛事情を徹底解説!

草野マサムネ 弟

君が知りたいと思っている草野マサムネのことについて話してやろう。 草野マサムネと言えば、今年で結成30周年を迎えるバンドグループのボーカルだ。 その透明で甘い声と中性的なルックスに惹かれる女性は少なくはないであろう。 blog. html そんな草野マサムネだが、今のところ結婚の話はないようだ。 しかし、あれだけのルックスを持ち、今年で50歳を迎える草野マサムネであるから、これまでの恋愛遍歴に興味を持つファンは少なくないだろう。 君もその中の1人ということであろうな。 今日は、君も気になっているであろう、草野マサムネの彼女について話を聞かせてやろう。 【目次】• 草野マサムネに熱愛? 中性的な見た目と、大人しい物言いなどから、恋愛とは縁遠いイメージの強い草野マサムネだが、実は以外と肉食らしい。 草野は相手に恋人や好きな人がいるほど燃え上がるタイプで、彼女を振り向かせることに躍起になるのだとか。 その反面、いざ恋が実って両思いになると冷めてしまうという、ある意味男らしい性格を垣間見せているぞ。 また、自身をあまのじゃくでひがみっぽい性格と表現しているように、少々めんどうな性格をしているようだな。 自分に好意を持ち、積極的にアプローチしてくる女性には引いてしまうと言う、なんともファン泣かせな男だ。 しかし、そんな草野マサムネにも熱愛疑惑が・・・? それが、ネットでも話題となった橋浦麻美子である。 しかしこの女性、いわゆる草野の恋人でもなければ、ファンでもないようだな。 激しい思い込みで草野を11年もの間、精神的に追い詰めた、恐るべきストーカー女なのである。 草野が自分に惚れているという妄想に始まり、草野の身辺を勝手に調べ回ったり、卑猥な画像を繰り返し掲載したりと、その愛情表現は常人には理解しがたいものであったようだな。 最終的には婚約破棄をされたと裁判まで起こそうとし(警察には相手にされなかったようだが)、ファンクラブを強制退会させられた話は有名であろう。 感受性豊かで繊細な草野にとって、かなり精神的に厳しい時期があったことは明らかである。 松尾翠との噂も また、まとしやかにささやかれた松尾翠という女性との熱愛もあるようだな。 なんでも、松尾翠が草野が出演していた武道館ライブに足を運んだことをきっかけにしたしくなり、関係を深めていったというものである。 男女の出会いとしてはなくもなさそうだが、実はこの話は完全なデマだと言われているぞ。 html と言うのも、この話はとあるブログに掲載された記事で、そこには草野と松尾翠がホテルで泊まったという、ファンからすれば衝撃的な内容が書かれていたにもかかわらず、そのリンク先がアダルトサイトであったためである。 実際のところ、この記事を扱ったマスコミはなく、アダルトサイトへ誘導するための悪質な手口であったと考えられる。 また、松尾翠が草野と出会ったきっかけである武道館ライブは、2009年5月2、3日に開催された「鶴の恩返し」というイベントであったと考えられているのも、この記事がデマである証拠とも言えるようだ。 2人が出会ったとされる武道館ライブは2回しかなく、1回目は1997年に新宿ロフトで行われた「ROCK OF AGES 1997」(20周年記念イベント)、2009年5月2、3日に開催された「鶴の恩返し」しかなく、松尾の年齢(1983年生まれ)から考えて「鶴の恩返し」しか考えられないためであろう。 しかしこのイベントは複数アーティストが参加するもので、記事に一切そのことが触れられていないのが不自然だ、という見解である。 実に見事だが、記事の方も実におそまつなものだな。 こうしたことから、松尾翠と草野マサムネとの関係はデマであると、はっきり否定されることとなった。 ファンとしては一安心かも知れぬ。 こうした悪質な手口には十分な注意を払いたいところだが、それだけ草野マサムネの人気があると証明してもいるであろう。 今は亡き彼女説 さらに、草野マサムネの彼女として噂になっているのが、芸大在学時代の彼女であろう。 少々訳ありで、なんと友達の彼女であったというから驚きだな。 当然、草野マサムネも彼女も、互いに一線を越えることはなかったようだが、草野が病気をした時には、内緒で看病にきてくれたというから思いは深かったのであろうな。 その彼女とは長い間付き合っていたという噂もあるが、すでに亡くなっているらしい。 草野はいまだに結婚していないが、その理由が彼女への思いにあるのなら、致し方ないことかもしれぬ。 草野が作る曲に度々登場する「君」は、この時の彼女だという説もあるが、定かではない。 想像の域を出ないが、草野にもかつて深く愛した女性がいたとしても、不思議ではないだろう。 本当だとすれば、実に残酷な別れであったことと思う。 クージーという存在 スピッツファンにとってはおなじみとも言える、サポートメンバーの1人、クージーという女性。 やはりバンドの中に、メンバーではないにしろ女性がいるというのは、こうした噂に発展しやすいようだな。 shinko-music. ファンからすれば、憧れの草野マサムネと仕事で絡める、最高に羨ましいポジションではなかろうか? 実はこの女性、スピッツとは非常に関係が深く、実に15年以上にわたりサポートメンバーとして共に活動している仲間なのである。 クージーことクジヒロコは、キーボードとコーラスを担当しており、スピッツの楽曲で時々入っている女性の声のいくつかは、このクージーのものであるようだぞ。 スピッツは4人だが、クージーを含めてスピッツのサウンドが作られていると言って過言ではない、非常に特別な女性ということだ。 ある意味、恋人よりも大きな存在ではなかろうか。 カテゴリー•

次の