おとな に なる っ て かなしい こと なの。 おとなになること|絵本ナビ : サラ・ミッダ,江國 香織 みんなの声・通販

大人になるということ

おとな に なる っ て かなしい こと なの

この作品が含まれるテーマ• おとなは、かつて自分も子どもだったことを、すっかり忘れてしまっている……。 おとなの無神経さや、子どもの本心を、皮肉とユーモアをこめて描きました。 人気イラストレーターの最新作。 この本は、「読む」ための絵本というよりは、見て楽しむインテリアのような要素の高い本だと思います。 壁に飾っていても美しい。 装丁も素敵だし、つい買ってしまったのですが。 原文そのままのページと日本語訳のページとあり、原書の美しさを損なっていません。 もちろん、内容も子ども向けではなくて大人向けです。 絵のやさしい雰囲気と違い、意外とブラックだったりします。 最後のページのひとことがいいです。 おとなは、自分もまたかつて こどもだったことを すっかり忘れてしまっている …そんな大人のための絵本でしょうか。 (だかりんさん 30代・ママ 男の子2歳、女の子0歳).

次の

人を好きになること

おとな に なる っ て かなしい こと なの

記事の目次• 精神的に大人になるには? 自分の感情に流されない人のことを言います。 つまり自分を客観的に見れるということです。 精神的な大人と子供の違いについて 大人な考えとか大人の対応とか聞くように、 理知的で冷静なイメージが一般的に言われます。 これは冒頭でもお伝えしたように、 客観的に自分を見つめることが出来ること それが精神的に成熟した人間の持つ視点であり、 言い換えると精神的に大人という意味です。 では一方で精神的に子供とは何かと言うと、 主観的な物事の考えしか出来ないこと これが大人と子供を分ける違いとなります。 つまり成熟の反対の未熟ということですね。 では物事を主観的な考えしか出来ない人は、 人間として劣っているものなのでしょうか。 世の中には未熟な大人がたくさんいる 精神的に未熟な人というのは、 精神年齢が低いと嫌われる傾向にあります。 けど本人達だってそうなりたい訳じゃなく、 自分でもどうしたらいいか分からない というのがあるんですね。 しかもつい感情的になってしまうので、 余計に自分を客観視するのが難しいんです。 例えば意見が合わなくて言い合いになった時、 そんなな時って誰だって感情的になりやすく、 普段は大人でもつい未熟な自分が出てきます。 そしてここが一番大事なところなんですが、 そんな感情的な場面こそ客観視する姿勢 これが非常に難しいところなんですね。 なので世の中には未熟な大人ばかりなんです。 ではこのような未熟な大人達っていうのは、 どうすることも出来ないのでしょうか。 感情の向き合い方の勉強不足なだけ 僕達は義務教育を経て高校と大学と、 それなりに勉強をした後に社会に出ます。 けど感情の向き合い方なんて教育はなく、 周囲の環境の影響を受けっ放しなんです。 例えば大学を出て就職することって、 当たり前のことのように思ってませんか? けど起業して違う生き方をしてる人もいます。 けど別次元の人間なんて思ってないでしょうか。 こんな風にいつの間にか周囲の影響を受けて、 僕達の感じ方は形成されていくものなんですね。 自分を主観的にしか見ない未熟さにおいても、 それは環境の影響も大いに関係してるのです。 なので人間として劣っている訳ではなくて、 ただ感情の向き合い方を知らないだけ ということが言えるんですね。 そして今回は自分を客観視するきっかけとして、 3つの教えについてお伝えしたい訳です。 自分と向き合える人が思い通りの人生を生きれます。 落ち込んだ時は独り殻に閉じこもることってありますね。 けどその後は同じ出来事に過敏になりやすくなるんですね。 だからと言って何でも向き合えと言ってる訳ではありません。 ただ自分の気持ちと素直に向き合ってみた時に、 本当のところではどうすれば良かったのか? そこに気付いていくことは凄く大事なんです。 なぜなら本音に気付いて行動を変えれば、 その後の生き方は劇的に変わっていくからです。 精神的に大人になるとは 自分の感情との向き合い方。 ということが前提にあるんですね。 今回は、自分の感情に振り回されないための、 精神的に大人になるための感情の向き合い方を紹介します。 他では語られていない内容をお伝えしていきますので、 ぜひ一読して頂きたいと思います。 1、どのように自分の感情を表現してますか? 仕事ではそれぞれ価値観の違う人との関わりがありますね。 このように価値観の違う人との関わりがある場合などでは、 お互いの意見の食い違いが生じてしまうことがあります。 その時あなたはつい反論したくなる気持ちが出てきませんか? 誤解されると感じると自制を失いやすい 例えばあなたが正しいと思ってとった行動が、 社内の先輩から見ると余計なことをしていると思われて、 「おい、なんでそんなおかしいことをするんだ?」 と責められた時なんかいかがでしょうか。 何だか誤解されたと感じて反論したくなりませんか? そこで自分の思いを感情のままぶつけると衝突しますね。 自分のコントロールする最も簡単な方法 そんなことはあなたも十分にご承知だと思います。 分かっていても感情のコントロールは難しいですよね。 そんなもどかしくて仕方がない時は、 自分の 身体で感じている感覚に意識を向けるのです。 胸の奥でドキドキ感が強くなったり、 身体の中心からなにかが波打つように上昇してきたり、 頭に血が昇っていく感覚だったりします。 いろんな感情が身体を通して感じられることでしょう。 なぜ、このような一見関係ないことをするかと言うと、 自分の身体で感じる感覚に意識を向けることで、 自分を客観的な視点で見ることができるからです。 この客観的視点が凄く大事なんです。 精神的に大人になるとは客観的になることです。 このように自分の 感情を客観的に見れるかどうかです。 これは頭では分かっていても簡単には出来ないもので、 どうしても感情的になってしまうこともあるでしょう。 ですが知っておくだけでも自分を制御しやすくなります。 2、価値観の違う相手を楽しもう 厳密には自分とまったく同じ価値観なんてありえません。 必ずどこかにあなたとの違いがあるはずなのです。 スポンサーリンク つまり、 人と自分は違うということです。 当たりまえのことではありますが、 いざコミュニケーションをしている時は忘れがちです。 別にどこでもある普通のことなので問題ないのですが、 大切なのは他人と自分はどこか必ず違いがある というのを知っておくことが大切です。 このことをしっかりと頭の中に入れて人と接することで、 些細なことでケンカになることも防ぐことが出来ます。 日本人が箸の持ち方がおかしいと変に感じますが、 外国人の場合だと仕方がないと思いませんか? 自分と他人の 違いを受け入れること。 それが精神的に大人になることの意味ではないでしょうか。 他人と自分は違うと理解しておけば、 むしろその違いすら 楽しむ余裕も生まれます。 他人と自分は違うことが分かっていれば、 他人と合わせ過ぎることに可笑しいと気付けます。 そしてそんな自分の現状に気付くことが出来れば、 自分らしく楽しく生きることも出来るんですね。 3、ネガティブな時ほど力が発揮される 人生を楽しめるのは、 落ち込んだ経験をしているからです。 マイナスを知らなければプラスを理解できません。 どちらか一方ではなく、 両方が大事なのです。 ネガティブなことは無くなれば良いと思いませんか? 嫌な出来事なんて起こってほしくはないですよね。 ネガティブな時の感情の対処の仕方 ネガティブな時はそれなりの 対処の仕方があります。 自分の感情の対処が精神的に大人になると言えるのです。 では、どうすればネガティブな時の対処ができるのでしょうか。 それは自分に対してどのような 質問を投げかけるかです。 自分に質問と言われても分からないかもしれません。 例えば以下のような質問がそれにあたります。 ネガティブな時の質問の仕方:• 今、何に感謝すべきだろうか?• 今、何が満たされているだろうか?• 今、この状況からなにを学びとれるだろうか?• 今、この状況からなにを達成するだろうか?• 今、この状況において楽しめることななんだろうか?• 今、私は何が幸せだろうか? 自分への質問は必ず上記と一致させる必要はありません。 あなたのしっくりくるものに変えてみるのも良いでしょう。 なぜ、自分に質問を投げかけるのかと言うと、 自分への質問が人生の方向を決めるからです。 しかし、多くの人がこの真実に気付いていません。 それもそのはずで心とは目には見えないからです。 けど自分への質問は人生の舵と言っても過言ではありません。 それだけ 質問による意識づけは力強いものなのです。 上手く活用して、あなたの 人生の舵どりを行いましょう。 またネガティブな感情とは非常に奥が深いもので、 自分の才能に気付くことができるほどの強烈な存在です。 才能とは能力云々ではなく感情と深い関係にあるのです。 それは以下の記事に詳細をまとめています。 大人になるって難しいこと? 僕達は誰もが子供だった頃は、 大人になることへの憧れを抱いたことがあると思います。 「大人になったら好きなことが出来るから早くなりたい!」 「大人はやりたいこと自由に楽しめるから羨ましい!」 だけど実際に大人になってみると・・・ こんなはずじゃなかったと思う人も多いはずです。 ではそれってどこで歯車が狂ってしまったのでしょう。 全ての問題は自分の感情との付き合い方です。 大人の視点があれば上手くいったことは多いはずです。 けど僕達は自分の感情に流されてしまうものなんです。 ですがそんな時こそ今回の内容なんですね。 上記でお伝えした3つを少しずつ意識することで、 壁を乗り越えて楽しい人生に近付ける訳なんです。 少しでも大人になることは楽しいことなんだと、 僕達大人が子供達へ示していくことが大切です。 それにはまず僕達が 人生を楽しまなければいけません。 精神的に大人になることは人生を楽しむルールです。 人生に遅いことってそれほど多くありません。 今という瞬間が人生で一番若い時なんですね。 なので今を楽しんで未来を創っていきましょう。 そして多くの人は自立することを誤解していて、 それに気付けないので精神的に自立出来ないんですね。 そこで以下の記事で気付けない落とし穴についてと、 意外とシンプルな自立する方法を紹介しています。 この記事を読むと自立の意味が変わってくるでしょう。

次の

大人って英語でなんて言うの?

おとな に なる っ て かなしい こと なの

「大人」の基準 これは人によっては全く基準が違うと思います。 たとえば、、、 ・成人したら大人 ・就職したら大人 ・一人暮らしするようになったら大人 ・自力でお金を稼げるようになったら大人 ・一人で生活していけるようになったら大人 ・生活面でも精神面でも社会を生き抜いていけるようになったら大人 大人、というとやはり重視されるのが「金銭面」と「生活面」です。 おそらくこれが第一の基準になっていると思います。 そこから、社会経験をしていく中で精神面も大人になっていく。 まず大人の基準として必要なのは「金銭面」と「生活面」であることは間違いありません。 この2つの基準は大人としての土台となるので必要です。 金銭力と生活力と精神力と能力 とはいえ、金銭面と生活面のレベルというのは人によって違います。 それなりに良いマンションに住むのが最低限のレベルという人もいれば、ボロアパートでも全然構わないという人もいるでしょう。 それは人によって許容できるレベルが違います。 ここでお伝えしたいことは、 実は金銭面と生活面は後からでもなんとかなる、ということ。 たしかに大人の基準として、まとまったお金を稼げるようになることと、生活していけるようになることは必要です。 しかし、 それが必ずしも一番最初というわけではないということです。 そこで登場してくるのが、精神力と能力です。 精神力と能力というとザックリしていますが、精神力とは責任感とか誠実さといったことです。 能力はさまざまですが、お金を稼いでいくスキル、コミュニケーション能力、貯蓄力といったことです。 はっきりしておきたいのは、お金を稼げるようになることと お金を稼げるスキルを身に付けることはまったく違うということです。 スキルとは、営業職であれば、売るスキルです。 プログラマーであれば、プログラミングの能力です。 つまり、その分野で結果を出せる技術ということです。 スポーツ選手を想像すれば分かりやすいですよね。 スキルが身についているからこそ、球団やチームを変えても活躍できるわけです。 お金を稼ぐだけならバイトするか就職すればなんとかなります。 しかし、それだと会社が潰れたらどうするんですか? お金を稼げるスキルが身についていれば、たとえ会社が潰れたとしても、あなたが身に付けたスキルを求めている人が声をかけてくれるでしょう。 つまり、能力があれば、お金や生活力は後からでもついてくる、という話です。 実際、テレビ番組で、貧乏生活から一気にお金持ちになった話を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。 そして、その分野で結果を出す能力を身に付けるには、精神力も必要になってきます。 自立ではなく自律 この話は精神力に深く関わってきます。 自立と自律には微妙な違いがあります。 自立とは、周りの援助を受けることなく、自力で独立すること。 自律とは、他からの支配や援助を受けることなく、自分のルールに従って行動すること。 自立しなさい、とはよく言いますが、本当の意味で自立するのは相当難しいことです。 自立できるということは、金銭・生活・精神・能力、これらが一定の基準を超えているということ。 簡単なことではありません。 とはいえ、自律もそう簡単なことではありませんよね?なぜなら、そもそも自分のルールを持っていない人が多いからです。 ルールとは言い換えれば規律です。 その規律を守れず、勉強せずにスマホで遊んでしまったという経験はあるあるだと思います。 誰かや何かに支配されたり、援助されたり、振り回されないようにしないといけません。 さらに、自律とは 「目的」があっての自律です。 何か成し遂げたいことがあり、そのために自分を律して行動する。 そもそもの目的がないとできないことです。 金銭と生活という要素は後からでもついてきます。 できない、というほどハードルは高くないからです。 しかし、能力は別です。 スキルを身に付けるのは簡単ではありません。 まず自分が身に付けたいと思うスキルを探す必要があります。 ものによっては身に付けるのに10年単位かかるスキルもあるでしょう。 それを決断し、身に付けるために行動していくには自律が必須です。 大人になるとはどういうことか?大人になるにはどうすればいいか? 本当の意味で大人になるには努力が必要なんです、、、 大人に必要な6つの条件 これまでの話を踏まえて、具体的に6つに分けてみました。 この6つを手に入れたとき、きっと立派な大人になったと両親に喜んでもらえると思います。 1)生きていく生活力 ここに当てはまるのは、金銭力と生活力ですね。 単純に収入もそうですが、家事や住む場所、貯蓄や健康も含まれます。 これは人によってレベルが変わってきます。 大事なのは、そのレベルで自分が満足できるのか?ということ。 もっといい家に住みたい、もっと収入を上げたいと思うのであれば、ますます努力が必要になります。 これくらいで十分と思えるところがあれば、それがベストだと思います。 2)この世の不利益はすべて当人の能力不足 このサイトでもたびたび引用している、漫画「東京喰種」の中に出てくる言葉です。 何が言いたいかというと、 自己責任感が大切、ということです。 他人のせいにしたり言い訳したりするのではなく、何か悪いことがあったときは自分の責任だと本気で思えるかどうか? 助けてくれる、誰かがなんとかしてくれる。 そんな思考を切り離さないといけません。 ここが子どもと大人をはっきり分けるポイントだと思います。 3)目的を持って毎日を一生懸命生きる 先ほどもお話しした 「自律」に関係してきます。 あなたは何のために勉強してるんですか?何のために仕事するんですか? この目的が明確で燃えるようなものじゃないと、毎日をダラダラ過ごすことになります。 家族を養っていかないと、そう思うから世の中のお父さんは頑張れます。 家族のために頑張らないと、そう思うから世の中のお母さんは頑張れます。 あなたは毎日を一生懸命生きていますか? 4)終わりを思い浮かべる 完璧な人間なんてこの世にいません。 しかし、死ぬ間際に自分の人生に満足して死ぬ人と後悔して死ぬ人がいることは想像できます。 あなたはどちらを選びますか? 僕はダラダラ生きるより、毎日一生懸命生きてから最期の瞬間を迎えたいです。 子どものころは時間が無限にあると思っていました。 でも成人すれば時間の流れが加速します。 学生時代の3年間と社会人になってからの3年間ではスピードが全く違います。 ボーっとしていたら年齢だけ重ねることになります。 将来よりもっと先の終わりまで思い浮かべて行動できるかどうかが大人に必要な条件です。 5)マイナス思考の慎重さとプラス思考の回復力 という記事の中でもお話ししました。 私たちは失敗は悪だと教えられてきました。 だから失敗すると怒られます。 怒られると自分が傷つきます。 だから失敗しないように行動しがちです。 でも失敗は何かを失うわけではありません。 むしろ 「失敗したという経験」を得ることができる貴重な機会です。 次に同じことはしなければいいだけの話です。 それよりも失敗を恐れて現状維持で止まっている方が問題です。 現状維持は動いていないのと一緒です。 でも失敗は進歩です。 本気でそう思えるプラス思考が必要です。 でも、ただ突っ走ればいいわけではありません。 マイナス思考の慎重さも必要です。 十分な時間をかけて慎重に計画し準備することも必要です。 どちらの要素も柔軟に発揮できるのが、社会で生き抜いていく大人たちです。 SPONSORED LINK 6)素直さ誠実さ 年齢を重ねるにつれて、素直さと誠実さがどこか欠けてしまうことがあります。 もちろん人に対して素直であること、誠実であることも大切です。 ですが、自分に対しても素直で誠実であるかも大切なんです。 自分との約束を守れるかどうか。 自分を押さえつけてないかどうか。 自分に対しても人に対しても、素直で誠実である人は社会で好まれます。 それに成長のスピードも早いと思います。 成長するからこそ忘れてしまうこともあります。 こうした純粋さも大人は忘れないようにしないといけません。 終わりに と、偉そうに言ってきましたが、僕自身もこれを完璧に身に付けているわけではありません!ごめんなさい!これを目指している段階です、、、 もしあなたが 「大人になるにはどうすれば・・・?」という疑問があるのであれば、ぜひ参考にしてみてください。 6つの条件のうち一つでも取り入れることで、日々の生活が良い方向に進んでいくと思いますよ! SPONSORED LINK.

次の