足 パカ 痩せ た。 足パカダイエットは毎日すると足痩せ出来る【足痩せのポイントは3つ】|太もも細々ブログ

太もも痩せには足パカ運動とスクワットが効果的!詳しいやり方と効果

足 パカ 痩せ た

この記事の目次• 簡単!足パカダイエットの基本の3つのやり方 足パカダイエットのやり方は超簡単!特別な技術もいらないし、運動能力も必要ありません。 運動が苦手でも大丈夫です。 簡単ですけど、運動不足の人はすぐに筋肉痛になるくらい、効果のあるエクササイズです。 早速、基本のやり方を説明しますね。 その1・仰向けで脚を横に開く 太ももの内側(内転筋)と腹筋も鍛えられるエクササイズです。 仰向けに寝て膝を軽く曲げます。 脚を天井に向けて伸ばします。 つま先は伸ばし、脚を左右に開きます。 そこで5秒キープします。 次に脚を閉じ、それを10回繰り返します。 脚を開くときは開ききらないように。 開ききってしまうと力がゆるんで運動の効果が下がります。 股の角度が45度くらいになるところで止めてその姿勢をキープすると、負荷がかかって内ももを鍛えられますよ。 また、膝が曲がらないように、つま先から太ももまでが一直線になるように気をつけてください。 10回1セットとして、2~3セットは行いたいところですが、初めてだと5回くらいでもきついでしょう。 お腹も同時に鍛えられるので、太ももとお腹の筋肉を意識しながらやってみてください。 その2・仰向けで脚を縦に開く 今度は太ももの前部分を中心に鍛えるエクササイズです。 仰向けに寝て脚を真っ直ぐに伸ばします。 右足を下から30~40度くらいの高さに上げます。 5~10秒ほどキープしたらゆっくり下ろします。 次に左足も同様に上げて下ろす、を繰り返します。 左右で1回として、10回行います。 下から持ち上げる角度が低いほど負荷がかかりますので、きつくて出来ないという人は45度くらい上げてもいいでしょう。 この時、足首や膝は曲げないようにして、脚が一直線になるように注意してください。 その3・横向きになって脚を開く 最後は横向きになって、太ももの外側も鍛えていきましょう。 身体を横向きにして寝ます。 左を下にしたら左手で頭を支えましょう。 右足を30~40度くらいゆっくり上げます。 5~10秒キープしたらゆっくり下ろします。 10回行ったら身体の向きを変えて左足も同様に行います。 この時、身体が前屈みになると効果が半減してしまうので気をつけてください。 足から頭まで、身体が一直線になっていることを意識してください。 足パカダイエット・応用編 さて、基本の動きが出来るようになったら、少し負荷を強めてエクササイズの効果をアップさせていきましょう。 その1・脚を閉じる時にクロスする 基本の足パカその1で、脚を横に開く動きをしましたね。 脚を閉じた時はピッタリ内ももをくっつけていましたが、さらに内ももを鍛えるために、そのままクロスさせてみましょう。 脚の稼動域が広がることでさらに負荷がかかり、運動の効率がアップします。 その2・上半身を起こして行う横向き足パカ 基本編では上半身を寝かせたまま脚を上げましたが、上半身を少し起こして行うと負荷が高まります。 まず左を下にしたら、左手の肘を立てて身体を少し起こします。 この時、• 肘 の3点が三角形になるように意識してください。 これは基本編がきちんと出来るようになったらでかまいません。 その3・脚を45度でクロスする 次はさらに負荷の高いエクササイズに挑戦しましょう。 仰向けに寝て脚を真っ直ぐに伸ばします。 両足を伸ばしたまま下から45度くらいに持ち上げます。 その状態で、右足を上、左足を上、と交互に脚をクロスさせます。 左右のクロスで1回、10回続けてやってみましょう。 この時、脚だけでなくウエストも意識すると腹斜筋を鍛えることが出来ます。 気をつけるのは背中が床から離れないようにすることです。 腰を痛めてしまうので、しっかり床につけた状態で行ってください。 これはかなりきついので、慣れてきてからでOKですよ。 でもきつい分、• お腹 にしっかり効いてくれます。 その4・ウェイトやチューブを使う 動きに慣れてきてそれほど負荷を感じることなく軽くできるようになってきたら、それは筋肉がついてきた証拠。 運動の強度を上げていきましょう。 アンクルウェイトをつける• トレーニングチューブを足首に巻いて行う これで負荷を高めるとさらに太ももの筋肉を鍛えられますよ。 しっかりやれば脚以外にも効果が出る 足パカダイエットは美脚を作るだけではありません。 脚以外にも効果があり、下半身全体をスッキリ細くしてくれるんですよ。 下腹部が鍛えられてお腹がスッキリする• ヒップアップ効果もある• 全身の血行が良くなり冷え性も改善• 足のむくみがスッキリする• 骨盤の歪みを解消 など、女性には嬉しい効果ばかりです。 骨盤の歪みがとれれば、O脚やX脚の改善にもなり、ただ細いだけじゃない、スラッとした真っ直ぐな脚になれそうです。 実際に足パカダイエットで効果が出たという人の口コミをみると、太ももはもちろんのこと、ウエストが細くなったという声が多いですね。 太ももと同時に腹筋やお尻の筋肉も鍛えられる効率的なエクササイズです。 全身の代謝アップにもつながる 太股の筋肉は身体の中でも最も大きな筋肉です。 だからスクワットなど下半身を鍛える運動をするとダイエットに良いといわれているんです。 足パカダイエットならスクワットほどのきつさはありませんが、効率よく太ももの筋肉を鍛えることが出来るので、全身の代謝がアップして脂肪を燃焼しやすい身体になりますよ。 足パカダイエットをしっかり続けて効果を出すコツ 足パカダイエットは簡単ですが、いくつか注意することがあります。 注意のポイントを守って正しく行うことで効果も早く実感できるでしょう。 正しい姿勢を守ってやること 運動は正しい姿勢で行うことが大事です。 姿勢が悪いと効果も半減してしまいますし、腰を痛めてしまうこともあるので注意してください。 足パカダイエットの場合は、仰向けに寝ているときは腰が床から離れないようにすることと、脚を真っ直ぐにすることです。 また、膝が曲がっていると太ももにしっかり負荷がかからないので、運動の効果が出にくくなります。 呼吸を止めないで行うこと 運動の基本ですが、呼吸は止めないように気をつけてください。 呼吸を止めてしまうと酸素が供給できずに筋肉が硬くなってしまいます。 筋肉を動かすためにはエネルギーが必要。 そのエネルギーを作り出すためには酸素が必要なんです。 ですから運動中は普段よりも意識して酸素を取り入れることが大事です。 これはウォーキングなどの有酸素運動だけでなく、ヨガやピラティス、そして足パカダイエットのようにゆったりとしたエクササイズでも必要なことなんです。 筋肉を意識してゆっくりやること 運動は動かしている部分の筋肉を意識して行うことで、その効果が高まることが分かっています。 足パカダイエットは動きとしては簡単ですし、それほど負荷が高くない運動なので、早くやってしまうと効果が半減します。 「今は太もののどの部分の筋肉を鍛えているかな?」と、動かしている部分を意識してゆっくりやりましょう。 いきなりたくさんやらないこと 簡単だから今日から100回やるぞ!なんて意気込む必要はありません。 たくさんの回数をこなすことよりも、一つ一つの動きをゆっくりやって、正しく筋肉を使えているかどうかを意識することの方が大事です。 10回1セットからスタートして30回2セットできるようになれば十分です。 大事なのは1度にたくさんやることではなくて、継続することです。 張り切ってやりすぎて、腰や股関節を痛めてしまう人もいるようなので気をつけてください。 今日100回やっても明日、明後日休んでしまっては意味がありません。 10回ずつでもいいので、毎日頑張っていきましょう。 ブログやSNSを利用して仲間を作る 一人でやっていると挫折しやすいですが、一緒にがんばる仲間がいればモチベーションも維持できます。 ダイエットは何より継続が大事!そのためにも、ダイエット友達を作りましょう。 ダイエットの記録をつけることが出来るウェブサイトやアプリでは日記の機能がついていたりしますね。 そこで仲間を作るのもいいですし、SNSを利用してダイエットをがんばっている!と宣言するのもいいでしょう。 一人じゃないという思いがダイエット継続の原動力となります。 簡単エクササイズ、1ヶ月続けてみよう! いかがでしたか?足パカダイエットはとても簡単、誰にでも出来るエクササイズです。 ところが、動きは簡単、効果は絶大! 実際やってみるとわかりますが、結構きついんです。

次の

足パカダイエットって本当に効果はある? おすすめのタイミングは? 10日間体験レポート

足 パカ 痩せ た

足が細くなるとインスタやTwitter・ブログを中心に話題の 足パカ パカ足 ダイエット。 実際にやってみた結果、痩せたという口コミも多数見られます。 そこで当ページでは、本当に痩せる 足パカ運動の正しいやり方を徹底解説します。 やり方がわからない女性や、改めて確認したい女性は必見です! Contents• 筋肉量や代謝アップ・血流改善も期待できるため、 痩せやすい身体 や冷え性改善も期待できるんです! 筋肉量が増えることで身体を動かすためのエネルギー量の増加、基礎代謝の向上、血流の改善が期待できます。 引用: 基本の足パカ体操は、足を左右に開閉する 横パカと上下させる 縦パカの2つ。 仰向けになり、 両腕は身体の横におく• 太ももの付け根から左右に 45度程度足を開き、1秒キープ• 反動を使わず 内ももの筋肉で動かすことを意識してください。 背中は床につけ、反り腰にならないよう気をつけましょう。 仰向けになり、お尻を壁につける• 手の甲を上にして、左右の腰の下に入れる• 以下を参考に 横パカと並行して行ってください。 仰向けになり、両腕は 身体の横におく• 床と垂直になるよう両脚をまっすぐ上に上げる• 左足をおろし、かかとを床に軽く付ける• 仰向けになり、両腕は身体の横に置く• 両脚を床と垂直になるよう上に上げ、出来るだけ左右に開く• 左足が前にくるよう足を閉じ、お尻が持ち上がるまでぎゅっとクロスする• うつ伏せから両肘をついて上体を起こし、両手を顔の下で組む• 両脚を肩幅に開き、つま先を立てる• 脚を下ろして元の姿勢に戻る• きゅっと引き締まった小さなヒップを目指したい方はぜひ実践してみてください! あわせて読みたい 下半身痩せと同時にヒップアップを目指したい人必見! 以下記事では お尻を引き締める方法を詳しく紹介しています。 右肘をついて横向きになり、両脚をそろえて伸ばす• 左手を腰にそえ、上体が倒れないよう意識しながら左足を高く持ち上げる• 3秒キープしたら、床すれすれの位置まで下ろす• 30回行ったら、身体の向きを変えて反対側も同様に行う 回数: 左右各30回ずつ 上体が前後に傾くと腹筋への刺激が下がるため、床に対して身体を垂直に保つことが大切。 仰向けになる• 股関節から大きく回すとより 消費カロリーがアップしますよ。 背筋を伸ばして椅子に浅く腰掛ける• ふくらはぎを意識しながら左脚のかかとをできるだけ高く上げる• 左脚のかかとをおろす• 以下の記事では 筋肉質なふくらはぎの解消法を詳しく解説しています。 足パカの回数・頻度と効果がでる期間を解説 足パカでダイエットするなら、次の回数・頻度を目安に行いましょう。 頻度:毎日 回数:各方法に記載されている回数• 効果を出すには、体質や強度にもよるものの最低でも 1ヶ月~3ヶ月は続けましょう。 足パカを始めたからといって すぐに筋肉がつくわけではありませんが、 正しい方法で続けていれば変化は見込めます。 即効性を求めたり、すぐに痩せないからといって諦めず日々継続することが大切です。 より短期間で成功させるために意識したい3つのポイント 基本の足パカじゃ効かない・もっと早く脚痩せしたいという方は、以下2つを意識しましょう。 トレーニング用チューブやバンド・重りを足首に巻いて行う• ゆっくりとした速さで行う 上記2点を取り入れるとより高い負荷がかかります。 足パカはいつやるのが効果的ですか? やる時間帯に特に決まりはないので、 続けやすい時にやるのがベスト。 私たちの股関節付近には靭帯や腱がありますが、これらが何らかの原因で骨に引っかかって弾かれると、弦楽器を弾くのと同じような仕組みで音が鳴るのです。 (出典:) 足パカ等の運動時に自然と鳴るだけなら、 特に問題はありません。 ただし 痛みが生じる場合は股関節の変形や痛みの悪化に繋がったり、弾発股以外の原因である場合も考えられます。 放置せず、念のため整形外科等でみてもらうのがベストです。 足パカダイエットは効果最強!まずは30日チャレンジ テレビを見ながらや器具なしでも、全身を まとめて引き締められるメリットだらけの足パカ。 すぐに変わらないからといって諦めず、 コツコツと実践しダイエットを成功させましょう!.

次の

足パカで脚やせダイエット!【効果が出る期間と回数は?】

足 パカ 痩せ た

足パカダイエットのメリットと効果とは? 脚をパカパカするだけで下半身が引き締まる!驚きの効果とは? お手軽なのに効果絶大と、SNSを中心に話題の「足パカダイエット」。 また、腹横筋や骨盤底筋などもしっかり使うので、おなか回りも自然と引き締まります」 そう解説するのは、パーソナルトレーナー松井薫さん。 難しいエクササイズは挫折してしまう…そんな方も安心を。 ほんの少しの時間でもいいので挑戦してみては。 脚を動かす際にバランスをキープしようとすることで、腹横筋や骨盤底筋群の刺激に。 脚やせと体幹強化を同時に行えます。 簡単すぎる足パカの基本のやり方 1:両脚を閉じ、太ももが床に対して垂直になるよう、両脚を上げる あおむけになり、後頭部の下に両手を当てて、両脚を、太ももが床に対して垂直になるようまっすぐ上げます。 左右の脚は内側面が軽く触れる程度に閉じましょう。 ひざは軽く曲げていてもOK。 2:内ももを痛気持ちよくなるくらいまで大きく開き、脚の力だけで開閉する 両脚を左右に、できるだけ大きく開閉します。 このとき、太ももの内側が痛気持ちよく感じるまで開くのがポイント。 太ももの内側、おなか回りの筋肉に刺激を与えるように心がけましょう。 また、1と同様に、横から見た場合、太ももは床に対して垂直の姿勢をキープします。 おなかに力を入れて一気に吐くこのとき、大きく息を吸い、おなかにグッと力を入れながら一気に吐く「逆腹式呼吸」を行うようにしましょう。 また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐに中断してください。 柔道整復師(医療系国家資格)。 国士舘大学特別研究員・非常勤講師。 著書に『』(Gakken刊)など.

次の