ソフトバンク 5g 料金。 「SoftBank 5G」の商用サービスを3月27日に開始

【5G料金】3大キャリア 大容量5G料金プランの違いを比較!!

ソフトバンク 5g 料金

4Gプランに+1000円で5G対応に(2年無料) 3月27日以降、契約している対象プランに、「5G基本料」(月額使用料1000円)を加えることで、SoftBank 5Gのネットワークが利用可能。 また、5G基本料が2年間無料になる「5G無料キャンペーン」を8月31日まで実施。 4G料金と同じ価格で5Gが利用できるという。 ソフトバンク代表取締役副社長兼COOの榛葉淳氏は、「料金プランは、全国のみなさんが享受できるべきであり、5Gは段階的にエリアが広がる。 そのため、5G基本料金は2年間無料にする」と述べた。 5G基本料が適用できるのは、「基本プラン(音声)」「基本プラン(データ)」に加え、「データプランメリハリ」「データプランミニフィット」「データプラン1GB(スマホ)」「データプラン1GB(ケータイ)」「データシェアプラス」。 特に、データプランメリハリを組み合わせた「メリハリプラン」は、ウルトラギガモンスターの後継プランに位置づけられるもの。 YouTube、Twitter、Facebook、LINE、Amazon Prime Videoなど主要な動画サービス、SNSのデータ通信量がカウントフリーになるほか、50GBまで利用できる。 5Gを利用する場合の月額利用料は、基本プランが月額980円、データプランメリハリが月額6500円、5G基本料金が月額1000円(2年間無料)かかるが、「おうち割 光セット」「半年おトク割」「みんな家族割+(4人)」を組み合わせると、半年間、月額3480円で利用可能となる。 3月12日から提供開始する「メリハリプラン」 今回は、4Gから5Gへの移行期間であることから、既存プランをベースとした料金体系となったが、無制限プランについても社内では検討しているという。 質疑応答で榛葉氏は、「お客様の声、マーケット、5Gインフラの整備状況を見ながらしかるべきときに発表したい」と述べた。 5Gを生かしたエンタメコンテンツ「5G LAB」 するが、「5Gでなにをするか」に応えるべく、エンタメコンテンツ「5G LAB」を発表。 4Gでも利用可能だが、5Gで最大のパフォーマンスを体験できるという。 「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」「GAME SQUARE」の4サービスで構成される。 AR SQUAREでは、アイドルやキャラクターなどを、拡大・縮小・回転して自由に鑑賞したり、スマホのカメラを通して、好きなアイドルやキャラクターを出現させ、現実の背景や人物と一緒に写真や動画を撮影できる。 VR SQUAREでは、音楽ライブやスポーツ観戦などをVRで視聴できるほか、FR SQUAREでは、複数の視点をリアルタイムに切り替えてスポーツ観戦が可能。 福岡ソフトバンクホークス本拠地のPayPayドームには、5Gアンテナと60のカメラを設置。 決定的な瞬間を自由な視点から視聴できる。 月額500円のサービスだが、先述のメリハリプランでは、5G LABの料金も無料となる。 さらに、GAME SQUAREでは、クラウドゲーミングサービス「Geforce NOW」と連携。 400のタイトルが月額1800円で利用可能だ。 5Gあますことなくエンタメに活用するコンテンツサービス「5G LAB」も発表 5Gスマートフォンは4機種ラインナップ 5G回線を利用するには、別途対応スマートフォンを購入する必要がある。 同社では、5G対応端末として、デュアルディスプレイに対応したLG製「LG V60 ThinQ 5G」、8K撮影ができるハイエンドモデルのシャープ製「AQUOS R5G」、ミドルレンジに相当するZTE製「ZTE Axon 10 Pro 5G」、エントリークラスのOPPO製「OPPO Reno3 5G」をあわせて発表。 AQUOS R5Gと、Axon 10 Proについては価格が発表されており、前者が12万9600円、後者が8万9280円(どちらも税込)。 V60 ThinQ 5GとReno3 5Gの価格は発表されていないものの、V60はハイエンドモデルとなり、R5Gと同じ価格帯になるという。 また、OPPOについて榛葉氏は「驚くような低価格で5Gを楽しめる」と期待感をもたせた。 なお、5G対応モデルを購入したユーザー先着4万人に、VRゴーグルをプレゼント。 先述のVR SQUAREがより楽しめるという。 5Gスマートフォンは4機種をラインナップ 5Gは2021年中に人口カバー率90%を目指す 5G対応エリアは、東京都、千葉県、大阪府、石川県、愛知県、広島県、福岡県の一部となっており、東京都、大阪府及び広島県広島市の対象エリアと、千葉県と愛知県の一部の対象エリアにおいては、3月31日に対応。 まだまだごく一部のエリアでしか利用できないが、計画を2年前倒しで2021年中には人口カバー率90%を目指すとする。 オリンピック開催のタイミングでは、全国エリアとしては非常に狭いものの、会場周辺には優先的に5Gアンテナを設置しているという。 会見冒頭に登壇した榛葉氏は、基地局のカバレッジについて「4000、8000、数万レベルではなく、全国に23万の基地局がある。 これがプライオリティに5G基地局になる」と、楽天モバイルの基地局数(2020年3月末で4400以上を予定)を彷彿とさせる数字を引き合いに、自社カバレッジをアピール。 さらに、5Gの特徴である高速・低遅延・多接続を実現する、「Massive MIMO」技術についても、「世界に先駆けて3年半前から導入。 (輻輳エリアを中心に)実践でブラッシュアップしてきた」としたほか、「誇るネットワークインフラがあるからこそ5G時代が実現する。 これに満足することなく、もっと増強していく」と強調した。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

ソフトバンクの5Gプランの特徴!月額料金や割引・サービスについて詳しく解説!

ソフトバンク 5g 料金

ソフトバンクは、第5世代移動通信システム(5G)を3月27日より正式スタートすると発表しました。 ライブ配信で行われた発表会では、5G対応のスマートフォン4機種、5Gを使った新サービス、5G対応の新料金プランが紹介されています。 その言葉からは競合他社、とりわけ携帯通信事業に参入したばかりの楽天モバイルへの対抗心が感じ取れました。 「まず最初にお伝えしたいのは、5Gを実現するにはネットワークのインフラがしっかりしていることが重要だということ。 ソフトバンクでは、既存の基地局が全国に23万局ございます。 4,000、8,000のレベルではなくて、すでに現時点で23万局ある。 これが今後、効率的に5G基地局として転換されていきます」(榛葉氏) ソフトバンク 代表取締役 副社長執行役員 兼 COOの榛葉淳氏 ソフトバンクは5Gを実現するためのネットワークインフラがしっかりしている、と説明 誇れるものは「基地局の数」だけではない、と榛葉氏。 5Gのエリア展開のためには基地局を密に打つことも大事だとしたうえで、ソフトバンクでは電波干渉を避ける目的で3年前から「Massive MIMO技術」を導入してきたと強調します。 「世界でイチバン最初にMassive MIMOを導入して、ネットワークを実践でブラッシュアップさせてきた自負がある。 このネットワークのインフラがあるからこそ5G時代が実現するんです。 これに自信をもっているし、まだ満足していない。 これからも増強し、増加していきます」と説明しました。 その中心となるのが『5G LAB』。 5G LABは「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」「GAME SQUARE」という4つのサービスカテゴリから構成されたもので、今後、ソフトバンクから発売される5G対応スマホには「5G LAB」の専用アプリがプリインストールされるそう。 発表会では、ゲストとしてAKB48のメンバー7人が登場。 実際の利用シーンを紹介していきました。 「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」「GAME SQUARE」の4つのカテゴリから構成された『5G LAB』が、ソフトバンクの5Gサービスの中心となります AR SQUAREでは、現実の世界に好きなアイドルやキャラクターを出現させて、実際の背景や人物と一緒に写真や動画を撮影する、それをSNSに投稿するといった利用シーンが考えられています。 またVR SQUAREでは、VRゴーグルを装着することでコンテンツが立体的(3D)に楽しめます。 なお、ソフトバンクが3月27日以降に発売する5G対応スマホを購入すると、先着で4万名にVRゴーグル「pico U Lite」がプレゼントされるとのことでした。 VR SQUAREを体験するAKB48グループのメンバー。 「手を伸ばせば届くような距離で、アイドルをさらに近くに感じてもらえますね」と興奮気味に話していました FRはFree view point Reality(多視点)の造語。 舞台やコンサート会場、スタジアムなどに設置した複数のカメラ映像を、ユーザーが任意に切り替えて楽しむことができます。 ソフトバンクでは、AKB48の57枚目シングル『失恋、ありがとう』の多視点ミュージックビデオを3月27日から独占配信。 選抜メンバー18人それぞれがメインに映る18種類のミュージックビデオから、推しメンバーがアップの映像だけを見られるので、舞台上では「18通りの楽しみかたができそう」「好きなメンバーが多くて1人に絞れないというかたにもオススメです」といった感想が聞かれました。 FR SQUAREでは、さまざまなカメラ映像をユーザーが自由に切り替えて視聴可能に ここで会場は、プロ野球 オープン戦の試合を直前に控えた福岡PayPayドームとライブ中継がつながり、福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手、甲斐拓也選手がゲスト出演しました。 福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手、甲斐拓也選手 球場全体が5Gエリア化される福岡PayPayドームには、スタジアムを囲むように60台のカメラを設置。 ファンが手元のスマホを使って、自由な視点でプレイを楽しめるサービスを実現します。 甲斐選手は「好きなアングルで見てもらえるのがいいですね。 キャッチャー目線でも見られるので、対戦するバッターの研究もできる」とコメント。 そして、フルスイングを披露した松田選手は「めちゃくちゃカッコよく映りますね。 ホームランを打ったとき、どの角度からもベストスイングが眺められる。 小さな子どもたちにも見てほしい」と話していました。 松田選手がスイングする様子を、さまざまな角度から鑑賞。 両選手から「子どもにも、最高の教材になるのでは」との感想も聞かれました 国内バスケのライブ中継が楽しめる「バスケットLIVE」でもFR SQUAREが利用可能になります。 多視点コンテンツの提供は3月27日からスタート。 なお同日から、バスケットLIVEは「動画SNS放題」の対象サービスになるそうです。 ここで、プロバスケットボールB. LEAGUEのチーム「宇都宮ブレックス」の田臥勇太選手が会場を訪れ、AR SQUAREを体験するひと幕がありました。 ARとして登場したのは、B. LEAGUEで最年少18歳デビューを果たした河村勇輝選手です。 河村勇輝選手のパフォーマンスをAR SQUAREで体験する田臥勇太選手 田臥選手は「ドリブルしながら前を向けているので視野が広いですね。 足の踏み出す角度、位置もいい。 手、指先、膝の角度も細かく見えますね」と分析。 そして、AR SQUAREが自分の子どもの頃にあったらもっとバスケがうまくなれたのに、と話します。 そのうえで「バスケ部がない、あっても人数が足りなくて試合できない、そうした地方に住む子どもたちもいる。 でもAR SQUAREがあれば、有名なプロ選手のパフォーマンスを手元のスマホで見られますね」と紹介していました。 ソフトバンクでは、メインスポンサーを務めるJBA(日本バスケットボール協会)を今シーズンも継続してサポートするだけでなく、5Gとコラボすることで新しいサービスも開始したいと話します。 JBA(日本バスケットボール協会)を継続サポート。 5Gを使った新たなサービスも始まりそうです このほかGAME SQUAREでは、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」(月額1,800円)の提供を6月以降から開始します。 タイトル数は400以上。 複雑で重たい処理をクラウドで済ませることにより、手持ちのデバイス(PC、スマホ、タブレット)のスペックによらず、場所にしばられることもなく、好きなゲームを存分に楽しめるようになりそうです。 GAME SQUAREとして、GeForce NOW Powered by SoftBankを提供 各コンテンツは3月27日から7月31日まで無料。 無料体験期間終了後は、AR SQUARE、VR SQUARE、FR SQUAREなら「5G LAB ベーシック」(月額500円)の申し込みが必要です。 ソフトバンクの「動画SNS放題」対象料金サービスに加入していれば、いずれのサービスでもデータ容量がカウントフリーになります。 5G LABの料金体系。 7月31日まで無料です 上記の5G LABサービスの開始に先立ち、3月5日から全国主要都市のソフトバンクショップ45店舗に「5G LAB」の体験コーナーが設置されます。 気になった人は、まず店頭で体験するといいでしょう。 フラッグシップとなるのが「AQUOS R5G」(シャープ製)、そして2画面の「LG V60 ThinQ 5G」(LGエレクトロニクス製)で、ミドルレンジには「ZTE Axon 10 Pro 5G」(ZTE製)、エントリーモデルとして「OPPO Reno3 5G」(OPPO製)を投入します。 OPPO Reno3 5Gはソフトバンクが国内独占販売するもので、榛葉氏は「驚くような低価格で提供したい」と話します。 「AQUOS R5G」は、AQUOSシリーズ史上最大の約6. 5インチのPro IGZOディスプレイを搭載。 超高精細8K動画の撮影が可能。 発売は3月27日の予定 「ZTE Axon 10 Pro 5G」は約6. 4インチのモデル。 最新のチップセットを搭載しており、大容量コンテンツが快適に楽しめます。 発売は3月27日を予定 「LG V60 ThinQ 5G」は、2画面でマルチタスクできるのが特徴。 革新的なスマホライフを送れそうです。 発売は4月下旬以降 「OPPO Reno3 5G」は、ソフトバンクが独占販売。 画面占有率約93. 4%の約6. 55インチ有機ELディスプレイを採用、4つのカメラを搭載。 発売は7月下旬以降 「LG V60 ThinQ 5G」について榛葉氏は「例えばバスケットボールの試合を見るときに、上のディスプレイに試合映像をマルチアングルで、下にスタッツの詳細を表示できる」と紹介。 2画面を活用して、あらゆるスポーツや芸能コンテンツにおいて新たなサービスを展開していけると活用方法を提示します。 また「ZTE Axon 10 Pro 5G」については「リッチコンテンツを楽しみたいけれど電池の減りが気になる、というかたに。 手に取りやすい価格で提供します」と話していました。 3月12日に提供を開始する大容量50GBの「メリハリPLAN」を、5Gサービスにも適用させる考えです。 8月末までに申し込めば「5G無料キャンペーン」により、5G基本料1,000円も2年間0円になるとのこと。 データ利用容量が低かった月は割引される、月額3,480円からの「メリハリPLAN」。 大容量50GBを利用できます 榛葉氏は「動画SNS放題+大容量50GBがついたプランです。 5G LABベーシックのサービスもカウントフリーになります。 全国津々浦々、現在の4Gと同じように5Gが利用できるようになるまで、料金プランも4Gと同等にします」と説明しました。 5G時代において4キャリアから選ばれるために必要なことは、という質問に榛葉氏は「さまざまなドライバーがありますが、やはりイチバンはネットワークのインフラだと思います。 日本全国で楽しんでいただける環境を早急につくりたい。 データ利用量も一気に増えることでしょう。 またコンシューマだけでなく、人のいないところで農業に活用したり、遠隔医療の需要なども出てくる。 ヤフー、ZOZOTOWN、LINE、そうしたグループ企業とも連携して、サービス周りでもソフトバンクの特徴を出していきます」と答えます。 Xperiaシリーズがラインアップに含まれなかった点について、榛葉氏は「今回は見送らせていただきました。 現在もソニーさんに大変お世話になっているし、もちろんユーザーさんからも厚い支持がある。 タイミングを見て、ということですね」と回答しました。 容量無制限の料金プランも検討したか、と聞かれると榛葉氏は「3月27日のスタート時点で、全国一斉に全ユーザー様にご提供できるわけではないため、いまのプランが現時点でベストと判断しました。 社内では議論を重ねておりまして、お客さまの声、マーケットの反応なども見ています。 タイミングがきたらご報告したい」と話します。 外部サイト.

次の

5Gになると携帯料金はいくら上がるの?スマホで10倍高速インターネットのお値段

ソフトバンク 5g 料金

チェックするポイントは料金と通信容量。 この中でお得感があるのはドコモの5Gギガホです。 1番安いのは楽天モバイルですが、楽天モバイル基地局はまだ一部でしか使えないので、容量はパートナーエリアの5GBです。 ドコモの5Gギガホは4G回線でも無制限(キャンペーン中)で使用可能なので、価格と使える容量を考えると一番お得感の高いプランと言えます。 その他のプランはデータMAX 5Gにオンラインサービスが追加され、テザリングで利用できるデータ量に違いがあります。 大容量プランの違い比較 違いがある部分のみ比較しています。 各種サービスを個別に登録するよりは、セットで登録した方が安く、使えるテザリング量も大きくなります。 自分の使い方にあったプランを選びましょう。 プランの選び方は家族割と光回線セットがポイント。 ドコモ光を使っている方や家族にドコモユーザーが多い場合はドコモを使いましょう! またソフトバンク光を使っている方や家族がソフトバンクを使っている場合はソフトバンクがおすすめです。 プラン内容に大きな差はないので、 どれだけ割引が適用されるかがポイントになります。 光回線• 家族割 以上の2つが要チェックです! 毎月のデータ量が多い方は大容量プラン キャリアの料金プランは使う量が多ければ多いほど、ギガあたりの料金が安くなります。 例えばドコモの5Gギガホであれば基本料金7,650円で100GB使えます。 しかし、5Gギガライトだと6,150円で7GBしか使えません。 約11. 5倍もの差があります。 毎月7GB付近の方はギガホを使う方がお得ですし、大手キャリアの低容量プランは割高なのでや楽天モバイルを使用するのがおすすめです。 他のキャリアにも低容量プランがありますが、料金が割高で家族割と光回線割引を使っても高いのが現状。 しかし、楽天モバイルは2,980円で専用アプリを使うと通話料金が無料です。 さらに楽天回線エリアであればデータ量無制限で使用できます。 こちらに関してはまだエリアが狭すぎますが、それ以外のエリアでも5GBまで使うことができます。 毎月の使用量が少ない人は会社を変えることによって、料金を大きく下げることができるのでぜひ検討してみてください。 また、キャリア以外だとがおすすめ。 「1番安いのはどこ?各社の5Gプランをわかりやすく比較【ドコモ・au・ソフトバンク・楽天】」でした。 スマホをキャリアで購入する場合は 公式オンラインショップがオススメです。 手数料が完全無料(ドコモ)で料金が安く、24時間いつでも注文することができ、待ち時間もありません。 オンラインショップ限定のキャンペーンを開催していることもあるのでぜひチェックしてみてください。 公式オンラインショップについて紹介した記事はこちら.

次の