今年 の 漢字 一文字。 「今年の漢字」一覧

2019年「今年の漢字」は「嵐」でなく「令」確定!歴代漢字リストと今年の予想

今年 の 漢字 一文字

1 変 5. 6%)でした。 「天皇の退位など、変化に向けて動き出す年だから」(女性30代、福岡県)、「2020年に向け、いろいろと変化していくのかなと感じている」(男性30代、神奈川県)など、2019年の「元号改正」、2020年の「東京オリンピック」を控え、その本番準備に向けた今年は「変化が求められる年」になるのではないかという声。 また自由回答の中には「朝鮮半島で変化のきざしが感じられる一年になるといい」(男性50代、東京都)など、昨年1月にトランプ米大統領就任して以来、北朝鮮との関係が急激に悪化するなど、ただならぬ空気が漂っており、日本を取り巻く緊張関係に「良い変化」「前向きな変化」を期待する声も寄せられました。 今年の秋には自民党総裁選がありますが、その争点はやはり「北朝鮮」「憲法改正」の2つ。 「大きな変化」や「変革」を進める時には必ず軋轢や抵抗が生じるものですが、議論を十分に尽くし、日本の未来に向けて最良な判断をしてほしいものです。 ちなみに過去6年間の「漢字一文字」を振り返ってみると、2012年、2013年、2014年ともにトップは「昇」(2012年=6. 2%、2013年=7. 3%、2014年=6. 1%)、2015年も「上」(4. 6%)が続き、東日本大震災以降は「上昇」の意志を感じさせるポジティブな漢字がしばらく続いていましたが、2016年は一転して「乱」(9. 1%)。 米大統領選挙、中東や北朝鮮の情勢などが取り沙汰され、「波乱」や「混乱」を懸念する声が目立ちました。 さらに昨年と今年は「変」(2017年=7. 8%、2018年=5. 6%)が続きましたが、同じ漢字ながら昨年と今年ではその意味合いが変わってきているようです。 昨年の「変」は、トランプ大統領や小池都知事の誕生などリーダー交代で、これから起こり得るだろう変化を良くも悪くも予想するものでした。 一方、今年の「変」は北朝鮮ミサイル問題や憲法改正、築地移転など、もう待ったなしの状態の中で「少しでも良い方向へ変わってほしい」という願いが込められたものと言えるでしょう。 同じくポジティブな漢字では「オリンピックに向けて活気ある街づくりなどに取り組み、日本全体が明るくなってほしいから」(女性20代、神奈川県)など、2位に「明」(4. 2%)。 さらに「年号が平成から新しく変わり、新しい年がスタートするので」(男性20代、青森県)、「AI、自動運転技術、ロボット技術の進歩」(男性40代、山口県)など、4位に「新」(3. 1%)、6位に「進」(2. 6%)が続き、元号改正や新しいテクノロジーの発展等々、ランキング上位には「光明」「前進」「新生」をイメージさせる前向きな漢字が並びました。 また今年2月に「平昌オリンピック」、6月に「サッカーW杯ロシア大会」の開催が予定されていますが、5位に「金」(2. 9%)がランクイン。 「平壌オリンピックで金メダルを日本がたくさん取る、そして経済が更に発展して、お金の巡りが良くなる」(女性20代、岡山県)など、日本人アスリートの活躍と共に、日本経済の回復で日本の元気を取り戻してほしいという声も寄せられました。 相場格言では「申酉(さるとり)騒ぐ」と言われる一方で、「戌(いぬ)笑い」と言われ、戌年は相場が活気づき、笑いの止まらない縁起の良い年と言われています。 ぜひそうなることを期待したいものです。 「乱」「危」など、株乱高下、災害、米朝関係など「不安が募る年」と予測する声も ランキング上位にポジティブな漢字が目立った一方で、2位には「乱」(4. 2%)。 「株が乱高下して、経済も混乱しそうなため」(女性50代、新潟県)など、株価上昇でバブル再来を懸念する声。 さらに「昨年から自然災害など予期せぬことがたくさん起こっているので、今年もそれが続くかもしれない」(女性50代、大分県)など、地震や豪雨等の自然災害を心配する人も少なくありませんでした。 またランキング圏外ながら「北朝鮮への米国の攻撃により、米朝の戦が始まる」(男性60代、千葉県)など、「危」(1. 7%)、「戦」(1. 4%)を挙げる声も寄せられ、アメリカと北朝鮮の戦争に巻き込まれるのではないか、危機感を募らせている人もいました。 1 健 9. まず、男性回答で最も多かったのは「健」(9. 1%)でした。 「健康であれば、何事にも前向きに立ち向かえるのではないかと思う」(男性60代、大阪府)、「健康は金では買えないので」(男性50代、兵庫県)など、国内外を見渡せば、米朝間の一触即発の緊張関係、さらに憲法改正や消費税10%導入、東京五輪に向けての準備等々の課題が山積していますが、国民ひとり一人においては、様々な試練に立ち向かえる「健康が第一」という声が多数寄せられました。 自由回答の中には「2017年は人生初めての入院を経験するなど体調面に不安があったから」(男性50代、徳島県)など、病気や怪我等を経験して、より一層健康の有り難みを認識したという人もいました。 2位は「楽」(4. 0%)。 「仕事、金銭、人間関係等を含め、家族が楽しく過ごせるように、という想いで」(男性30代、大阪府)など、トップの「健康」が体を重視するものであった一方、2位には「心の健康」とも言える「楽しさ」を抱負に掲げる声。 さらに「安心して心静かに暮らしたい」(男性60代、福岡県)など、3位にも「安」(3. 5%)が挙げられ、大きな夢や目標達成よりも、心身共に充実し、安心して暮らせる環境を求める人が目立ちました。 続いて、4位は「挑」(3. 2%)がランクイン。 「今年の6月に技能検定一級の試験があるのでそれに挑みたいのと、スノーボードにも初挑戦してみたい」(男性40代、北海道)など、新しい目標に向けて、「果敢にチャレンジする年にしたい」と決意を新たにする声。 さらに「どんな困難な事が目の前に起こっても前に進んで行く」(男性40代、香川県)など、同じく4位に「進」(3. 2%)、9位に「努」(1. 6%)、「躍」(1. 6%)が続き、「努力」を怠らず、一歩一歩と「進化」「前進」「躍進」をしていきたいという建設的な声が目立ちました。 ストレスに対してパニックを起こさず、「無の境地」でメンタルコントロール また例年になく、今年ならではの漢字で目立ったのは「無」(2. 4%)でした。 「心が騒ぐことなく、穏やかに暮らしたいから」(男性50代、愛知県)、「ただただ生きる」(男性60代、千葉県)など、「無の境地」で平常心を保ちたいという声。 総合ランキングでは、2018年の漢字として「変」を予想する声が多く、いわば「変化に伴う大きなストレスを抱える年」ともいえます。 そのストレスに対して真っ向勝負を仕掛けるわけでも、パニックに陥るわけでもなく、「冷静に気持ちをコントロールして過ごしたい」という声が目立ちました。 なかなか修行を積んだお坊さんにように「無の境地」を達することは難しいものですが、メンタルコントロールを身に付けることは、難しい時代を生き抜く現代人のストレス対処法として大事なことかもしれません。 1 健 9. 」(女性30代、大阪府)など、女性回答の上位も「健」(9. 8%)、「楽」(6. 6%)でした。 続いて、3位は「笑」(4. 7%)。 「(昨年は)気持ちに余裕がなく、せかせかしてあまり笑顔がなかったし、大声で笑うこともなかった気がする。 今年は久しぶりに友達と会って大笑いしたり、家庭でも笑顔を心がけたい」(女性40代、兵庫県)など、心に余裕を持ち、家庭を照らす笑顔を心掛けたいという声。 さらに「イライラせずにマイペースでゆったり過ごしたい」(女性50代、大分県)など、5位にも「穏」(2. 8%)が続き、「戌笑う」の年のごとく、穏やかで笑顔の絶えない一年にしたいと誓う声が寄せられました。 「株でお金持ち」「節約に励む」など、女性は将来に向けた資金作りも高い関心 女性回答ならではの漢字では、6位に「痩」(2. 6%)がランクイン。 「今年こそは最後のダイエットにしたい。 ダイエット成功を祈って」(女性50代、山形県)など、正月太りで青ざめている人も多いせいか、「今年こそ痩せてやる」と心に誓う声。 さらに「3月出産予定なので、子育てや家族愛、夫婦愛を育みたい」(女性30代、福島県)など、7位にも「育」(2. 1%)が挙げられ、「ダイエット(美容)」や「子育て(家族)」に対する女性の意識の高さがうかがえます。 また見逃せないのは、8位の「金」(1. 9%)です。 「2018年から気合いを入れて節約に励むから」(女性30代、神奈川県)など、将来に向けた資金作りのため、節約や貯蓄に励みたいという声。 自由回答の中には「株でお金持ちになりたいから」(女性40代、兵庫県)など、今年初めの東京株式市場の大発会では26年ぶりに高値を更新し、株式投資で一攫千金を目論む人もいました。 そのほか、「幸せに感謝して、家族との時間を大切にする一年にしたい」(女性30代、神奈川県)など、「幸」(1. 9%)、「和」(1,9%)が続き、平凡でも「幸せ」に「平和」に暮らすことを望む声も寄せられました。 緊張状態の続く今日だからこそ、尚更、そう感じる人が多いのでしょう。 そのほか、自由回答の中からいくつか漢字をピックアップしてご紹介します。 「『六』。 シックスパックを目指すので!! 」(男性30代、大阪府)、「『筋』。 身体、そして大問題の顔の筋力が落ちてきている。 これはなんとかしなくてはと思い、今年の抱負は筋トレ。 絶対に脱たるみ」(女性40代、長野県)など、筋力アップや体力づくりに向けて、「体を鍛え直す一年にしたい」という声。 「『支』。 子どもが受験のため、仕事を頑張って塾費用を経済的に支えていこうと思う」(女性40代、栃木県)、「『窮』。 子ども2人への仕送りで、お小遣いに困窮するから」(男性50代、和歌山県)など、子どもの教育費の捻出のため、「仕事や節約に精を出す一年にしたい」という声。 さらに「『変』。 あと一年で定年を迎え収入がダウンする。 セカンドライフをどう楽しめば良いか知識をつけると同時に、徐々に(お金のかからない)生活スタイルに変えていきたい」(女性50代、大阪府)、「『忍』。 改革を推し進めるが、結果が出るまでの間、反対勢力の圧力に耐えなければいけないから」(男性40代、兵庫県)など、ライフスタイルや仕事において大きな変化を起こすべく、「下準備や根回しをじっくり行う一年にしたい」という人もいました。 今回は年始め恒例企画として、皆さんに「2018年の日本」を漢字一文字で占ってもらいました。 今年を占う漢字一文字のトップは「変」でした。 北朝鮮との緊張関係、それに伴う憲法改正の動きなど、現状の日本を取り巻く環境は決して好ましいものではありません。 こうした危うい状況が、「少しでも良い方向に変化」してくれることを期待する「変」と言えるでしょう。 2月には平昌五輪、6月にはサッカーW杯ロシア大会が開かれるなど、今年はスポーツの国際大会が目白押しで楽しみの多い一年でもあります。 ぜひスポーツ分野の交流を通じて、対話や緊張緩和のきっかけにしてほしいと願うばかりです。 また来春には天皇退位および新元号の改正も控え、平成は実質30年間の節目を持って新たな時代へとバトンタッチします。 孔子の有名な言葉によれば、「吾、十有五にして学に志し、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る…」と、30歳で自己を確立して独立することを示していますが、ある意味、日本がこれからどう生きていくべきかを見極めなければならない、大事なタイミングに立たされているといえるでしょう。 「戌年」は、来年の十二支最後の集大成である「亥年」、さらに十二支の新たな始まり「子年」に向けた、準備や仕込みのための年と位置づけられています。 ここで良い準備ができるか否かが、未来の日本の行く末に大きな影響を与えていくことになります。 心して慎重に取り組んでいきたいものですね。 最後に皆さんから寄せられた「2018年の抱負」の自由回答の中からいくつかご紹介します。 2018年の抱負は?• 「一人息子が結婚するかもしれないので、母親のさみしさから喜びに前進させねばならない気持ちとの葛藤の年。 自分の人生も仕事も今まで以上にがんばらなきゃと思う」(女性60代、岩手県)• 「90歳の母親が寝た切り寸前の状態にまで弱っており、今年は、忍の一字かと覚悟している」(男性60代、兵庫県)• 「もっと妻を大切にしていきたい」(男性50代、山形県)• 「今年は憧れのマイホームへ引っ越す予定。 新しい土地で、地域・ひと・環境に貢献できるように活動的になりたいと思う」(女性20代、茨城県)• 「今年は阪神がリーグ優勝する。 なんせ去年のクライマックスシリーズ敗退で悔しさがあるし、チーム一丸があるから!! 」(女性60代、大阪府)• 「社会がめまぐるしく変化する昨今、自分を見失わない1年にしたい。 SNSの普及で情報の接点も増えましたが、自分の考えや思いを大切にしていきたい」(男性30代、大阪府)• 「4月より新しい職場で色んな新しい出会いが待っているので、今から、わくわくしている」(女性20代、岡山県)• 「昨年以上に旅行に行ったり、食事など交流を楽しみたい」(女性50代、宮城県)• 「今年から家庭菜園とりわけ花を育ててみようと思っている。 狭いベランダなので、大きな鉢植えは出来ませんが四季折々のかわいい花を鉢植えで行いたい。 今まで花に興味がなく知識もないので、近所の皆さんに教えて貰いながら花造り楽しみたい」(男性60代、愛知県)• 「飽き性で根気が無いので、コツコツ根気よく。 それから大地に根をはって、フラフラ優柔不断も治さなきゃ! 」(女性40代、大阪府)• 「競馬でドンドン高額配当を当てたい」(男性50代、新潟県)• 「昨年は人や物に尖った対応を多くしてしまったので、今年は角が立たないように、丸くなれるように心を平穏に過ごしていきたい。 そして一年を振り返り、丸がつくような素晴らしい一年にもしたい」(男性20代、神奈川県)• 「治癒の見込みがない病気を抱え平穏な心を保つ心を養う」(男性60代、大阪府)• 「美容をもっと追求して去年よりもっと綺麗になりたい。 三十路という節目の年なので大人の女に」(女性20代、熊本県) 『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼 「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。 1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。 賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。 予めご了承ください。 【 アンケート参加について 】 アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。 「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。 すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。 初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。

次の

今年の漢字2018はいつ発表?|あなたが決めるなら?私ならこの字!

今年 の 漢字 一文字

「今年の漢字」2019年の予想候補は? 2019年の出来事はかなり幅広くあったので振り返ってみてもなかなか予想するのは難しいですね。 思いついたものを挙げてみると、まずは「新」という字でしょうか。 今年はなんといっても令和という新元号がはじまりまったとしでしたよね。 今年の漢字予想 「新」か「令」 — しゅーへー komachi1412 他にネット上で噂されている文字としては、公文書改ざんやデータ改ざんから「改」などがありますね。 個人的にはせっかくなら良いイメージの漢字がいいのですが、今年の出来事を振り返ってみると、あまり良いイメージの漢字は選ばれない気がします。 「今年の漢字」過去の歴代結果一覧とその理由は? 今年の漢字は1995年に始まって以来、毎年清水寺で発表が行われる年末の風物詩となっています。 20年以上に渡って続いているというのもすごいですね。 過去の「今年の漢字」のここ数年の歴代結果とその理由をまとめてみました。 2018年 「災」• 地震や台風など自然 災害が多かったことから。 2017年 「北」• 北朝鮮による核実験やミサイル発射などから。 2016年 「金」• リオ・オリンピックでの 金メダルラッシュや、舛添要一元東京都知事の 金の問題での辞職などから。 2015年 「安」• 安全保障関連法の成立や、とにかく明るい 安村のギャグ「 安心してください、穿いてますよ」などから。 2014年 「税」• 17年ぶりの消費 税増税から。 2013年 「輪」• 2020年の東京五 輪招致決定など。 2012年 「金」• ロンドン五輪での 金メダルラッシュ、 金環日食など。 2011年 「絆」• 東日本大震災などの自然災害で感じた家族や友人との 絆や、なでしこジャパンのチームの 絆などから。 2010年 「暑」• 夏の猛 暑や厳しい残 暑から。 今年の漢字に何が選ばれるのか、楽しみに待ちたいと思います。 京都なう。 漢字ミュージアムの横を通りかかったら今年の漢字の応募boxがあった。 あれって漢検側が勝手に決めていると思ってた。 — 細井直樹 奈良の熱男ナオ naohosoi 2018年の今年の漢字は? 2018年の今年の漢字が「災」と発表されました。 「災」の字は新潟県中越地震などのあった2004年に引き続いて同じ字がえらばれましたね。 確かに予想通りでひねりがないとも言えますが、逆にヤラセ無しで本当に投票が反映されているんだなと思いました。 2018年、今年の漢字は「災」でした😃 — ひがくぼきみお higakubo まとめ 今回は2019年の「今年の漢字」の発表日・時間はいつなのかや、今年の予想候補や歴代一覧とその理由についてみてきました。 実は今年の漢字は一般公募の中から一番数が多い物が選ばれるというのは今回初めて知りました。

次の

「今年の漢字」予想と歴代漢字まとめて解った意外なパターン

今年 の 漢字 一文字

概要 [ ] 財団法人が、その年をイメージする漢字一字の公募を日本全国より行い、その中で最も応募数の多かった漢字一字を、その年の世相を表すとして、原則としてはの「」の午後にので発表することになっているが、必ずしもその日に発表されるとは限らない。 選ばれたを「今年の漢字」と呼ぶ。 各メディアでも、「今年の漢字」の呼称が用いられる。 (7年)に始まった。 発表時には、清水寺の奥の院舞台にて、日本漢字能力検定協会の理事も務めていたのにより巨大なに漢字一字がされる。 その後12月いっぱいまで本堂で一般公開されたのち、本尊のに奉納される。 の、の、のと並んで、現代のの世相を反映する一つの指標として使われることが多い。 (平成21年)は、いわゆる「」が発生し、同協会の理事長とその息子の副理事長が同役職を辞任、その後される不祥事が起こったことから、森は協会理事を辞任し「今年の漢字」企画への協力も拒否する可能性を示唆したが、新体制の発足に伴って姿勢を軟化させ、同年も前例通りに、清水寺で森による揮毫が行われた。 発表の瞬間は民間放送の情報ワイドショー番組(『』〈制作/系〉や『』〈制作・系〉)などで中継することが多い。 また、近年では発表直前の12月上旬に、一部のやなどのにおいて、当年のニュース回顧を兼ねて「今年の漢字」の予想を行ったり、当年話題になった芸能人や著名人に対し、その人にとっての「今年の漢字」がインタビューされることが恒例になりつつある。 なお「今年の漢字」は、日本漢字能力検定協会によって商標登録されている(第5247080号)。 国際的影響 [ ] この節には、一部のコンピュータやで表示できない文字(や)が含まれています ()。 日本以外のにおいても、漢字の特性に基づく興味深い行事として広がりつつある。 (平成18年)から、国家言語資源観測研究センター付属のメディア言語分析センターなどが、注目を浴びた「今年の漢字」(、 )を発表。 同年の「今年の漢字」は、国内部門では「 炒」、国際部門では「 乱」となった。 (平成20年)に文化局が主催となり「 」をスタート。 最初の漢字は「 亂」(乱)。 (平成23年)から、最大の華僑系新聞社が主催し、同年を代表する漢字1文字を「 」として発表。 (平成23年)から、マレーシアの華僑系住民の団体である、マレーシア漢文化センター、マレーシア中国語新聞編集者協会等が共催し、同年を代表する漢字1文字を「 」として発表。 補足 [ ]• 「今年の漢字」の発表にともなう揮毫は、森がぶっつけ本番で書いている。 発表日の朝、漢検の理事長が「今年の漢字」を書いた紙を入れた茶封筒を清水寺の森のもとへ持参してくる。 封筒には「親展」と書かれている。 二重封筒を使用しているため、外からは見えない。 舞台に立って開封するまで、森自身も「今年の漢字」を目にすることは出来ない。 森が揮毫に使用する筆はで、穂があまり長いと墨が垂れるため書けず、逆に短いと墨持ちが悪いので、墨持ちを適度に保つために芯の部分に牛耳毛を用いている。 25回目の節目となった2019年は、揮毫に用いられる紙にの学生による手漉きの(縦1. 3メートル)が用いられた。 「その年の世相を表す漢字」を決める試みは、他にも行われている。 その例として教授と学生らによる研究がある。 の1年間の新聞3紙の朝刊社会面において、短期間に集中的に使われた漢字を抽出したランキングで、1位から順に「油」「少」「海」「殺」「総」「重」という結果になった。 「油」「海」「重」は発生後に、「少」はで少年の逮捕後に、「殺」は神戸連続児童殺傷事件やその他の関連で、「総」は・関連で目立った。 同年の日本漢字能力検定協会による「今年の漢字」とは対照的に、金融破綻に関する漢字は上位には登場しなかった。 2000年に選出された「金」はその後2012年と2016年にも選出された。 また2004年に選出された「災」はその後2018年にも選出されている。 一般公募による選出のため、難解な漢字は選出されにくい。 しかし、過去にの表外字が選出された事例として、2003年の「虎 」、2011年の「絆」がある。 また、2・3位の漢字を見ると「拉 」「韓 」「嘘」も候補に挙がったことがある。 一覧 [ ] 年 漢字 読み 選考理由 票数 総数 2位 3位 震 シン ふる-う ふる-える ()発生。 東京都心で化学兵器による無差別テロ攻撃 が発生し、世界に震撼と衝撃を与えたこと。 のなどによる社会不安の拡大。 01337 12866 乱 災 食 ショク ジキ く-う く-らう た-べる などで発生したによるの多発、それによる学校給食などへの影響。 やを「食いもの」にした汚職事件の多発。 (狂牛病)の発生。 01046 12376 菌 汚 倒 トウ たお-れる たお-す 、をはじめ、相次ぐ大型企業のやの破綻。 がので強豪を倒してW杯初出場。 01379 13526 破 金 毒 ドク の余波で毒物混入事件が多発。 など有毒物質に対する不安の高まり。 当時となった。 02693 13100 不 乱 末 マツ バツ すえ 、、の最後。 翌年への「末広がり」の期待を込めて。 01077 20430 乱 核 金 キン コン かね かな で、女子フルマラソンの、女子柔道のが。 とによる初の。 長寿姉妹ののが逝去。 01366 23323 乱 新 戦 セン いくさ たたか-う 発生。 当時の政権が首謀者引き渡しに応じなかったことをきっかけにアメリカの が始まる。 02285 36097 狂 乱 帰 キ かえ-す かえ-る 初のにより、にされたが日本に帰国。 日本経済がより以前の水準に戻る。 レトロソングのリバイバルヒット。 03518 60144 北 拉 虎 コ とら が18年ぶりにリーグ優勝。 の勃発、「の尾を踏む」ような。 17709 87410 戦 乱 災 サイ わざわ-い 、、、をはじめとする、の噴火など、国内で自然災害が多かったこと。 の事故や。 20936 91630 韓 震 愛 アイ いと-しい で 万博 の開催。 内親王とが結婚。 ののでの活躍をはじめ、「あいちゃん」という愛称の女性の活躍が目立ったこと。 親が子を、子が親を殺すなど「の無い事件」が目立ったこと。 04019 85322 改 郵 命 メイ ミョウ いのち みこと 誕生。 小中学生の多発。 北朝鮮の。 事件、などによる命の不安。 08363 92509 悠 生 偽 ギ いつわ-る にせ をはじめ、「」や「」など、が次々と表面化。 の発覚。 のの発覚。 『』による問題。 やドル安などの経済の変化。 食の安全性に対する意識の変化。 世界的規模の気象異変による問題の深刻化。 やの分野での日本人の活躍に表れた時代の変化。 アメリカの新大統領就任。 やなど、様々な新制度の施行。 の流行。 の高速水着による競泳の世界新記録ラッシュ。 の9年連続200本安打の新記録。 014093 161305 薬 政 暑 ショ あつ-い や非常に厳しかった残暑により熱中症にかかる人が多発。 これに伴い野菜価格が高騰し、なども人里に出没。 地中の「暑い」中から作業員全員が生還した。 014537 285406 中 不 絆 ハン バン きずな ほだ-す ()をはじめ、台風などによる大雨被害(、)、、など国内外における大規模自然災害の発生や、に優勝した「」の活躍を見た多くの日本人が、「絆」の大切さを改めて感じた1年だったこと。 061453 496997 災 震 金 キン コン かね かな 自立式として世界一の高さとなったの開業、での過去最多のメダルラッシュ、(教授)の受賞など数々の「」が打ち立てられたこと。 932年ぶりに全国的に観測されたや、21世紀最後のの太陽面通過といった「金」に関係する天文現象があったこと。 やなど「カネ」に関わる問題の多発。 「金」は2000年にも選出されており、初めて複数回選出された漢字になった。 009156 258912 輪 島 輪 リン わ の成功。 が球団創設以来初となる日本一達成、に歓喜の輪が作られたこと。 による災害やによる()災害に対する日本各地並びに世界各国からの支援の輪が広がったこと。 009518 170290 楽 倍 税 ゼイ セイ みつぎ 17年ぶりのとそれに伴い生活環境が大きく変化したこと。 森貫主は「国民の多くがに厳しい目を持っているということではないか」と話している。 008679 167613 熱 嘘 安 アン やす さだ いずく-んぞ によるの成立が注目を集めたこと。 による爆発テロ事件やによるなど住環境や暮らしに対する不安。 によるやに対するテロ不安と、世界の平和 平安 を願う思い。 に伴う食の安全への関心の高まり。 ・の「して下さい、穿いてますよ」の流行。 005632 129647 爆 戦 金 キン コン かね かな こがね でののラッシュ、・の通算3000安打達成や・の五輪4連覇など数々のが打ち立てられたこと。 前の政治資金私的流用、移転延期や会場見直しなどの東京都の財政や税金運用に関する問題、を始めとする地方議会議員のの不正運用の発覚やそれに伴う議員の辞職など「政治とカネ」にまつわる問題が顕著になったこと。 によるなどのが注目を集めたこと。 でお金持ちの王・がに当選。 で「」のが世界的に大ヒットしたの衣装が全身であること。 「金」は2012年以来4年ぶり3回目の選出となった。 006655 153562 選 変 北 ホク ハイ きた そむ-く に-げる による、度重なるや強行による、情勢の緊迫化。 による甚大災害の発生。 前年の北海道産不作による供給遅滞の影響での販売が一時停止となったこと。 ・への移籍が決定したと、1位で入団が決定したなど、の動向に関心が高まったこと。 が所有する競走馬の活躍。 展覧会が日本国内で盛況であったこと。 007104 153594 政 不 災 サイ わざわ-い 、(西日本豪雨)、、、など自然災害の脅威を痛感した年であったこと。 、などのスポーツ界に於ける問題やの公文書改竄(書き換え)問題などといった人為的災害が顕著であったこと。 7月・8月の時期に酷暑となり、「」という表現がによって用いられたこと。 、「」の活躍など、災害に対する意識に影響する出来事があったこと。 「災」は2004年以来、14年ぶり2度目の選出である。 020858 193214 平 終 令 レイ リョウ いいつけ おさ よ-い 初めて()を出典とする新「」への。 これにより日本国民の多くが新しい時代の幕開けを実感したこと。 また「令和」が日本の古典から出典を得た元号であったために日本の伝統文化を再認識する縁となったことや、「令」の意味に素晴らしい、良い、立派な、敬うなどの意が表され、漢字が持つ意味の奥深さについて人々が知る機会が生じたこと。 また本年は法令()改正に伴うの増税、に於ける各種の法令違反事案(闇営業問題、薬物事件、脱税問題など)が世間の耳目を集めたこと、更に(台風15号)・(台風19号)及びによってやを始めとする各地で災害が相次ぎ、発令やが発令されるなど、「令」が命じる、又は決まりや掟などの意味があることも認識させられる出来事があったこと。 030427 216325 新 和 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「昨年新聞にぎわせた漢字 武庫川女子大言語文化研が分析 暗い世相を反映」『』1998年3月2日付朝刊、阪神版23面。 J-Cast News 2009年12月12日閲覧• 共同通信47News 2010年12月10日閲覧• 烏丸経済新聞 2011年12月12日閲覧• 読売新聞 2012年12月12日閲覧• 烏丸経済新聞 2013年12月12日閲覧• 毎日新聞 2014年12月12日閲覧• ORICON STYLE. 2016年12月12日. 2016年12月12日閲覧。 Asahi. com. 2016年12月12日. 2016年12月12日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 公益財団法人 日本漢字能力検定協会, 2017年12月12日 , 2017年12月12日閲覧。 Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018年12月12日. 2018年11月28日閲覧。 ITmedia ビジネスオンライン 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 関連項目 [ ]• (中国の今年の漢字、新語・流行語)• () 外部リンク [ ] ウィキニュースに関連記事があります。

次の