妻の浮気 再構築。 妻の浮気で再構築中

浮気した夫と再構築!不倫を許し元の夫婦関係を取り戻す方法

妻の浮気 再構築

浮気した妻を許したい!苦しい心の葛藤の乗り越え方! 妻が浮気をしたと知ったら、大変なショックを受けます。 妻が泣いてあやまったので、とりあえず離婚はしていない。 でも、浮気したときの状況を思い出して、気が狂いそうになる。 普段通り接してくる妻に、笑顔で話すことができない。 許したいけれど、もとの夫婦に戻れる気がしない。 どうすれば、浮気した妻への憎しみや嫉妬といった心の葛藤を乗り越えることができるのか。 これは、浮気された夫の共通の苦しみです。 浮気した妻を許すには、まず 「時間」が必要です。 そしてなにより、妻があなたの苦しみを受け入れてくれたと、あなた自身が「実感」することが大切なのです。 うわべだけの謝罪や反省で、浮気された側の苦しみが消えることはありません。 修羅場を経て、話し合いの場で謝罪したから明日から元通りの生活にとはいきません。 苦しみが残っている間は、 なんどでも話し合うことが大切です。 悲しみや憎しみをぶつけるたびに、心の傷口がえぐられて血が噴き出すかもしれません。 しかし、傷にかさぶたができるには、流れる血が必要なのです。 お互いの本音が理解できたその先に、再構築という夫婦の新しい道があります。 二人だけで心の内をさらすことが難しければ、ときには、外部のカウンセラーの力を借りるのもよいでしょう。 妻は本当に反省している?妻の浮気を許した瞬間 妻は浮気は二度としないと言っていた。 浮気が発覚してから、家事や育児をがんばっている。 でも、本当に浮気を反省したのか・・・信じられない。 浮気された側の 不信感はなかなか消えることはありません。 ほかの男性と関係を持った妻に、嫌悪感を抱いてしまうこともあります。 妻を抱くことができない。 浮気された夫たちは、どんなキッカケで妻の浮気を「許せた」と思えたのでしょうか。 妻の浮気を許した瞬間までは、長い時間や積み重ねられた家族への信頼があります。 こんな瞬間に妻の浮気を許すことができたという、夫の声を紹介します。 ・妻の真面目な生活態度から、浮気を許せた 浮気した妻は謝罪したあと、毎朝だれよりも早く起きお弁当作りや朝ご飯を続けていた。 浮気したことを、けして言い訳をしなかった。 家族への愛情は本物だったのだと、 浮気したのは気の迷いだったと実感したとき、浮気を許すことができた。 ・子どもたちの、妻への態度の変化 妻の浮気が発覚した当初は、子どもたちも巻き込んでの騒動。 子どもが小学校高学年以降なら、なにがおこったのか当然理解してしまう。 子どもたちは妻に冷たくあたり、「おかあさん」と呼ばなくなった。 妻はそれでも 逃げ出さず、母親に徹した。 子どもたちも、そんな態度に次第に心を開いていった。 父親である自分と、妻は切ってもきれないパートナーなのだと。 子どもを愛しているという愛情は嘘ではない。 では、自分のことを愛しているという言葉も信じていいと思えたとき、妻の浮気を許すことができた。 ・妻がなぜ浮気をしたのか、本音を知ったとき 妻が浮気したあと、以前のように会話ができなくなった。 まったく笑顔で話せない自分を見て、妻の顔からも笑顔が消えていった。 これではだめだと、夫婦でカウンセリングを受診。 そこではじめて 妻の本音を聞くことができた。 愛していたけど、仕事のすれ違いでどんどん心が離れていったこと。 浮気相手と体の関係を持つようになって、罪悪感があったけど麻痺していった。 浮気がバレて夫の涙をみたとき、とんでもないことをしてしまったと後悔した。 自分の手で夫婦を壊してしまったと、取り返しのつかないことをした・・・と泣いて語った妻の涙をみて、自分の中にあった怒りや苦しみが解けていくような気がした。 浮気を許すには、時間がかかります。 ひとによって、その長さは違います。 妻の心の本音を知ったとき、そして妻のその声が嘘ではないと信じられたとき、妻の浮気を許せるのだと思います。 また妻が浮気したら・・・再構築に必要なのは時間と謝罪と誓約書 許したら、また妻が浮気するのではないか・・・そんな恐怖心から妻を許せない人もいます。 再構築を前提に妻の浮気を許すときは、 誓約書を作成しましょう。 ・浮気を許すのに、口約束ではダメな理由 人の気持ちは変わります。 浮気して発覚した当初は反省していても、許してもらったと思った途端に、謝罪の気持ちを忘れてしまう人もいるのです。 浮気を後悔したときの心境を妻に思い出してもらうためにも、誓約書の作成は重要です。 ・誓約書に書くべき内容 誓約書には、まず浮気の詳細を記載します。 浮気の期間や浮気相手の名前をいれましょう。 そして忘れてはいけないのが、 「浮気相手との関係清算」と 「二度と浮気しないことの約束」です。 再構築にむけては、浮気相手と妻がすっぱりと手を切ることが大前提です。 二度と私的に連絡をとらないと約束してもらいましょう。 また、約束を破ったときの罰則を合わせて決めることもできます。 違約金としていくら払う、といった条件をつけることも可能です。 誓約書に浮気を二度としないと誓うことが、浮気再発のストッパーになります。 妻には、誓約書に署名と捺印をしてもらいましょう。 サインが入ることで、誓約書が 「浮気の証拠」としての力を持ちます。 妻の浮気を許せないなら離婚すべき?後で後悔しないか 浮気した妻を、どうしても許せないケースもあります。 たとえば、二度と浮気しないと誓ったのに、浮気が繰り返されたとき。 夫の苦しい心の葛藤を、聞いてもらえないとき。 浮気は過去のことだからと、なかったような態度を取られるとき。 夫婦関係の修復を目指しても、信頼関係を取り戻せないとき、夫の苦しみは心に残ってしまいます。 こうした「受け入れてもらえない」という経験が積み重なると、一緒に暮らしていくことに無理を感じます。 自分を受け入れてくれない相手と一生を過ごすのは、とても苦しいことです。 それであれば、離婚を選ぶのも当然だといえます。 離婚したほうが、楽になるということもあります。 離婚する場合は、浮気の証拠をもとに慰謝料を請求しましょう。 子どもがいる場合は、離婚前に 親権と養育費の支払いについて決める必要があります。 通常、離婚するときの 親権は母親が握るのが一般的です。 母親と同居した場合に、子どもに害があると考えらる場合は別です。 しかし、母親が親権を望めば父親が子どもと一緒に暮らすのは難しくなります。 もし、親権を持ちたいと考えるのであれば、早めに弁護士などの専門家に相談しましょう。 離婚したら子どもと会えなくなるかも・・・という点は、妻を許せなくても離婚をためらう大きな原因です。 離婚して子どもをとられ、面会も満足にできないと、離婚を後悔するケースもあります。 離婚したほうがよいと感じるのであれば、妻に離婚を切り出す前に、親権をどうするか法律面からの助言を得た方がよいでしょう。 浮気相手へは慰謝料請求、妻とは再構築。 未来はあるか? 浮気した妻を許し、再構築を選択する場合に必要なことはなんでしょうか。 ・浮気相手へは慰謝料を請求 ケジメと責任追及の意味をこめて、浮気相手には慰謝料を請求することをおすすめします。 妻との関係を清算するよう、 誓約書も用意するといいでしょう。 再度妻に連絡をとった場合のペナルティーも記載します。 二度と妻とは関わらないように、念を押すことが重要です。 ・夫婦関係で、妻に「罰」を与えすぎない 浮気をした妻に対して、夫がやってしまいがちな行動が普段の生活で「罰を与える」というものです。 罰の与え方は、人によってさまざまです。 「毎朝5時に起きて掃除すること」といったルールを科す人もいれば、妻の発言を無視することで精神的な罰を与える人もいます。 浮気された当初は、心の中に裏切られたという妻への憎しみがあります。 しかし、マイナスの感情から妻を罰する態度で接してしまうと、再構築がうまくいかなくなることが多いのです。 あなたの苦しみは、 妻を罰することでは根本的には癒やされません。 厳しく妻に接して、陰で悲しげに泣く妻の姿を見ても、あなたの憎しみや嫉妬は消えることはないでしょう。 心の葛藤は、妻に受け止められることではじめて消えていくのです。 妻との再構築の道は、時間がかかるかもしれません。 しかし、本音を聞いて相手を信じることができれば、浮気を過去のものとして水に流すことができるでしょう。

次の

妻の浮気を許すと決意したら!夫婦の再構築に向けて夫が取りたい行動

妻の浮気 再構築

(夫が)会社の同僚の勧めで心療内科とカウンセリングに通ってみることにした。 診察では「たぶん中度の鬱」って言われて、薬が出た。 で、カウンセリングも受けたよ。 最初の日に、カウンセラーにいろいろ話したら、嫁さんも連れて来たらどうか、って言われた。 正直、なんでそんなこと言うんだ、って思ったし、そう聞いたら、今のままじゃ、どっちにも転ばないし、お互いに苦しいだけ。 それなら、ここでトコトン話し合って、それぞれが納得いく道を見つけるべきじゃないかと思う、と言われた。 まぁ、それは確かに、って思って、帰って嫁に言ったら、ぜひついて行きたい、っていうんで次の予約のときに連れてった。 たぶん30くらいで、豪快に笑う割にすごい柔らかく話す男のカウンセラーだったんだけど、 俺の「どうでもいいや」って話をいろいろ聞いてから、嫁に話を振ったら、 「申し訳ない、傷つけてしまった。 でも、一緒にいることで苦しめている気がする」なんて話をしてた。 で、しばらく、俺もポツリポツリ話してて、嫁も泣きながらポツリポツリと話してたら、カウンセラーがなんか改まって で、もし二人がこのうちのどれか、なら二人は、どんな自分を守りたい、って思ってるんでしょうかね? って聞いてきた。 別になにも守ろうだなんて思ってないなぁとか感じてたんだけど、嫁が 「旦那をこれ以上傷つけたくないって思って、逃げてる気がします」 って言った。 逃げるならとっとと出て行けばいいのに、とか俺はそんなことを思ったんだけど、 「じゃぁ、ここで旦那さんの嫌いなとこでもあげてみましょうか」とカウンセラーが言った。 正直、それにはちょっとびっくりした。 嫁も戸惑ってた。 でも、嫁は震えて泣きながら、こんな生活になる前からのことで 「帰って来て、着替えをちゃんとハンガーに吊らないところがイヤ」 「メールしてもそっけない返信してくれなかったのがイヤ」 あともう一つなんか言ってたけど忘れた。 でも、それ言ったら嫁が尋常じゃないくらい泣き出して、 俺さらにびっくりして気が付いたら嫁の背中さすってた。 で、ちょっとしたら落ち着いて来て嫁が付け足した。 「ちゃんと吊ってよって言うと、やっといて、って甘えられるのが好きだった」 「メール返してって言ったら、メールは変わらなかったけど、帰って来てちょっと優しくしてくれるのがうれしかった」 「そんなのがうれしかったのに、私誘惑に負けて傷つけちゃったんだ、ごめんなさいごめんなさい…」 って言ってまた震えて泣き出した。 それきいて、なんでかわかんないんだけど、妙に同情しちゃってた俺がいた。 あぁ、こんなに後悔してたんだなって思った。 今までの謝罪とたいして変わらない気もしたけど、 嫁がやっと、自分が壊したものについて理解して謝ってたんだな、ってのが分かった気がして。 で、次にカウンセラーは俺に 「旦那さんは、どんなことが楽しかったり嬉しかったりしましたか?」 って逆の質問をしてきた。 で、俺は嫁の言ったこととで、「やっといて」っていうと「もー」って言いながらもやってくれるのがうれしかった。 メールの話されたときに、頭ポンポンってやって無愛想でごめんなって言ったときに照れ笑いしてたのがなんかうれしかったなとか、 あと、仕事で疲れたときに帰るなり顔見て「大丈夫?」って言われて俺のことちゃんと見てくれてんだな、って思ったこととか。 って話したら、カウンセラーは 「そういうのが全部壊れちゃったんですね」 って言った。 でつづきです。 「そういうのが壊れちゃったんですね」 って言われて、知ってた気がしたけど、あぁ、そうだったな、って思った。 それを聞いた嫁はまた号泣。 なんか知らんけど、俺も込みあがって来て泣いてた。 で、そのあとも隔週で二か月くらい通ったけど、なんか再構築できそうな気がしてきたんで 俺は、4回目か5回目くらいでもう大丈夫そうだ、って言ってカウンセリングは終わりなった。 それから減薬しながらって感じでしばらく病院には通ってたけど、今はもう何も飲んでない。 今頃になって思うがあのカウンセラーは、たぶん、俺が嫁に対して気持ちが残ってるんだけど、 それ以上の強い不信感があって、そのせいで嫁の謝罪とか気持ちがダイレクトに来てないのがわかったんだろうな、って思った。 嫁が、自分が許してほしくて、自分の気持ちしか語らないってのにも気づいてて、俺のことを考えさせようとしたんだな、ってのもわかった。 たぶん、これが正解ってわけじゃないんだろうけど、まぁ、俺たちの場合はカウンセリングに行って良かったな、って思った。

次の

不倫・浮気で再構築(夫婦の関係修復)ができたケース

妻の浮気 再構築

再構築は元通りの夫婦の姿ではなく新しい夫婦の形 再構築、と聞いて、以前と同じ夫婦関係を望む人は多いでしょう。 しかし、時間を戻し、記憶を消せない限り、全く同じ夫婦関係に戻れることはありません。 妻が浮気をした、という事実は心に暗い根を張り、度々あなたを悩ませます。 それでも夫婦という関係を維持することにチャレンジし続ける、それが再構築なのです。 再構築を選ぶ前に自分に問うべき事 再び夫婦として寄り添う選択をしても、自分の心の声を無視してしまっていては、再構築の道が閉ざされてしまう事もあります。 再構築を選ぶその前に、以下の点について自分自身に問いかけてみましょう。 妻の浮気を受け止められるか 浮気をした、という事実は決して消えません。 そして、それは深くあなたを傷つけています。 それでも好きだから、やり直したいから、そう思って再構築を選ぶ姿は尊いのですが、それと同時に危うさを秘めているのです。 「妻とやり直したい」ではなく、「浮気をした妻だけどやり直したい」、そう思えるようになって初めて、再構築の入り口に立つ事が出来ます。 自分の生活を変えるつもりがあるか 再構築とは、一人だけが頑張って行うものではありません。 夫婦二人で、更には家族みんなで一緒に新しく作り上げていくものでもあります。 ですから、「浮気が起こった状態の家族の生活」を見直し、「浮気が起こらない状態の生活」へ作り変える必要が出てきます。 その中には、妻の行動を改めて貰うのは勿論ですが、浮気された夫の生活パターンの改善も含まれるのです。 妻の意見や話を聞くことが出来るか 浮気の事実を乗り越えて再構築をするのであれば、妻からのあなたへの意見、苦情もきちんと聴く耳を持たなければなりません。 浮気をした方が悪いのだから、全ての意見を却下するという考えは、再構築の道を阻むだけでなく、夫婦の中を決定的に割くきっかけにもなりかねません。 お互いを尊重しあう心を持つことが大切なのです。 浮気した妻への怒りと悲しみは簡単には癒せない 心の傷は自分自身でさえその深さや大きさを見ることは出来ません。 場合によっては、一生、何かの折に触れ思い出しては苦しむかも知れません。 男女問わず、信じていた人に騙された、裏切られたショックは計り知れないものでしょう。 早く現状を回復したい、そう思って相当無理をして再構築を頑張ったり急いでも、心の傷が癒えてない間は大きく揺れ動き続け、一番望まない結果を生み出してしまいます。 『浮気をした妻を許さなければ再構築は出来ない』と思い込む必要はありません。 一生許せなければそれでもいいのです。 再構築にチャレンジし続け、ある日ふと「浮気された時はホントに哀しかったなあ」と思い、「今でも思い出すと哀しくなるからやらないでね」と相手に昔話のように伝えられたその時が、浮気をされた傷が癒えてきた証拠なのかも知れません。 小さな目標とルールの積み重ねが再構築を成功させる 実際に再構築を行なっている男性は、どのような点に気をつけて努力を続けているのでしょうか。 ただ闇雲に頑張るだけではない、小さな、しかし確かな一歩を歩んでいる人達の方法から、もしかしたら再構築された新しい夫婦の形が見えてくるかも知れません。 不安定な心を落ち着かせながら出来ることを少しずつ重ねていく また浮気するかも知れない、また騙されるかも知れない…一度浮気をされたら、その思い込みから中々気持ちを脱出させることは出来ません。 それでも再構築を望んだからには、どうしても成功したい。 そう思われる男性も多いと思います。 疑いを持つ気持ちを落ち着かせ、前を向いて進んでいく為の方法を見てみましょう。 夫婦のルールを一緒に作る お互いのスケジュールを伝え合う、どちらかが先に帰宅したらメールを入れておく、など、日常生活の中で、お互いの存在がしっかり認識出来るようなルールを決めていきます。 重要なのは、「お互いが守る為のルール」であることです。 どちらか一方だけが義務として行わなければいけないルールでは、主従関係しか生まれず気持ちの良い心のキャチボールは得られません。 そのやり取りの中で、「ありがとう」「お疲れ様」といった感謝や労いの言葉を伝え合いましょう。 浮気の話を持ち出さない 再構築は、夫婦二人で未来へ向かって行うものです。 その努力の最中に、浮気の時の話をされて、やる気を持ち続けられるパートナーはいません。 時には感情が爆発して、イライラした気持ちをぶつけたくなるかも知れませんが、せっかく積み重ねてきた新しい夫婦の形を、一気に崩してなかったことにしてしまう可能性もありますので気をつけましょう。 細かい目標を立て達成する 「次の子供の運動会には一緒に参加しよう」、「次の休みの日に二人で買い物に行こう」、といった予定を、比較的近い日にちを目安に目標としてあげ、それを実行出来るようにします。 それは日常生活であって目標ではないのでは、と思われるかも知れませんが、その日常生活が崩れた状態なのが再構築の夫婦の姿なのです。 一見当たり前に見える家族の姿は、実はお互いの協力の元にやっと成り立っていたのだという事を認識し、一つ一つを丁寧にクリアしていく事を心掛けましょう。 そこから、相手に対する感謝や自分自身が努力すべき点を再確認出来ることもあります。 夫婦以外の第三者を交えてオープンに話し合う 浮気をした妻にとっては少し難しいハードルかも知れませんが、再構築をするに当たり、特にお子さんをお持ちのご夫婦には、協力して貰える環境は不可欠です。 また、二人だけで話し合いをして決めたとしても、なかなかルールを守れなかったり不安に陥ったりを繰り返していては、再び危機を迎える事も少なくありません。 ここでいう第三者とは、実際に顔を合わせて話し合いの出来る人の事を言います。 夫婦共通の友人だったり、可能であればお互いの両親だったりが理想的です。 ご両親にお願いする場合は、必ず両家にお願いするようにしましょう。 LINEやネット上の掲示板で、相手に見えない所で相談をするのは、逆にあなたの不安を煽ったり、それに気づいた妻があなたに嫌悪感を持つきっかけにも繋がります。 不安も不満も疑問も全てオープンにして、時にはアドバイスも貰える存在としての第三者を交えた話し合いのスタイルを持ち、そこから少しづつ夫婦の会話の在り方を作り上げていくことも、大切な再構築と言えるでしょう。 心理的カウンセラーに夫婦で通う 夫婦の再構築を目的としたカウンセリングを行う精神科もあります。 浮気に走るその心理的要因を探ったり、浮気をされた心の痛みを癒すなど、夫婦で精神的にも協力しあえるような状態を作る為に、プロのカウンセラーの力を借りるのも良い方法です。 心の面での歩み寄りを試みながら、再構築を目指しましょう。 出来ない事を嘆くより出来た事に感謝する 再構築の初期には、どうしても浮気した妻を許せない気持ちがあり、それが相手への不満となって、あれも出来てない、これもやってない、という批判の形で噴出しがちになります。 しかし、再構築は一人だけが頑張っても出来ません。 そして、その歩むスピードはそれぞれに違うのです。 出来てない事よりも、出来ている事に多く目を向け、それに対しての感謝や労いの言葉を伝える意識をしてみましょう。 そして、その行動が出来ている自分に自信を持ち、積み重ねてていって下さい。 それが、再構築後の新しい夫婦の形へ続く道となるでしょう。 誓約書は夫婦の再構築の支えと守りになる 浮気後に再構築を目指す決意はしても、また過ちを繰り返すかも知れないという不安と常に戦い続けるのは、心理的に大変負担の大きいものです。 そんな心の支えになるのが誓約書です。 では、誓約書とは具体的にどのようなものなのでしょうか。 再構築にチャレンジするその前に、誓約書の役割とその内容について学んでみましょう。 誓約書の役割とその効果 誓約書は、「浮気したパートナーに対する戒めと、万が一の時の自分への保険を形として残したもの」です。 ただ話し合うだけではなく、きちんと文書化し、お互いに判を押すことで、浮気した者に事の重大さを認識させ、浮気再発の戒めになる効果が期待されます。 また、もし浮気が再発した場合の約束事も文書化することで、浮気をされた者も落ち着いて再構築に取り組む事が出来るのです。 戒めの効果と再構築への保険の役割を持つ文書、それが誓約書になります。 参考: 不倫後に誓約書を作る効果はどのくらい?|作成方法と注意点まとめ 誓約書の雛形はない 書類として残すとなると、どうしても定型に沿って作らなければならないと思うかも知れませんが、夫婦の形がそれぞれであるように、誓約書の内容もまたそれぞれです。 では、どのような点に注意するべきなのでしょうか。 誓約書のポイントについて見てみましょう。 浮気をしたパートナーに悪いと認めさせる 浮気は悪いことである、その悪いことをしてしまった、だから謝罪をする、この点をきちんと明記して正式な謝罪をして貰うことが重要です。 二度と浮気をしないことを誓わせる 浮気をしたパートナーに二度としないと誓わせる、浮気した相手に二度と会わない、連絡を取らないといった内容の文章を残し、パートナーへの戒めとなるようにしましょう。 離婚の可能性も視野に入れておく 浮気が再発した時、または、二度とやらないと誓約した内容を破った時には、離婚を申し入れられても拒否しないこと、その場合の慰謝料なども具体的に明記し、それに同意するよう求めます。 これは、浮気をしたパートナーの為ではなく、浮気をされた側の保険的な内容となります。 子供についての記載をする お子さんがいらっしゃるご家庭の場合は、一番気にかける内容でしょう。 特に浮気した妻であっても母親であるという点で、気がかりになる部分でもあります。 万が一浮気が再発した場合の親権はどうするか、その場合の養育費、面会の有無等、できる限り細かく内容をしたためましょう。 その他、浮気をしたパートナーへの要望 以前から気になり、改善して欲しいと思っていた部分について記載しましょう。 余りに利己的な内容の場合は話し合いになる可能性もありますが(例えば、夫である自分より早く寝るな、ごはんは全て手作りにしろ等)、夜間の外出は控える、子供を放置して遊びにいかない、一人で出かける時には場所、時間、会う相手をはっきり伝えるなど、再構築をする上で必要な項目を明確にして残すことが重要です。 公正証書として残すことが安心感をさらに深める どこまで誓約書を書いても、それにお互いが判を押しても、個人的に作成した文書では安心できないと思われる方もいらっしゃるかと思います。 その場合は、専門家に相談してみるのも良い方法です。 弁護士や行政書士など、法律的な立場からアドバイスを貰い、それを公正証書として残すことで、あなたの安心感が得られるのは勿論、浮気をした妻の大きなストッパーにもなります。 大袈裟な、と思われるかも知れませんが、法的な部分でもはっきりさせる、という点からみると、これほど浮気をした妻に本気の怒りを示し、どれだけ本気で夫婦の再構築を願っているかを表す方法もないでしょう。 夫婦を続ける理由を見失わない事が再構築への鍵となる 浮気をされても好きだから、子供がまだ独立してないから、社会的に体裁が悪いから…再構築を選ぶ時、様々な理由が頭に浮かんでくるでしょう。 そして、浮かんできたどの理由にもあなたの本音が含まれています。 どんな些細な理由であれ、それが思い浮かぶ限り再構築を頑張ることは可能です。 自分に出来る限りの努力を行なってみましょう。 時には離婚をする事よりも辛い選択になるかも知れませんが、新しい夫婦の形を目指し、焦らず、ゆっくり、一歩づつ進んでいきましょう。

次の