シャープ 電卓 税率 変更。 電卓の税率設定を消費税10%に変更する方法(CASIO・CITIZEN・SHARP・CANON)

【朝礼ネタ】電卓の税率設定変更方法・やり方 ~10秒で出来ます~

シャープ 電卓 税率 変更

まもなく消費税が上がります。 そこでレジはどうなるのか、という議論がありますが、消費税が導入された平成元年、正確には昭和時代の開発期間から「税率変更」は既定路線で、プログラムレベルではいつでも対応できるようになっていました。 これは「ファミリーマート」のレジを作っていたわたしが言うのですから、間違いありません。 ちなみに主要コンビニでは、ローソン以外は同系列のプログラムが使われており、もちろんセブンイレブンもそうです。 増税を巡る議論のなかで、軽減税率の導入によりコンビニのレジが混乱するという「珍説」がありますが、コンビニのレジは「POS」と呼ばれる仕組みで、これはそれぞれの商品毎に定価、売価、値引率、税率、課税区分などが設定されており、マスターと呼ばれるこれらの情報を書き換えれば、あとは「ピッ」とやれば作業はなにも変わりません。 と、本稿はレジ情報ではなく「電卓」について。 ビジネスで使う電卓には「税抜」「税込」ボタンが付いています。 4月になると電卓を買い換えなければならない・・・ことはありません。 電卓もレジと同様に、税率が変更されるという前提で設計されているからです。 写真をご覧ください。 使い込んでいるのでよごれはご勘弁ください。 電卓 CASIO MW-8T 税率変更の方法 電卓 MW-8T 左の上から2番目。 「ON」の下に「税率変更 %」というキーが税率変更のボタンです。 まず電源を入れ、この「税率変更」ボタンを長押しします。 3秒もすると、下記のように現在の税率「5%」が表示されます。 税率変更ボタンを長押し 「5%」が表示されたら、次はあたらしい税率、今回は「8%」なので、数字の「8」キーを押下します。 新しい税率を入力 「8」を押したら、再び「税率変更」ボタンを押下したら、変更完了です。 税率設定ボタンを再び押下 それでは確認します。 とりあえず「100」といれるところに、小物ぶりが現れます。 電卓の税率が変更されているか試してみます 100に続いて右上にある「税込」ボタンを押下します。 若干手ぶれしているのは、ガラケーを左手に持ち替えて撮影したからです。 無事成功していることがわかります。 新税率で「税込」表示されます。 さて、電卓といってもいろんなメーカーが発売し、同メーカーでも種類があります。 特に意識したわけではありませんが、我が社にあった電卓はすべて「CASIO」製でしたが、もう一方の雄「SHARP」の電卓も基本的には同じような設定方法のようす。 くわしくはSHARPの「」をご覧ください。 電卓 CASIO MW-10ET 税率変更の方法 つづいては経理担当が簡易計算につかっている「CASIO MW-10ET」です。 基本的な流れは同じです。 CASIO MW-10ET 「00」ボタンがあり、10桁表示できるタイプです。 位置は同じく、左の上から2番目のボタンを長押しします。 「設定」ボタン長押しします すると表示が変わります。 3秒ほど押下して、それでも表示が皮ならないときは、赤い「C/AC」ボタンを2回押下してやり直してください。 計算など、他の操作をした後、消費税率を変更するときも、おなじく2回押下してください。 通常の操作と区別するための制限と思われます。 画面上部に「設定」が表示されるまで押下します。 「設定」が表示されたら、つぎは税率を入力します。 新しい税率を入力します。 予定通り10%になったときは、10を入力するということです。 長押しした「設定」ボタンです ふたたび「設定」を押下して設定は完了です。 それでは新税率を試してみます。 適当な数字を入力します 今度は1万にしてみました。 つい「円」でみてしまいます。 そして「税込」ボタンを押下すると 税込で確認します 煩悩の数の100倍となりました。 成功です。 電卓 CASIO JF-120VB 税率変更の方法 さらに経理がメインで使っている電卓の税率も変更してみます。 こちらもカシオ製で「CASIO JF-120VB」。 ソーラーパネルと、ボタン電池の2Wayで、12桁表示でき、四捨五入や切り捨てに対応できる電卓で、小数点の桁数も指定できるすぐれもの。 しかし、消費税の税率変更の基本はおなじです。 12桁対応電卓 CASIO JF-120VB まずは「長押し」です。 今度は配置が分かり、最上段の中央「%」ボタンで、上に「設定」と書かれているボタンを長押しします。 「設定」のボタンは「%」。 これを長押し 3秒ほどすると画面が更新されます。 前の2機種と異なり、左右に[]が表示され、上部には「税」「%」、メインに現在設定されている税率が表示されます。 新税率を電卓に入力 新しい税率を入力してから、ふたたび「設定」ボタンを押下して設定完了です。 「設定」ボタン押下で設定完了 それでは「新税率」の確認です。 今回はさらに桁を上げて100万にします。 新税率の変更を確認する つづいて「税込」ボタンを押下します。 この電卓の税込みボタンは最上段の一番左にあります。 「税込」ボタンで新税率を確認。 簡単ですよね。 かく言うわたしも、増税に合わせ、電卓を買い換えようかと思っていました。 新品が欲しいというただのワガママもありました。 しかし、8%の次は10%、その先もあります。 そしてかつてのプログラマー時代を思い出したのです。 そしてこうしたコンピュータ系の機械は、だいたい作り手のクセというか「お約束」のパターンがあり、「長押し」はそのひとつ。 そして一つ目でビンゴ。 CASIO MW-8Tには「税率設定」とボタンに書いてあるので自慢にもなりませんが(笑)。 その他の電卓については、各社のホームページをご覧ください。 ただ、基本的には同じような方法なので、「謎解き」を楽しむのも一興ですよ。 コメントを残す メールアドレスが公開されることはありません。 このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。 検索: 注目ブログ• 2016年7月21日• 2016年11月16日• 2011年11月2日• 2016年4月15日• 2017年8月17日• 2015年8月20日• 2007年6月22日• 2015年1月15日• 2016年3月19日• 2015年8月7日 最近の投稿• 最近のコメント• に 田子博生 より• に より• に より• に より• に 自己責任て難しいね より カテゴリー• メタ情報•

次の

【消費税の計算式】手計算や【電卓の設定方法】を解説!【軽減税率対応の電卓】も紹介!

シャープ 電卓 税率 変更

Contents• 電卓の税率設定の変更方法 CASIOの場合 現行は、消費税8%で設定しているため、「税込」ボタンを押すと8%加算した数字が表示されます。 これを10%に修正していきましょう。 1 [AC]ボタンを押します。 3 すると、現行の8という数字と、窓上部に「税」と「%」が表示されます。 4 [C]ボタンを押してから、税率の10を入力します。 6 10%になりました。 [AC]ボタンを押してFINISH。 1,000円の税込みは、1,100円とちゃんと表示されるようになりました。 CITIZENの場合 1 [C・CE]ボタンを押します。 2 ボタンの[1][0]を押します。 3 [税率]ボタンを押します。 4 [税込]ボタンを押します。 税率%が10となりました。 [C・CE]ボタンでFINISH。 1000と入力し、[税込]ボタンを押すと、「1,100」と表示されるようになりました。 ([C・CE]ボタンタイプは2回押し) 2 [税率設定]キーを押します。 3 ボタンの[1][0]を押します。 (設定する税率を入力) 4 [税率設定]ボタンを押してFINISH。 2 [税込(税率設定)]のキーを押します。 3 テンキー電卓のディスプレイ画面左上部に「税 %」の表示が点滅しているのを確認し、[1][0]のキーを押します。 (例:税率10%の場合) 4 ディスプレイ画面に「10」と表示されます。 (「税 %」は点滅のまま) 5 再度[税込(税率設定)]のキーを押します。 6 「税 %」の点滅が確定、FINISH。 日本における消費税の歴史 ちなみに、若い世代の方は生まれたときから当たり前に消費税がかかっていたと思いますが、わたくしアラフィフ世代の若かりしころには消費税はありませんでした。 日本に初めて消費税が導入されたのは、1989年(平成元年)4月。 税率3%で消費税法が施行されました。 竹下総理のときで、ちょうど今から30年前の話です。 そこから1997年(平成9年)4月、橋本総理のときに5%に引き上げられ、2014年(平成26年)4月安倍総理のもと8%になり、現在に至っています。 税率が変わることによって、各企業も対応を迫られます。 システムの変更だったり、商品タグの入れ替えだったり…。 店頭に並ぶ商品の値札も税込み表示だったり、税抜表示だったりして紛らわしいし、一体安いのかどうか比較がしづらくなります。 計算だけで言うと、8%より10%のほうがイメージしやすくもありますが、負担が増えるのも事実。 日本の将来のため、子どもたちの未来のため、財源確保は必至ではあるものの、もっと他に手段はありそうなものを…と心の中でつぶやきつつ、しぶしぶ電卓の設定キーを押す今日、この頃…。

次の

カシオの電卓で税率設定を10%に変更する方法

シャープ 電卓 税率 変更

Contents• 電卓の税率設定の変更方法 CASIOの場合 現行は、消費税8%で設定しているため、「税込」ボタンを押すと8%加算した数字が表示されます。 これを10%に修正していきましょう。 1 [AC]ボタンを押します。 3 すると、現行の8という数字と、窓上部に「税」と「%」が表示されます。 4 [C]ボタンを押してから、税率の10を入力します。 6 10%になりました。 [AC]ボタンを押してFINISH。 1,000円の税込みは、1,100円とちゃんと表示されるようになりました。 CITIZENの場合 1 [C・CE]ボタンを押します。 2 ボタンの[1][0]を押します。 3 [税率]ボタンを押します。 4 [税込]ボタンを押します。 税率%が10となりました。 [C・CE]ボタンでFINISH。 1000と入力し、[税込]ボタンを押すと、「1,100」と表示されるようになりました。 ([C・CE]ボタンタイプは2回押し) 2 [税率設定]キーを押します。 3 ボタンの[1][0]を押します。 (設定する税率を入力) 4 [税率設定]ボタンを押してFINISH。 2 [税込(税率設定)]のキーを押します。 3 テンキー電卓のディスプレイ画面左上部に「税 %」の表示が点滅しているのを確認し、[1][0]のキーを押します。 (例:税率10%の場合) 4 ディスプレイ画面に「10」と表示されます。 (「税 %」は点滅のまま) 5 再度[税込(税率設定)]のキーを押します。 6 「税 %」の点滅が確定、FINISH。 日本における消費税の歴史 ちなみに、若い世代の方は生まれたときから当たり前に消費税がかかっていたと思いますが、わたくしアラフィフ世代の若かりしころには消費税はありませんでした。 日本に初めて消費税が導入されたのは、1989年(平成元年)4月。 税率3%で消費税法が施行されました。 竹下総理のときで、ちょうど今から30年前の話です。 そこから1997年(平成9年)4月、橋本総理のときに5%に引き上げられ、2014年(平成26年)4月安倍総理のもと8%になり、現在に至っています。 税率が変わることによって、各企業も対応を迫られます。 システムの変更だったり、商品タグの入れ替えだったり…。 店頭に並ぶ商品の値札も税込み表示だったり、税抜表示だったりして紛らわしいし、一体安いのかどうか比較がしづらくなります。 計算だけで言うと、8%より10%のほうがイメージしやすくもありますが、負担が増えるのも事実。 日本の将来のため、子どもたちの未来のため、財源確保は必至ではあるものの、もっと他に手段はありそうなものを…と心の中でつぶやきつつ、しぶしぶ電卓の設定キーを押す今日、この頃…。

次の