妊娠初期 頻尿。 妊娠初期になりやすい頻尿の原因と対策、症状はいつからいつまで?

妊娠初期の頻尿で寝れない!原因は?いつまで続く?改善する方法は?

妊娠初期 頻尿

頻尿は妊娠の徴候? 妊娠するとどうして頻尿になるのでしょうか? その理由には以下のようなものがあります。 それに伴い、腎臓に送られる血液の量も増加し、つくられる尿も増えます。 プロゲステロンには腎臓・尿管・膀胱・尿道の筋肉を緩めるはたらきがあります。 実際に妊娠すると、妊娠超初期のうちから頻尿が見られる場合もあります。 妊娠の徴候として、生理か来ない、おなかの張り感やつわり、便秘などがあります。 頻尿に加えてこれらの症状が見られれば妊娠をした可能性が高いと言えるでしょう。 妊娠中の頻尿はいつまで続く? 妊娠初期の頻尿はホルモンの分泌量が安定してくることで落ち着いてくる場合が多くなります。 しかし、頻尿になりやすくなるのは比較的妊娠後期にかけてが多くなり、この時期には妊娠初期に頻尿を体験しなかったという方でも、頻尿となることがあります。 その理由には以下のようなものがあります。 そのため膀胱の容量が少なくなり、頻尿になります。 そのためこの時期になるとさらに頻尿となる場合が多くなります。 そのため尿が停滞する時間が長くなり、尿路感染症のリスクが高まります。 膀胱炎もその1つです。 膀胱炎の主症状は頻尿です。 頻尿に加え、排尿時痛や残尿感などほかの症状も見られれば膀胱炎になっている可能性も考えられます。 頻尿の対処法と膀胱炎の予防法 妊娠に伴う頻尿に対する特別な予防法はありません。 ですが排尿を我慢すると膀胱炎になりやすいため、対処していく必要があります。 頻尿の対処法には以下のようなものがあります。 頻尿となるのが嫌で水分を摂ることを控えてしまうと、膀胱炎となる可能性を高めてしまいますので、水分はこまめに、積極的に摂るように心がけましょう。 そのため、靴下や腹巻きなどを着用して下半身をしっかりと温めるようにしましょう。 また、入浴をしたり、足のマッサージをすることも効果的です。 また、食事も和食中心のメニューを心掛け、スープや汁物といった温かいメニュー、体を温める食材を積極的に摂るようにしましょう。 またおりものの量が増えたり、頻尿に加え尿漏れを起こしたりします。 ナプキンや尿取りパッドを使用する場合はこまめに交換し、清潔を保つようにしましょう。 このようなケースでは、腎盂腎炎を引き起こし、症状が悪化する場合もあります。 気になる症状がある場合には、かかりつけ医に相談しましょう。

次の

妊娠初期に頻尿になるのはなぜ? 予防と対策方法、注意すること|ウーマンエキサイト(1/2)

妊娠初期 頻尿

妊娠の初期症状には以下のようなものがあります。 生理が来ない: 妊娠超初期の症状の1つに生理が来ないことがあります。 ただ、生理周期が不規則だと、あまり参考にはなりませんね。 着床出血: 出血も妊娠超初期の症状の可能性があります。 着床出血と呼ばれ、受精卵が子宮に着床するときに起こる出血です。 けいれん: 妊娠初期に子宮に軽いけいれんを感じるママもいます。 下腹部の痛みを抑えるために、おなかに温かいペットボトルを当てたりタオルで巻いたり、温かいお風呂に入ったりしてみましょう。 のぼせやほてった感覚: レベルがあがって新陳代謝が活発になり、ママの体温が上昇します。 いつもより体がほてった感じがするでしょう。 ママの体を冷やすために汗をかきやすくなります。 心臓がバクバクする: ホルモンの変化が心臓の動悸を引き起こすことがあります。 この動悸が2秒以上続いたり、あまりにも頻繁に症状が出るようであれば、問題がないかをお医者さんに診てもらいましょう。 ママが妊娠している、と分かるのは人生で画期的なできごと。 喜んだりワクワクしたり、不安になったり混乱したり、色んな気持ちが入り混じるのは自然なことですね。 ママにとって大切なパパに、ママの感情を伝えることで、気分が落ち着くこともあるでしょう。 おなかの膨満感や便秘: 消化の働きが遅くなるので、生理前に感じるおなかが膨らんでいるような感じを経験するママもいます。 繊維を多く含む食品を食べて、水分補給を心がけましょう。 軽い運動もできればいいですね。 胸やけ: 妊娠中は消化液が食道から出てくるのを妨げる食道括約筋という筋肉が緩みやすくなります。 食事は少なめに何回かに分けて食べるようにしましょう。 胸やけにならないためにフライドポテト、柑橘系の果物、チョコレート、刺激の強いものや油っぽいものは避けるようにしましょう。 肌荒れやニキビ: 肌の皮脂が出やすくなっていることが、妊娠中のニキビ の原因です。 毎日、優しく肌を洗い、ベタベタしない化粧品を使うようにしましょう。 お医者さんにニキビを抑える安全な薬をお願いしてみましょう。 めまいやふらつき: 血糖値が低くなり、ストレスや疲労でめまいやふらつきが現れます。 食事は少なめに何回かに分けて食べるようにし、ストレスを上手にコントロールするように心がけましょう。 体重の増加: 妊娠初期には体重が450~1,800グラムほど増加する妊娠中のママもいます。 お医者さんが妊娠中のママに についてアドバイスをしてくれるでしょう。 鼻づまり: 妊娠初期には、鼻の粘膜が乾燥して出血しやすくなります。 鼻づまりの症状には、加湿器を使ったり、食塩水を使った鼻うがいが効果的です。 乾燥しないように十分に気を付けましょう。 頭痛: エストロゲン(卵胞ホルモン)レベルの上昇による頭痛も妊娠初期の症状です。 ストレスや疲れにより、頭が引っ張られるような経験をする妊娠中のママもいるようです。 症状が余りにもつらい時は、どのような治療法があるかをお医者さんに相談してみましょう。 妊娠中のママの片頭痛にはタイレノールなどのアセトアミノフェンが安全だと言われています。 いつもよりトイレに行く回数が増えたと感じたら、それは妊娠の症状かもしれません。 妊娠中のママの腎臓が普段よりも多くの尿のもとになるものを作り、これが膀胱へ流れていきます。 トイレに行く回数を減らしたいからと言って、水分摂取を控えてはダメですよ。 十分な水分を摂ることが非常に大切です。 おっぱいが敏感になったり、張ったりする: 妊娠初期の頃は、妊娠中のママのおっぱいは敏感になったり大きくなったりします。 ママの体がホルモンの変化に慣れてくるにつれて、このような不快な症状は治まっていきます。 ママの妊娠が判って1か月後ぐらいに現れる、最も一般的な妊娠の症状です。 つわりの症状は朝や午前中だけでなく、1日中つわりに悩む妊娠中のママもいれば、つわりを全く経験しないママもいます。 朝起きたら、妊娠中のママの血糖値レベルを安定させるために、起き上がる前に何か軽いものを食べるようにしましょう。 日中は食事を何回かに分けて食べるようにしましょう。 嗜好の変化やにおいに対して敏感になる: 妊娠初期の症状には味覚、匂いや食欲の変化があります。 バランスの良い食生活を心がけましょう。 また、チョークや泥などの食べ物ではないものを食べたくなる症状が現れることがあります。 このような時はお医者さんに相談してみましょう。 疲れやすくなる: 妊娠中、特に初期の頃は疲れやすくなります。 妊娠中のママの体は赤ちゃんを支えるために頑張っています。 十分に休んでリラックスをするように心がけましょう。 肌の変化: 妊娠すると肌の色素沈着が起こりやすくなります。 乳首の周りが黒くなったり、顔に黒いシミができたり、おへそからデリケートゾーンにかけて黒い線が現れることもあります。 妊娠中のママには個人差がありますし、妊娠中の症状は人それぞれです。 また、全ての妊娠中の初期症状に気が付くとも限りません。 例えば、生理が予定日に来ないのは妊娠を疑う症状の一つですが、生理予定日前に妊娠の他の症状が出てくるママもいます。 さらに、 に現れる症状は、妊娠初期に経験した症状とは違うのですよ。 もしママが妊娠を疑うのであれば、市販の妊娠検査薬で調べてみましょう。 妊娠初期の症状が出ているのに妊娠検査薬で陰性の判定であっても、妊娠している可能性がまだあります。 1週間ほど待ってみて、もう一度妊娠検査薬で調べてみましょう。 陽性反応が出たら、お医者さんに行って本当に妊娠しているのかを検査してもらいましょう。 パンパースの で妊娠何週目なのかを調べてみましょう。 妊娠期間中、ママの体は色々な不思議なことを体験するでしょう。 つわりなどの身体的な変化は妊娠が進むにつれて治まってきますが、鼻づまりや胸やけなどは妊娠中にずっと感じるママもいます。 妊娠中期や妊娠後期に現れる主な症状には以下のようなものがあります。 おりものが出る: 妊娠中のおりものは、粘り気があり、透明や白色が普通です。 臭いが強かったり、膣の痛みやかゆみの症状が出てきたら、お医者さんに相談しましょう。 下腹部のけいれんや痛み: 妊娠後期にけいれんを感じることがあります。 これは子宮円陣帯の痛みかの可能性があります。 背中の痛み: 背中の痛みはホルモンの変化、体重の増加、おなかが大きくなることによるママの姿勢の変化が原因で現れます。 良い姿勢をキープする練習をしたり、横向きになって眠ったり、毎日の少しの運動が痛みを和らげてくれるでしょう。 トイレが近くなる: 妊娠初期の頻尿の症状は妊娠中期には治まってきますが、妊娠後期になると再び症状が現れます。 大きくなってきたおなかの中の赤ちゃんが骨盤に入り込み、膀胱に圧迫を加えます。 これがトイレが近くなる原因です。 肌のかゆみ: 妊娠中は太ももや下腹部の皮膚が伸びるので、かゆみの症状が出てきます。 かきむしらないように気をつけましょう。 保湿クリームを塗ったり、温かいシャワーを浴びるかお風呂に入りましょう。 熱湯は肌を乾燥させるので気を付けましょう。 妊娠中にママの皮膚が伸びることで、おなか、太もも、お尻や胸に妊娠線が現れます。 妊娠中はゆっくりとした体重増加を心がけて、妊娠線が現れるのを最小限に抑えましょう。 息切れ: おなかの中の赤ちゃんが大きくなってママの肺を押すので、息切れの症状が出やすくなります。 常にいい姿勢を保つことで、肺が必要以上に圧迫されることもなくなり、息苦しさが治まるでしょう。 色々な痛み: 妊娠中は体の色々な場所に色々な症状が現れます。 歯の痛みや歯が敏感になったり、静脈にコブができる静脈瘤や痔の症状、足首のむくみやこむら返りなどが一般的です。 を併せて読んでくださいね。 妊娠中のママの体に現れるこれらの不快な症状は、妊娠中によくある症状ですが、中にはひどい頭痛、視力の変化、浮腫などのもあります。 おかしいと感じたら、すぐにお医者さんに相談するようにしましょう。

次の

妊娠初期になりやすい頻尿の原因と対策、症状はいつからいつまで?

妊娠初期 頻尿

com 頻尿は、一般的に起床時~就寝までの排尿回数が8回以上である場合を指す症状です。 一つの目安であり、その日の水分摂取量や活動量などでも個人差があります。 あわせて残尿感を伴います。 妊娠中期の頻尿はいつからいつまでになるの?妊娠期間中は、お腹の赤ちゃんに送るために通常より多くの血液を必要とします。 妊娠初期は、心臓で作られた血液や体液をろ過する役割を担う腎臓のはたらきが活発化するため、頻尿につながると言われています。 妊娠中期ではママの体内で作られる血液量が最大となり、血液が腎臓でろ過される際、原尿と呼ばれる尿の元になるものがあるため、頻尿が起こりやすくなります。 お腹の赤ちゃんが大きくなり子宮が膀胱を圧迫することでも頻尿症状が現れるため、妊娠後期からお産直前まで頻尿になる場合があります。 妊娠中期に頻尿が現れる時期とは妊娠中のすべての期間を通して、頻尿症状を感じるママが多いと言われています。 いずれもお腹の赤ちゃんの成長に伴う理由が原因とされ、産後には解消されるケースがほとんどです。 妊娠中期では、妊娠16~24週ごろに頻尿症状が現れやすい傾向があります。 こんな頻尿症状の場合は、感染症に注意妊娠中期の頻尿は、大きくなった子宮が膀胱を圧迫することで尿が溜まっていなくても尿意を感じることと、尿が溜まる量が少なくなることで起こります。 妊娠期間中の頻尿は、主に妊娠による生理現象のため治療の必要はありません。 まれに排尿を我慢することで感染症を引き起こしたり、尿路の感染や炎症が原因となり頻尿症状が現れたりする可能性があります。 尿路感染による感染症は、直接赤ちゃんへの影響はなく、早期治療すれば妊娠に影響がない場合がほとんどです。 しかし、重篤化すると炎症によって子宮が収縮し、早産や流産になりかねません。 感染による症状を感じる場合は、早めに健診医または分娩医に相談しましょう。 膀胱炎(ぼうこうえん) 頻尿に加え、排尿時にピリッとした痛みがある、残尿感がある、尿の色が赤いなどといった場合は膀胱炎の疑いがあります。 普段は排尿によって尿道に存在する細菌も洗い流されますが、妊娠中は抵抗力が低下しているため、感染しやすくなっていることが原因です。 腎盂炎(じんうえん) 膀胱炎が悪化すると、膀胱から尿管・腎臓へと細菌が上行し、腎盂炎を発症します。 酷い残尿感、出血、悪寒や震え、腰痛などの症状に伴い38~40度の高熱が出ます。 多くの場合は入院しての治療が必要です。 妊娠中期の頻尿対策と感染症予防妊娠中のすべての期間において、排尿を我慢しないことが一番の予防になります。 尿意を感じたら、できる限りすぐにトイレに行きましょう。 排尿して細菌を洗い流す 女性の体は、尿道と膣、肛門が近くにあることから細菌が入りやすい構造をしています。 尿路に存在する細菌は、排尿で洗い流しましょう。 こまめに水分補給を行い、尿の回数を増やすことも効果的です。 外陰部を清潔に保つ おりものシートなどを使用している場合はこまめに交換したり、排便時は膣周辺に触れないようお尻を前から後ろに拭くなど、患部を清潔を保つように心がけましょう。 性行為によって膀胱炎になるケースもあるため、その場合は自分だけではなく、行為前にパパの体も清潔に保つように話し合いましょう。 夏でも温かい飲み物を飲む、お風呂にゆっくり浸かるなど、日頃の生活から体を温める工夫をしましょう。 産科婦人科舘出張佐藤病院 院長/産婦人科医 NPO法人ラサーナ理事 医学博士 日本産婦人科学会専門医 日本生殖医学会生殖医療専門医 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医 日本抗加齢学会専門医 日本体育協会公認スポーツドクター 他 多くの専門医資格を持つ立場から女性の心身の健康を支援するための診療を日々心がけている。 女性の生涯にわたるメディカルアドバイザーであることをライフワークとし、予防医療の観点から食事や栄養、運動など生活習慣の大切さを指導している。 東京オリンピックに向けて女性アスリートの健康支援やNPO法人ラサーナ理事として子宮頸がん、乳がん検診率向上や予防に向けた活動にも力を入れている。

次の